<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

王子といえば

 昼休み、会社のネットでニュースを見るのが日課である。自宅では
新聞を読んだりテレビのニュースをゆっくり見たりする暇は到底ない。
 すると、見出しをさらに短くした見出し(?)なのか、
「王子、断念」
という文字が私の目に飛び込んだ。は?王子?王子といえば、今を
ときめくハンカチ王子のことか?彼が何を断念したのか?と、私は
驚いた。彼に断念の文字は似合わない。
 それでそのニュースを開いてみたら、「王子」とは、最近、企業買収
で騒がれている製紙会社の名前であることがわかった。なーんだ、
ハンカチ王子じゃなくて、会社の「王子」かーあ。
 人の思い込みとは恐ろしい。私はこの「王子」という文字を見て、い
つまで、「ハンカチ王子」につなげてしまうのだろう。そして、全然関係
ありませんが、弊社があるのも○王子です。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-31 22:53 | Comments(0)

不幸な一日

 会社でプログラミングの検証に使っているPCが落ちた。私の部署では、
1人2台のPCを持っている。1台は社員全員が持っているのと同じPCで、
メールを見たり、会社のシステムにアクセスしたりする個人用のPC。もう
1つは、プログラミングして計測器につないで制御するPCである。ワーク
PCと呼んでいるが、某M社の、某XX.netでドライバをいじっていたら、突
然、へんてこなエラーが出て落ちてお亡くなりになった。
 それで、OSの再インストールからしているがなかなか完了しない。途中
で落ちる、かたまる、あー、またやり直しじゃーー!客から借りた不具合の
ある測定器をつなげたいのに、全然出来ないぞー!!と言っているうちに、
何とか古いVersionのOSだけはCDからインストールできた。そして、私
の嫌いな某M社のOS UpdateをLAN経由でしていると・・・やはり、途中
でかたまった。だから、嫌なんだ、LAN経由のUpdateは。本当はUpdate
をしたくないが、これをUpdateしないと弊社のドライバが動かないのじゃー。
 と、発狂しかけたそのときに、これまた見たことのないエラーメッセージが。
・・・むむむ?この怪しいエラーは何だ?英語だけど、文法的に合ってないし、
この英語。そう思って、私はそのメッセージをそのまま検索ツールにコピー
して検索してみた。そしたら・・・何と、このメッセージはウィルスが表示する
偽エラーメッセージではないかっ!
 早速、IT関係者に電話をかける。ウィルスは社内に蔓延するから即、削
除しなければならない。とはいえ、もちろん、普通のPCはNortonくんが
入ってるから感染しない。私のワークPCはサラから再インストールして
LANでUpdateなんて無茶をしているからそんなことになるのだ。
 ところで、弊社のITは最近外に出して、しかもこれが外国である。一応
日本語のサポートだが、英語なまりのヘンな日本語だ。
「ウィルスに感染してます!」と私が言うと、
「会社のシステムに接続しないワークPCはサポート対象外です。」
と信じられないことを言う。
「しかし、会社の設備だし、同じLANにつながっていて、ウィルスに感染
しているんです。危険ですよ!」
と私が脅迫すると、あちらは仕方なく、
「表示されているメッセージは何でしょうか」ときいてきた。エラーメッセ
ージのヘンテコな英文を読み上げると、
「そのエラーは、こういう意味なので、XXに関するエラーです。」
と、自信満々に言う。
「・・・あのー、私が調べた結果、これは、XXに関するエラーではなく、
ウィルスが表示する、嘘のエラーメッセージなんですよ?!」
とウィルス名まで申し上げると、やっと、あちらは了解して、一旦電話を
切り、メールでウィルスの駆除方法を教えてくれた。どうして、社内の
サポートまでこんな低レベルなんだろう、しくしく。私はコンピューター
の専門じゃないんだ。どちらかというとコンピューターは弱いんだ、しく
しく。なのに、どうしてウィルスの名前まで教えてるんだろー。
 そして、Nortonを何とか入手してインストールしても、追いかけっこ
のように、どんどん同じウィルスに感染するし。面白いように、「駆除し
ました」とNortonがピョコンピョコンと立ち上がる。
 気を取り直して、もう一度、UpdateをLAN経由で実行し、何とか順
調にかたまらずに動くようになった。よしよし、この調子だ。しかし、某
M社のツールやソフトは嫌いなのに、使わざるえなくて、それに振り
回されている私って・・・しくしく。
 ダメなサポート、ダメなOS、ダメなLANに、今日の私はとっても不幸。
明日こそ正常に動くようになりますように。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-30 22:30 | Comments(0)

