<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

面接

 わが社は一ヶ月に一度、上司との面接があり、その都度、問題点や
上司の期待などを話し合う機会がある。今日はその日。
 会議室に入ると、上司が、早速、「最近、どう?」など、日常の色々を
きいてくる。正直、本当に、異動してから楽だし、子供の病気以外に何
ら仕事で困ったことはない。ちょっとこのところはりきりすぎていっぱい
案件をとりすぎてオーバーフローしたかな、というのが、ここ数日の問
題点、というより、愚痴であるが、今日全部解決しちゃったし大した問題
でない。
 なんて話をしていたら、上司が、「お客様に評判のいい理由は何だと
思うか?」ときいてきた。数ヶ月前から、お客の満足度を上げるために
毎回ランダムに選ばれたお客からアンケートをとっているのだが、毎
回、私のスコアが非常にいいのだ。「さーあ、私にはわかりません。
前回の面接でも話しましたが、こんなことをしているからかな、って
思いますけど、あとは何ら思い当たりません。意地悪なお客に当た
らないか、アンケートがたまたま配布されていないだけでしょう。」と
答えると、「しかし、毎回スコアがのびないメンバーもいるし、AKIRA
さんのスコアが偶然の積み重ねとは思えない。ぜひ、皆にシェアし
て参考にしたい。」と言う。しかし・・・本当に思いつかず、私は腕を組
んでウーーーーーーーーンとうなってしまった。まさか、ここで、「私の
声がかわいらしいからです。」とも言えないしなーあ、それが本当だと
しても。
 そのうち上司が(彼は昔、プロジェクトでも私の上司だったことがある)
昔の話を始めて、「ああいった経験で、色々お客の現場を知ってるし、
ニーズを聞き出すのがうまいんだろうなあ」とか何とか、色々例をあげ
始めた。うーん、そうかなーあ、でも、それくらいの対応は誰もができ
るんじゃないか?と思う。それでそう言うと、「いや、出来ない人が多い。
というのも、スコアが低い人たちも、自分では一生懸命やっているつも
りで何が悪いかわかっていない。だから、ぜひ、自分の何がハイスコア
につながっているのか考えて教えてほしい。」と言う。うーーーん、本当
にわからない。全然わからない。前の仕事と比べるとずっと手抜きして
いるし、問題が簡単だし、何より辛い交渉事も無いしなーあ・・・
 結局、結論が出ないまま、次回の面接までの宿題となった。そして
最後に、「何か問題や困ったことはあるか?」ときかれて、やっぱり何
も無いので、唯一、「今の仕事は正直楽だし、簡単だし、何かチャレン
ジできないか、と考えても、時間の制約で出来ないし、時々前の仕事
にはもう戻れないだろうか、とか、子供を産まなかったら・・とか、考え
てしまう。考えないようにはしているけれど・・・って、まあ愚痴ですが。」
とぶつぶつ言ってみた。上司は、「まあ、AKIRAさんがこのグループ
にずっといるとは思わないけれど、家族あっての仕事であって、やは
り家族が崩壊したら仕事どころじゃないのだから、そこは大事にして
ほしいなーあ。」と言ってくれた。それは痛いほどわかっており、だか
らこそ悩むわけで・・・だからこそ、もう元のキャリアは無理だろうな、
とどこかで思ってしまうわけで。でも、そんなことは考えても無駄なの
で、考えまい。取り急ぎ、ハイスコアの理由でも考えて、グループに
貢献するとします。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-29 19:41 | Comments(6)

