<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アキハバラ@DEEP

 いよいよ、3月からの復帰を前に、残りの休みが1週間となった。
病気は嫌だけど、長かった半年の休みを思うと、少々恋しく惜しい。
さて、残り1週間は何をしようか、と。
 で、とりあえず、先日読んだ「アキハバラ@DEEP」のDVDを見
ることにした。これ、深夜ドラマで大変な人気だったらしい。そして
原作の小説とはまったく違う。
 「アキハバラ@DEEP」というオタク6人から成る小さな会社が
巻き起こす、巻き込まれる事件の連続で、最後はIT業界のカリス
マと対決となるのだが、なるほど、深夜ドラマだけあって、かなり
バカバカしく、かなりグロイ、ゲロシーンもあり、下品だし、汚いし、
イケメンも出てないし(まあ、一応ジャニーズ2人いるけど)、ちょ
っとマニアックの香りのするドラマ。でも、本物のマニアには物足
りないか?って感じかな。私には、まあまあちょうどいいギリギリ
のところだったが・・・っていうか、これ以上、マニアックになると、
私はちょっと無理です。
 最初はあまりのナンセンスギャグに、(どこが面白いんだろ)と
思っていたのに、だんだんはまっていったのか、後半では、何回
か大笑いしすぎて、泣いてしまった。変なドラマ。
 今となっては古いドラマだけど、暇な時間があり、かつ、くだらな
さと下品さを笑い飛ばせる余裕があれば、どうぞ。ジャニーズ二人
の熱演にも注目。そして、オタクの素敵な活躍にも。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-22 14:58 | Comments(0)

確定申告

 今年も確定申告のシーズンがやってきた。何だかんだと、
毎年、申告している。毎年申告しているものだから、何故だ
か、確定申告担当みたいになって、寝たきりで入院中の祖
母の分の確定申告も私が行っている。はーあ、面倒。
 しかし、ショックなのは・・・というか、当然なんだけど、申
告すれば支払うものがあるわけで。昨年のはじめに、父の
葬儀でものいりになって解約したファンドの利益、これの税
金で数万円、今頃になって支払うわけだ。そう、いつも思う
んだけど、まとまった金額を手にしてから数ヶ月もして、忘
れた頃に税金で数万円支払うのは痛い。もっとも、支払う
税金はわかっているのだから、最初からその分、プール
しておけばいいんだけど、ついつい、最後の1円まで使っ
ちゃうもんなー。
 というわけで、今日も手痛い出費が数万円。しかし、これ
は税金だ。もちろん、喜んで納税いたしますよ。とほほ。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-21 15:45 | Comments(0)

やっと!!

 や、やっと復帰が決まったー。嬉しい。
もちろん、まだ完治したわけじゃないから不安もあるけれど、
とりあえず会社に行ける。そういう当たり前なことが嬉しい
今日であった。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-20 15:48 | Comments(7)

卒業はいつ

 うちの息子は電車好き。それを他人に話せば、
「うちの子もそうだったなーあ。男の子は一度は通る道だよ。
でも、そのうちいつのまにか卒業するから。」
と言われる。
 1歳から2歳にかけては、まだ言葉もままならない息子に
ぐずられて、雨の日も嵐の日も、踏み切りの前で、上下線
が来るのを待ち、貨物列車が来るのを待ち、そりゃもう大変
だったが、最近は少々聞き分けがよくなって、車で踏み切り
を渡ればOKという雰囲気になってきた。それでも、時々、
踏み切りわきで、
「ここで、貨物が来るまで待って!」
と、ぐずられるときもある。
 もうすぐ彼も4歳。そろそろ卒業してくれないか、と思うのだ
けど、いっこうに、その気配はない。「あずさ」、「ラピート」、
「あさぎり」、「フレッシュひたち」、「ソニック」・・・などなど、特
急の名前はとっくのとうに卒業して、今では、京王線の車両
の種類に興味をもちはじめ、踏み切りで電車を見ては、
「あれは8000系!」
「あ!9000系だ!」
と、系統を叫ぶ始末。たぶん、そのうちに、JRの方の車両も
XXXX系で呼ぶようになるのでは。
 卒業はいつ・・・?もしや、このまま、大人になるのかも。こ
れから、わが子をテッちゃんと呼ぼうかしら。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-17 21:35 | Comments(2)

