たくましい我が子

 幼稚園出身の子というのは、お稽古も遊びもママが
主体で、ママの言うとおりのスケジュールで動いてい
ることが多い。保育園組は学童で、学童は学童同士で
つるんでいるわけで、うちの子は保育園出身なのに放
課後は幼稚園の子供と一緒ということになってしまい、
友達作りに苦労するのでは、と、ちょっと心配してい
た。が、意外になかなかたくましいのである。
 毎日、色々な子に声をかけ、
「今日は用事(お稽古)」
と断られても別の子供と約束し、断った子供とは別の
曜日に約束してくる。おかげで私は毎日振り回され、
他の子とは逆に、子供のスケジュールに振り回され、
かつ、知らないママの知り合いもどんどん増えて、と
いう感じ。
 今日は今日で、「○○君の家に遊びに行く!」と知ら
ない家の子の名前を出して、今にも家まで出かけそう
なので驚いて、その子(しかも他のクラス)のママに
連絡をとるのに電話番号を調べたり、そりゃ大変だっ
た。結局、一緒に外で遊んで、それから、ちょっとだ
けお邪魔して遊ばせてもらった。まったく、学校に行
けなかったなんて信じられないくらいの積極性である。
 毎日、色々な友達と遊んで、おやつもらって、ママ
もいて安心、となれば、これは子供にとって極楽なわ
けで、いつか働きたい私としては、子供の楽しみと自
分の希望の板ばさみになって、ちょっと憂鬱である。
 そして先ほど寝る時間になって、子供がふーっとた
め息をついて、「が・く・ど・う・かあ・・・」と呟
いて、そのまま眠ってしまった。私が、
「○月から学童だからね!しっかりしてね!」
と時々言うのを覚えていて、ちょっと考えてしまった
らしい。うちのクラスの場合、活発すぎる2人が学童
なので恐れているのか?
 でも、きっと、その時になればその時のやり方や考
えがあるのだろうし、まだ働けるかわからないのだし、
子供を見守りながら今は一緒に成長していくしかない
のだな。がんばれよー。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-28 23:17 | Comments(0)

久々の保育園

 今日は保育園で交流会があると言うので久々に
保育園へ。子供がいた保育園では、毎年、自分た
ちが植えたじゃがいもをポテトチップスにして食
べる、という行事があり、今日は、うちの子供た
ちの代が昨年に植えたじゃがいもの収穫パーティ
ーだったというわけ。
 ちょっと見ないうちに、皆、大きくなっていて
びっくり。懐かしい面々ではあるものの、うちの
子は結局、同じ小学校の友達と一緒にいただけで、
懐かしい友達とは話せなかった様子。男の子はそ
んなものかね。
 保育園は各小学校に少ないので、皆、友達で苦
労しているみたいだけれど、少しずつ慣れてきた
頃で、ママたちは、
「幼稚園の子たちはすごいけれど、のんびりかね
~」
などと言っている。やはり働いているママたちと
いうのは子供たちだけにターゲットしていないの
で、育児に関してはある意味冷静というかのんび
りというか、専業主婦と比べて熱くないのだ。
 毎日専業主婦の皆さんと煮詰まった話ばかりし
ている私には心地よい距離感だわー。
 久々の保育園、そして、おそらく最後の保育園、
子供は何を思ったのかなー。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-26 18:19 | Comments(0)

内職増量か?

 リストラ後、年齢と子ども有りの条件ではそうそう
転職はできないだろう、という読みのもとに、某通信
教育の添削の仕事をしている。ほんのちょっとの小づ
かい程度だけれど、自宅で空いている時間にできるし、
フルタイムで働いていた私にとっては大した拘束も感
じないし、物足りないながら楽々とこなしている。
 と、先日の夜、突然、電話が鳴って、その会社の担
当者からだった。在宅の仕事ということもあり、滅多
に会社から電話がかかってくることはない。夜も結構
遅かったので緊急事態の可能性もあり、(もしや採点
ミスがあったのか!)とドギマギしたのだが、よくよ
く聞いてみると、
「科目の追加をしませんか」
という話。今、担当しているのは数学だが、これに追
加して物理と化学もどうか、ということだ。正直、私
は理系ではあるが、これは就職をするために無理に進
んだ道であって、本当は英語とか国語の方が得意なの
だが、教育の現場では、理系科目ができる主婦が不足
しているのである。多分、英語担当なんかは、余るほ
ど、応募があって競争率も高いのだろう。
「内容を忘れちゃってますから」
としぶっていると、サポートは会社がしっかりするか
ら是非、というので、了承してしまった。
 で、何と試験が送られてきたわけだが・・・本当に
忘れてるよなー、高校物理と高校化学。救いは化学の
有機の問題がなかったことだけれど、久しぶりに色々
調べながら物理と化学を解いてるよ。
 リストラされても、嫌いな理数系でも、こういう仕
事がちょっとでも入ってくるのは理系の強みかなのか
な~。不幸なような幸いなような。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-21 22:28 | Comments(0)

