我が子ながら

 我が子ながら、こういう受け答えはどこから出てくる
のだろう、と感心することがあるのだが。
 明日は登校班のママでランチの予定。行ってしまえば
楽しいことはわかっているのだが、女子グループが苦手、
というか、慣れていない私としては、ちょっと気が重い
のも事実。でも、たまには参加してみよう、と思って、
「参加!」と手を挙げてしまったのである。
 で、いよいよ、明日、と日が迫ってくるにつれて、憂
鬱に・・・
「あー、ランチ、面倒くさいな。」
と、つい、呟いてしまう私。相棒が、他人事とばかりに
笑って、
「じゃあ、行かなければいいじゃないか。」
と言う。
「うーん、でも、何となく行くって言っちゃったから」
なんていう会話をしている横で、興味深そうに聞いてい
る息子。やばい!こんな話しを友達にされたらママたち
に筒抜けじゃ!と、我に返った私は、
「ユータ、今、話していたこと、周りに言わないでよ。」
と、無駄かもしれないが口止めをした。
 子供は、きょとんとした顔をして、
「ママ、オレ、今聞いたこと全部忘れたから。」
と言う。うーむ、我が子ながら、なかなか洒落た受け答
えだ。そういえば、前にも、やっぱり、どこかのお友達
の話だか、学校の問題だかを話していて、
「これ、学校で言っちゃダメだよ。」
と言ったら、「オレ、全部、忘れたから」と答えたこと
があった。どこで覚えるんだろうね、こういう言い回し
は。面白いな~。っていうか、子供の前で無防備に何で
も話す母がいかんな!
[PR]
by akira_dai | 2010-12-16 23:44 | Comments(0)

これがオーラ?

 たまにはミーハーな話題を。
 最近、某CMを見ていて、(手越くん、カッコいーなあ)と
感心していたら、夜、会社から帰ってきた相棒が、同じCMを
見て、
「手越、すげーなあ!」
と叫んだ。何か同じものを感じるんだ、と嬉しくなって、
「やっぱり?」と私が言うと、
「うん。すげーすげー。これだけメンバーがいるのに、手越く
んしかわからない。」
と言う。売れっ子のやまぴーはどれなのか、と、同じCMでチェ
ックしたのだが、よくわからない。
「こういうのって何だろうね。顔?髪型?」
と、くだらないことを話しながら、確かに髪型も目立つは目立
つけれど、やっぱり何か光ってるのかね~、という結論に。
 私たちは地味な家族だけれど、何かキラリと光るものが欲し
いわあ~
[PR]
by akira_dai | 2010-12-14 23:43 | Comments(0)

妹の赤ちゃん

 妹の赤ちゃんがやってきた。7月に出産したのだが、私が
体調が悪くて妹の所まで出かけられないこともあり、初めて
の対面。何でも、友達からもらったベビーバスの底が抜けた
とかで、家にベビーバスを借りに来たのだ。もう4カ月なん
だからそんなもの使わなくていいじゃん、と笑ったのだが、
初めての子のせいか、お風呂に入れるのが怖いらしい。
 妹は長いこと子供ができず、出来ても悲しい目に合ってば
かりで、あらゆる医療技術を受け、それでも死産ばかりで、
「これじゃ、死体製造機だ。」と自嘲気味に言っていたのだ
が、今回も危ない目に合いながら何とか出産にこぎつけた。
しかし、やはり出産にむいていない体なのか、妊娠してから
今にいたるまで肝臓の値が悪化しており、大学病院に通院し
ている。前回の妊娠では腎臓がひどく傷んで自分の命が危険
だったことを考えると、今回の出産は奇跡中の奇跡である。
 それだけに嬉しさひとしおで、赤ちゃんの可愛さよりも、
妹の嬉しそうな顔に、私はとてもホッとした。肝臓も値は悪
いものの日常生活で不便は感じないらしい。そんな親の調子
とは裏腹に赤ちゃんは元気で、健康で、普通に泣いたり笑っ
たり眠ったり、と、忙しい。
 うちの子がぬいぐるみであやすと声を出して笑って、
「オレのおかげで笑った!」
と息子も誇らしげだった。
 子供は嫌いだけれど赤ちゃんの可愛さは何とも言えない。
すくすくと育ってくれ~と思いながら、妹夫婦の車に、ベ
ビーバス、その他もろもろ、たくさん、積み込んだのだっ
た。
[PR]
by akira_dai | 2010-12-12 23:25 | Comments(0)

今日は学童の友達と?!

