アラフィフとティーンズの反応の違い

 昨日は、かねてから見たいと思っていた映画、
「カーズ」を見てきたんです。夜の回だし、田
舎の映画館だからガラガラで、閉所と人ゴミが
苦手な私でも緊張しないで最後まで見ることが
できました。
 正直、今迄、「カーズ」なんて見る気もしな
かったし、見たこともなかったけれど、今回は
「クロスロード」つまり人生の分岐点というこ
となので、見に行ってみたんです。で、ここか
らはネタばれになるので、これから見に行く方
は読まないでください(笑)。
 主人公のマックイーン(よくグッズで見かけ
る赤い車です)は、レースで負け知らずの車な
んですが、ある日、新型の高性能のレーシング
カーがどんどん投入されて、その中で最も高速
で若くて勢いのあるストームという若者に負け
てしまうんです。それで、次のレースで無理に
勝とうと追い越しにかかったところで、クラッ
シュしてひどい怪我を負って、そこからマック
イーンは、レースを引退するのか、続けるのか、
という人生の選択を迫られるわけ。
 これはね、リストラされた経験がある私とし
ては身につまされましたよ。再就職するか、し
ないか、と、悩んだ時を思い出します。で、普
通は、新型のすごい車出てきたら、レースには
旧車の出番はそうそうないでしょう。映画では
わかりやすい技術的な説明もありましたが、技
術的、性能的には、設計的には、新型車両に勝
てるわけがないんです。
 ところが、色々あって、最後にマックイーン
は相棒のクルーズとういトレーナーと強力して
ストームに勝つわけ。私はしらけちゃったね。
そんなに人生、甘くないよ、と。現実的には、
引退して別のやりがいのある仕事を探すとか、
隠居するとか、とにかくマックイーンの立場
だったら一線を続けるなんてことは、まして
や、そこでトップを続けるなんてことは、ま
ず無理だよ、と、本当にガックリきました。
さすがディズニー。
 で、クライマックスでマックイーンとクル
ーズがトップでゴールした時にすっかりしら
けていた私の隣には、4人の高校生の男の子
たちが座っていたわけ。しらけている私の隣
で、彼らは、
「やったー!」
「ひゅーひゅー!」
と素直に盛り上がっていた・・・まさに、胸
のすく思いがした!という感じでね。あら、
ここはスッキリするところなんだね。まあ、
本来はそうだよね。新型ばりばり高性能の、
自信満々な嫌な奴を負かすところですから。
いいなあ、若者は。素直で夢がある。おばち
ゃんは厳しい現実もいっぱい知ってるから、
こういう予定調和を見るとしらけちゃうんだ
よ。でも、彼らの盛り上がりに、おばちゃん
は救われたよ。
 というわけで、子供向きで、何ともシンプ
ルな捻りのないストーリーでしたが、レーシ
ングシーンは圧巻でした。追い越し追い越さ
れだけでなく、最初はゆるゆる走る駆け引き
とか、とてもリアルでね。しかも短いから、
すぐに終わるし、楽ちん。レースを見るのが
好きな方にはお勧めの映画でしたよ。

[PR]
by akira_dai | 2017-08-06 21:57 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。