お尻丸出しで

 保育園にお迎えに行ったときのこと、うちの子の部屋は2Fなので、
階段を上がっていると、途中で、2Fから、きゃーあははははは!と
いう、悲鳴とも笑い声ともつかない子供の楽しそうな声が聞こえて
きた。うむ?!この声はもしやうちの子では・・・声がはっきり聞こえ
るということは、部屋の中ではなく外にいるな?!きっと、大好きな
トイレでまたふざけてるのねーー。と、ドキドキしながら階段を上り
きると、「ほら!ユーちゃん!こっち、こっち、お部屋に戻るよ。」と、
先生の困った声が聞こえてくる。先生、ごめんなさい・・・・と思いな
がらトイレへ向かうと、私が到着するより早く、下半身むきだしのま
ま、子供がトイレから弾丸のごとく、きゃーーーーと言いながら飛
び出してきた。私に気付いたのだが、わざと、横を素通りし、もの
すごい速さで後ろへと走っていく。
 「あらー、お母さん、おかえりなさい。じゃ、ユーちゃんはちょっと
おまかせして、その間にお着替えを持ってきますから」
と先生は一旦部屋へ戻っていった。その間にも子供はだだだっと
笑いながらがにまたで走っていく。尻むき出しでの全速力。なかな
か速い。えりまきとかげみたいだ。
仕方なく私も追いかける。最近、割と本気で走らないと追いつけな
い。子供ははるか向こう、廊下のつきあたりにある、別の一番遠い
トイレに駆け込んだ。
 ずかずかとトイレに入っていくと、一番端っこの個室のところで、
壁に顔をくっつけて息をひそめて、うまく隠れたつもりでいるらしい。
「行くよ!」と言っても、言うことをきくわけがない。抱っこするのも
しゃくなので、「じゃ、ママ、帰っちゃおうかな!」ときびすを返すと、
「いやだーー!」と突然泣き顔になって追いかけてきた。最初から
来ればいいのじゃ。
 しかし、私が本気で帰るわけではない、とわかると、これまた、
きゃあああああ!と言いながら、また廊下を元来た方向へと走り
戻っていく。おい、お前は何をそんなに急ぐんだ、フル○○のま
まで。やっと先生がオムツと着替えを持ってきて、二人がかりで
着替えさせた。「まるで王子様だわねー」と先生が笑う。ああ、本
当に恥ずかしい。ごめんなさい、すみません。
 それにしても、お尻丸出しで嬉しそうに走るのって、ほとんど男
の子の気がするんだけど気のせいでしょうか。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-28 19:23 | Comments(0)

ちょっとお休み

 昼休み直前、突然、激しい胃痛に襲われた。滅多にないが、たまに
こういう辛い胃痛が起こることがある。前の部署での方がストレスが
ずっと多かったのにどうして最近のが胃痛が起こるのだ?と不思議
に思うけれど、多分、仕事ではなく、育児の方のストレスか、あるい
はちょっとした疲れかな、と思う。もっとも前の部署で、まだ妊娠前、
初めて胃のポリープと胃炎が見つかって、胃カメラを飲むことにな
ったのは記憶に新しいけれど・・・
 で、(きっとこれは空腹のせいだろう)と甘く見て、お昼、何とか耐
えて十分に食べたのだが、まったく痛みは減らない。それどころか
だんだん激しくなってきて、なぜか腕まで痛み出した。こ、これは
やばい。お客と電話で話せる状態ではないし、かといって、車の運
転をして帰れる状態でもない、困った。
 とりあえず、保健室なるものへ行って薬をもらうことにした。みぞお
ちをおさえながら保健室に向かい、お姉さんに市販の胃薬をもらって
飲み干すと、お姉さんが、「薬が効くまで少し休んでいかれたらいかが
ですか?」と薦めてくれる。うーん、一理ある。どうせ、この痛みのまま
席に戻っても仕事になりはしない。そこで、内線で、同僚に、
「ごめん、胃が痛いので、保健室でちょっと休んでから帰る」
と連絡して、ベッドで一休み。鉄パイプのベッドで休みながら、白い天
井を見つめていると、前にもこんなことがあったな、と思う。
 病院にありがちな鉄パイプのベッドで私が休んだことといえば、二回。
一回目は小学校に入ってすぐ、生まれつき悪いところがあったので、
手術をするために二週間ほど入院した。親とはなれて外に泊まるの
は初めてで、結構嬉しく、また、入院したのが小児専門の病院だった
ので、同じ部屋のお姉さんと仲良くお話したり、隣の部屋の悪戯男の
子たちとつかみあいの喧嘩をしたり、それはそれで結構楽しかった。
そのときの思い出は色々あるものの、それは次の機会にするとして。
 二回目は、割と最近、10年くらい前、やはり、かなり腹が痛くなり、
痛み止めを飲んで会社のベッドで休んでいたのだが、なかなか治らず、
結局救急車で会社から最寄の大きい病院に運ばれ、大騒ぎになっ
て、あのときも、会社のベッドで心細く、一人でうじうじと痛い箇所をお
さえて丸くなっていたのだった。
 なーんて思い出にひたりながら、ふと気付いたら、薬が効いて、痛み
がおさまっていた。
「薬、効きました。もう帰ります。助かりました!」
とお姉さんに声をかけて席に帰ると、同僚が、
「まだ30分しか休んでないじゃないですか!」
「帰ってもいいですよ!」
と声をかけてくれる。ありがたいことだ。しかし、残念ながら痛みは去っ
たのである。
 ほんのちょっとの薬とお休みで、あれほどの痛みがケロリと治るもの
なんだなーあ・・・と、改めて、(体調が悪いときは早めに休もう)と思っ
たのであった。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-27 22:33 | Comments(0)

