先のことはわからない

 先のことはわからない、というのは当たり前の
ことだが、年をとればとるほど、経験を積めば積
むほど、実感するのではないだろうか。
 特に、結婚や出産後は価値観も生き方も大きく
変わるわけで、ほんの数年前の自分が想像してい
なかったライフスタイルになっていたりする。
 それはともかく、1月にリストラされた時には
想像もしなかった、、いや、正直、ちょっとは想
像していたけれど、まさか、こんなにすぐにある
とは思わなかった事態が今日起こった。
 昨日、会社でお世話になった人からメールで連
絡があったので、今日、電話をしたら、何だか悪
くない提案があり、私は目が点。
 ちょっとした仕事の話だったのだが、子供を学
童に入れていないし、残念ながらお断りして、い
つからなら働けそうか、という話を、世間話程度
にして電話を終えた。ありがたいことに、あちら
はとても残念そうで、仕事の開始できる時期を詳
細にきいてくれた。
 はたして、今日、良い返事をできなかったこと
で私はチャンスを逃したのか?しかし、、、そう、
先のことはわからない。リストラもそうだし、リ
ストラ後のオファーもそうだし、ほんの数年前、
数か月前さえ、想像できなかったことが起こる。
それが意外と良い展開になったり。
 思えば高校受験を失敗したときも、若かっただ
けに超絶望したけれど、通してみれば大きな失敗
じゃなかったし、それこそ想像しなかった理系の
大学に進んじゃったし、結婚して子供なんか産ん
でるし、私の人生、子供のときに思っていたのと、
いや、成人してから思い描いていたこととも全然
違う。信じられないことだらけ。大体、戦後から
考えればバブルも信じられないことだし、バブル
時代から考えれば今の不況も中国の活躍も信じら
れない。
 これからも信じられないことがいっぱい起こる
のかしらねー。でも、こうして充実して何とか暮
らしていけるのはありがたいことです。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-28 19:46 | Comments(2)

私ってプロ?

 今日は小学校の役員の会議があったので参加した。
広報委員なので、パソコンを使える人が編集の担当
になる。それで、最初にパソコンを使える人の人数
でグループ分けすることになった。当然、自信満々
に手を上げる。意外と、
「パソコンは苦手」
という人の方が多くて驚いた。世間はそんなものな
のか?パソコンに手を上げたのは、17人中5人程
である。隣に座っている人たちから、
「もしや仕事で使ってたんですか?」
「すごいですね」
と言われるが、私程度はすごくはないと思っている
ので、どう答えていいかわからない。けれど、保育
園でも、そういう目で見られたことがあるので、
「ええ、まあ」と曖昧に笑っておく。
 そのうち、委員長が、
「ところで、PDFというファイル、私もよくわか
らないんですが、できる人いますか?」
ときいた。しーーーん、と、全員かたまっている。
私は「ファイルできる人」という意味をはかりかね
たのだが、
「変換ならできますよ。」と手を上げた。そこで誰
かが、
「いや、できないはずだ。あのソフトはとても高い」
と言うので、
「PDFの編集はできませんが、Wordなどで作
ったファイルをPDFに変換はできます。実際して
ますから。」
と言うと、他のメンバーは目をぱちくりしながら、
「す、すごい・・・」
と呆然。
「じゃあ、AKIRAさん、PDFの担当に。」
と決まってしまった。そして、その後、いよいよ各
担当の割り当てを決めることになり、私も入ろうと
思ったら
「AKIRAさんはPDF担当だから何もしないで
いいですよ。」
となった。え!?そんな楽ちんな担当でいいの?!
と私は目が点。皆、PDF変換がちょー大変な仕事
だと思っている。まあ、文字化けとかトラブルはあ
るかもしれないけれど・・・
 口々に、「すごいですね」「もしやSEですか」
「かっこいーですねー」と、声をかけられる。私は
何も言っていない。は、はーあ・・・という感じだ。
 さて、役割が決まって、委員長の周りに、各グル
ープのパソコン担当者が集まって何やら相談してい
る時も、PDF担当の私はロンリーに席でぼんやり。
ところが、何か困ったことがあったのか、
「AKIRAさーーん、助けてください。」
と呼ばれて、ソフトウェアやファイルのやりとりに
ついて色々きかれた。(彼女たちは、ソフトウェア
とかファイル、という言葉を使わないので、最初、
とまどった)
中には、
「自分の使っているソフトが何だかわからない」
という人もおり、話しがまとまらず。とりあえず、
「Word、Excel、パワーポイントなら
OKだから。」
という話をして、あとは、
「昨年の役員からファイルをもらおうよ」
という話を委員長にして、全員に私のPCアドレス
を配布した。
 その後は、すっかりパソコンアドバイザーみたい
になって、
「先日、ウィルスソフトを入れようと思ったんだけ
れど、何がいいだろうか」
とか、
「Wordは習わないとできるようにならない?」
とか、色々なことをきかれて、色々答えて、何とも
えらそうでお恥ずかしい限り。世の中の文系って、
こんなものなの・・・?
 私はママの間では、すっかりパソコン得意という
ことになっているが、会社や親戚の中では苦手な方
だから、本当は得意とは言いたくない。けれど、ま
ったく出来ない人に、苦手というのは嫌味だし、、
 世の中の平均ってどこなのーー?!と、焦り動揺
した役員会であった。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-27 23:28 | Comments(3)

