どこから親が出る?

 もう一年以上前、息子が同じ登校班の友達を蹴った、
ということでクレームを受けて、実は息子もぶたれて
いた、ということで、しかし、それを強く言うわけに
もいかず、鬱鬱と過ごした、あの日々。
 ご近所だけれど、登校班は分かれたし、時々、一緒
に遊ぶようだけれど、大きなトラブルも無し、最近は、
安心して過ごしていたら、夏休みのプールも最終日と
なった今日、突然、同じクラスの別の友達、ナオキ君
のママから電話が入ってドキドキ。
「どうしたの?」と冷静なふりをしてきくと、
「事実確認をしたいの。うちの子が毎回、夏休みの
プールでいじめられているみたいで。」と言う。
 「事実確認」・・・そういえば、あの時、クレーマー
も、うちにクレームを入れる前に、あちこちに事実確認
をして、
「○○さんの娘さんによると、毎日、うちの子をいじめて
いたっていう話し」
などと、あれこれ大騒ぎし、かえって○○さんが困ってし
まって、私にフォローを入れてきたほどだ。事実確認と
はいえ、現場にいたのは子供だけ。見ている事実も一部
だけ。話すことは自分の都合の良いことだけ。自分の親
に話す話にどれだけ信憑性があるかどうか。
 それでも、きかれたことには答えないといけない、と
いうわけで、そのお友達がプールで誰かにいじめられて
いる、という事実はあるのか、と、息子にきいてみた。
 息子はバカだからなのか、あるいは、都合が悪いのか、
あるいは本当に忘れているのか、
「ナオキが、”ボクはプールでタツヤ、ヒロト、フミヒ
ロにいじめられている”とは言っているけれど、俺は、
タツヤたちが何を言ったのかは知らないんだ。」
と曖昧だ。さらに、その3人を擁護したいのか、
「大体、ナオキも、あの態度はイライラするんだよね。
何か言うと、急に怒り出したりムキになったりするで
しょ?コンクリートにやつあたりしたり、俺がそれを
注意したら、”いじめてる!”って言うんだぜ。」
と、だんだん、話しがそれてきた。
 それでは話しにならないので、話しを戻して、本当
にいじめられている現場を見たことがあるのか、ある
いは、ナオキの勘違いなのか、というと、今日あった
トラブルについては多少きくことが出来た。
 どうも、1人がからかうと、周りの数人も調子にの
って、からかう、ということだ。そうすると、からか
われた方は頑なになり、怒りもたまり、言い返すのだ
が、言い返した、その言葉を口マネされて、やーいや
ーい、とはやしたてられるのだと言う。
 その話しを相手のママに話すと、
「うん、うん、大体、うちの子が言ってる話しと合っ
てる。ありがとう。」
とうなずいた後、タツヤ君にはあんなこともこんなこ
ともされている、もう遊ばせたくない、などと、色々
なトラブルを聞くことになった。おもちゃを盗られた
こともあるのだと言う。
 タツヤ君は、うちの子とは1年の時から同じクラス
で、とにかく、クラスでも目立って、母親がいないせ
いか、保護者からのクレームが一番多かったようだが、
私は、どうも、タツヤ君がそこまで悪い子とは思えな
い。おもちゃを盗ったというのも、悪気はなく、子供
らしい、とても低レベルな、ある意味素直な?行動だ
ったのではないか。それを叱る人がいなくて、いまだ
に、問題だとは思っていないのではないか?タツヤに
してみれば、相手の方がおもちゃを「くれた」と思っ
ているかもしれない。
 が、おもちゃを失った方はたまったものではない。
それこそ、私は現場を見ていないし、タツヤをかば
う理由もないのである。ただ、ただ、腹を立てて、悲しく
思っている、電話の相手の話しを聞いて、
「うんうん、それは大変だったね。ひどいよね。」
と頷くしかないのだ。が、やっぱり、いつも、保護者から
総攻撃を受けているタツヤが可哀相で、
「タツヤが、そこまで問題のある子だとは、私は思って
ないんだけどね。3年になって大分おとなしくなったし、
良くなってるとは思うよ。」
とフォローしてしまった。
そのママは、クレーマーと違って冷静なところがある人だ
から、
「子供が集まると調子に乗って、いじめているつもりはな
くても、大勢で攻撃しちゃうんだろうね。でも、学校にち
ょっと言っておこうかな、どうしようかな。」
と言った。悩んでいる。私はそれには同意した。
「そうすることで、何より自分の気持ちが落ち着くと思う
から、言ってみても良いと思うよ。」
 電話を切った後、私は、また考える。子供の喧嘩やトラ
ブルに、基本的に親は出るべきではない。しかし、今、問
題になっている、「いじめ」にまで発展したら困る。では、
どこから出るべきなのか。子供のトラブルとは、お互いさ
まだったり、遊んでいるつもりが片方は傷ついていたり、
時には勘違いだったり、と、子供らしい底の浅さ、考えの
至らなさが、あらゆるところに潜んでいる。うちの息子が
言う、「イライラする」ところを持っている子供もいる。
そこに、親が真剣に大人の価値観で出て行くと、かえって、
こじれる気がするのだ。
 親が出る時というのは、相手が大勢で期間が長引く時、
なのかな。その大勢は何人で、その期間は何日なのかな。
昨年、クラスのリーダーに仲間はずれにされていた息子
のことを思い出すと、判断とタイミングが難しい・・と
思うのである。 
[PR]
by akira_dai | 2012-08-07 15:51 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。