ああ、面倒くさい個人情報保護法

 今日もスッキリしない天気。それだけで
ちょっと憂鬱。というか、正直に言うと、
同窓会企画前から、そうだなあ、正確には、
同窓会幹事仲間と飲む時期の前後からかな
あ・・・実はちょっと鬱ぎみだったわけ。
だから、FBで皆の幸せな投稿を見たくない
気分だったりするわけ。暗いな~。まあ、
そういう時期もあるよ。相変わらず、仕事
は忙しいしさ。
 でも、先日、「ちょっと鬱、入って」と
投稿で漏らしたら、根ほり葉ほり聞くわけ
でもなく、声をかけてくれた友達がいてね。
しみじみ、ありがとう、と思いました。は
い、FBはちょっとしか見ていませんが、メ
ッセンジャーは使ってます。
 それで、同窓会の方は、そろそろSNS繋
がりが、これ以上は無理ということろまで
きたんです。相変わらず男子の集まりが悪
いんですが、今度は電話で直接、アタック
することになります。あ、恋の告白ではあ
りませんよ。同窓会の案内ですから。
 そこで問題になってくるのが個人情報の
法律ね。そもそも、10年前の同窓会で名
簿を完成できず、配布できなかったのも、
ちょうど、その法律が施行された前後だっ
たせいで、(一体、こんな名簿を作ってし
まった良かったのだろうか)という躊躇が
あったらしい。
 今回も、途中まで埋まっている名簿があ
るものの、
「幹事の中では配布しちゃって良いよね?」
「いいんじゃない?」
なんて言いながら、個人情報の扱いにはく
れぐれも注意して!と一応、注意喚起する
わけです。
 さらに、住所だけわかっているメンバー
についてが問題です。昔は、電話番号を
NTTに問い合わせれば、大抵は住所から電
話番号を特定できたでしょう?それが、今
は、届出がないとできないわけ。このご時
世、当然といえば当然だけれど、何とも不
便で世知辛い・・・。そして、ちょっと前
にもここに書いたように、固定電話にかか
ってくる電話は怪しまれる傾向がある。こ
れも、実家の情報しかない同級生に対して
敷居が高くなる原因です。
 と、ここまで書いて気付いたけどさ、個
人情報の管理がうるさく問われながら、固
定電話に怪しいセールスの電話がかかって
くるのはどうしてなの?名簿屋さんがいる
からでしょう。そちらは取り締まれないの
に、同窓会名簿や子供の学校の名簿が作れ
ないって、何だか変な世の中だなあ・・・。
次の同窓会では、皆さんの同意を得て、次
に幹事をやりたい人(いるのか?)には名
簿をシェアできる仕組みを作るつもりです。
 というわけで、SNSで繋がることができ
なかったメンバーはちょっと敷居が高い感
じ。ええ、最後はハガキで追いかけますよ。
行方不明者は探さない、と、宣言しました
が、幸い、まだ時間はあります。少しでも
多くの同級生を探し当てて、漏れを少なく
したいものです。だって忘れ去られるって
寂しいでしょう!
 特に、10年前に最もはりきって幹事を
しながら参加できなかったI君は何としてで
も探し当てたい・・・タレントだったから、
検索するとチラホラ名前は出てくるものの、
そこに連絡先があるわけもなし。もう1人、
女子も探し当てたいメンバーが1人いるん
だけど彼女は携帯がつながらず・・・料金
を滞納している空気があるんですけど。
 ああ、2人とも10年前は連絡がとれた
わけだから是非とも参加してほしい。存在
がわかっているだけに連絡がとれないこと
が非常に口惜しい。
 しかし、これも縁。縁と時の運があれば、
必ず会えるはずです。それがなければ諦め
るしかないけれど、また、将来、いつか、
会えるかもしれません。10年前にI君から
突然電話があった時のように何が起こるか
わからないのですから。希望は捨てまい。
個人情報保護法に負けまい!というか、肝
心の先生、、、先週は連絡がとれたのに今
週は連絡がとれないんっすけど?それが一
番、心配(苦笑)。

[PR]
by akira_dai | 2017-08-03 20:36 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。