それって不倫なのー?

 ここ数日、斉藤由貴さんの不倫の話題が少々、
マスメディアで騒がれたでしょう。というか、
ベッキー以来、不倫の話題がない日がないよね。
そのたびに、うちは夫婦で、
「個人的な問題なんだから、世間が騒ぐなよ」
「他人が怒るなんて筋違いだよ」
「大体、昔から普通にあることなのに、なんで
突然、世の中が清廉潔白になってるんだよ」
「特に芸能界なんか何でもありだろ」
「どーでもいいよ」
と呆れています。
 それで、今回の話題についてはたまたま、
かの「センテンススプリング」でその記事を読
んだので、私はパパに言ったんです。
「しかも、今回は、手をつないでただけだって
話だよ。何だよ、それ。小学生か。」
と。そしたら、それまで、そーだ、そーだ、と
同意していたパパが、
「ちょっと待て」
と。彼の意見では、やはり、「手をつなぐ」と
いうことは、それなりの関係がないとつながな
いんじゃないか、と。はて、そうだろうか?
私は反論しました。
「いや、だって、逆に、そういう関係だったら
手をつなぐ?かえって、つながないんじゃね?
関係がないから、手をつなぐんじゃないの?」
「でも、手をつなぎたい気持ちはある、って
ことだよな」
「まあ、それはさ、そういう気持ちになること
はあるでしょう。ノリだってあるしさ。それっ
て不倫なの?」
「うーん、まあ、それも、どこからなのかとい
う基準は人によって違うと思うけれどさ。」
・・・基準は人によって違う?そうなのか。し
かし、法律では決まっているぞ。例えば、チュ
ーはセーフなのだ。そこで私はふと思い出した。
「じゃあさ、先日、私、大学の友達とデートし
たじゃない?ああいう時に、ちょっと手をつな
いだら不倫と思われるのね。」
「そりゃ、そうじゃない?誰かに見られたら、
そう思われるから府中ではやめろよ。」
「じゃあ、この前は調布で会ったから、調布な
ら大丈夫ね。」
「んー、近所で見られなきゃいいよ。」
「近所ねえ・・・府中は近所だよねえ・・・
下北沢では男友達をハグしちゃったしなあ。」
と、だんだん、会話がへんてこりんになってき
たので、「ま、どうでもいいか」と私たちは話
を終えました。
 そう、どーでもいいんだけどさ、世間が騒ぎ
すぎだよね。あれって、羨ましいか、ひがんで、
騒いでるんじゃないの?と思いますね。特に、
芸能界なんか何でもありだし、私の生活に何の
影響もないし、本当にどうでもいいですよ。
 どうでもいいんだけど、斉藤由貴さん、50
歳だもんなあ・・・嫌味ではなく尊敬します。
がんばれ、アラフィフの星!・・・あらぬ方向
の応援になってしまってスミマセン(汗)。
 不倫で激怒している世間にはむかうように、
谷崎潤一郎さんの「蓼食う虫」でも読み直しま
すかね!え?渡辺淳一さんの「失楽園」の方が
有名?あれは谷崎さんほど芸術的じゃないから
いいや。

[PR]
by akira_dai | 2017-08-05 22:35 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。