<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

運動会延期

 相変わらず具合が悪く、10月も休む予定。そして、具合の悪い中、
今日は息子の運動会で、昨晩から緊張で、体中コチコチ。この状態
が病気だっつーの。
 ま、それはともかく、仕事よりも大事な息子の行事、本日は、土曜
というのに朝早く起き、皆で食事をしていると、小雨がぽつぽつと。
 「うー、微妙な天気!」
と、相棒と困っていると、はたして電話がなって、今日は運動会延期
です、と、保育園から。緊張していた私は、すごくホッとしたけれど、
一生懸命がんばって練習をしていた息子を思うと、ちょっと可哀相な
気持ちに。
 自分としては、今の体調では、運動会みたいな人が多いところに
出て行ける感じではないのだが、息子のことを思うと運動会の中止
は可哀相と思うし、でも、運動会がなかったらどんなに楽かと思って
しまう自分が嫌だなーあ。
 延期になると次の予定は10月2日。普通の平日だよ。相棒が、
「休めるかわからない」
と困惑。しかし今の私、彼無しに一人で運動会に参加なんて、絶対
無理だよーー、と、ひたすら弱気です。はーあ。
[PR]
by akira_dai | 2007-09-29 17:43 | Comments(0)

電話

 そろそろ会社を休んで一ヶ月になる。なかなか出社日が決まらない。
というか、決められない。8月に二回ほど部長に電話したきり、あとは
毎週、経過の報告と休暇の延長をメールで申請してきた。が、やはり、
メールよりは電話の方が伝わりやすいことがある。たとえば、声の調
子とかそんなことだ。それで、部長には、
「来週は電話でお話したいです」
と先週メールで伝えておいた。
 そして、そう伝えたからには約束を守りたいと思って、大した状況の
変化もないのに電話をしてみた。最初は、何を話そうかと、色々悩ん
だのだが、電話をかけてみたら、次から次へと言葉が出てきて、(正
直に話してみるのが一番いいんだな)と思った。
 明日のことはわからない。来週のこともわからない。だから、
「また病院の診察の結果とか見て、火曜日に話そうね」
ということになった。
 突然、病気になったように、突然、状況が良くなることもある。今は
そういう時期ではないみたいだけど、のんびり治す。
[PR]
by akira_dai | 2007-09-13 20:28 | Comments(0)

薬ではっぴー

 台風がまっすぐに関東に上陸ということで、テレビはどこの
チャンネルも台風のニュースばかり。
 私はといえば、体調が悪いのに重なって、精神的にも非常
に不安定になっているので、いつもは面白がっている台風上
陸についても不安で心配で仕方がない。そのうち、神経発作
が起こったので、急遽、かかりつけの心療内科に行って、安
定剤をもらってきた。まったく、こんなものの世話になるなんて
情けない話だが、情けない、と思うのも良くないらしいので、今
は、体と同様、心の方もきちんとケアして治すつもり。
 それにしても薬の効き目はすごい。とはいっても、私が期待
していたのは、”飲んだ途端にケロリ。さっぱり”という、ちょっと
危ないドラッグ系の効果だったのだが(って、ドラッグの経験あ
るんかい?!)、そうじゃなくて、穏やかで、いつのまにか気持ち
が落ち着いている、という、非常に穏やかなものだった。副作用
はちょっと気になるけれど、治療と思って、当面付き合っていく。
 そして明日は入院した病院に最終診察に行く。きっと、こちら
は順調だと思う。頭痛はあるけれど、他に痛いところはないし、
しばらく続いた熱も大分下がってきた。8月が最悪だったけれど、
少しずつ良くなっている。いい循環に早くもっていきたい。
[PR]
by akira_dai | 2007-09-06 20:20 | Comments(0)

励まし

 私はずっと自分はものすごく前向きで強い人間だと思ってきたのだが、
体調をくずし、そのせいで精神的にも弱ってきて、いつ出社できるのか
まったく目処がたたない毎日を送っているうちに、(どうも、そう強い人間
でもないらしい)という気持ちになってきた。というよりは、(どんなに強く
見える人間でも精神的に弱って病気になることがありうる)ということが
わかってきた。
 それはともかく、元はといえば、体調をくずしたのが先である。ストレス
があったかどうかといえば、そりゃ忙しかったけれど、仕事はとっても楽
になったのだから、仕事のせいとは思えない。まあ、楽でやりがいがな
くてストレスになった、、、というのがあるのかもしれないけど・・・そこま
で私がガッカリしているとも思えないし・・・。やっぱり、素直に、体調が
先にくずれて、それがなかなか良くならなくて、ストレスになって、その
せいでまた胃が荒れて、吐き気のせいでストレスになって、、、と、そん
な悪循環かな、と思っている。
 で、家事よりも仕事の方が好きな私でも、(こんな体調でもう1ヶ月も
休んでいるんじゃ、ほんと、退職しないといけないかもしれないな。)な
んて思ってしまうことも1度や2度はあるわけで、定期的に部長にメー
ルしながら、「絶対復帰します!」とアピールしつつ、体調を考えると、
非常に不安な毎日・・・・
 そんな中、今日、寄付をしているあしなが寄金の高校生から一枚の
葉書が届いた。司書を目指して国立大学を目指しているという。大体、
遺児というのは経済的に非常に苦しく、地元の国立大学を目指して
いる人が大半だ。都内の私立に進学なんていう人は相当恵まれてい
ると言える。
 そっかー、司書かあ、、と、葉書を見て思い出す。私も高校のとき、
そんなことを考えていたことがあった。2年くらいの頃、図書館に勤
めたいと考えて、茨城にある図書館情報大学について真剣に考え
ていた。私の高校は、国立大学に進学できるような進学校でなかっ
たこともあり、共通一次を受けるのは文系クラスでは不可能という
ことで、とりあえず理系クラスに進んだのだが、何だか、そのまま、
何となく、理系の大学に進むことになって、司書とは遠い仕事に就
いている。
 彼女の葉書には、「本に囲まれて仕事をしたい」とあった。そうそう、
私もそう思っていた。まあ、ある意味、今も本に囲まれて仕事をして
るけど、内容は技術だし、英語だしなーあ。
 だけど、たくさんいる奨学生の中で、司書志望の彼女から葉書が
きたのも何かの縁だろう。励まされた。寄付が続けられるように、
ずっとずっと仕事も続けられるといいなあ、と思う。
[PR]
by akira_dai | 2007-09-05 20:25 | Comments(0)

いつのまにか9月

 悪夢のように体調の悪かった猛暑の8月が去り、今日、ふと
気づいたら9月になっていたので、本当にビックリした。毎日、
暑いことは知っていたけれど、自分の体調の悪さで、どんどん
日が経って行くことの実感がなかったようだ。
 カレンダーが9月になっただけでなく、外の気温も大分下がっ
て、あんなに騒がしかったセミの声も聞こえない。夜に聞こえて
くる鳴き声はすっかり秋の虫。
 何だか夢みたいな一ヶ月だったなーあ、と、思う。何より、私を
励まし、支え、仕事をしながら、家事も育児もこなしてくれた相棒
に感謝である。
[PR]
by akira_dai | 2007-09-01 19:53 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。