ガソリンの安いところ

 ガソリンの高騰には皆さんもお困りだと思うが、通勤に車を
使っている私ももちろん困っている。いや、正確に言うと、通
勤の練習と言うべきか。ちゃんと車で会社に通っていれば、
通勤費としてガソリン代が支給されるのだが、休職中の私に
はもちろん支給されない。しかし、会社と自宅の往復はほと
んど毎日しているから、同じだけガソリン代がかかるわけで、
それは自腹である。ま、病で手当てももらっているんだし、こ
れくらいの出費は仕方がない。
 ところで、ガソリン、1円でも安いところをさがす、という人
が多いらしく、ニュースは新聞でよく伝えられているが、毎日
車で通勤しているうちに、多摩川のこちら側とあちら側では、
かなり価格が違うことに気がついた。うちの近所では、ガソリ
ンは148円前後だが、橋を渡ると、143円前後になる。5円
とはいえ大きい。ま、セルフという点がちょっと面倒なのだけ
ど。
 で、今日は、会社に行く途中、最後のガソリンスタンドでガ
ソリンを入れることに。セルフなので、機械にクレジットカード
を入れると・・・おや?入ったときに電光板で見た「142円」
よりも1円安くなっている。よくよく読んでみたら、私のカード
の優待で1円安くなるんだと。おおお!まったくそんなことを
期待していなかったせいか、この感動は何だ!
 満タン、入れると、はたして、いつもは6千円ちょっとなのに、
今日は5800円くらいだった。たかだか2、300円で、こんな
に喜ぶのもせこいが、やっぱり嬉しいぞ。
 皆さん、ガソリンは、ぜひ、日野市、多摩市、八王子近辺で。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-13 21:26 | Comments(0)

やるなあ

 子供によると、今日は、保育園で夕方からビデオを二本見たそうだ。
そのうちの一本がお化けの話しだったらしい。
 で、うちの子は、
「マイちゃんが、コワイーって言うから、ユータのお腹にマイちゃんを
入れてあげたのー」
と言う。
「え!!お腹に入れたって?!」
と私がビックリすると、
「そうだよ。だって、こわがってたから。」
・・・・・いくら子供でも・・・。ママは、あんなこと、こんなこと、色々、
想像するが、子供は、ここに入れてあげたの、とばかりに、白い
腹をポンポンたたいている。
「でもね、ヒロくんも入れてあげたんだよ!」
「え!ヒロくんも、マイちゃんと一緒に、ユータのお腹に入ったの?」
とビックリすると、
「そうだよ。ヒロくんも、コワイーって言うから。」
「お前の腹は広いんだね・・・」
と、ママは感心した。しかし、そうなると、ヒロくんと、マイちゃんは、
うちの子のお腹の中(っていうか、Tシャツの下?)で何をしてたん
だ??あんなこと、こんなこと・・・・・・・
 ま、それはいいとして、好きな子をシャツの中に入れちゃうなんて、
ユータ、やるなあ。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-12 21:13 | Comments(0)

おゆうぎ会

 今日は保育園のおゆうぎ会。昨晩から泊まっている母を連れて、
見に行った。
 今年は、歌と楽器と踊りがあるという。歌はトトロ、楽器は、「幸せ
なら手をたたこう」に合わせて、各々がスズ、カスタネット、タンバリ
ン、トライアングルを鳴らしていた。うちの子はカスタネット担当で、
(一人だけはずすんじゃないかしら。)とドキドキしたけれど、何とか
大丈夫だった。何しろ、うちの子は親に似て短気でせっかちだから、
いつも一拍くらい早いので心配である。
 ダンスは、オバQの歌で、これが私やパパは知らない新しいテー
マ曲で、かなり早いテンポ。一番最初、全員後ろ向きで登場したの
で、(わが子はどこか)とさがしていると、また真ん中でした・・・。
 早いテンポのせいか、せっかちなうちの子にはピッタリだったかも。
それでも、一拍くらい早いときがあったけれど、父兄の皆さんには
おおうけで好評だった。行く前は、
「いやだ!おゆうぎ会、いやだ!」
と騒いでいたので、もしや、舞台の上でかたまってしまうのでは
ないかと心配したけれど、無事終わって良かったー。
 バーバも大喜びのおゆうぎ会だった。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-09 22:17 | Comments(0)

墓参り

 今までは墓参りといえば、お彼岸とかに、何となく気が向いたら、
と言う感じで、お参りに行くだけだったけど、実の父も入ったとな
れば、墓参りの主役は自分である。今日は命日だということで、
母と一緒に墓参りに行った。
 晴れ男だった父らしい、雲1つない良いお天気で、ぽかぽかと
暖かい陽気で、気持ちが良かった。
 いつもはお線香の火は父がつけていたのだが、今日は不器用
な私と母で、火をつけるのにひどく苦労し、線香の束がボーボー
と燃え始めた(?)ときには、爆笑しそうになってしまった。
 平日の誰もいない墓地で、二人で手を合わせて、それから、母
を我が家に連れて行き、のんびりとした金曜日を過ごしたので
あった。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-08 22:13 | Comments(0)

