子供が7人!

 今日は息子が帰宅した途端、
「今日はAとBとCと、あと、DとEが遊びに来るよ!」
と嬉しそうに言った。え!5人?うちの子入れて6人?
と眩暈が・・・うちがゲームセンター化するのは嫌なの
で週1だけね、と言っている手前、その週1をダメとも
言えず、待っていると、即、1人やってきて、その後、
1人はママと弟とやってきて、続々と集まってきた。子
供が嫌いな私には地獄のような有様。
 ゲームをやりながら、
「ずるいぞ!」
「あ!オレのこと殺した!死ね!」
「Bのせいで失敗した!今度はお前のマリオ、死ね!」
と、もう耳障りな言葉ばかり飛び交い、
(だから、ゲームは嫌なんだよ)と思う。
 しかみ6人もいるから、最大4台のリモコンはまわり
きらず、ベイブレードをすっとばしているのもいれば、
Wiiに飽きてDSをやってるのもいる。部屋中、めちゃく
ちゃで、腹が減ればおやつを食べてちょっと静かになる
けれど、次の瞬間は、あれで遊ぼーぜ、これやろーぜ、
と、ワイワイガヤガヤ。そこへ電話が。
 出てみると、何と日野市に転校したS君のママだった。
「今日、そちらにお友達が集まっていると知って、うち
の子も遊びたいと言っているのですがいいですか?」
と言う・・・断れるわけがないではないか。
「狭いですけど、どーぞ、どーぞ」
と答えて電話を切る。あー、これで男子7人になる・・・
 彼らは狭い部屋でもてあましたらしく、3時過ぎると
近くの公園へと奇声を上げながら駆け去って行った。そ
こへ車で来たS君も加わり、もうS君に会えないと思って
いた皆は、「よー、S~!」「Sだー!」と言いながら、
駆けよって行って、頭をくしゃくしゃにしたり、肩をた
たいたりして子供なりに再会を喜んでいるようだ。
 ホッとして家に戻ると、しばらくして、
「喉かわいた!」と、全員持ってきた。手を洗うぞーと
リーダー格の子供が叫ぶと、全員が洗面所の順番待ちで
廊下に並ぶ。その有様、まるで保育園のよう・・・
 5時になってほとんどの子供が帰ったけれど、S君の
ママが転出の手続きで市役所に行って帰りが遅れてしま
ったので、5時半までS君とお隣の友達数人は残った。
S君は新しい学校にまだ慣れないので、今日皆に歓迎さ
れて楽しかったようだ。ママも喜んでいた。
 全員帰って一安心。祭りの後の寂しさ。口汚くゲーム
で喧嘩したり、もめごともがあったり、と色々付き合い
が大変そうな息子だが、それでも、「楽しい、楽しい」
と言っているのだから良いのかな、と思っている。
[PR]
by akira_dai | 2011-04-13 21:23 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。