引っ越し完了しました!

こちらのすべての記事はFC2に転送済みで
近々削除予定です。
そして、それとはまったく別に以下に新規
ブログを開設しました。
http://akiradainew.blog.fc2.com/
読者はほとんどいませんが、興味のある方
はよろしくお願いいたします。


[PR]
# by akira_dai | 2017-10-21 01:24 | Comments(0)

 実は、50歳を機に、このブログをお引越し
して、うじうじぐちゃぐちゃは引っ越し先にぶ
ちまけて、ここでは何とか明るい話題だけを提
供できるようにしたい、と、計画中なんです。
 で、今、お引越し手続き中なのですが、長年、
続けてきただけにお引越しも大変らしく、なか
なか手続きが完了しない。というわけで、更新
も滞りがちですが、再開まで、もう少々、お待
ちくださいね(って、最近、読んでる人はほと
んどいないけどね)

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-16 00:10 | Comments(0)

 ・・・って大げさですね。別に泥沼という程じゃ
ないですよ。私は普通の人が普通にできることや、
何も感じないことを、ものすごーーく重く考えて
鬱々してしまうタイプなんです。だから息子のテス
トが返ってくるたびに、マジにこの家族を解散しよ
うかと思ったり、子供が嫌いなものだから、息子を
置いて出て行ってしまおうかと真剣に考えたり。
 かと思うと、男女関わらず、色々な人のことが心
配になって、心配していると、男友達に関しては、
その関係を掘り下げて妙に警戒したり恋愛ごっこし
てみたくなったり、女友達に関しては、電話してみ
ようかやめようか、なんてウジウジしたり。逆に自
分が嫌なことがあって辛くなってくると、男女問わ
ず、私のことを本当に理解してくれる友達はいるん
だろうか、と、ちょーーー寂しくなったり・・・忙
しいんです。それも頭の中だけなので、現実には何
ら影響なく、皆と、ある程度の距離をとってさばさ
ばと付き合っていますけどね。
 ま、そんなことまで考えて友達付き合いしている
人はいませんから、考えすぎなこともわかっている
んだけれど。家族でも友達でもこちらに踏み込ませ
たくない気持ちと、本当はもっともっとわかってほ
しい!という寂しい気持ちのバランスが取れず、す
べての人間関係を放棄したくなることがある・・・。
 そういう破壊的な気持ちの時は、いつものごとく
大嫌いだった親のことを思い出して、またしても50
にもなって、苦しむ。こういうところが自分の親に
似ている。きっと、我が子も私みたいになって、先
祖代々、こういう悪いことは未来永劫、遺伝のごと
く伝わっていくんだ、嫌だ、嫌だ、と。まじで昭和
初期の文豪みたいに悩むわけ。神経症(PD)だし、
太宰みたいになったら、どうしよう!!
 しかし、そうはならないところが凡人です。考え
ても仕方がないことをあーでもない、こーでもない、
こーするべきだ、あーするべきだ、本来、自分はこ
-したいんだ、、、と考えて苦しみ抜くと、どこか
で悟るというかスッキリするんですよ。何か憑き物
が落ちたみたいにね。それで、今、自分が持ってい
るささやかなもの、例えば、その関わりがどうであ
れ、家族、友達、仕事、経験(想い出)のすべてに
感謝したい気持ちになるというか、誰とも比べられ
ない自分だけのスペシャルなもろもろを誇りに感じ
られるようになるんです。自分のことを誰にも曝け
出せないと孤独を感じるし寂しい時もあるけれど、
まあ、それもスペシャルかな、と。きっと、縁があ
る人というのは必要な人で、自分にふさわしくない
人とはどんどん縁が切れていく。たとえ自分を出せ
ずに孤独を感じても、今ある縁を大切に、皆と労わ
り合って前に進むことが大切なのかな。
そんなわけで、今日は憑き物が落ちて元気です。

 

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-12 16:32 | Comments(0)