1つ解決

 ちょっと前から、登校時間のことで、保育園の
ときから知っているママと、今お世話になってい
るお隣のママがぶつかって、その原因がちょっと
した勘違いだったので、私は、保育園で知ってい
る方法のママに、「あの人は、そんな非常識な人
じゃないよ。ちゃんと話してごらん。」と、繰り
返していた。
 そして今日、学校から帰ってくる子供を迎えに
道路に出ると、たまたま、二人ともそこにいた。
ちょうどいいので、例のトラブルの話をして、
「・・・というわけで本当は違うんですよ。」
と3人で合意。あー、良かった、この2人のママ
だけでもわかってくれて、と外野ながら思う。
 しかし、外野のつもりが、こんな風にしている
といつのまにかもめごとの中に入っちゃうかもな
あ、と、リスクを感じる。大体、今回も、もめご
との原因になったのは、その2人ではなく、その
2人の間にいて適当な情報を流したAさんの一言
で、お互いに、「あの人はそういう人だ!」と悪
い勘違いをしていたのである。Aさんの一言を聞
いた時、私は本人を知っていたので、(何かおか
しいなあ)と思っていたのだが、本人を知らない
人が聞いたら、まさしく、「あの人はそういう
協調性のない人なんだ」と思ってしまうような内
容だった。まあ、人の噂や人の言うことはあまり
信用しない方がいい、ということだな。
 で、今回、私はAさんから目をつけられた恐れ
はあるわけで、何を言われるかわからない、と思
うと、そりゃー嫌な感じ。だけど、学生時代から
基本的に私は一人。きっと大丈夫、と思うのであ
った。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-22 21:45 | Comments(0)

ママは馴染んできた

 今日は集団登校の子供たちと一緒に学校に行けた。
もちろん、私がついていっての話だけれど、こんな
風にちょっとずつステップアップしていけばいっか、
と思うことにした。今は叱っても意味なし、効果な
しだし、のんびりと。(これが私には難しい)
 で、通っていた保育園のスーパーに買い物に行っ
たら、「ゆーた君ママ!」と呼ぶ人がいる。先日、
一緒に飲んだメンバーのうちの一人で、うちの子の
ことを好きでいてくれたマイちゃんのママだった。
 最近、こんな風に、街の中で呼び止められること
が多くなってきたと思う。ママたちから携帯にメー
ルが入ることも増えてきた。だいぶ、街に馴染んで
きたような・・・?
 その代わり、保育園でも小学校でもママグループ
同士の色々があるらしく、どこのグループにも属さ
ない私の耳には、両方の色々が入ってきて面倒くさ
いこともあるけれど軽く流しておけば大丈夫だろう。
情報が色々入ってくるだけに、必要な場合を除いて
「○○さんがこんなことを言ってたよ」
だけは禁句である・・・お喋りな私にはこれがまた
面倒くさくて難しいのだが。
 今日は子供の登校もまあまあ成功だったし、親し
いママとも会えたし、ちょっといい日。お天気は悪
いけれど良かったな。
 GWはまた仲良しママたちと子連れでBBQに行
こうよ、と、誘ってもらってそれも嬉しくて、面倒
くさい半面、楽しいことも増えたかな、と実感した
のであった。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-20 11:19 | Comments(0)

