最近、日本で、ワーキングプアや格差が話題になり、ここに
きて、大恐慌で、さらに、不景気の話が多いけれど、実は、そ
れほど危機を感じていなかった私なのだが。
 昨日、怖い本を読んでしまった。その名も、「ルポ 貧困大国
アメリカ」。ま、その内容は、もう1つの読書HPに譲るとして、
もしかして、日本も、アメリカの後を追っているのではないか、
と、そんな気がしてきた。
 アメリカは、昔から格差社会で、差別も根強く残っており、
「低層」に位置したものは、その貧困からなかなか這い上がれ
ない、ということは、知っていた。が、最近、それが、様変わりし、
ほんの少し前まで、「中流」と言われていた人々が、ちょっとし
たきっかけで貧困層に陥って、なんと、生活苦のために、戦争
に、民間の傭兵として借り出されていくという。そこには、戦争
に反対とか賛成とか、いう政治的ポリシーはなく、生活苦から
選択の余地なく、仕事として兵士を選ぶというのだ。こ、これは、
怖い!
 いや、そこから先は、やっぱり、もう1つのHPに書くとして、私
がリアルに、日本の貧困や格差がアメリカに近づいてきたこと
を感じたのは、この本の前半なのだ。
 この本の前半に、「不慮の事故や離婚で父親のいない家庭の
子供が、安くて簡単なファーストフードに頼って栄養失調及び
肥満に陥る。」というレポートがあったのだけれど、ちょうど、この
部分を読んでいる時に、たまたま、私が会員になっている、と
ある寄付団体の新聞が届いた。半年に一回くらい定期的に届
くものである。純粋に日本の団体で、寄付対象も、日本の母子
家庭である。そこに、ものすごく似たような記事があってびっく
り。何でも、最近、母子家庭では、母親も職を失ったり、昼と夜
かけもちで働いても時給が低かったりして、栄養のバランスの
とれる食事がとれないのだ、と言う。「そのせいで、子供が肥満
になってきた」と、まさに、米国の母子家庭と同じ状況が書いて
あるではないか。この日本で、そういう母子家庭が増えている
なんて。その子供たちも、進学をあきらめざるえない状況で、
高卒で働こうにも就職は厳しく、と、いった状況らしい。昔は、
ここまで母子家庭でも貧しくなかったというのだが、一体、ここ
数年で何が変わったんだろう・・・。
 最近、サブプライム不況で大変なことになっているけれど、
これから、2、3年で、ローンの金利が上がる人がいることは、
日本人も例外でなく、その中には失業者や、給与の上がらな
い人もいて、日本も他人事ではないと、別の新聞で読んだ。
米国の民間戦争派遣会社に、傭兵として登録する日本人も
いるらしいし(というのは給与が良いらしいのだ)、何だか、世
の中、資本主義がアンバランス化しているような気が。
 仕事があるというのは、ありがたいことだなあ、と、しみじみ。
働けるうちは、世のため人のため、がんばりたいものだなあ。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-24 22:13 | Comments(0)

 前にも書いたが、私は面倒なことが大嫌い。そして、手が汚れる
ことも大嫌い。(これは、たとえではなく、まさに、汚れる、という意
味で。)
 たとえば、家事、子育て、動物の世話、化学の実験(?)、そし
て、もちろん、植物の世話・・・のはずが、雑草抜きが嫌なために、
せっせと、宿根草を植えている。そして、植えるための土つくりを
懸命にしていたりして・・・いつのまにか、爪の間にまで土が入って
いるじゃないかっ!!
 何しろ、うちの庭は、元々田んぼだったのか、土のほとんどが粘
土っぽく、ぐにゃりとしていて、水はけが超最悪なのだ。かつ、植物
を植えるために穴を掘っていくと、昔は川だったのか、人の頭くらい
の大きさの石がゴロゴロ出てくるのである。石を取り出したあとは、
ポッカリ大きな穴が空くので、そこに腐葉土とか堆肥をすきこんだり
して、これって、もはや、ガーデニングを超えて農業では・・・。
 で、昨日、子供が遠足に行ったことにかこつけて休みをとって、自
分はせっせと、土を耕して、新しく購入したツボサンゴ、通称ヒューケ
ラを植えてみた。面倒ながら、夢中になって、植えたものを眺めて
みれば、まあ、秋らしいステキな葉色が並んだこと。
 ついでに、ずっと手をつけていなかったハーブ類を、地面ぎりぎり
まで切り戻し、日当たりのいい別の場所に植えかえた。根が大きく
育っていたので、ぷちぷち、細切れに分けたりして・・・って、これっ
てもしかして株分けというのでは?株分けなんて、どうするのか、
見当もつかなかったのに、いつのまに?!
 そう、まさに、いつのまにか庭づくり。いつのまにか植物の世話。
嫌いだったのにはまっている。思えば、今、仕事となっている理系
の勉強、元々は一番苦手な科目で大嫌いだったのに、結構、はま
って20年もその仕事を続けているんだから、私の人生って、嫌い
なものへの挑戦なのかも。
 ふと気付けば、結婚をしたくなかった私が結婚をし、子供嫌いな
私が子供を育てている不思議にも、頷くしかないわけだ。うむー。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-19 20:58 | Comments(2)