今年の総仕上げスタート

 さてさて、天秤座のモテ期の終わりが近づき、
いよいよ私は50に近づき、クラス会の準備も
ほぼ完了し、10月半ば、今年もあと2か月足
らずです。 今年の目標はとにかく外出して大
勢の人にリアルに会うこと!我ながら非常によ
くがんばった!先輩のライブに行った!D大で
も会社でも一緒だった男友達と改札デートした!
同様にD大でも会社でも一緒だった女友達と2
人でランチした!リストラされた元同僚のオジ
サンたちと飲んだ!一緒の部署で働いていた後
輩と飲んだ!高校の友達と集まった!中学の色
々な友達と何回も会った!大学で同じ学科だっ
た男友達とランチした!小学校の仲間とクラス
会の打ち合わせがてら何回か飲んだ!ランチし
た!・・・ね、すごいでしょー?もう十分でし
ょう。
 「しかし」! 忘れちゃいけない、D大のキ
ャリア4人グループ。といっても、今や私を含
む2人が退社してほとんど家にいるわけですが、
残り2人のうちの1人は独身、もう1人はDINKS
で、外資でバリバリ仕事をしています。もちろ
ん働いている2人は管理職で、マンションのロ
ーンはとっくに完済。長期休暇は海外旅行と優
雅な生活をしています。この4人は結婚が遅く
て、30代半ばまで一緒に食事したり、レディ
スプランで都内の高級ホテルに泊まったり、夏
休みに温泉旅行したり、と、勝手気ままにして
いたのですが、さすがに私が出産してからは自
由がきかなくなり、さらに病にまでなったもの
だから、なかなか会えなくなってしまったんで
す。でも、今年は体調が良いからね、出て行け
るところま出て行こうではないか、と、誘って
みました。
「自由が丘あたりでランチしない?」
と。打てば響く4人は、即レスですよ。
「10月中なら大丈夫だよ~。11月以降は忙
しくて無理!」
・・・そう、キャリアは海外出張もしょっちゅ
うあるからね、大丈夫なうちにサッサと予定を
入れないとダメ。「じゃ、10月XX日ね!」
と日程も即決です。12月はまた忘年会やら何
やらで会社行事満載なので、もう、10月に集
まるしかないでしょう。 
 クラス会同様、誰も後ろ向きな人がいないイ
ベントの企画は楽しいですね。今年は彼女たち
と会えれば、もう総仕上げという感じです。も
ちろんメインは11月のクラス会だけれど、こ
の調子をキープして、あと、しばらく積極的に
外に出られるといいな、と、思っているんです。
だって、どう見てもお婆ちゃん!という容姿に
なってから久しぶりに会うのってちょっと躊躇
するじゃないですか。今なら昔の面影もある。
まだ、お婆ちゃんとう程ではない。お互い元気
なうちに、どんどん会っておかないと。 
 はっ!その前に、免許更新に行かなくちゃ!
大変、大変!もう、更新期間の半分が過ぎてし
まった!更新期間は2か月もあると思っていた
のに2か月は速い。よって、あっという間に12
月になってしまうのでしょうね。総仕上げ、が
んばりますよ。

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-12 00:20 | Comments(0)

幸せな3連休

 この連休は爽やかに晴れて、ちょっと
秋にしては暑かったけれど、良い陽気で
した。私はお日様が射しこむ和室で朝寝
坊して、それだけで超幸せな気分。
 今年に入って積極的に出かけるように
なって電車で移動できる距離が延びて本
当に楽しくなりました。何といっても気
軽に人と会えるようになったし、もしや
この調子なら再就職も夢じゃないんじゃ
ね?くらいに調子が良くなってきた。何
しろ、私の再就職のネックといったら、
自分自身が電車通勤できない、という、
ただ、それだけなんですから。仕事は絶
対にある!という自信があります(って
これで、あらゆる筋から断られたら笑え
る)。でも翻訳が楽かな、やはり。
 先週は息子のテストが返ってきて、相
変わらずの酷さにガックリきたけれど、
さすがに母としての経験値を積んできた
のか立ち直りが速くなりました。実は先
週は、もう1つ、私は友達の一言に悩ま
されていたんですよ。
「誰にでも優しすぎる」
と。それって悪いことなのかなあ、と。
あるいは、それって本当かなあ、と。
本当はそんなに優しくないよなあ、とか
色々ね。多分、私が優しいんじゃなくて
周りが私に対して優しいんじゃないかな
と思ったりね。色々、考えてしまいまし
た。
 他にも、多少、色々悩みというか考え
てしまうこともあり、モヤモヤがすべて
晴れたわけではないんだけれど、でも、
そんなちょっとした悩みも含めて、私ら
しくていいんじゃないか、と、思えるよ
うになり、今日は、かねてから会いたい
と思っていた大学時代の女友達数人に連
絡をとってみたんです。皆、キャリアで
忙しいけれど、返事が来るといいなあ。
そしたら、ちょっとリッチなランチに行
って、最近のビジネスや出世話を聞きた
いですね。羨ましくなっちゃうかな?い
えいえ、刺激になりますよ。さらに、同
じサークルの女友達、って、彼女たちは
正確にはD大の男友達の妻たちですが、
彼女たちともランチに行こうか、という
話になったし、おかげさまで、この秋も
人と会うために出かけられそうです。
 食欲の秋、せっかく痩せたのに体重が
増えそう。まあ、それも私らしさよ!と
いうわけにはいかないクラス会も控えて
いるので、食べた分は歩いて消費!がん
ばります。