 まいった。平日は毎日、友達と遊んでばかりいて、勉強は
しないわ、宿題さえもギリギリだわ、お稽古なんか絶対に行
かないわ、という我が子。そして、それに振り回される私。
 土日はゆっくり・・・と思ったら、
「ママ!今日はユウとケイタとXX公園で待ち合わせしてる
から!」
と言う。はーあ?彼らは学童の子じゃないか。
「あいつら、平日は遊べないから土曜日に会うことにした
んだ。」
と言う理由は、なるほど、である。
 しかし、せっかくの土曜日にまた自転車をころがして、
遠い公園まで行かないといけないのか、と、体力不足の私
は躊躇。でも、(どうせ子供同士の約束だし、その時間に
行ってもいないだろう。)と、なめきって、子供の気が済
むように、一緒に公園に出かけた。もちろん、二人はいな
かった。
「やっぱり、いないねーえ。」と、内心、喜んでいると、
「オレ、ちょっと待つ」と、子供はターザンロープにぶら
さがってぶらぶらしながら公園の入り口の方を眺めている。
 はたして、10分くらいすると、小さい二人の男の子が
姿を現した。一人は自転車、一人は徒歩で鞄を斜めに下げ
ている。
「あ!来た!ユウとケイタだ!」
と、うちの子はロープから飛び降りて二人の名前を呼んだ
が、二人は気付かず、さーーっと走り去ってしまった。一
人は駆け足のくせに、ものすごく速い。一生懸命自転車で
追いかけて追いつくと、二人は、
「ユータいたのか。オレたち、これから、ユータの家に迎
えに行くところだったんだ。」
と笑う。ユウくんは学童が休みの日に何回も家に来ている
ので家を知っているのだ。
 結局、それから別の公園に移動し、私も少し様子を見て
いたのだが、その公園に、別の学童の友達も現れ、さらに、
公園の近所に住んでいる仲良しも現れ、5人も子供たちが
集まって遊び始めたので、「3時に迎えに来る」と言って
引き上げた。
 しかし・・・土曜日まで遊ぶんかい!お稽古や勉強ばか
りしている子もたくさんいるというのに、うちの子はこち
ら側かあ、と、頼もしいような、心配なような。
[PR]
by akira_dai | 2010-12-11 23:16 | Comments(0)

ネットの怖さを痛感

 今日、海老蔵さんを殴った男性が逮捕された。それ自体は
酔っ払い同士のけんかだし、ニュースにすることでもないよ
うな気もするのだが、ちょっと前からネットでは、彼の出身
学校、本名、すべてが流れており、少なくとも本名が本当だ
ったので、今さらながらネットの情報の速さにぞっとしてし
まった。
 ネットでは色々な情報が流れる。それが全部本当は限らな
い。もしや、テレビよりも怖いかもしれない。これだけ情報
が氾濫していて、誰もがアクセスできる時代になった今、自
分たちで情報を選択し、自分たちで真偽を考え、慎重に情報
を扱わなければならないと思う。
 殊に、好奇心本位の情報は要注意だな。
[PR]
by akira_dai | 2010-12-10 20:43 | Comments(0)