ああ、今日も

 今日も、登校寸前に、「頭が痛い!」と、ぐずり
始めた我が子・・・完全なら登校拒否である。しか
し、頭が痛いのは本当だとも思う。人間、嫌なこと
があると頭やお腹が痛くなる。私だってそうだ。
 集団登校のメンバーに、「先に行っててください」
と頭を下げ、私と息子は二人で少々遅れて登校した。
途中、「頭が痛い」と言っては立ち止まる子供を励
ましながら、遅刻覚悟の登校である。
 学校に着くと、今度は廊下から教室に入れない。
仕方がないので教室の後ろから私が顔をのぞかせる
と、先生と目が合って、先生は目で合図をして頷く
と後ろまで来てくれて家の子を抱き上げ、とんとん
と背中をたたきながら何かを言って励まして、席ま
で連れていってくれた。ありがたい。
 私に向かって手を伸ばして、ぎゃーーーっと泣き
叫ぶ子供の声を背に逃げるように家へ帰った。しか
し、これ、私が仕事してたらどうなってたかね?や
はりリストラは神の声か?
 家に帰ってからかなりブルーが入ったが、子供の
気持ちになろうと考え、その日は子供の帰宅後、た
またまお友達が不在だったこともあって、ずっと二
人で外で自転車に乗って遊んだ。3時間も自転車で
意味なく公園をぐるぐる回って私はくたくただ。
 けれど、子供はかなり元気が出たらしい。夜にな
ると時間割をそろえるのもはりきっている・・・ま、
いつも夜は元気なんだけどね。明日はうまくいきま
すように。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-19 23:07 | Comments(0)

ただ今、脱走中

 買い物に行って、帰りにコンビニに寄ったら、
駐車場で保育園が一緒だったケイ君に会った。
家にも遊びに来たことのある元気な男の子であ
る。
「ゆーた君ママ!」と言うので、駆け寄って、
「一人でどうしたの?パパとママは?」と言う
と黙っている。「どこに行くの?」ときくと、
「保育園。ゆーたは?」と言うので、車まで連
れて行ってうちの子に会わせると、ほんの少し
話した後、
「ゆーた!あばよっ!」
とポケットに両手を入れて去ってしまった。柳
沢慎吾か?!と突っ込みつつ、何だか大人みた
いだなあ、と思いながら、私は車に戻り、ふと、
ママにメールしてみよう、と思って、ケイ君の
ママにメールをしてみた。昨晩会ったばかりな
ので気楽である。
「ケイ君、一人でお出かけなんてすごいですね」
という、いたって呑気なメールである。
 そしたら、即、返信がきて、
「どこで見ました?!今、叱られて脱走してし
まって探しているんです。」
という。こりゃ、大変だ、と、会った場所と、
どっち方面に去ったかを返信した。少し経って、
「パパが見つけました」というお礼のメールが
入った。はーあ、良かった。しかし、叱られて
行方不明になるとはさすが大物。彼は、保育園
でもよく叱られ、早くも小学校でも叱られてい
ると言う。体はでかいし、堂々と皆の前で先生
に向かってつっこむし、怖い物知らずの大物で
ある。多分、小学校でも緊張せずに相変わらず
言いたいことを言っていると想像できる。
 うちの子ももう少しケイ君みたいに堂々と大
きい声で、誰とでも大らかに話せるといいと思
うのだが、親は親で心配なことが多いそうで、
皆、それぞれだなーあ。
 ケイ君の将来に期待しつつ、メールをしてみ
て良かった、と思った。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-18 17:48 | Comments(0)

連ちゃん飲み会

 昨日は、昔お世話になった同僚の送別会でほとんど
終電まで飲んでいた。彼はとうのとっくに転職して、
別の外資系にいたのだが、そちらでリストラにあって、
今度、中国で仕事をすることになったのである。何か
知っている人がどんどんばらばらになっていくわー。
 私がいた会社からもメンバーを呼んで、現在の不況
とグローバルビジネス(?)、中国のすごさ、日本の
辛さ、元同僚たちが今どこの会社で働いているか、退
職金の運用についてさんざん話し、時々子供の話をま
じえながら、夜中11時くらいに解散。既に終点まで
走っている電車はなく、車庫行きの電車で何とか深夜
に帰宅したら雪になっていてびっくりした。
 で、今日は保育園のママたちと飲み会。小学校になっ
てどうか、という話しと、今だから言える先生に関する
愚痴、プライベートに関する話、実は現在妊娠中、とい
うような話をたくさんして、6時半から10時近くまで
飲んだ。ちなみに私が最年長ということがわかって、皆、
驚いていた。私自身も、他に大きい兄ちゃんがいるママ
もいるし、最年長とは思わなかったわー。
 昨日と今日とでは話題が全然違う。けれど、どちらも
面白くて楽しくて、あっという間の3、4時間だったの
だが、年のせいかさすがに疲れて、帰宅後はバタンキュ
ー。うむー、最年長ママは、仕事だけでなく遊びも無理
できないなあ。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-17 23:24 | Comments(0)

