鬱っぽい?!

 今日は書いているうちに鬱っぽい
内容になってしまった!というわけ
で、気が向かない人は読まないでく
ださい。何もしていないくせに、お
疲れの私です。
 いつも書いているように、なぜか、
年をとればとるほど、「縁」とか、
「巡り合わせ」とか、自分の力では
制御できないような、外部からの不
思議な力を感じることがあるのだけ
れど、その中に「直感」があります。
これまた、前に書いたように、実は、
直感はちょっと不思議な力とは違う。
おそらく、自分の経験や、普段、観
察している多様な情報から、最も重
要なエッセンスを抽出して、無意識
に「こうだ!」と思うのが直感だと
私は思います。実に感情に近い理性
というイメージです。
 何かの選択に迷った時、あるいは
(こういうことなんだろうな)とい
う予測や想像をする時も、直感に頼
ると、案外、思ったとおりになるも
ので、後から、理屈をつけて、ごち
ゃごちゃ考えると、かえってわから
なくなってしまうでしょう。それで、
直感とは違う方を選択すると、(あ
ー、やっぱり)と落胆することも珍
しくありません。だから、私は、究
極の状態で悩んでいる人がいると、
「最初の直感を大切にするといいと
思うなー。」
と無責任なアドバイスをしています。
ひどいな~。もちろん、直感がいつ
も当たるとは限らないことも承知の
上です。
 で、どうして、今日、直感なんて
ことをまた考えたのかというと、最
近、生活のこと、もっと大きくくく
ると人生について、モヤモヤザワザ
ワして、過去の自分の選択は果たし
て正しかったのだろうか、と、もの
すごく昔のことを思い出したり、あ
るいは未来について、それこそ直感
的に不安を感じたりして、やけに落
ち着かないからなんです。
 これは考えすぎだということもわ
かっているし、そもそも、過去の選
択のことなんか考えてもしょーがな
いのに、前を見るしかないのに、少
しでも色々なことを良くしようと思
いながら、思うだけで流されていく
自分に気付いて、今度は未来に不安
を感じてしまう始末です。不安があ
るのも当然だと自分に言い聞かせて
みても、その不安にちょっとした根
拠があり、今の状況があり、自分の
心の状態があるから、悩んでいます。
まだまだ修行が足りないなあ、と、
アラフィフにふさわしくない青さだ
なあ、と、落ち込み、そんなことを
考えながら身動きがとれないと、何
だか、ダメ人間みたいでハーア、、
って思う・・・はっ!鬱っぽい!
 で、そんな時に、ふと、先ほどの
「直感」によって、たった今感じて
いるこれは何なのか、この先どうな
るのかと考えると、具体的ではない
んだけれど、あまりよろしくない空
気が漂って、余計にモヤモヤ鬱々し
てしまいます。嫌な予感というほど
強烈ではないけれど、それとよく似
ています。更年期のホルモンバラン
スのせいでしょうか。
 暇なせい、あるいは忙しすぎるせ
い、更年期のせい、ということにし
て、仕事や読書やちょっとした運動
に集中して忘れたい。何にモヤモヤ
ザワザワしているんだろう。それこ
そ、直感に「具体的に」教えてほし
いと思います。でも、そうか、直感
は間違うこともある。今は直感では
なく頭を使う時なのかもしれません。
さらに一切の感情を排除すればイラ
イラもしない。でも、何だかそれも
冷たい感じがするな。
 早く最も古い友達と会って、どう
でもいい話をしたいな。理由はわか
らないんだけど、何だか息苦しいん
だわ。

[PR]
by akira_dai | 2017-05-18 09:22 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。