遠足

 今日は保育園の遠足で、某交通遊園に行ったそうだ。うちの子は、
珍しくはりきって保育園に出かけた。交通遊園は、保育園から歩く
と、結構な距離があるので、ちょっと心配だったけど、先生によると、
しっかり全部歩けたということで、ホッとした。
 本人は非常に楽しかったらしく、お友達と一緒にお弁当を食べて、
おやつを交換して、シートの上にゴロンと寝転がって空を見たり、汽
車を見たり、消防車に乗ったり、遠足を満喫したそうだ。大興奮で、
ずっと遠足のことを喋っていた。
 そして、困ったのが、帰宅してからも、
「遠足したい!」
と言う。仕方なく、私は、使ったばかりの弁当箱を洗って、そこに夕食
をつめて、空っぽになった水筒にお茶を注ぎいれて、いつもの食卓で、
座布団代わりにシートを敷いて、遠足ごっこをしながら食事した。まっ
たく、疲れるなあ。でも、子供が楽しそうで嬉しそうなのは何よりだよね。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-18 20:37 | Comments(0)

バスソルト

 時々、リラックスするために、と思って、お風呂に色々な香りの
バスソルトを入れているのだが、これ、子供が気に入ってしまっ
た。そう安いものでもないのに、
「今日はジャスミンね!」
とか言って、景気よく、じゃぶじゃぶとバスタブに入れているのを
見ると、ママの笑顔もひきつる、、、ことはないが、少なくとも、私
の好きな香は選べないわけで、リラックス度3割減みたいな。
 よくよく考えてみれば、せっかく、バラだのミントだの良い香の
ソルトを入れても、子供と一緒ではリラックスできるわけもなく、
っていうか、バスタブにゆっくりつかる時間もないわけで、ああ、
どこへ行ってしまったの、私のリラックスタイム。
 せめて、じゃぶじゃぶソルトを使うわが子を叱らないよう、そ
して、ストレスタイムにはならないよう、祈るべし。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-17 21:29 | Comments(0)

個性

 テレビで、日本の教育を問題視する議論があり、例によって、
「偏差値教育はダメだ」とか「学校の成績が良い子が頭がいい
わけではない」とか「個性をのばさないとダメだ」とか、数十年前
と同じようなことを言っていた。一体、彼ら、評論家や大学教授
の子供たちは、どんな風に個性をのばしてもらっているのか、
見てみたいものだ。
 偏差値偏重は良くないかもしれないが、偏差値が高いの越し
たことはないし、偏差値が高いことだけを誇りに思っている子供
がいてもいい。学校の成績は良い方がいいに決まってる。って
いうか、普通の学校の成績さえも悪くてどうする、って感じだし。
個性、個性、と言われて、子供たちは、かえって悩んでしまうよ
うな気も。大半が、際立った個性のない普通の子供だしなあ。
 し・か・し。まだ、わが子が保育園だから、教育について、無責
任に色々言えるけど、いざ、学校に入学したら困っちゃうよなー。
見ていると、どうも、努力するのは嫌いみたいだし、いまだに字
を書こうともしないし。読む方も、何だか、たどたどしいしなー。
案外、自分の子が、個性的な子供だったりして。
 ほんといって、そんなに個性的でなくても、健康で、普通に地
味で真面目で、成績が良ければ、つまらない子と言われても
安心なのだが、、、というのが、正直な私の気持ち。
 目立たないこと、普通であること、成績が良いこと、を、否定
しがちな世の中でも、やっぱり、そういうことを求めるのが親な
んじゃないかなーあ。(でも、どれも、家の子には合いそうに
ないぞ。はーーーあ)
[PR]
by akira_dai | 2008-11-16 22:15 | Comments(0)

風邪流行中

 月曜日の午後から寝込んでいた同僚が、今朝出てきた。あと
1日なのだし、もう1日ゆっくりしてもらっても良かったのに、と、
申し訳なく思う。今のペースなら、私一人でも、仕事はなんとか
なったと思うし。まあ17時以降は無理なんだけどね。
 しかし、今年の風邪はひどい。私もおとといあたりから、喉の
痛みがひどく、とうとう薬を飲みながら出社というはめになり、
電話でも、がらがら声で、お客に絶対バレてるよな、風邪。
 保育園では、溶連菌感染症が流行ってるし、急激に寒くなっ
たからだろうか。そうそう、昨日の午後は、子供と一緒に予防接
種で、久々に小児科に行ったら、やっぱり混んでたしなーあ。
 これから、ますます寒くなるので、小さい子供のいるママたち、
ご注意を。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-14 23:56 | Comments(2)