野菜は小さく

 盆明けから、相棒が多忙になった。今まで、ほとんど定時にあがって
育児と家事とこなしてくれていたが、前ほどはそれが出来なくなり、帰
宅が21時近くなることもしばしば。まあ、その時刻も、エンジニアとして
は相当早いと思うし、努力(無理)してくれているのだろう、とは思うのだ
けど、そういう日が2日も続くだけで、大変きつい。それでも、夜遅くに、
次の日の朝食と夕食は作ってくれる相棒、えらい。
 が、やはり、こうなってくると私も少しは料理をやらねばならない。しか
も短時間で。それで今さらながら気づいたのだが、具材は小さく切るべ
し、である。小さく切ると火が通るのが早い。チンするにしても、鍋で煮る
にしても、早く出来る。そして子供が食べやすいから一石二鳥。
 なんて言いながら、実は、土日に彼が作って冷凍してくれた2食分の
夕食を、今週はあてにしています。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-29 23:19 | Comments(3)

あきらめを知れ

 まったく子供というのは、我慢やあきらめを知らないので困る。まあ、
2歳からあきらめを知っていたらちょっとコワイけど・・・
 うちの子は、イヤなことは何でも否定する。「いや」という否定ではな
い。「そういうことはありえない」という否定である。
「今日、花火があるよ!」と言えば、
「(花火はこわいから)ない。」と否定する。そのくせ、私に、「ねーねー、
花火ある?」と念をおす。嘘をつくわけにいかないから、「あるよ」と答
えると、「違うっ!ないっ!」と否定する。否定するなら、きくな。
 最近はプールが好きなので、
「雨が降るかもしれないね。」と言うと、
「いや!降らにゃいっ!プール入る!」と怒る。そこで、雨が降ると断言
するのもかわいそうなので、あまりしつこく言わず、
「うーん、じゃ、雨が降らないようにお祈りしておこうか。降りませんよー
にっ!」と返すと、「降りませんよーに。降らにゃいっ!」と、また怒って
いる。
 しかし、悲しいかな、いくら否定しても、イヤなことはいくらでもやって
くるのである。息子よ、そろそろ現実を知って、あきらめを知って、否定
はやめて、「いや!」と言いながらも立ち向かっていくことを知ってくれ。
 でも、ま、まだ2歳だし、そんなに現実的にならなくても、いっか。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-28 23:10 | Comments(0)

芸術家とは

 某作家が日経新聞に子猫を殺している話を書いて大変な批判を
浴びているが、私は彼女の作品が好きなだけになかなかショック
で、一体、どういうわけなのかと、その掲載されたエッセイを何回か
読んだのだが、理解できるわけもなく。
 そして、ふと思ったのだが、小説家でも画家でも、優れた芸術家
とは、どうも理解不能な人多いなーあ、と。ゴッホが人騒がせで、
散々奇行を重ねた挙句に自殺をしたのは有名な話だが、ロダンも
ピカソも何だかわがままそうだし、これまた私の好きな三島由紀夫
さんも、最後は反社会的な行動に出て命を絶ってしまったし(しかし
彼が当時語っていた危惧は、今になってわからなくもない)、どうも
一般庶民には理解しがたいことを考え、思いつめ、行動にうつして
しまうところがあるようである。
 ところで、時々、世間で普通に暮らしていて、わがままマイペース
な人にムッとするときもあると思うのだが、そういうときには、
「あの人は芸術家だから」
と、わけのわからないコメントをして、少しばかり笑って気を楽にす
ることにしています。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-25 23:04 | Comments(0)

