ばかばかしすぎる2

 お待たせしました(誰が待っているんだ?)
前回の続きです。
 ところで、W先輩というのは非常にStrange
な人です。学生時代は、いつもぴちぴちの皮
ベスト&皮パンツ、それにメタリックな鋲が
たくさん施されていて、ベストから伸びる上腕
は筋肉隆々。ちょっと近寄り難い、怖く見える
メタルバンドマンでした。
 しかし、話してみると、おそらく、シャイす
ぎるのだと思うのですが、ずーっとナンセンス
な、おやじギャグにもならないようなばかばか
しい冗談を一人で言い続ける。しかも、ボケも
突っ込みも一人でやるので、こちらは苦笑する
しかなく、相槌すらうてないのです。
 社会に出てすぐ、外部の研修で偶然、会った
ときに電話番号を交換したのですが、そのとき、
私の番号に「049」が含まれているのを見て、
「そうか。akiraの番号は、”OH、しきゅう”
と覚えればいいんだな。OH、しきゅう!
OH、しきゅう!」
と、電車の中で何回もハイテンションで言う
ものだから、私は非常に困りました。まあ、
「しきゅう」が「至急」なのか「「子宮」なの
かはおいておいて、ちょっと、そういう変わっ
た人なんです。
 さて、次に、さだまさしの、ある歌について
説明しておかなければなりません。「償い」と
いう歌があります。交通事故で、ちょっとした
不注意のために死亡事故を起こしてしまった裕
ちゃんのことを歌ったもので、彼は、「償い」
のために、7年間、昼夜を問わず働き、節約し
て、遺族に仕送りを続け、ついに、遺族の方か
ら許してもらえる、という、感動的な歌です。
ただし、実話なだけに非常に暗く、その胸に迫
る感じが苦手で、私としてはあまり好きではな
い歌です。
が、ちょっと昔、少年たちが暴行殺人事件を起
こしたときの裁判で、裁判官が、「君たちには
反省の念が見られない。この歌を聞いて、人の
命の重さを理解しなさい」というようなことを
言って、世間で急に名前が知られるようになっ
たのです。
https://youtu.be/MzNeMZqNwL4

 さて、昨日のコメントが続きます。私がPC
に戻って、先輩の投稿を確認すると、B先輩
が私のコメントの下に追加していました。
B先輩:「でもさ、長崎系のXXチェーン店
のBGMは、なぜかいつも福山だよな(ど、
どーでもいい情報を!)」
・・・・・・私は絶句しました。だから、その
まま、
「・・・・・・」
と書き込みました。はたして、その30分後、
ボケのW先輩が再登場。
「先日、免許更新にいったとき、講習の最後、
ひたすら、さだまさしの『償い』を(ビデオ
は何と歌詞オンリー)10分間聞かされました
(ど、どーでもいい情報をっ!)」
私はここで虚をつかれて大爆笑!
あの暗い「償い」を、お互いに顔も知らない
老若男女が、あの無機質な自動車試験場の講
義室で、しーーーんと10分間も聞いたのか!
しかも、あの、おとぼけW先輩は、その中で
どんな顔をしてじっと耐えたのだろうか!と。
きっと腕を組んで神妙な顔でじーっと耐えて
いたんだろうな、、、と。
 もちろん、「償い」の歌で笑ってしまうの
は不謹慎なのですが、何というか、お葬式の
ときに、たまらなく、笑いたくなるような、
笑ってはいけないと思えば思うほどはまって
しまうような、そんな感じに似ています。
私は
「爆笑ですよー。勘弁してくださいよ」と
だけ書き込んで退室。その後はのどかな
コメントが続きました。
A先輩:「今ね、立川でライブの出待ちなん
だけど、たった今、さだまさしのコピーバン
ドが演奏してるんだ」
B先輩:「へーえ、さだまさしのコピーバン
ドなんてあるんだ」
私:「立川なら行けたかも。A先輩、がんば
ってください!」



そこに、また、おとぼけW先輩が登場。
「・・・も、もしや、今・・・、さだまさし
の波が来てるのか?!」


ちょっと、しーんとした後、B先輩が、
「お前が起こしたんだよな?」
ここで、また爆笑。W先輩は、
「あ、そうだった」
と退散していきました。
もうね、私は、この投稿で、半日、笑い続け
て、腹筋が痛くなって、いまだに思いだすと
笑っちゃいます。
 で、うちのパパに、
「一体、元ネタは何だったの?」ときかれて、
そういえば、元ネタは「さだまさしライブ駅
とか何とかいう駅のことだったんだよね」と、
私はここで初めて、元の投稿の「リンク」を
クリックしたのでした。そして、そこに表示
されたのは・・・「ささしまライブ駅」!!
ここで、また爆笑!
 相変わらずだなあ、W先輩。勘弁してくださ
いよ。次回の免許更新のときに「償い」が講習
で流れたら絶対に笑ってしまう。どうしよう。
W先輩、ええ、もちろん、独身です。

[PR]
by akira_dai | 2016-10-07 16:04 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。