やめてくれー

 今日はインフルエンザの予防接種。早めに会社をあがって、子供を
迎えに行き、そのまま車で、久々の小児科へ直行。
 扉をあけたら、久々の小児科は面がわりしていて驚きだ。待合が、前
の二倍くらい広くなっている。どうも、お隣の部屋も借りたらしく、受付も
広々で、遊ぶコーナーも追加されているし、これは、かなり快適になっ
た。前は、待合で、赤ちゃんを抱っこして立ってるママがいっぱいいた
し、外で待ってる人もいたから、大変だったのよね。(つまり、それだけ
評判のいいお医者さんなんです)
 で、子供と二人で、悠々と座って待っていると、一人、年長さんだか、
小学1年だかくらいの男の子が、ぎゃーぎゃー泣いている。注射が嫌
だと、暴れているのである。彼は、一旦、診察室に入ったのだが、途中
で、走って逃げて飛び出してきたのだ。無理やり、つかまえられて、ま
た中に入っていったものの、ずっと泣き喚き、「ちょっと待ってください」
と、先生に懇願し、先生にまで、「ダメだ!静かにしなさい!」と叱られ
ている。あらー・・・と思っていると、私の腕をギュウと握っているわが子。
 注射は昔から泣かないので、うちの子は大丈夫だと思ってはいても、
こうなってくると心配である。お兄ちゃん、お願いだから、泣かないでく
れーー!!
 「大丈夫だからね。いつもと同じだからね。」
と、必死に、子供に言い聞かせる私。その効果のおかげか、小さい時
から慣れた先生だからか、うちの子は上手にできたけど、しかし、子供
を注射に連れて行くときは、親の方が少々緊張します。暴れられたら、
今や手におえないもんなあ。暴れないでいてくれて、ありがとう、と、子
供に感謝でした。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-13 23:03 | Comments(0)

一人サポート

 一人が異動、あとの二人が体調をくずして休み、とうとう昨日の
午後から、電話を受けるのが、グループで私一人となった。周囲
から好奇の突っ込みを受けながら、次々と電話をとる。幸い、技
術的にそう難しいことはなく、退社まで無事にすべて終えること
が出来た。しかし・・・大丈夫?うちのグループ。
 他のグループの若いのが、
「AKIRAさん、大丈夫?」
と声をかけてくれる。もちろん、大丈夫だけど、私は残業できない
から、帰った後はとれないぞ、さすがに。
 結局、うちのグループだけ、私の退社後に、電話をCLOSEす
ることに。本来は19時までOPENなのに、17時でCLOSEと
は、本当に人不足。
 もうすぐ組織全体が変わるのだから、それまでは我慢、我慢。
でも、異動したら異動したで大変そう。はーあ。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-11 23:59 | Comments(0)

コアリズム

 皆さんは、コアリズムを知っているだろうか。米国から入ってきた
エクセサイズで、腹筋を鍛える運動を、リズムに乗って繰り返すの
だが、先日、美容院のお姉さんに、「面白いですよ」とのせられて、
密かにDVDを買ってみた。(こんなところに書いたら、密かにじゃ
ないじゃん!!)
 そして、これ、早速、ビデオの真似をしてみたら、かなりキツイ。
最初は、宣伝文句にある、「杉本彩さんも絶賛!」を見て、相棒に、
「私も、彩になっちゃおうかしらー」と調子に乗って笑っていたのだが、
笑っている場合ではなく、いつのまにか、必死である。とはいっても、
不器用、運動神経0の私だから、かなり適当で、ビデオのとおりに
出来ているわけがない。それでも、運動量は相当なもので、心拍数
は上がるし、汗だくだし、10分でへたってしまう。
 相棒は、「我が家に女豹がいたら、うっとうしいから、彩はやめろ」
と、半分真面目にコメントしているが・・・なるほど、これを毎日、30
分も続けていたら、まさに女豹化するかも。
 というわけで、今、ブームのコアリズム、皆さんもお試しあれ。イン
ストラクターのお姉さんが怖くて、カッコもすごすぎて、笑えるぞー。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-10 21:54 | Comments(0)

人不足

 今週は恒例の海外研修で、ごっそりと人がいない。おかげで
残された留守番組は仕事が山積み。とっても忙しい。
 数年前に、どっと人を減らしてから、異常に仕事が忙しくなっ
た。元々、多忙な部署にいた私にとっては、量的には大したこ
とはないけれど、しかし、今の私は子持ちで残業が出来ないか
ら、短時間でこなす量としてみると、やはり、少々負荷を感じる。
今日は諸事情で、一人で電話とっていたし。
 まあ、不況でも忙しいことを良しとするか。と、言いながら、こ
れ以上、人が減ったらどうしよう。減らされるのも怖いが、会社
に残るのも怖いかも。
[PR]
by akira_dai | 2008-11-06 21:50 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。