私の売りは

 かわいくないことである。(唐突に)
先日、みんなで寝坊して、そのときは相棒が夏休みだったのだが、
私は会社があり、3人で私の運転で保育園へ向かったところ、子供
の荷物をまるまる自宅に忘れてきたことに気づき、家へUターンして、
なんてしていたら、いつもの時間に間に合わないかも!という時間
になった。
 「そうは言っても、定時って何時なの?間に合うんでしょ?」
と相棒に言われたのだが、確かに定時はない。わが社はフレックス。
11時までに行けばいい。子供のお迎えに行く場合にはどんなに遅く
とも18時にあがらなければならないが、そのためには9時に付いて
いれば十分であるし、その日は相棒にお迎えを頼めるのだから、も
っとのんびり仕事をすることも出来る。そしてこの日のペースなら、
忘れ物をとりに戻っても9時前には会社に着ける。しかし・・・
 「朝1番にいるのが今の私の価値なんだから、出来るだけ早く会社
に着きたいの!そうでなくても突然休んだり、残業ができなかったり、
ハンディがあるんだからっ!」と運転しながら私。
「でも間に合うんだし、それに、万が一遅れたって仕方がない日もあ
るんだし」
と相棒がフォローする。確かにそうだ。ちょっと前、異動してすぐの時、
子供にまだ手がかかって遅くなり、やはり車を大いに飛ばして会社に
行き、それを自慢していたら(?)、部長に、真剣な顔で、
「8時45分より遅く来たところで文句を言う人はいないんだし、気をつ
けてゆっくり来てよ」
と注意されて、まいった。ありがたいことだけど。それでも・・・
「他人に弱みを見せたくないのっ!!」
と私が荒っぽくハンドルを切りながら、後部座席で子供と並んで座っ
ている相棒に答えると、彼は大笑いして、
「かわいくないよね」と言った。
「そりゃそうだよ、私の売りは・・・」
と、次は夫婦そろって叫んだ言葉。
「かわいいことじゃないもんね!わはははは!」
そう、むしろ、私の売りはかわいくないところ、みんなが何でも私には
言いやすいところ、使いやすいところ、だと思うんだけど、どうでしょう?
 そういえば、先日、何かの雑誌に、
「かわいげのある普通の容姿の人と、かわいげのない美人では、30
代に入ると、かわいげのある普通の人がモテる」
と書いてあった。私の場合、美人であろうと普通の容姿であろうとブス
であろうとモテないわけだ・・・けど、モテることは30代の女性にとって
何の価値にもなりませんから!と、また、かわいげなく思う私であった。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-24 23:20 | Comments(0)

ファンタジア

 前にも書いたがうちの子は電車が大好き。この年齢の男の子としては
普通のことなのかもしれないが、ちょっとはまりすぎでは、と、親として
は心配になる。DVDもトトロの他は電車ばかり。お店でDVDを見れば、
電車のDVDばっかり、「買って!」と持ってくるし、今日は保育園で電車
のDVDを見たそうだが、連絡帳に、
「ユーちゃんは、ほとんど全部の電車の名前を言うことができて驚きま
した。」
と先生のコメント。はりきって、電車の名前を叫ぶわが子の姿が目に浮
かびます、はい。
 そこで電車の呪縛を断ち切るごとく、「ファンタジア」のDVDを買って
みた。「ファンタジア」は、皆さんご存知と思うが、ディズニーがクラシッ
クに合わせてその印象を画像にしたアニメーションで、当時は大変な
話題になり、芸術性も高いということで伝説的な作品になっている。ち
なみに私がうまれて初めて映画館で見た映画が「ファンタジア」である。
3歳だったのでよく覚えていないが、「くるみ割り人形」のシーンや、ミッ
キーの「魔法使いの弟子」、「禿山の一夜」のところがとても印象的だっ
た。
 はたして、このDVDをかけてみたところ、一番最初の抽象的なシーン、
音に合わせて光がふってきたり、葉っぱのようなものが降ってきたり、
というところを、釘付けになって見ており、(こういう抽象的なシーンの方
が子供は好きなのかな。しめしめ、これで電車も卒業か)と、思って見
ていたのだが、そのうち、ミッキーのシーンが始まると、
「ミッキー、ミッキー!!」
と期待以上に大騒ぎし、それから、ミッキーのところだけ繰り返し見る
ようになってしまった。家に帰ってくれば、「ミッキー見る!」、車に乗れ
ば、「ミッキー見る!」、そして、どこでも「魔法使いの弟子」が流れて
いる。私の頭の中は、毎日「魔法使いの弟子」のフレーズが・・・
 そして気づいたんだけど、最近の映画である、ハリー・ポッターのテー
マ曲、あれ、「魔法使いの弟子」にそっくりね。ほとんどパロディといっ
てもいいくらい。おそらく、「魔法使いの弟子」をイメージして、そこか
ら魔法使いをイメージするように作っているんだろう・・・と、大人は大人
で新しい発見をしたのでありました。「ファンタジア」お勧めです。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-23 22:31 | Comments(0)