DS

 実は買っていた。DS Lite。ちょっと前に、トイザラスで売るという
広告を見て、朝一番に行き、そしたら、並ばずにあっさり簡単に買え
てしまった。それでもパールホワイトは既に売り切れだったけど。
 そして早速、脳内トレーニング、英語漬け、スーパーマリオなるソフ
トを買い、各々ゲームをやっているものだから、減るわ、減るわ、夫婦
の会話。しかも、夫婦ともに、マリオみたいなゲームは苦手だから、だ
んだんイライラしてきたりして・・・私はすぐにゲームはあきらめて、も
っぱら脳内トレーニングだとか英語漬けだとか、インテリ方向に逃げて
おり、相棒も負けじと英語漬けにはまっている。でも正直、英語漬けは
簡単すぎな気が・・・レベルを一番上にすると相当難しいのかもしれな
いけれど、時々、(こんな使い方するかね?)と思うような例文もあるし
・・・日本人が作っているのかなーあ。懐かしい単語が目白押しなのは
面白くて、受験にいいかも、と思った。実用的には今一歩かなーあ・・・
 はたして、今日も、DSでトレーニングしていたらこんな時間になって
しまったけれど、いつまで続くか我が家のDSブーム。ちなみに、子供
には見つからないように、昼間は棚の奥ーーーの方にしまってありま
す。時間の問題です。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-26 23:44 | Comments(2)

お花

 庭がまたもや草ぼーぼーになる中、お願いするガーデニング業者を
物色しつつ、時間ばかりが経っており、何だか毎日忙しいし、子供が病
気になるし、で、気持ちが荒れている気がするので、毎月、お花の宅急
便をとることにした。半年で1万5千円。毎月、第四土曜日になると、そ
の月の誕生花が届くというシステムだ。
 今日がその第一回目で、思っていたよりも大きいお花が届いた。難を
言えば、時間指定が夕方のせいか、一部少ししおれぎみだったことで、
花瓶の水にお薬を入れて、生き返ってくれるといいのだが。そういえば、
子供が産まれる前は、しょっちゅう切花を買って飾っていたのだが、引
っ越してきてから適当な花屋さんが近くにないこともあって、遠ざかっ
ていた。というわけで、花瓶を出すのも久しぶり。棚の奥から引っ張り
出すのに苦労したわ。子供は男の子だからお花に興味なんかないだ
ろうと思っていたけれど、届いた大きな花束を見て、「うわーー」と、目
を見開いて感激していた。
 実は最近、定期的に何かが届くのが好きで、某通販の、毎月ケーキ
が届くのもとっている。これまた忘れた頃にケーキが届き、解凍して食
べるのが結構楽しみ。子供も楽しみにしている。生活に何となくめりは
りも出ていい感じだ。
 お花は半年コースで契約したのだけれど、毎月、お花の調子が良け
れば、ずっととっていきたいな、と思っています。それより、お庭も何と
かしなくちゃ。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-24 20:01 | Comments(2)