くたくたです

 放課後教室に行くようになったとはいえ、頑固と
いうか、行く気にならないと行かない。他の子は、
親が「行け」と言えば素直に行くのに、家の子は、
私が「行け」と言っても行かない日が多く、しか
し、気が向けば行く。よっていつ帰ってくるかわ
からず、こっちは気をもむ。
 さらに、放課後教室をさぼって帰宅してきた日
は、つまり、自分で友達と約束をしてくるわけで、
そのたびに、私は公園に付き合う。他の子は、放
課後教室やらお稽古やらで顔ぶれが変わるのに、
家はいつも公園・・・ママ友達に、
「えらいよね。公園によく付き合ってるよね。」
と言われるけれど、別に好きで付き合ってるわけ
じゃないし。しかも、ここ数日、猛暑で、もう私
はへろへろ・・・
 で、今日の昼過ぎ、またもや、放課後教室をす
っぽかして帰ってきた息子。今日も猛暑だし、ま
さか、また公園・・・?と、私は辟易。母の優し
さは皆無で、ムッとしながら「おかえり」と言う
と、息子は妙にご機嫌で、
「ママ!今日は誰ともお約束してこなかったから。
だって、ママ、頭が痛かったりして疲れてるでし
ょ。だから、今日は家でゆっくりしてていいよ。
オレ、ついててあげるつもりで、放課後教室はや
めて早く帰ってきたんだ!」
・・・いやに調子が良い。良すぎる。と思ったら、
何のことはない、ずーーーっとパソコンで遊んで
る。今日は公園よりパソコンの気分だったのね。
まあ、でも確かにママはゆっくりできたよ。あり
がとう。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-17 21:02 | Comments(2)

顔見知り増殖中

 週末だというのに、子供が体育着を学校に忘れて
帰ってきた。学校は遠いし、汗だくで重いランドセ
ルをしょって帰ってきた子供に、「一人で取ってこ
い」とは言えず、「ママと一緒に取りに行こう」と
言ったのだが、
「オレの体育着はいい匂いがするから洗濯しなくて
も大丈夫」
とわけのわからんことを言って、頑として動こうと
しない。ここで叱るのも面倒くさいので、一人で留
守番させて私が自転車でひとっ走り学校まで行って
くることに。
 ちょうど下校時間だから、道々にママたちが立っ
ている。知っている顔にも、知らない顔にも、目が
合えば、「こんにちはー」と声をかけて自転車を走
らせる。あちらも、こんにちは、こんにちは、と言
いながら、時には、知らない顔なのに、
「息子さん、今、帰って行ったよ。」
と教えてくれる。ありがたいことだ。
 学校に近くなってくると、今度は知った顔の子供
たちとあいさつを交わす。入学してまだ2カ月なの
に、何だか急に知り合いが増えたなーあ、と、我な
がら感心。 子供が学校に入ると、急激に近所付き
合いが広く深くなっていくものだなあ。
 帰宅してからは、近所の息子の友達同士で誘いあ
って近場の公園でママたちとお喋り。今日は少人数
だから疲れない。そして色々な情報が入る。相変わ
らず知らなくてもいい情報もあるが、知っておきた
い情報もある。きっと、何かトラブルが起こった時
には、こういったママたちが少しは力になってくれ
るのではないか、と思ったりする。
 子供も少しずつたくましくなってきたし、良かっ
たなー、と、思える、平和な今日一日。同じ学校の
顔見知りを大切にしたい。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-04 18:30 | Comments(0)

