自粛というよりは

 地震や原発の話題に飽きてくれば、マスコミは違うネタ
を求めて、何かを問題視し批判し、私たちを煽る。何がし
たいんだろう、と首をかしげてしまう。
 桜が開花したこともあり、ここ数日、耳にするのは自粛
という言葉。自粛は漢字が表すように自分から行うことで
あるから、国や都に強制される覚えはなく、都の公園で花
見が「自粛」になったと聞くと、おかしいなーと思うけれ
ど、ここ10年くらい、地元の井の頭公園が昔の面影を失
って騒々しいだけの場になってしまったことを考えると、
個人的には喜ばしい。が、それは自粛とは別の問題だ。
 週刊誌では、停電で真っ暗になった人気のない銀座の写
真を掲載しながら、「この自粛モードでは日本の経済が危
ない!」と強調する。自粛ねえ、果たして、人々は本当に
自粛をして銀座に繰り出さないのだろうか。単に、気が乗
らないだけでは?と思う。自粛なのか気が乗らないのか金
が無いのか、原因は色々あろうが、日本経済が危ないとい
うことは変わらない。それは忌々しきことではあるけれど、
経済を盛り上げるために無理に出かけて大騒ぎすることも
あるまい、と思う。
 マスコミで、「自粛するべき」「自粛はナンセンス」と
自粛の価値観を主体において議論されると自分を見失いが
ちになるが、要は自分の好きなようにすれば良いと思う。
前にも書いたけれど、自分は元気なのにちょっと後ろめた
いからといって被災地の人に合わせた生活をする必要はな
い。ただし、無理に、盛り上がる必要もない。自然でいい
ではないか、と思う。
 自分について言えば、地震の後、やっぱり、どうも心か
ら楽しい気分になれないし、うきうきと出かける気分にも
ならない。それは自粛というよりは自然な気持ちの問題。
そういえば、親族が亡くなった時に喪中というのがある
が、仮に喪中というものがなくても、1年くらいは盛り
上がる気分になれないのが人として自然な感情では。
 おそらく、今の自分の気分は、余震や原発の問題が小
さくなればなるほど、被災地の復興の速度とは関係なく、
平常どおりに戻るように感じる。
 自分の気分の範囲内で出来るだけいつもどおりのペース
で過ごすことが一番。自粛という言葉は棚上げにして、も
っと自然に素直にふるまえば良いのでは?そのせいで、一
時的に(長期になってしまう可能性はあるが)経済が低迷
するとしても、それは本質的な問題ではない気がしている。
[PR]
by akira_dai | 2011-04-09 15:28 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。