がんばれ

 今日は初の役員会があり、役員が全員集合した。
しかし、入学式のときも思ったけれど、結構、皆、
年だよなーあ。私も子供は遅い方だけれど、一年
生の親にも結構年上はいるし、役員なんかは、高
学年も多いせいか、かなり年配の方がいる。やは
り出産年齢は上がってるのねー。皆、話しやすそ
うでちょっと安心。
 希望の広報委員になれたし、委員長はくじびき
でうまく逃れられたし、なかなか運がいい。そし
て今日は心配な我が子の姿もちょっと見られるし。
とても運がいい。
 というのも、今日も子供は、嫌だ、と朝、泣き、
さらに、玄関で鼻血を出してすっかり怖気づき、
集団登校の時間に間に合わなかった。私は集合場
所まで走って行き、他のお母さんたちにお詫びし、
「私が連れて行きますので先に行ってください」
とお願いし、かなり遅れて、鼻血が止まってから
自宅を出発したのである。
 家を出てから10分くらいして子供が立ち止ま
って、頭が痛い、と言いだした。通学路のちょう
ど真ん中で、学校も自宅も遠い。そのうち、
「頭が痛い、痛い、痛い!」と頭を抱えるので、
仮病なのか本当なのか迷ったが、ランドセルは私
が持って、まずは学校まで行くことにした。今日
も冷たい雨である。頭痛はさぞ辛いだろう。が、
行くも戻るも同じである。
 はたして遅刻ぎりぎりで、今日の1時間目は、
1年生を迎える行事があったので既に同級生は
廊下に並んでいた。先生に事情を話すと、先生が
「1時間目は行事だからがんばってみよう。そ
の後、具合が悪かったら、ママに迎えに来ても
らおう。」
と言うので辛いながらも子供を預けて帰宅した後、
役員会に参加しにまた学校に来たのである。
 役員会が終わって、そうっと教室の後ろからの
ぞくと、子供は集中して机にかじりつくように、
文字を書く練習をしていた。私はまた泣きそうだ
よ。がんばってるのはわかっているのだが、そう
そう甘やかすわけにもいかないのだ。
 先生からの電話も鳴らないし、子供も勉強に集
中しているようなので、一旦帰ることにして、そ
うっと教室をあとにした。がんばれよー。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-16 13:53 | Comments(0)

母は辛し

 子供が「学校に行きたくない」と言う。別に、まだ
いじめがあるわけでもないし、ただ、登校が面倒なの
と教室でじっとしているのが苦痛なのだろう。お友達
も知らない子ばかりでつまらないのだろう。うちの子
は外面がいいから、きっと学校ではちょーいー子にし
ていて、それも辛いのだろう。
 で、今朝も、「学校に行きたくない」と泣き出し、
いつまで経っても動かない。集団登校で待ち合わせ場
所で皆待っているし、遅れることを伝えに行かないと、
と、私が走って行こうとすると、やっと子供は泣きな
がらついてきた。他のママに事情を話して、私も学校
までついていくことにする。
 今日は冷たい雨。寒い中、黙々と傘をさして並んで
歩く子供たち。二年生、三年生も辛そうな顔で下を向
いて歩いている。
「いつも、こんなに静かなの?」
とリーダーの6年生に聞くと、ちょっと笑って、
「そうです。」と教えてくれた。へーえ、私の頃は、
喋りながら、石けりをしながら登校して、こんなに
行儀良くなかったよなーあ、と思う。
 20分くらいして学校に着いた。寒い中、傘をさ
して重いランドセルをしょって歩くのは、一年生に
はキツイに違いない。
「よくがんばった。着いたよ。」
と子供の頭をなでて校門で別れた。心細い背中を見
ながら涙が出そうになるが、心を鬼にして踵を返す。
学校の中までは母はついていけないんだよ、こっち
も辛いよ、と、思う母である。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-15 23:47 | Comments(0)

パワーストーン

 一時期、子供が連続で病をもってきて大変だった
時に、気休めに水晶を買って鬼門に置いたのだが、
それきり、パワーストーンには縁もなく、思いつく
こともなく時間が経った。
 が、3月、暑い日、寒い日、の繰り返しで、また
体調をくずして発作を繰り返すようになって、なぜ
か急にその存在を思い出したので、通販のページで
物色して、これは、と思うものを購入してみた。
 水晶はもちろん、アメジストやマラカイト、それ
にアベンチュリンを選んだ。これがアクセサリーと
してもとてもかわいい。特にアメジストが気に入っ
て、ほとんど毎日付けている。
 これのおかげで運が良くなるとか、健康になる、
とか、そういった確信がなくてもお守りとしては
とにかくカワイイし、見ているだけでもキレイだし
お薦め。携帯ストラップもかわいいよ。
[PR]
by akira_dai | 2010-04-14 23:42 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。