あと20年の間にいっぱい会いたいな

 今年は私はできるだけ多くの人に会おうと
心がけているので、今迄の8か月、ひたすら
「会いたい人」と会うことしか考えていませ
んでした。そもそも、お互いに「会いたい」
と思わなかったら連絡すらとりませんよね。
 しかし、ここにきて、同窓会とか、あるい
は数人のグループで会うという話になると、
「会いたくない人」について考えさせられる
こともあります。
 ここ数日、小学校の同窓会の方はあまりに
も順調に話が進んで、(ほとんどの人が参加
してくれるだろう。)と、まったく疑いもし
なかったんです。で、ここにきて、大体の人
数を把握しようと思って出欠をとったら、迷
わず参加する人は、
「出席」
と瞬時のうちに返事がきました。しかし、返
事がまったくない人、「欠席」という人も数
人います。それはそれで良いんです。が、そ
の中の数人とちょっと長く話して、(ああ、
誰でも会いたくない人というのがいるんだな。)
と理解したの。でも、最初に、それを聞いた
時は、(50にもなって、大人げ無いなあ)と
か(大人数いるんだから、気が合う人といれば
いいのになあ)と、反射的に思ったんです。し
かし、よくよく考えたら、私自身、中学の同窓
会だったら行かないかもしれないのよね。それ
で、いかに当時の経験や同級生との関係が重要
なのか、ということに気が付きました。そうか、
大勢集まれば良いというものでもないんだな、
と。
 まあ、それで良いんです。きっと彼らも、大
勢では会いたくなくても、一部の友達には会い
たいでしょう。そのために、SNSで全員、繋が
ったのだから、会いたいメンバーだけでこっそ
り連絡をとって会ってくれれば良いのですよ。
奇しくも、そのうちの1人は社交辞令かもしれ
ないけれど、
「akiraや他の友達には、今すぐに会いたいよ。
だから、一部のメンバーで別の機会をもうけよ
うよ。」
と言ってくれました。正解です。それが、今回、
ラインやFBで大勢をグループに登録した真の
目的だもの。中には私に会いたくない人だって
いるでしょう。
 ただね、この機会を逃したら、一部の会いた
い人にもこのまま会わずに終わってしまう可能
性もなきにしもあらずだよね。あるいは、その
人が「別の機会」をもうけたとして、その人が
思い描く「他の友達」の中に、私の苦手な人が
いたらどうしよう・・・と、ちょっと悩む。あ
のグループのこの人とは気が合うけれど、他の
人は苦手、という場合が珍しくないでしょう。
クラス全員なら苦手な人の存在が薄まるけれど、
誰かが集めた4、5人の中に、苦手な人が1人
でもいたら、ちょっと、どうかなあ・・・?と、
元来、人当りが良い私でも悩みます。ちなみに、
中学の場合は、苦手な人の人数が多すぎて、ク
ラスや学年全員が集まるとなったら、まず、パ
ス!でしょうね(苦笑)。
 と、ここまで書いておいて・・・でも・・・
そうだな、これからは、会ってくれる人とはな
るべく会って、多少苦手な人とも新たに付き合
えるようになれれば良いな、と思っています。
親の亡くなった年を考えたら、あと20年生き
られるかどうかわからないんですから。そして、
今の調子もいつまでもつか、わからないんです
から。20年ってあっという間でしょう。そし
て、そのうち調子の良い時が何年あるのか、と
考えたら、虚弱な私は本当に自信がありません。
だって、今まで、内科的な病気でもないのに、
12年も調子が悪くて電車に乗れなかったんで
すから!
 元気なうちに、そして調子が良いうちに、会
える人と会って、つまらない話をいっぱいして、
楽しく年をとれたら良いなあ、と思っています。
 あーあ、今年も後半に入ってしまいました。
まだまだ同窓会は先なのに、自分の体調は足踏
み状態だし、会える人とは会いつくしたし、早
くもちょっと寂しい今日この頃です。

[PR]
by akira_dai | 2017-08-18 23:41 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。