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-09 23:53 | Comments(0)

 「引き寄せの法則」って知ってる?前にも
書いたか。一時期、この類の本やら宗教まが
いが流行ってね、本はベストセラーになって
いたから何冊か読んだことがあるんです。
 当時、私は、自分が幸運を引き寄せたくて
そういう本を読んでいたわけじゃないの。逆
に、結構、欲しいものがスッと手に入るもの
だから不気味に思って、(もしや、これは流
行の引き寄せの法則なのでは?)と思って、
本を読んでみたんです。欲しいものが想定し
ない経路で入ってくるのには、何か、理由が
あるんじゃないかな、と思ってね。
 欲しいものが入ってくるって、どんな感じ
か、皆さんは経験があるでしょうか。例えば、
当時、つまらないものだけれど、
(USBメモリが欲しいなあ。買うほどじゃな
いんだけど)と思ったことがあったんです。
会社にいる頃ですよ。そしたら、それから数
日も経たないうちに、同僚が、
「展示会で記念品にUSBメモリをもらったか
ら、あげるよ」
と言って、簡単にメモリをくれたの。
「ちょうど欲しかったんです!嬉しいです。
ありがとうございます!」
なんて言って受け取ったんだけど、さらに、
その後に新製品の研修があって、研修後に、
それを修了した記念品にまたUSBメモリを
ゲット!嬉しかったけれど、ちょっと気味
が悪かったりして。
 あとは例えば、
(神戸にあるお店のシュークリームが食べ
たいなあ)と思っていたら、何も言ってい
ないのに同僚が出張に行ってお土産に買っ
てきてくれたとか、(あの映画に行きたい
なあ)と思っていたら何かのキャンペーン
でチケットが当たったとか、、、引き寄せ
る時期って、本当に気持ちが悪いくらい引
き寄せます。
 で、ここ2週間くらい、色々、引き寄せ
るんだよね。今日は京王線の新車両、5000
系に気付かずに乗ってましたよ。その車両
は、まだ1台しかないんです。私はそんな
に鉄道自体には興味ないんだけれど、5000
系は話題になっているし、まだ走行を開始
したばかりだし、(乗ってみたいなあ)と
軽く思っていたんです。来年には指定券を
とらないと乗れなくなってしまうし。でも、
今はファンがわざわざその時間に合わせて
乗るだろうから混雑していて、病の私には
とても乗れないだろうなあ・・・と諦めて
いたの。それが今日、駅で、ふらりと乗っ
た各駅停車がその5000系!何か、周りの
人の空気が変だなあ・・・と思って、いつ
ものように乗車したら、シートに肘掛がつ
いていてヘッドレストがついていたので、
「!」と思いました。各駅だから空いてい
て余裕で座れたし、とても人気の5000系
とは思えない余裕の乗車。驚きです。
 あとはね、ふと誰かを思い出した瞬間に
その人からメッセージが届いたりして、こ
れも本当に驚きますね。テレパシーか?み
たいな感じだね。
 それで、ゲームとして、ここのところ、
ウォーキングの時に試してるんだよね。例
えば、(今日は紫色の車を5台見よう!)
と決めておくの。それで5台クリアしたら、
引き寄せパワー強し!と判断するわけ。遊
びなんだけれど、クリアすると気分が良い
んですよ。今のところ、毎日、クリアして
います。このゲーム、ささやかなんですが
気分が上がるんです。
 大体、思ったものを引き寄せられる時期
というのは、体調も気分もそこそこ良い時
です。まさに、「ついてる」と言うのでしょ
うか。モテ期は終わったけれど、これから、
ついてるのかな~♪だと、いいなあ・・・。
体調は悪くありません。問題はクラス会が
終わってからだけど、終わってからこそ、
良いものや好きな人をいっぱい引き寄せら
れるといいな~と思ってます。



