正社員のありがたさ

 健康に働いていると気づかないが、妊娠したとき、病気になったとき、
こういう異常時(?)こそ、正社員である有り難味がヒシヒシとわかる。
 今日、やっと、待ちに待った傷害手当金の給付連絡が健康保険か
ら到着した。毎月給与が入るのが当たり前になっていた私、10月、
11月と給与が入らず、心細い毎日を送っていたのだが、ああ、やっ
と、私の口座にも入金が!!ボーナス直前の嬉しい入金である。
 連絡書類を見てみると、その給付額にびっくり。予想していたよりも
たくさんだ・・・給与のXX%とは聞いていたがこれほどとは。というの
も、税金や年金が引かれていないから高く見えるだけの話しなのだが、
それにしても会社に一日も行っていないのに有り難いことである。申
し訳ないことに、パートや派遣で働いている人たちよりも高額だと思う。
 そういえば、健康に働いているときには、こういった有り難さは知らず、
一番仕事がピークのときには、(こんなにキツイなら派遣になってもう
少し楽で短い時間で働こうかしら。)と思ったこともあるけれど、こうい
った社会保障がやはり助かるんだなーあ・・・。これぞ実感。
 そういう意味では一人暮らしのパートや派遣さんの心細さは深刻だ。
今はそういう働き方が増えているというし、彼らの社会保障は考えな
いといけないだろうなーあ・・・。
 正社員のありがたみも実感したけれど、結婚しているありがたみも
実感。病気のときに自分以外の家族がいてくれるのは、経済的な面
のみでなく、精神的に心強い。そして温かい。何もかもありがたいこ
とだ、と、謙虚な気持ち。元気になっても忘れないといいけれど。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-30 14:25 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。