他力本願

 ちょっと前に読んだ仏教の本に「他
力本願」とあったけれど、本当にそう
だな、と思うことがよくあります。自
分自身が追い詰められてジタバタして
焦っている時は、何の進歩もきっかけ
もないのに、時期が来るといつのまに
か状況が落ち着いているという・・・
仏様にお任せしておく、ということで
すね。
 私の場合は、リストラの後、半年く
らい無収入で本当に焦ったけれど翻訳
の仕事が入るようになって、それは本
当に当時は想像もできないことでした。
そこで、翻訳会社の人たちとの新しい
出会いもあって人脈が広がって、不思
議なものです。
 そういう私に対して、何の他意もな
く、「恵まれている」「羨ましい」と
言ってくるママ友がたくさんいます。
そして、そう言ってくるママ友の大半
は、自分自身も本気で必死で仕事を探
していて、
「40代で子持ち。しかもフルタイム
では働けないようなオバチャンには、
パートといえど、都合の良い仕事がない」
と言うのです。言っていたのです。特に、
その中の数人は、
「パパがリストラされて、数百万円も収
入が減ってローンが返せなくなっている
から、その分を穴埋めしたいの!」
「うちは本当に貧しくて、毎月、赤字で、
子供の塾代なんか出せないし、先日は給
食費が払えなかったの!」
「シングルマザーで、昼はファミレス、
夜は居酒屋で時給800円のパートを朝
から夜までかけもちしていて、夜中にな
ると家事が残っていて鬱になりそうにな
るの!」
と、まさに、ギリギリ状態で、本当に生
活を支えるための仕事を探して探して、
文字通り、私にすがるように
「何か見つけたら教えて!」
と、メールでも直接でも嘆いていたもの
でした。
 先日、書いたように、私は非力なので、
この場合も励ますしかありませんでした
が、いつも言っていたことは、
「幸い、何とか生活できているうちは、
妥協しないであきらめずに根気良く探す
んだよ。」
ということです。もちろん、がむしゃら
にガツガツしていると疲れてしまいます
から、そこは、やりすぎず、しかし、常
に、あきらめずに、淡々と目標に関係す
る情報を集めて、応募してダメでも次に
気持ちを切り替えて、淡々と探すという
ことです。もう1つ、彼女たちに言った
ことは、
「誰かに会うたびに、『仕事を探してい
るんだ』とアピールすると良いよ」
ということでした。そこから仕事を紹介
してもらえるかもしれないし、頻繁に、
目標を口に出すことで、その目標を見失
わずに済むし、自分自身も意識が常に目
的に向いていると僅かな情報も見落とさ
ない可能性が高くなるからです。
 とはいえ、正直、(うーん、40代の
子持ち主婦が、希望にぴったりの都合の
良い職を見つけるのは確かに難しいかな)
と思って、自分は定期的に仕事をもらっ
てる恵まれた立場にいながら根拠もなく
発言しているのが無責任な気がして、自
己嫌悪になることもありました。
 しかし、結局、彼女たちは、1人残ら
ず、自分にピッタリの仕事を見つけられ
たのです。報告を受けた時には、
(え?!14時までにあがれて、突然の
休みもOKで、時給もそこそこというよ
うな、そんな好条件な仕事があったの?)
と思うくらい、1人1人が希望していた
時間と時給をかなえることができました。
励ますだけの自分が無責任で非力だと申
し訳なく思っていたので、報告を聞いた
時にはどれだけ安堵したことか。
 目標に対しては、あきらめない、意識
を向ける、周囲にアピールすることで、
何かきっかけができると私は思います。
何とかはならないけれど何とかする。そ
うすると、不思議なことに何とかなる。
その時を待つ。これが他力本願。彼女た
ちのたくましさに励まされました。本当
に良かったなあ。

[PR]
by akira_dai | 2017-05-16 00:25 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。