[PR]
# by akira_dai | 2017-10-08 01:14 | Comments(0)

 昨日から涼しく、今日は爽やかに晴れて、
それはそれは朝から超幸せな気分で、自分
には何の問題もないし、何かおいしいもの
でも作って、夜は温まろうくらいに考えて
いたんです。しかし・・・きたよ、きたよ、
例の、バカ息子のテスト結果が。100%、
鬱になるからね、これがくると。
 大体、「あきらめている」とは言っても、
多少は毎回、心のどこかで期待しているわ
けです。で、1学期は、ちょっと私が理科
を見てあげたら1問間違いでほとんど満点
だったし、夏休み明けは、英語の勉強のコ
ツをちょっと教えてあげたら、しっかり90
点以上とれたし、そんなこともあって、い
つもより期待していたわけ。しかし。
 この中間テスト、息子は私が主張してい
る「確実に90点以上とる勉強のしかた」
を実行するのが辛かったのか、ずーーっと
2階に逃げて、パパに勉強を見てもらって
いたわけ。パパはね、勉強のしかたを知り
ません。勘だけでやってきた人ですよ。そ
のパパが、
「息子は理科、すごいぞ!」
と言うし、息子は息子で、
「今度は満点だ!」
と言うので、(あやしい)と思いながらも
期待したわけよ。期待しながらも、直感的
に、(満点と言ってて60点前後だろうな)
と思ってもいましたよ。きっと、クイズと
勉強を混同しているだろうな、と思ってた
んだよ。勉強というのは、徹底的に教科書
を読んで、わからないところは、こうでも
ない、ああでもない、と、自分で考えて、
その後で教科書の内容をノートに自分自身
でソラで整理できるくらいに理解しないと
90点以上なんかとれるわけないんだから。
そして、それをやらずに「満点かも」なん
て甘いのよね。何が「すごいぞ」だよ。ま、
信じてなかったけどさ。
 そしたら、今日、案の定、返ってきた理
科のテストが半分しかとれていない・・・
そもそも問題文の意味がわかっていない。
そう、息子は文章が読めない理解できない、
そして書けない人。クイズみたいに会話で
は答えられても、問題文を読めない、そし
て答案用紙に適切な答えを書けないんです。
とんちんかんなんだよ、いつも。
 それで、また私はパパを責めたね。
「一体、どういう勉強をさせていたのか」
と。当然、
「それなら、今後はお前が見ろよ」
となるよね。そうよ、この前の理科と英語
みたいに私が徹底的に、勉強ではなく、勉
強のやり方を教えれば、確実に90点以上
とれると思うよ。でもね、息子はそれをや
るとマジに気持ちが悪くなってゲロッたり、
頭痛になったりする根性なしなんです。本
当はこの中間テストも私が徹底的に見てあ
げても良かったんだけど、本人が避けてた
と思うんだよね。甘いパパの方に頼ってい
たというか。でもね、甘いやり方じゃ得点
は伸びないのよ。一生、50点前後でウロ
ウロしているなら、しっかり自力で生きて
いけるように、どんな仕事ならできるのか
考えてほしいんだよね。安易に、
「デスクワークじゃなきゃ嫌だ」
とか言ってほしくない。デスクワークだっ
てそんなに甘いものじゃないんだから。
 教えるのは勉強じゃなくて勉強方法なん
だけど、どうも、その「方法」が息子にと
ってはしんどいらしく・・・それなら、90
点とは言わないから、80点くらいとれる程
度の勉強方法を自分で編み出してみたら?
と思います。1教科でもいい。それが全部、
「それなりに」勉強して50点前後という
のは甘いとしか思えない。しかも部活だっ
てまともにしていないのに。
 もう中2だよ。自分で何とかしなさいよ。
できないなら、私の言うとおりにやりなさ
いよ、と思う。これくらいでゲロッてたら
プログラミングなんかできないからね。
 本当に今日は嫌になりました。私と息子
の人生は違うとわかっちゃいるけれど、勉
強ができないだけでなく、運動もできない、
体も弱い、神経が細い・・・何もできない
息子がとても心配なんです。そんな息子の
ことを無責任に、
「大丈夫」
とか
「すごい」
とか
「仕方がない」
とか言う人の気持ちがさっぱりわからない。
とにかく、息子は勉強以外のところは私に
そっくりなんだもん。ゲーム以外に何か、
自信をもてるものがないと、それこそ鬱に
なって生きていけないと思います。それも
私の人生じゃないといえば、そうなんだけ
どね。仕方がないんですかね。