新車、さらにぼろぼろ

 ちょっと前に、会社の地下駐車場で車をぶつけた。右後ろをしたたか
に。完全なる、内輪差の計算ミスである。ぶつけたとき、実はぶつける
と思っていなかったため、すごい衝撃が右後ろからきたときには、とて
もショックで、到底帰宅できない、と思った。(さっさと帰宅したけど)
それから毎日、子供が乗るときに、
「これ、ママがぶつけた」
と指をさして指摘する。そろそろ忘れてほしい。
 実は、前の車でも私は右の後ろをぶつけた。今回ほどひどくはなか
ったけれど、どうも、一方通行の右カーブに弱い。(つまり、駐車場。)
元来、右に寄るクセがあり、そして、右側は安心という思い込みがどこ
かにあり、右後ろに注意をしないで、右折した結果、ぶつけるパターン
である。今回はひどくぶつけたので、それから右折に異様に気をつけ
るようになった。こうして運転はうまくなっていくものなのね・・とほほ。
 会社では、これを知った同僚たちに、
「右側ぶつけるのは、だっせー!」
「お盆明けには、AKIRAがぶつけた柱が折れている」
「そのせいで会社が傾いている」
と散々ネタにされて、盛り上がった。私は盛り下がった。
 そろそろ運転に慣れた頃だし、ほんっと気をつけよう、気をつけます。
皆さんもご用心。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-21 23:47 | Comments(0)

茉莉花

 先日、茉莉花を買った。別名ジャスミン。夜になると、あの
いい香りが辺りを漂ってすごくいい感じ。香りのする花って
いいよねーえ。
 庭をきれいにしてから、ちょっとハーブも植えてみたのだ
が、これもまた風のある日はほのかに香ってそれが暑い
夏に爽やか。そういうことが一度あって、(いーなー)と思っ
たので、ジャスミンも購入したのだけど、香りの他に、白く
て小さい花もかわいらしく、期待以上でした。
 ところで、このジャスミン、半つる性、ということなのだが、
それってどうしたらいいの?一応、今日、つる用の支柱も
買ってきたけど、今のところ自立しているからまだいらな
いのか?それからこれから手入れはどうしたらいいのだ?
 わからないことだらけなのだが、このまま鉢植えで大事
に育てて、冬は室内で無事にもってくれるといいなーあ、
と、暑いさなかに思っています。
[PR]
by akira_dai | 2006-08-20 23:22 | Comments(0)

久々の歯医者

 歯医者は嫌い。それでも、結婚する前は、嫌いなだけに、まめに、
歯医者に定期的に通って検診を受けて、クリーニングをしてもらっ
て、虫歯が発生する前におさえていた。
 それが、結婚して引っ越してきてから、いい歯医者がわからない
こともあって、そして忙しいこともあって、なかなか歯医者に行けな
い。いーや、と思っているうちに、昔治療した歯がしくしくと痛み出し、
実家の近くの歯医者を予約して今日行って来た。
 この歯は、昔、相当深い虫歯で、当時から、
「今度痛んだら神経を抜くことになるかもしれない」
と言われており、どうも体調が悪かったり、疲れたりすると、しくしく
と痛み出す。治療してすぐのときも、冷たいものがしみて、それだけ
神経に近いところまで掘ったのだった。
 今日診てもらうと、
「うーん、これ、平成13年にやはり同じように痛んで、中を見たんだ
けど、虫歯が進行しているわけではなかったんですよね。やはり、
神経が相当過敏になっているのかなーあ。」
ということで、レントゲンをとってもらって、実際に詰め物をとってもら
って、全部見てもらったのだが、
「治療したときと変わらず、虫歯はありません」
ということだった。それで今日は、鎮痛剤を入れて穴をふさぎ、
「これから2週間様子を見て、やはり痛むようなら、神経を抜きましょ
う。でも、なるべく神経は残してあげたいけど。見た目、すごくいい歯
なのよ。」
ということになった。
 それにしても、今回は、久々に痛んでから行ったので、ちょっと掘る
にも、詰め物をとってもらうのも、非常にこわくて、ずーっと手を胸の
上でギューーーッと握り締めていて、先生に、
「そんなに痛いの?」
と笑われた。あー、いやだね、歯医者は。
 帰宅すると、子供が、
「ママ、あーんして!」
と、歯の治療痕を見たがって、見つけると面白がっていた。そのうち、
この子も歯医者に行かざるえないときが来るだろうが・・・考えたくない。
 ともあれ、虫歯が進行していなくて一安心。神経を抜くのはとても怖
いので、この2週間、痛みませんよーーに!!!!!
[PR]
by akira_dai | 2006-08-19 23:13 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。