どこまでフォロー?

 今日、時々遊ぶ友達のママから、「子供同士でトラブル
があって・・」と電話がかかってきた。うちの子が下校中
にその友達を傘で二回ぶったという。さらに、
「それが、A君とC君から命令されてユータ君がぶったと、
他の友達が証言していて、それで、A君に今電話したとこ
ろなんだけれど、彼は、そんなこと命令していない、と言
うの。」
ということだ。
 よくよく聞いてみたら当人は怪我もないし、こちらはぶ
った方だから何も言えないのだが、うちの子がやられた方
だったら、電話なんてしないな、と思いつつ。
 A君はとても気が強い子で、何でも出来るけれど、何か
出来ない子や欠点がある子のことは徹底的に攻撃する、と
てもわかりやすい男の子である。いじめっこ的な素質は十
分あるが、リーダーシップのある頼もしいところもある。
 子供に問いただしてみたら、やはり、
「AとCに命令された。」
と言った。他の子供と同じ内容だから本当なのだろうが、
まったく情けない。
 傘は危ないからそんなものでぶつな!命令されてもやっ
ちゃいけないことはやるな!大勢で1人を攻撃するな!
と叱った後で、もう一度、友達の家に電話をしてお詫びを
し、本人に謝らせた。
 あちらは、
「じゃ、これからA君に電話するわ。私は命令する方が悪
いと思うの。」
と言う。もう、いいんじゃないか?と思いながら、彼女は
A君の気の強さや攻撃性が心配らしい。たぶん、攻撃して
いる方は軽い気持ちで、悪乗りしてやったんだよなあ、と、
ちょっと気の毒に思いつつ、やはり、加害者の一人として
は、それは言えない。ぶたれた方は傷ついているのだし。
 ついでに同じクラスの色々な友達の個性の話しになって、
「まあ、A君をはじめ、強い子はいるから、うちの子も苦
労していて、なるべく子供同士で話し合ったり喧嘩したり
して解決できればいいかな、と思ってるんだけどねー。」
と軽く言ったら、
「子供同士で話せるかなあ。」
と、彼女はどうも疑わしげだった。
 確かに難しいが、子供をどこまでフォローするのか、放
置するのか、という閾値は、親によって違う。そして、私
は、今まで保育園に子供をお任せしていたせいか、なるべ
く子供に任せて考えさせるようにしているのだ。
 他の親から我が子の悪行を聞けば子供のことは叱るくせ
に、同じことを子供がされてもその親に文句を言わずに、
本人に考えさせるので、ちょっと冷たい親かもしれない、
と思うこともあるのだが、よほど、いじめが継続したり、
本人の顔色が悪くなったりしない限りは、本人に任せようと
思っている。そして、今、本人は、A君のようなクセのある
友達との付き合い方に悩んだり、時には泣いたり怒ったりし
ながらも、学校が楽しくて楽しくて仕方がないといった風で、
喧嘩しながらも、大勢と仲良しだ。そこに私が入っていって
喧嘩や相手の攻撃に文句を言おうものなら、子供同士の関係
がぎくしゃくして面倒くさくなりそうな気が・・・
 子供というのは非常に危なっかしく、各家庭で価値観も違
うし、いつも様子を見ながら話しを聞きながら、手をさしの
べようかどうしようか悩むこともあるのだが、なるべく本人
に任せていきたいものだ、と、やはり思う。
[PR]
by akira_dai | 2011-04-23 23:09 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。