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-06 00:29 | Comments(0)

 最近、離婚する知人が多いので色々聞いた
ところ、結婚後の財産は、専業主婦であろう
とパート主婦であろうと、半分いただけるそ
うです。不動産も含めてですよ。
 前にいた会社の同僚との飲み会でその話を
したら、アラ還のオジサンたちは、
「もちろん、僕たちは、住宅や貯金を独り占
めする気はありませんよ。財産は妻と2人で
築きあげたものだからね。」
と口々に言いました。ふーん、怪しいね。何
千万もローンを払ってて納得できるのかな?
「だって、妻は、僕が仕事ができるように、
家のことを引き受けてくれたわけだから。」
ということだそうです。
 別の飲み会では、若い同僚が忠告してくれ
ました。
「akiraさん、財産を半分にしたら、下手する
とakiraさんが取られちゃいますよ。どこかに
預金を隠しておいた方がいいよ!」
と・・・えーー、だって、ローンも食費も一
部払ってるし、財布は別だし、携帯料金も払
ってるのに、やっぱり、別れるときは、半分、
とられちゃうの?節約してて貯金している方
は損するわけ?何だか納得いかないなあ・・
・仕事しているのに、自分が稼いだ余剰分を
相手に持っていかれるなんて・・・旦那の財
布を管理している専業主婦の方が得なような
気がしてきた!
 という話をパパにしたら、
「損得の話じゃないでしょ」
と笑うの。うーん、損得の話じゃないけどさ、
子供の頃から自分の両親を見ていて、(こん
なの嫌だ)と思って、自分の稼ぎで生活でき
るように頑張ってきたのにさ、扶養に入って
いる普通の主婦は旦那の稼ぎから蓄えた財産
の半分を離婚の時に持っていけるのよ。そし
て私は逆に持っていかれるのかもしれないの
よ。それって、あり?何か釈然としないなあ。
 そういえば、離婚しなくても、扶養に入っ
ている主婦は何ら引け目を感じていないよね。
どうして私はそこに違和感を覚えるんだろう
・・・父が大嫌いだったからだろうなあ、と
思うけれど、普通の主婦みたいに扶養に入っ
て、家の経済を全部握って、パートと家事を
しながら空いた時間にお茶をして旦那の悪口
を言えるような性格になってみたいものだ・
・・絶対に無理。だから扶養には入りたく
ありません。別に、稼いでいるからという理
由で旦那を足蹴にしたり、悪口を言ったりし
ませんけどね。本当に、よくいる普通の主婦
が羨ましいんですよ、本当に本当に。
 だけど、やはり、一人前に仕事ができると
いうのは良いことのはずだよね。私は苦手な
理系に進んだことはちょっと後悔しているも
のの、悔しいけれど仕事があるのはありがた
いと思います。この分野について知っている
人間が少ないからこそ、仕事があるんだもん
ね。もっと言えば、芸能人のごとく、その人
にしか出来ない仕事ができれば良いのだけど
・・・そこまではなれませんね。
 イザという時に独りで稼げる能力は大切で
すが、最近、幸せは経済だけではないかもし
れない、と思うことがあるんです。でも経済
は生活の大前提です。だから今も色々新しい
技術用語をちょっとずつ勉強するわけですが
・・・好きじゃないから辛い。ああ、やはり、
扶養に入っている主婦の方が楽で幸せなんじ
ゃないの?(「楽で」なんて言ったら殺され
そう!!)でも、そんな生活、我慢できない
から!
 と悶々としながら、今日も仕事をしました。
量子情報システムについてちょこっと勉強し
ました。IoTネタも多いのよね、最近。全然、
興味ないけど・・・これが私の生き方なのね。
万が一のことがあったら財産の半分、くれて
やりますよ。(と言ったら、「離婚しようか
な」とパパが・・・(苦笑))
 年金もね、できればいただかなくても済む
ように、死ぬまで働きたいですね。健康が問
題だなあ。鍛えなくちゃ。