政治を演出するな

 昨日の総理辞任からマスコミは騒々しく、道連れ
辞任だとかポストについて報じている。選挙前に辞
任があるだろう、とにらんでいた自分としては、何
だかわざとらしい演出に見えて腹が立つ。大体、事
業仕分けも演出だし、やることが派手な割に空っぽ。
やだねー。
 そしてポストもほぼ決まりだし、この演出に国民
が踊らされて、また与党が大勝ちするのかな。何か
憂鬱。かといって野党もイマイチだしなーあ。
 その中で、少し期待できるのは小さい新党か?と
何か、政治についてものすごく気になってしまう。
とにかく、テレビの情報は一番ダメだなーと感じる。
無責任、スポンサー中心で、肝心なところは全然報
道しないし。
 新聞、週刊誌、インターネット、ありとあらゆる
媒体で情報を入手して、みんなが自分なりに判断で
きるといいな、と思う。ともかく、テレビに踊らさ
れるのはやめたいものだ。
 政治はドラマじゃない。政治家には真面目に国の
将来を考えてほしいし、マスコミには真面目に報道
してほしい。もうテレビを見るのやめよっかな、と
さえ思う今日この頃。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-03 23:25 | Comments(2)

がんばれ、キムタク

 別に私は木村くんのファンではなくて、どちらか
というと、どうでもいいのだが、今回の月9は可哀
相なキャスティングだなーあ、と思う。(一回も見
ていないけど)
 昨日の公園で、ママたちの話題といえば、子供の
話しの他はもっぱらドラマ。ドラマを見ない私はつ
いていけないのだが、ママたちの木村評については
わかるわけで。
 「今回の月9はつまらないわねー。キムタクばっ
かりモテちゃって、もうオジサンなのに見てられな
いわ。」
みたいなことを先週、皆が言っていた。昨日になっ
たら、さらに辛口のコメントで盛り上がり、
「もう、私、見るのやめちゃったわ。共演の松田君
の方がよほどカッコイー」
「松田君がモテナイのにキムタクばかりモテル設定
がおかしい。」
「女優さんと年齢がつり合わない」
「キスシーンがきもい。」
などなど、あー、主婦は厳しいねえ。ちなみに、彼
女たちが今ひいきにしているのは、嵐のメンバーと
仮面ライダーに出ていた少年たち。日本は、男も女
も若者好きか?
 私は思う。きっと木村君もあんな恋愛ドラマ、出
演したくなかっただろうな、って。あれは企画した
テレビ局が悪いよなー、と本当に気の毒に思う。
 木村君さえ出れば視聴率をとれると思った局のオ
ジサンたちの判断が間違っている。しかし、その依
頼を断らない木村君、えらいぞ。
 決してファンではないし、ドラマも見てないし、
今回のドラマの視聴率が悪いのも当然だと思うけれ
ど、きっと本人が一番そんなことはわかっているの
だろう。えらいぞ、がんばれ、木村君!と、一人静
かに思ったのであった。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-02 19:53 | Comments(0)

友達増えるかな

 毎週火曜日は学校の近くのアスレチック公園
に行くことにしている。一緒に登校している班
長さんの息子が同じ一年生で、彼と同じ幼稚園
の子供たちが火曜日に集まることを決めている
からだ。当然、そのママたちも集合する。つま
り、火曜日に公園に行けば、絶対に誰かはいる
わけで、保育園からクラスに一人ぼっちのうち
の子にとっては遊び相手を見つける絶好の機会
だ。
 この会合にうちが参加するのは今日で4回目。
やっとお互いに顔を覚えて、人見知りの我が子
も、他の男の子を呼び捨てで呼べるくらい打ち
解けるようになった。仕事に復帰しても、子供
が一人で出かけられるようになるまでは、火曜
日の午後は空けておこうと思うくらい、大切な
時間だ。
 夕方の鐘が鳴って機嫌良く帰宅したら、電話
が鳴った。同じクラスの女の子のママからだっ
た。何でもその女の子と明日遊ぶ約束をしたの
だと言う。が、彼女は自分がお稽古があること
を忘れていて、明日は無理ということと、別の
曜日はどうか、という話だった。放課後教室で
遊ばせようか、なんて話をしながら、お互いの
出身幼稚園(うちは保育園)のこととか、どの
辺りに住んでいるとか話して、お互いによろし
くお願いします、と電話を切った。なんだ、相
変わらず女の子と遊ぶタイプなのかい、と子供
の顔を見る。
 ともかく運動会が終わって、ちょっとばかり
友達が増えてきた気がする。公園で遊ぶ友達の
中に同じクラスの子は一人しかいないけれど、
学校に行けば自分で遊ぶ約束をしたりしている
みたいだし、こんな調子で少しずつ慣れていく
のかな。
[PR]
by akira_dai | 2010-06-01 22:23 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。