意外とたくましー

 土曜日の傘殴打事件(?)で、命令したというA君と、ぶった
相手のX君と、関係修復は大丈夫かいな?と思いながら、心配し
て送った朝。
 基本的に強気で攻撃的なA君について、
「あー、今日は別の子とサッカーしたいのにAのやつ、来てゲー
ムしたい、って言うよなー。」
とため息まじりの我が子。
「今日は家はダメだからサッカーやるって言いなさい。それでも
来ると行ったら、自分で、OKするのかどうか決めなさい」
と言って別れた。心配だ。
 しかし、その心配をよそに、いつものように、何事もなかった
かのようにA君と一緒に家まで帰ってきた。二人で玄関わきに隠
れている。丸見えだけど。何だかんだと文句を言いながら、やは
り仲良しなのだ。
 もう一人、朝からサッカーを予定していた別の友達、Y君は、ク
ラスが違うこともあり、なかなかやってこない。そこへY君のママ
から電話が。
「今日はうちの子、ちょっと遊んだら先に帰るって言ってるの。や
っぱりAがいるから嫌なんだって。でも約束したから行くってさ。」
と笑っている。本当にA君は気が強いからねー。少ししてからY君が
あきらめ顔で迎えにやってきて三人は公園へ出かけて行った。
 1時間ほど外で遊んでから、うちの子とA君だけが真っ赤な顔をし
て帰ってきた。
「Yのやつ、先に帰っちゃったよ。何だよっ!」
と怒っている。もっとも赤い顔は怒りのせいではなく、運動をした
せいだ。
「Y君は、元々、今日は先に帰る予定だったの。さっき、ママから電
話があったよ。」
と説明したら、二人は納得した様子。結局、それから、さらに1時間
程度、DSをやってA君は帰って行った。
 朝は憂鬱そうだったくせに、そんなことはすっかり忘れて、ご機嫌
の息子。「すげー楽しかった」そうだ。学校も、「すげー楽しかった」
そうだ。先に帰ったY君のことが心配でメールで連絡してみたら、案外
Y君も楽しかったそうだ。良かった。
 子供の友達関係には口は出さないながらも、この子にはもっとおと
なしい子が合うのではないかと思っていたのだが、案外、たくましい
のかも・・・子供の社会は面白い。
[PR]
by akira_dai | 2011-04-25 20:24 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。