[PR]
# by akira_dai | 2017-10-04 16:17 | Comments(0)

眼差しは変わらない

 ここ数日、涼しくなりましたね。過ごし
やすい季節です。今年は秋が長いといいな。
 ところで、古い友人は皆、知っているこ
とですが、私は超シャイというか、病的に
人見知りで、元来、人と話すことが苦手で
す。高校が女子だけで、同級生から、「何
もできない少年」として可愛がられたので
少々人に打ち解けるようになり、大学は紅
一点だったので、色々な意味で社交的にな
らざるをえず、一見、騒々しいキャラにな
りました。仕事も営業寄りだったので、初
対面の人との打ち合わせや交渉が多く、社
交的にならざるえませんでしたが、それで
も、人と目を合わせるのが苦手です。長い
時間、凝視していられません。
 しかし、今年に入って、久々の知人や友
人と会うようになって、小学校、中学校、
高校、大学の友達の目を凝視するようにな
りました。というのは、特に、小中高くら
いの友人と会うと面立ちが変わっている人
も少なくなく、この年になってそれなりに
皆、老けてきて、さらに、口調や言うこと
が変わって、(子供時代とは違うのね)と
寂しく思うことがあるんです。そういう時
に、唯一、何も変わらないのが、その眼差
しなんです。
 だから、今年に入って会った人たちに対
しては、目を合わせる時間が長くなりまし
た。そこに懐かしい面影、子供時代の名残
を探している感じでしょうか。一見、ちょ
っと変わってしまったように見える友人も、
瞳の中を覗き込むと、昔と全然、変わらな
い。大人になるまでに色々なことを経験し
て、私のように妙に社交的になった人もい
れば、警戒心が強くなった人、苦労が多く
て悲しげな表情になった人、やたら軽々し
く人生をなめた口をきく人、、、と、色々
ですが、その眼差しは変わりません。
 その瞳の中に、懐かしさ、当時と変わら
ない本来の性格を探して、ついつい、じー
っと目の中を見つめてしまうのですよ。そ
して、そこに昔々、子供の頃と変わらない
本質的な何かが垣間見えると、ホッとしま
す。
 シャイな私としては、他人の目の中を凝
視するなんてことは考えられなかったこと
ですが、そこに本来の彼や彼女の姿がある
気がして、覗き込んでしまいます。初対面
の人にはそんなことできやしません。今後、
会うかもしれない皆さん、瞳の中を凝視し
てしまったら、ごめんなさいね。

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-03 08:06 | Comments(0)