映画に挑戦

 今日も用事もないのに会社と家を往復した。この調子なら、
来月は99%復帰できる。(1%はインフルエンザとか、違う
類の病で、今月産業医と会えない、とか、そういった場合で
ある。)
 車を運転しながら、(そうだ。映画に挑戦してみよう。)と思
いたった。元気なときは映画が好きでよく見ていたが、この
病気では映画館も苦手になった。「暗い」、「人が多い」、「閉
所」の3拍子がそろっている。子供ができてから、ゆっくり映
画に出かける暇がなかった、ということもあって、何年も映
画館は行っていない。
 その時、走っていた地点からだと、立川か府中の映画館
が近かった。南大沢や多摩センターにも映画館があるが、
帰宅するつもりだったので、既に、八王子からかなり離れ
ている。
 はたして、立川までの運転も知らない道だったので、ち
ょっとドキドキだったが、モノレール沿いに行って、意外に
簡単に駅には到着できたし、映画館もすぐに見つかった。
が、問題は駐車場である。ぐるぐる駅の周りをまわって、
やっと見つけた市営駐車場に駐車した。本当は映画館に
も駐車場があったようなのだが、この際、病気の治療代
と思って仕方がない。
 映画は「earth」をチョイスした。たまたまレディースデイ
だったので、おばさん、おばあちゃんが多く、人ごみがダメ
な私としては本当に緊張した。そしたら、彼女たちの目的
は「母べえ」だったので、「earth」の館はガラガラだった。
あー、良かった。あんまり混雑していたら、チケットを無駄
にして逃げてしまおうか、と思っていたくらい緊張していた
から。
 「earth」は、北極から南極まで地球を縦断しながら、自
然の営みを見ていくもので、必死に生きている動物たちに
感動した。けど、ストーリーが無いせいか、途中、ちょっと
うたた寝したりして・・・目が覚めたら、ちょうどクジラの親
子が南極目指して泳いでいるところだった。
 (こういう映像、NHKなんかいっぱいあるだろうなあ)と
思っていたら、一番最後に、「Thanks to NHK」とあっ
たのが可笑しかった。
 映画館も何とか行けた。前は何でもなく出かけられた
場所に、今は1つ1つ挑戦して、1つ1つ克服していく。
来月は会社に行くぞー。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-06 21:16 | Comments(0)

彼の担当

 我が家では、料理の主役は完全に相棒、つまりパパである。
なぜかというと、彼の方が上手い、早い、キレイ、という3拍子
で、結婚するまで料理をしたことがない(家庭科の時間さえ、
友達にまかせて私は遊んでいた)私よりも、適任なのである。
 が、さすがに休職してからは申し訳ないので、私が担当し
て、作っている。おかげで、
「ずいぶん、上達したね。」
と、彼は喜んでくれているようだ。(っていうか、前がひどすぎ
たから)
 それでも、これは仮の役割であって、やっぱり、料理の主役
が彼であることには変わりない。土日は結局、彼が三食とも
担当している。子供はおかずを見ていちいち、
「これ、パパが作ったの?ママが作ったの?」
と、きかなくてもいいことを確認する始末である。
 それはともかく、昨日の法事で、ペルー旅行してきた叔母
からチョコレートのお土産をもらった。ペルーのチョコだけに
繊細さのかけらもなく、どデカい「塊」のチョコである。世界中
あちらこちら行ったことのある彼は、
「チョコってさ、結局、日本のがおいしいよな。」
と、「塊」にミシミシと折り目をつけながらつぶやく。
「でも、ヨーロッパの方なら、多少繊細でおいしいのもあるん
じゃないの?」
と私が答えたときに、「塊」はバキッ!と折れた。
「ひどいな、この大きさ見て。」
と彼が残った「塊」を私に見せる。私は無責任に、そちらを
見もしないで、PCの画面を見たままの姿勢で、
「ま、もうすぐバレンタインだし、ハート型のチョコでも作る
とか・・・」
と、つまらなそうにつぶやいた。そこで彼の一言。
「誰が作るんじゃい!」
(確かに、ハート型っていう柄じゃないわな。)と、私が考え
ていると、彼は苦笑しながら続けた。
「・・・俺が作るんかい!!」
「なるほど!そういうことか!」
と私は爆笑した。確かに、我が家でハート型のチョコを作る
とすれば、彼以外に適任はいない。っていうか、私には不可
能だから。
 というわけで、パパ、これからも、よろしくお願いね。
[PR]
by akira_dai | 2008-02-03 23:53 | Comments(2)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。