怪しい歴史

 先日、「信長の棺」という本を読んで、出産後久々の読書らしい読書だっ
たのだが、その中で、主人公の牛一が、秀吉に歴史書の作成を命じられ、
ところがその内容について逐一指摘を受けて泣く泣く書き直す、というくだ
りがあり、(うーん、さもありなん)とうなってしまった。
 大体、あのあたりの戦国時代の歴史は変化が激しく面白いといえば面
白いが、あまりにも物語じみている、というところは多々ある。かの有名な
本能寺の変1つとっても、その本の主題である、「信長の遺体」が見つか
らないのも謎だし、どうしてあれだけ賢い明智光秀があんな無茶な謀反
を企てたのかどうも理解し難いし、秀吉がたった三日で毛利攻めから引
き上げてきた、というのも、あまりにもすごすぎて怪しい。この本にもその
あたりのことが著者の想像のもと色々書かれているのだが、思うに、大昔
の記録といえば、権力者が書かせているに違いないのであって、私たちが
習っている歴史は権力者が都合のいいように(?)書いたもの、と考えて
もいいような気がしてくる。
 大体、日本書紀の内容にしても、当時の天皇陛下の事業がいかに立派
だったか、というような感じで、後ろめたい内容はいっさい書かれていない
ような・・・歴史は勝者のものなんだなーあ。
 それでも面白いな、と思うのは、万葉集なんかは、結構、過激な(?)、
(えー、こんなの公にしちゃっていいのー?)と思うような歌も多く、そこの
あたりが歴史の記録を目的とした資料とは違って、歌っている人たちの
正直な気持ちやそのときの状況がよくわかって面白いと思う。一般の人
たちは、歴史書を参考にした教科書を勉強するくらいが関の山だけど、
本来はそういう歴史書以外の当時の資料をいっぱい読んで想像するの
が楽しいんだろうなーあ・・・それにしても、誰もが色々な説を発表してい
るけれど、やっぱり秀吉のとんぼ帰りは怪しいよね。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-23 22:46 | Comments(0)

芸能人の子供

 深夜、NHKのインタビュー番組に宇多田ひかるが出てきて、自分の生い立ちや、
子供のときに考えていたこと、曲のアイディアなどについて色々喋っていた。その
中で、「将来は科学者とか、安定した仕事につきたかった」という話があり、「親の
職業の不安定さ、お金の心配をいつもしている感じ」について淡々と語り、「だか
らミュージシャンなんかなりたくなかった」という話を聞いて、小学校で同級生だっ
た男の子を思い出す。
 彼の親は俳優で、そう売れっ子ではないけれど、石原プロの番組には端役な
がらいつも顔を出し、かの有名な石原軍団のドラマにもレギュラーで毎週出て
きていた。その他にも、サスペンス2時間ものとかちょくちょく出ていたから、そ
れなりにいいお家に住んでいたし、お稽古もしていて、スポーツも勉強も万能
な子だったし、クラスどころか学年の人気者だったし、困っていることなんて無
いんだろな、うらやましいな、くらいに思っていた。
 その母親が、ご近所ということもあってちょくちょく我が家に遊びに来ていたのだ
が、小学校を卒業して間もないある日、「本当に家の子は恥ずかしい。夢が無い」
と顔をおさえて苦笑しているので、何のことか、と聞いてみれば、卒業アルバムに
載せた、「将来なりたいもの」に、「”サラリーマン”と書いた」と言うのだ。ちょっと前
に、ここでも話題にしたが、当時、彼の家庭環境を知らない同級生や親たちから
見れば、(何じゃ?サラリーマンが夢とは?)という感じだったと思うのだが、当の
母親が問い詰めたところ、
「俳優や歌手は、次にいつも仕事がくるとは限らないし、安定していないところが
嫌だ。でもサラリーマンは毎月ちゃんとお給料が入るところがいい。」
と真顔で答えた、と言う。あのガキ大将のいつもおちゃらけている彼がそんなこ
とを考えていたとは・・・と、本当にビックリしたけれど、今日、宇多田ひかるの話
を聞いていて、(本当にそういう気持ちになるんだろうな。)と思った。
 他人から見て、うらやましっかたり、めぐまれていたりしても、やっぱり、皆色々
悩んだり辛かったりしてがんばってるんだな、と、改めて思う。
 同じ番組を見ていた相棒が、
「最近はサラリーマンも安定してないじゃないか。AKIRAの会社にいるくらいな
ら、ミュージシャンになった方が安定してたりして!」
と酔っ払いながら爆笑した・・・シャレにならないからその話しはやめなさい。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-22 23:40 | Comments(0)