俺が今、独身の理由

 ちょっと前ですが、学生時代の友達とメッセン
ジャーで話しました。彼は独身です。今や、独身
は男女とも珍しくありません。私の高校の女友達
はほとんど独身だし、大学の女友達も独身が少な
くありません(学年で女子は15人しかいないけ
ど)。ここのところ頻繁に連絡を取り合っている
小学校の同級生では、男子独身率が高いようです。
 女子の場合は、仕事が忙しすぎたり、D大や会
社の後輩女子の場合は特に、男とまったく同じ、
場合によっては、それ以上の仕事&収入がありま
すから、何となく男の方も引いちゃって女として
見てくれないなんてこともあるでしょう。あるい
は、当人が、
「結婚?お荷物が増えるだけだから嫌ですよ。
1人で困ることなんか何もないんですから。」
と言っていたりします。アラフォー後輩女子は、
「彼氏は欲しいけど結婚はしたくない」
という感じです。同年代のアラフィフ女子は、も
はや彼氏も必要ありません。彼氏も面倒臭いお荷
物なんです。でも、
「子どもだけ欲しかったわ」
なんて言う人はいます。不思議なものです。子ど
もが欲しい女子は未婚で、結婚にも子供にも興味
がなかった私が気まぐれに結婚したら、即、子供
ができて今に至るんだから・・・はーあ・・・。
 そして独身の男の場合はどう思ってるの?どう
なんですかね?それぞれでしょうが、そのメッセ
ンジャーで話した独身の彼は、同期の別の独身男
が気になるようで、やたら、
「どうして、あいつ、独身なの?」
と気にしているようでした。
 そんな風に聞かれても、私は一般的に、男友達
にプライベートなことをきかないので、奴がどう
して独身なのか、現在、彼女がいるかどうかなん
てことは知りません。だから、「思いつき」でこ
んなことを言いました。
「きっと、若い頃にモテすぎて、選り好みしすぎ
たんじゃない?大体、この年になっても独身の男
の人って、実はモテた人とかモテてる人なんだよ。
そういう君も若い頃にモテすぎて選びすぎて、独
身なんじゃないの?」
と。大きな意味はありません。話の流れでそう言
ってみただけなんです。
 そしたら、彼は、
「いや、俺の場合はモテたのと違う。むしろ、本
当に結婚したい女にフラれたんだ。」
と言うんです。で、ちょっとその話を聞いたのね。
いや、わざわざ、「どういう風に?」なんて、突
っ込んだわけじゃない。勝手に喋ったんですよ。
 ふむふむ、ほうほう、ああ、適齢期の頃に彼女
とギクシャクしたわけね、好きだったのに。長す
ぎた春だったのかな?わかる、わかる。で?それ
で?・・・は?!え?!最後は君が浮気した?!
その女よりも彼女の方が好きだったのに?意味が
わからない!
「・・・バカだねー!男って本当にダメだね!」
と私は爆笑しました。それ、フラれるに決まって
るじゃないか!
「だからモテる男はダメなの!どうして本命じゃ
ない女に浮気するんだよ!意味がわからない!」
と叱ってやりましたよ。50にもなって今さら遅
いけどさ・・・。
 まあね、、彼の言い分もわからなくもない。そ
の浮気に至る複雑な心境、彼女とギクシャクして
いる時の寂しさ、そのタイミングで現れた魅惑的
なカワイイ女子に、ついフラフラとよろめいた気
持ち(下半身?)、わかるさ。男にはあるんだよ。
そういう例をいっぱい見てきたよ。それで、その
浮気相手がいつのまにか本命になって結婚した男
もいっぱいいるよ。
 だけど・・・彼の場合は、どこか純粋で真面目
だったのかなあ。その浮気相手と結婚しなかった
んだね。そして、何となく、その後も色々あって
も、どうも、しっくりこなくて、今や結婚する気
なし。うーん、そうか。バカだけど純粋なんだな
あ。女子も、浮気しちゃうそういう男のダメなと
ころを受け入れてほしいなあ。男はね、変な意味
でなく、何でもやってみないとわからない生物な
の。頭の中でシミュレーションできないんですよ。
だから、ちょっとかわいい女がいると浮気してみ
て、それで初めて、(やっぱ、違うよな。本命の
彼女の方がいいよな)と確認&認識する生き物な
んだよね。世の中の女子に、わかってあげてよー
・・・と言っても無理ですよね。
 まあね、色々見てきたから、わかりますよ。わ
かるけれど、面倒くさくなったので、私は一言だ
け言ったの。
「(結婚しなかったのは)タイミングだな。」
と。
「そう、本当に単なるタイミングだ。」
と彼も賛同しました。
 でもね、タイミングなら、これからもあるかも
しれないよ。結婚なんて魔がさすようなものだか
らね。若い頃は別れた相手と、今、付き合ったら
結婚しちゃうかもしれない。しかし、肝心なとこ
ろで浮気するようじゃ、ダメですよね。もう年だ
から、心身ともにきついぞ。次が最後の女性と思
って大切にしなさい。
 とにかく今、彼はそれほど結婚したくないよう
だから、とやかく言いません。私は男女の関係で
多少不適切なことがあろうが、とやかく言わない
大らかな人だけれど、彼もやばいことは話してく
れないだろうし、そういうことを突っ込んできい
たりする私でもない。でも、他人の人生は、小説
好きな私にとって本当に面白い。昨年から、この
1年間に聞いた話を小説にして、応募しちゃおう
かなあ、と思うくらい、面白くて、ちょっと驚く
ような話がいっぱいありますよ。

[PR]
# by akira_dai | 2017-10-02 18:21 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。