お遊戯会で目立ちすぎ

 通夜と重なってしまって、お遊戯会について書かなかったが、2月11日は、
わが子の初遊戯会であった。はたして、ステージの幕が開くと、うちの子は
一番前のど真ん中に立っていた。緊張したのか、一瞬、目が大きくなって、
顔がひきつった。(あちゃー、大丈夫かしら)と、見守る母、AKIRA。
 まずはお歌から。「宇宙船に乗って」と「散歩(トトロのテーマ)」である。
歌が始まると、うちの子ったら、一番大声で叫び始め、音程なんかはまる
っきりないのだが、一人で顔を真っ赤にして怒鳴っているものだから、目
立つ、目立つ。その様子を見ている父兄の皆様から、クスクス...と笑い
声が。それだけならともかく、途中で突然、歌詞を忘れたのか、真上を向
いて、ウフフフフイヒヒヒヒヒといった調子で笑い出した。鼻の穴が丸見え
状態で上を向いて、手を前に組んで、そのうち笑いすぎて声も出ない様
子で、とにかく上を向いて笑っている。一番大声だったうちの子の声が聞
こえなくなった上に、ヘンな顔をして笑っているので、クスクスだった父兄
の皆様の笑い声は、どよどよどよ・・・という大きな笑い声に。間違いなく笑
われているのは家の子です、はい。恥ずかしさで、私は顔が真っ赤である。
 歌が終わって、別のクラスのお遊戯になり、少し待っていると、また、うち
の子が、今度は踊りで登場。「5匹の子ブタとチャールストン」だって。これ
また、ど真ん中という配置である。始まると、他の子と一緒に、右へ左へと
飛ぶのだが、うちの子だけ飛ぶ幅が異様に大きい。他の子の三倍くらい飛
ぶものだから、隣の子とぶつかりそうである。何だか、シャイだった私とは
正反対。ものすごく楽しそうで、かなり目立っていた。
 誰に似たのかわからないが、超積極的、超マイペース。そして、本人は
その気はないのだろうが、一番目立つ。これは親バカというより、事実です、
はい。そのうち、成長して、恥ずかしいということを知って、大声や大きな動
作はなくなるんでしょうかね。ま、私と相棒の子供だから、そう派手な性格
になるわけが無いのだし、目立てるうちに目立っておけ、我が子よ。
[PR]
by akira_dai | 2007-02-27 20:22 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。