うーん、鬱

 やはり子供と一日過ごすのは到底私には出来ない。食事もろくすっぽ作らない
でだらだらし(多分、いつでも出来る、と思うからか)、かえって会社に行くときの方
が家事をやっていると思う。元々子供が嫌いだから、あんまり泣かれたりぐずられ
たりすると、イライラが募り、しかし、殴ったりしてはいけない、という理性が働くの
で、本気で自分が危なくなったときには、子供が抱きついてこようがへばりついて
こようが、それを振り払い、別の部屋に閉じこもる。さらに子供は部屋の外で大声
で泣くが、一緒にいて暴力を振るうよりはマシかな、と思いながら、少しほとぼりが
冷めた頃に出て行って、心の狭い自分に反省するのよね。私が子供の方の立場
だったら、完全にぐれるか、無表情になって冷たーーい人間になるな。
 夕方、帰宅してきた相棒に鬱憤をぶちまけると、
「おいおい、まだ一日目じゃないか、がんばってくれよ」
と真剣に心配しながらなだめてくれる。確かにそうだけど・・・ほんと、こういう時、
専業主婦って偉いよなーあ、と感心してしまう。この息苦しさと窮屈さと自由の無さ
を、一人ぼっちでどうやって消化しているんだろう?幼稚園にでも入れば、ママ同
士の付き合いもあり、多少はお喋りでストレスの発散も出来るのだろうが、0歳か
ら2歳までは孤独だよなーあ。ほんと、保育園があって良かった、色々な意味で、
と、つくづく思うわ。
 会社から個人メール宛に、「心配ありません」というメールが来た。引き継いでき
た若者からである。お詫びと感謝の返事を即返して、(ああ、やっぱり会社に行き
たい)と思う。
 しかし、皮肉なことに、体は元気。いつもよりたっぷり寝ているから、眠気や頭痛、
だるさ、はほとんど無い。ただ精神的に辛い。会社に行けば、体力的に辛いし、家
にいれば精神的に辛いし、子供を産むと、働くにしても専業主婦にしても、いずれ
にしても辛いのう・・・。しくしく。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-21 22:34 | Comments(2)

引継ぎ終了

 パパと子供を残していつものように車で会社に向かい、到着してから、
今日は一件も問い合わせをとらずにひたすら引き継ぎ資料だけ作成し
て帰るつもりが、結局、私しか出来ない件が新たに2件入ってきて、と
るはめになり、何だかんだでものすごく忙しくなった。
 それでも一番心配だった提案2件の資料は、子供でもわかるような
説明書を作成してメンバー全員に配布し、特にサポートしてくれる同僚
には、念入りに説明。私のバックアップは常に彼なので非常に気を遣う
のよね・・・今度お菓子でも買ってこようかしら。最近、彼自身もアップア
ップしており、結構、ぶつぶつ言っている。異動してきてから、正直、ロー
ディングが高いとも、仕事が難しいとも思ったことは一度もないが、毎日
定時に帰り、しょっちゅう休んでいる私が、「これくらい大丈夫でしょう」と
か「私が少々残業して全部やりましょう」とか言うわけにもいかず、「そっ
か、大変だね。」と、励ますくらいしか出来ず、このジレンマは辛い。うむ、
がんばれ、若者。私も定時までがんばるからね。
 でも、明日から、今週いっぱいは休まなければならない。正直、機嫌の
悪い、しょっちゅう吐く子供と二人で家で過ごすよりも、会社でめいっぱい
残業して仕事をする方がいいよな、楽だよな、と思うのだけど、人生、うま
くいかないわ。
 
[PR]
by akira_dai | 2006-06-20 23:33 | Comments(0)

仕事は気になるが

 息子の水疱瘡がついに決定し、今日から金曜日まで休みである。
思いやりのある相棒は、「明日は俺が休むよ」と言ってくれる。あり
がたいことだ。明日一日あれば、中途半端な仕事も引き継いでこれ
れるだろう。それでも、提案をした件は気になるので、今日は、自宅
のメールアドレスから会社の同僚にメールをし、技術的見解を書い
て営業へ転送してもらった。ちょっとした課題は明日、出社して解決
するとしよう。ああああ、気になる!
 けれど、もっと気になるのは子供の体調である。まだ小さいのに、
痒い湿疹がいっぱいできて、触ってしまった湿疹が痛いらしく、
「痛い痛い!薬塗って!」と言う。それなのに、薬を塗ってしみると、
「痛い!もうやめて!やっぱり痛くない!」と、ママの手をひっぱた
く。熱以上に、体中のかゆみが辛いらしい。
 「耳の中も。」「お尻の中も。」と、痒いところを訴えるが、薬を塗れ
るところにも限界があるし・・・。
 「ブツブツいっぱいできちゃった」
と泣くので、
「ママも子供のときに、もっといっぱいブツブツできたよ。絶対治るよ。」
と母親らしく励ます自分の姿が信じられない・・・
 まあ、それはともかく、一度は通る道、既にカサブタも増えているこ
とだし、今週いっぱいがんばろーなー、息子よ。
[PR]
by akira_dai | 2006-06-19 18:13 | Comments(2)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。