<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

正社員のありがたさ

 健康に働いていると気づかないが、妊娠したとき、病気になったとき、
こういう異常時(?)こそ、正社員である有り難味がヒシヒシとわかる。
 今日、やっと、待ちに待った傷害手当金の給付連絡が健康保険か
ら到着した。毎月給与が入るのが当たり前になっていた私、10月、
11月と給与が入らず、心細い毎日を送っていたのだが、ああ、やっ
と、私の口座にも入金が!!ボーナス直前の嬉しい入金である。
 連絡書類を見てみると、その給付額にびっくり。予想していたよりも
たくさんだ・・・給与のXX%とは聞いていたがこれほどとは。というの
も、税金や年金が引かれていないから高く見えるだけの話しなのだが、
それにしても会社に一日も行っていないのに有り難いことである。申
し訳ないことに、パートや派遣で働いている人たちよりも高額だと思う。
 そういえば、健康に働いているときには、こういった有り難さは知らず、
一番仕事がピークのときには、(こんなにキツイなら派遣になってもう
少し楽で短い時間で働こうかしら。)と思ったこともあるけれど、こうい
った社会保障がやはり助かるんだなーあ・・・。これぞ実感。
 そういう意味では一人暮らしのパートや派遣さんの心細さは深刻だ。
今はそういう働き方が増えているというし、彼らの社会保障は考えな
いといけないだろうなーあ・・・。
 正社員のありがたみも実感したけれど、結婚しているありがたみも
実感。病気のときに自分以外の家族がいてくれるのは、経済的な面
のみでなく、精神的に心強い。そして温かい。何もかもありがたいこ
とだ、と、謙虚な気持ち。元気になっても忘れないといいけれど。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-30 14:25 | Comments(0)

紅葉

 早速、産業医のアドバイスどおり、午前中に散歩・・・ということで、
高幡不動に出かけてみた。そしたら、紅葉がまさに見ごろで、赤も
黄色も鮮やかで、しかも、時々、葉っぱがハラハラと舞ってきたり
してキレイだった。
 平日だというのに、老夫婦がたくさん歩いていて、
「これくらい紅葉があるんだったら、京都までわざわざ行かなくても
いいわね。」
なんて言っている。そんな会話を聞きながら、携帯で紅葉の写真を
とってみたりする私。
 しかし、高幡不動はそんなに広くないので、私の散歩にはちょっと
不十分。どうしようかなーあ、と考えて、思い切って、隣の駅まで歩
いてみることにした。そうすれば、1時間弱は歩いたことになるだろう。
 いつも車で通る道なので、近いと思って油断していたら、歩いてみ
ると意外と遠い。そのうちに、ああ、いつ着くのかしら・・・と心配にな
ったけれど、元来歩くのが好きなAKIRA、無事に駅に到着すること
が出来ました。
 こんな調子で毎日散歩して、そのうち、2駅も3駅も歩けるようにな
るといいんだけどね。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-29 21:21 | Comments(0)

確かにしんどい

 産業医との面接が終わってから、リハビリのために、用もないのに、
車で会社と家の間を往復している。運転の練習、というか、緊張しす
ぎの病気なので、運転しても緊張しないように、という訓練である。
 昨日、今日と、保育園に子供を送った足で会社へ運転して行って
みたけれど、帰宅すると、結構疲れている。運転ってこんなに肩が
凝るんだなーあ、という実感。毎日運転しているときは気がつかな
かった。あるいは、やはり、今は緊張しているから肩が凝るのか。
 運転自体はそんなに問題ないかな、と思っているんだけど、時々、
信号のタイミングとか、あぶねーーーエ、と思うときがある。よくも、
まあ、休職前は毎日毎日運転して、しかもその後に仕事をして、ま
たそれから運転して帰宅していたものだ、と、我ながら感心するの
だが、1月からはそれが出来るようにならないといけないのだし、
がんばって訓練しなくちゃ。
 会社の看護士さんは、「毎日やると疲れちゃいますから、本当に
週に2回とかでいいんですよ。」と言ってくれた。確かにしんどい。
まだ本調子じゃない。でも、動き回れるようになっただけで幸せ。
明日は何をしようかな。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-27 20:27 | Comments(0)

ボーナスでセーフ

 気になって数日おきに会社のサーバーにアクセスしてメールを
チェックしている。すると、今年のボーナスの支給額についてお知
らせが入っていた。おお、なかなかの額である。そっかー、もうボ
ーナスの時期だったのか。休んでいたのだから、もう出るだけで
感謝なのに、本当にありがたいわー。
 休んで初めて実感するのが、給与の入らない心もとなさ。育児
休暇中も思い知ったが、病気でだらだら自宅にいると、余計に身
にしみる。なのに、ついつい、いつものようにカードを切って通販で
買い物しちゃったりして・・・銀行の残高足りませんから!
 でもボーナスで何とかしのげるか?まさにセーーフって感じ。
これで1月から出社すれば何とか大丈夫かしら。どうも、稼い
でいないと自分の価値がないような気がしてしまう、家事大嫌
い&苦手な女AKIRA。早く復帰しよ。いや、でも焦らず、焦らず。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-26 22:17 | Comments(0)

理解のある上司

 お久しゅうございます。やっと鬱から脱し、妙な緊張感も薬のおかげで
薄れてきた今日この頃、主治医から、
「どうしても12月から出社したいの?じゃあ、短縮とか無理のない程度
でね。」
とコメントをいただき、無事、12月からの出社OKが出た。
 そこではりきって会社に連絡し、今日、会社の産業医と上司と人事担
当と面接をしたのだが・・・産業医いわく、
「まだリスクがある。12月は準備期間にして、毎日規則正しくすごし、
午前中は出来るだけ活動し、その活動記録を会社に提出するといい
のでは。」
・・・・・・うっ。プライベートの活動記録を提出するくらいなら、会社に来
た方が楽な気もするんだけどーー・・・・病気で弱い立場の私はあまり
意見が言えず。
 そこで昔からなじみの上司が一言、
「AKIRAはですね、家事より仕事が好きなんです。家事が大嫌いなん
です。だから、会社に来た方がかえって具合が良くなるのかな、という
気もするんですが。」
おおっ、ナイス!おっしゃるとおり!と、暗い表情と裏腹に心の中で大
拍手を送る私。そして、控えめに、
「そうです、そうです。だから、8月は休みならPCで仕事をしたりしてい
たんですよー。」と言ってみた。しかし、産業医はぴしゃりと、
「はい。その方向性はよろしいですが、準備期間が必要と言っている
んです。ずっと休んでいたから体力も落ちているでしょうし。それから、
AKIRAさん、自宅から会社に指示を送るのはやめてください。」
みんな、クスクス笑っている。
「は、はい。私は申すことは何もございません。」
と苦笑しながらぺこぺこする私。
 結局、上司、人事担当、看護士の皆さんに、
「病気をしたんだから、あまり焦らずゆっくりしなさい。」
と励まされ、会社を後にしたのであった・・・。でも確かにしんどい。もう
少し休んでマイペースで生活を戻そう。
[PR]
by akira_dai | 2007-11-21 20:08 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。