「探したよ」

 吉報です!同窓会の企画をしながら、行方
不明者を捜すことに注力している昨今、私が
最も気にかけていた I 君、12年前に、自ら
学年同窓会を企画してはりきっておきながら、
開催直前に幹事どうしで喧嘩になって、当日、
参加しなかったという I 君がついに発見さ
れました!
 そのきっかけとなったのは、先週、下北沢
で行った、友達との打ち合わせランチです。
名簿を見ながら、1人1人の行方不明者の手
がかりを話し合っている時に、親友の K が、
「実は12年前、自分は I と話していないし
会っていない。」
と言ったのです。学年全体を仕切ろうとして
いた I と、クラスの代表者である親友が、当
時、会っていないわけはないと思っていたので、
私は、
「でも、I が仕切っていたんだからKに連絡
をしたのは I じゃないの?ちなみに、私は I
から電話をもらった後、誰にも連絡していない
から、私じゃない誰かから K に、同窓会に関
する連絡が入ったはずだよ。」
と話したんです。
「そういえば、、、もう1人、同じクラスか
ら誰かが来てくれたような気がする。」
「それだ。その人がキーマンだ!男子だった
の?女子だったの?12年前、同窓会のことを
誰からきいたの?!」
 Kはうーーん、、、と、顔に両手をあてて
本当に記憶の彼方を探るようにがんばって、
がんばって、
「・・・Tかな。Tかもしれない。」
と1人の女子の名前を挙げたんです。
 そこで私はふと思い出した。
「そういえば、小学生の時、I って、いつも
私の筆箱を盗っては逃げていたけれど、T の
文房具もよく盗っててさ、ターゲットが T の
日は、私はホッとしたものだよ。」
「それって、やっぱりakiraちゃんと T は、
I のお気に入りだったんじゃね?」
「それはともかく、もしも同窓会のことを T
からきいたとしたら、I は、12年前、私と
T に電話をしたということだね。それは、あ
りそうなことだ。」
・・・と、何だか、推理小説のような展開に
なってきました。親友 K は、
「確かに、あの時、1回だけ打ち合わせに来
てくれたのはTだった気がする。」
と言って、少し考えた後、
「あ!」
と、ひらめいたような明るい表情をしました。
「私、当時、I とも会ってるわ!!さっきの
筆箱の話で思い出したけれど、I は小6の時
に先生のメガネを盗んでどこかに隠したのよ。
それを私が先生にちくった、って、打ち合わ
せの時に、私、責められたんだわ!あいつ、
何でも盗んで隠すんだなあ!!」
そう、やつは、まさにサルみたいな奴。人の
ものを盗ってはすばしこく逃げて、高い所に
隠す奴。それでタレントになって、「SAS
UKE」なんかに出演していたんだからね。
「ほら、やっぱり、K は12年前に I とも会っ
ていたのよ!」
「よし!T に、きいてみよう!」


・ 
と、まあ、こんな具合に記憶が蘇って、Kが
T に問い合わせたところ、T が当時の I 君
の携帯番号を保持していたのでした。さすがT!
私みたいに、機種変更のたびに、付き合いが
薄くなったメンバーをどんどん削除するようじ
ゃダメよね・・・これからは削除しないように
します・・・。
 それで、その番号に仲間の男子がかけてみ
たら簡単に連絡がついたんです。そしてグル
ープラインに I 君を追加することができま
した。I 君は、
「akiraさん、ご無沙汰しています」
と、とても丁寧な挨拶をしてくれました。彼
の個人ラインに、今まで皆にシェアしてきた
情報を送信したら、
「ありがとう」
と言うので、私は、
「探したよ」
とだけ返信したんです。きっと、わかってく
れたと思うな。良かった、良かった。
 まだ行方不明者は残っていますが、あと
1人、最も心配なのが、携帯が繋がらない
女の子です。彼女は12年前は近所に住ん
でいたはずなんだけど・・・携帯が料金滞
納状態なのか盗難されたのか、アナウンス
が流れて繋がらない・・・心配な状態です。
彼女が見つかると、ものすごくスッキリす
るんだけどなあ。ハガキを出しましょう。
 当時の転出者を含めて、38人中23人
に連絡がつきました。さらにあと4人は実
家が残っているので連絡がつくでしょう。
亡くなった2人を除くと残りは9人。12
年前に既に行方がわからなくて、手がか
りが何もない人が7人です。ここまでき
たら、当時は連絡がとれた、残りの2人も
見つけたいものです。

[PR]
by akira_dai | 2017-08-14 22:15 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。