平凡な一日

 先日、友達との会話に、
「何とかなる」という言葉が出てきま
した。実は私は子どもの時から、そう
思ったことが一度もありません。いつ
も「何とかしなければ」と追い詰めら
れているような気持ちで、どちらかと
いうと取り越し苦労ぎみに生きてきま
した。で、今日はそこを掘り下げてみ
ようと思ったのだけれど、何だか重い
話になるとタイミングが悪い日のよう
なので、急遽、話題を変えて、本日、
私がどんな風に過ごしていたか、とい
う、まったく面白くない平凡な話をし
ましょう。
 今日から息子が通常授業、そして、
パパは春休み後の初出社、ということ
で久々に新学期の空気の中、珍しく私
も目覚めが良く朝からテキパキと朝食
の準備をして、とても気持ちの良い一
日が始まりました。しかも久々に朝、
晴れたでしょう?さらに、見ごろは終
わっただろうと思っていた桜もまだ満
開で、夕食の買い出しのために自転車
を走らせたときは、嬉しくてルンルン
気分でした。
 午前中はきっちり翻訳の仕事を仕上
げて昼になって、まだ給食のない息子
が帰ってきたのでスパゲッティを茹で
て食べさせていたら、一昨日、作りた
てのグループラインの通知がきてスマ
ホがビョンビョン鳴りまして、開いて
みたら、案の定、
「ラインを使えるようになった女たち」
でした。実は、昨晩、私は、当時、校
内で有名だった男子の勇姿をアルバム
に見つけて、
「アルバムのXページの左下にいるの、
”ワンダー”じゃね?」
と最後にメッセージを送ったんですよ。
そう、彼の名は「ワンダー」。でも、
何でワンダーだったのかな?文化祭の
たびに出てくるロックバンドのボーカ
ルで、当時としては長髪で、悪いけれ
ど、ちょっとキモい感じで、その長髪
を振り乱して激しく歌うので、女子た
ちは、
「きゃー、ワンダー、気持ち悪い!」
と、『安全な』女子部校舎の中で騒い
でいたのです。私はそのワンダーをア
ルバムの中に発見したのでした。
 そしたら、昨日会った友達は、皆、
会社で私のメッセ―ジを見たらしく、
「ちょっと、akiraちゃん!ワンダーは
危険!メッセージ見て、デスクで吹い
ちゃった!」
「またもやakiraちゃんメモリ炸裂!」
「よく覚えてるよね~」
と盛り上がり、結局、会社の昼休みが
終わろうとする時刻くらいまで、そのメ
ンバーで盛り上がっていたのです。会社
の昼休みに、昔の友達とラインで盛り上
がれるなんて良い時代になったものです
ね。でも、やはり、「ラインが面倒くさ
い」と言っていたKちゃんは一言だけの
返信だったし、Yちゃんはまったくあが
ってきませんでした。好きですよ、この
バラバラ感が(笑)!
 で、高校時代の仲間との会話が途絶え
たところで、今月中に会う予定の小学生
時代の友達に日程を調整するための連絡
をしました。大分、日程がしぼられて、
あと一歩で会う日が決まりそうです。
 午後はさらに、別の翻訳者の日本語を
校正する仕事がきたのでそれを仕上げ、
ちょっと時間が空いたので高校生の数学
を指導したりして、そうこうしているう
ちに夕方になったら、友達から「体調が
悪い」というメッセージを受けたので、
その病に関する本を引っ張り出して調べ
ものをし、夕食を作って、食べて、片付
けて、お風呂に入ってちょっとくつろい
で、再び、その友達と病気に関してちょ
っぴりやりとりをして、現在に至ります。
 あれ。何か、またメッセージの時間が
長くなってるかな?でも今日のメッセー
ジは必要なやりとりだったと思っていま
す。あー、ワンダーの件は必要だったの
かな?ま、高校時代の友達にはうけたか
ら良いや!
 まとめると、、、家事して朝食後にす
ぐ仕事して、桜を見ながら買い物行って
帰宅して昼食作って息子と一緒にご飯を
食べて、メッセージで遊んで仕事して、
夕方はメッセ―ジで深刻な話をして、ち
ょっと本を調べてから家事して風呂入っ
て、またメッセージで会話してブログを
書く。これが私の一日。皆さんと比べて
どうでしょうか?楽しそうでしょうか?
つまらなそうでしょうか?花粉症で外出
がほとんどできないのが残念無念です。
 年をとって色々ありますが、また明日
がやってきます。きっと明日も桜はまだ
無事でしょう!ちょっとしんどい時もあ
る。皆、それぞれが違うしんどさを抱え
ている。でもちょっと笑える瞬間もある。
誰も彼も一人ではありません。私は、今
日、元気でした。明日も元気に過ごすつ
もりです。明日も桜が見られると良いな。

[PR]
by akira_dai | 2017-04-11 01:04 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。