家族はありがたい

 せっかくの3連休も、私がずっと寝たきりなので、相棒は家事と育児
に追われて、平日以上に忙しくクタクタ。子供は多少のわがままはあ
るものの比較的いい子でご機嫌に過ごしているが、寝ていると、飛び
かかってきて、これがものすごく怖い。パタリロが宙を飛んで上から
落ちてくる図ですな。休日はいつもそんなだ。
 それにしても、私がこうなってから、せっかくの夏休みもどこにも遊
びに行けず、土日も家にこもりっぱなしで、子供にとっては、パパが
近所の公園に連れて行ってくれるのが唯一の楽しみになっており、
本当に私としては申し訳ないわ、情けないわ、で、悲しくなる。ファミレ
スさえも行くのに緊張して、勇気を出して出かけても、帰ってくるとぐっ
たり疲れてしまう。子供に、
「ママ、大丈夫?抱っこしてあげよっか。」
と言われる始末。相手は3歳だぜ、3歳。
 それにしても、しみじみ家族はありがたい。昔は自分は結婚したく
ないし結婚しない、と思っていたし、子供なんて絶対にありえない、と
思っていたから、今の状況は、10年前の私から考えると想像を絶す
るのだが、元気で楽しいとき、そして、今みたいに具合が悪くて辛い
とき、(家族がいて良かったなーあ。)と本当に思う。一人ぼっちで
こんなに具合が悪かったら、どんなに心細いだろうか。
 具合が悪くて鬱々していても、相棒がすべてを請け負って忙しくクタ
クタになってちょっと機嫌が悪くなっても、子供が他愛ないことを言っ
て笑わせてくれる。家族はありがたい。あとは私がちゃんと治れば、
本当に幸せになれるのになーあ。なんて贅沢かもしれないし、今は
謙虚に感謝の毎日を過ごすこととしよう。
[PR]
by akira_dai | 2007-10-08 21:04 | Comments(0)

ありがたい電話

 休職すると、週に1回、会社の看護士から電話が入る。要は、こちらの
様子うかがいで、あちらは仕事なのだが、およそ1時間も話す。体調のこ
と、今週何をしたか、とか、まあ、カウンセリングに似ている。
 家で一人で鬱々していると、特に私は家事が嫌いで何もしないから、も
のすごく自己嫌悪になり、自分の価値が無い気がしてきて、まさに鬱状態
に陥るのだが、そんなときに、この看護士さんからの電話が、思いのほか、
嬉しく支えになってくれる。
 今日も電話で1時間ほど、あーだ、こーだ、外出はほとんど出来ない、
運動会は参加できた、薬は○○を飲んでる、など、色々報告し、次の病院
の予定なんかを話した。昨日から子供が熱を出し、実家の母が手伝いに
来てくれていることも話した。(しかし、子供がいると、うかうか、自分が具合
悪い、なんて言ってられないな)
 担当の看護士さんは今月いっぱいで終わりらしく、来週からは新しい看
護士さんと話すことになるらしい。結構甘えていたから残念な気持ちだけど、
あちらも仕事だし、新しい看護士さんも同じように接してくれるだろう。
 まったく今の私ときたら、こんな簡単な電話で何とか会社とつながって
いるのだから情けない。早く良くなりたい。というのも、このままだと、仕事
はもちろん、遊んだり買い物したり、という、楽しみさえも、まったく出来な
い状態だからして。あまりがんばらずに気長に、、、と、今日の電話でも
言われたけれど、元来せっかちな私はなかなかそういう気持ちになれず
に、また、鬱々してしまうのであった。
[PR]
by akira_dai | 2007-10-04 20:56 | Comments(0)

運動会無事に

 今日は延期になった息子の運動会が決行された。もちろん、私は
昨晩から緊張して、今にもドキドキと変な神経発作が起きそうだっ
たけれど、一番緊張の電車をうまくやり過ごし、保育園に着く頃は結
構落ち着いていた。もちろん、パパも一緒です。
 今年から息子は幼児クラス(その下は乳児クラス)なので、競技が
多くなり、徒競走、お遊戯、親子競技、と、色々忙しい。しかも、徒競争
で走る距離がトラック半周と、ちと長いのだ。あー、心配。転ばないか、
靴が脱げないか、と、色々心配してしまう。
 しかし、案外、彼はしっかり走り、なかなかの速さで2位でゴールイン。
(って、走ったのは三人だけどね。)お遊戯も最後までしっかりこなし、
なかなか感心だ。クラスで一番最後の生まれで、ひときわ小さいのに、
本当によくがんばっている。ママは嬉しいよ。
 ところで、うちの子のお遊戯は、マル子ちゃんの、「あららの呪文」だ
ったのだが、上のお兄ちゃんたちは、アニメ「忍たま」の主題歌の、
「100%勇気」を踊っていた。うちの子は、その歌を勘違いして、いつも、
「3%、勇気ぃぃぃ!」と歌っている・・・確かに、100%勇気はちょっと
無理かも。せいぜい3%がいいところか?
 いずれにせよ、運動会は無事に終わり、具合の悪い私としては、一
番荷の重い行事が終わってホッとしたのであった。ああ、早く薬が効
いてほしい。(はい、薬服用中です。)
[PR]
by akira_dai | 2007-10-02 23:47 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。