けち国家

 新聞を読んでいると、「XX費、削減」の文字ばかり。何て
ケチな国なんだろう、と本当に嫌になる。出産や育児やビジ
ネスに投資もしないで、将来何ら収入が得られるわけなし、
それで財源がないから、と削減ばっかり。で、何に使うの?
と本当に呆れる。教育や福祉を削ってどうするんだ?
 で、その隣のページを読むと、お隣の韓国や中国は、教育
にはもちろん国が力を入れているが、最新の電気自動車用バ
ッテリの開発に国をあげて力を入れており、関連会社に何兆
円もの援助をしているのだ。それで、日本は技術はずばぬけ
て高いのに、物量や納期でかなわず、商品化のフェーズで負
けてしまうという。既にN産車のバッテリは中国製採用に決
まったらしい。何だよ、それ。
 日本の政府は、少子化はそのままでよしとして出産や育児
のための環境を整えない。保育園は相変わらず増えないし、
小学校の学童も昔どおりの仕組みで、フルタイムではとても
働きにくい状況。ビジネスの方に目を向ければ、民間のこと
は企業にお任せで一切援助をせず法人税ばかりとるものばか
ら、企業はどんどん海外に進出してしまう。それでも、国を
あげて新技術を開発する新興国にかなわない。農業は農業で
古い減反制度はそのまま、しかも、ばらまきをするものだか
ら、真面目に農業をしている人に土地を貸していた地主たち
が、農業もしないくせに、土地があれば補助金がもらえる、
と、土地の貸しはがしを始めている。真面目に農産物を生産
している人たちが困っているし、もちろん、自給率も下がる。
補助金によるモラルハザードである。一方で、各地で、広い
国有地を中国に売るという問題も起こっているし、どうする
よ、と、子供の将来を悲観してしまう。
 ノープランの官僚が悪いと思いながら政治家を見てみれば、
国内の権力争いばかりで外交プランなしで、この危機的状況。
その状況の中で中国大使館の接待でゴルフだって。こんな国
あり?他の国はちゃくちゃくと計画して進めているぞ。国の
利益を求めるという意味では中国という国は正しいよなあ。
 と、悲観ばかりしてると、ろくなことがないので、せめて
我が家の小さいところだけでも平和に最善を尽くしていこう、
と、寂し~く思う。中国語、習おうかな!
[PR]
by akira_dai | 2010-12-09 20:53 | Comments(2)

進路ねえ・・・

 今通っている小学校はレベルが低いし、進む中学は荒れてるし、
受験させる人がほとんどだ、という噂を聞いて、ちょっと心配に
なる。何というか、それが確かだとしても、果たして中学から私
立に入れて、ある程度の粒ぞろいの中にどっぷりつかって、その
まま社会に出ていいものか、という悩み、心配である。
 確かに、私が通っていた学区と比べると、ここは田舎のせいか、
レベルが低いとは感じるけれど、公立の良いところは色々なタイ
プ、色々な家庭、色々な個性の子供が集まっているところだと思
うし、そういう広い付き合いが出来るのは中学までだと思ってい
るし、それがとても大事なことだと思っているので、中学から私
立や一貫校に進学すべき、と決めるのもちょっと・・・と。
 しかし、確かに、教育熱心な家は、一年生にして既に水泳のバ
タフライも終了し、3年からは塾に専念予定という雰囲気。小学
校が頼りにならないせいか、そういう子供が多い。当然、うちの
子は落ちこぼれなわけで、親としては、それはそれで心配だ。
 「どうするよ。」
と、同じくのんびりタイプのママと話しながら悩みながら、結局
面倒くさくなって、来年考えよう、と思った私です。
[PR]
by akira_dai | 2010-12-08 20:46 | Comments(0)

最後の失業認定

 長かったー。今日が最後の失業認定、最後の失業手当
支給だ。リストラされて、もうすぐ一年経つんだなあ、
と感慨深い。元の収入が良かったから、失業手当も最高
額でかなり助かっていたけれど、これからは収入無し。
厳しー。
 内職は幾つか入っているけれど、それも定期的な収入
じゃないし、やっぱりフルタイムで働きたいんだけど、
子供がこれじゃあなあ・・・と、まだ手のかかる子供を
横目に、こっそり求人情報を検索している私です。
二年後くらいに良い仕事が入ってくるといいんだけど!
[PR]
by akira_dai | 2010-12-07 17:38 | Comments(0)

子供が嫌いだから?

 子供の友達で一人、周りから、
「お前は来るな」
「入れてやらない」
と攻撃されがちな子がいる。というと、いじめみたいだが、
いじめまでは至っておらず、どうも、その子にもひと癖あ
るらしく、うちの子も、
「嫌な時がある」
と言っている。
 その子は家にもよく遊びに来るので、近所のママに、
「よく遊びに来てるよ」と話したら、
「えらいね。うちは、あの子は絶対に呼ばないの。手が
かかって大変だから。」
と言われた。まあ、確かに面倒くさいけれど、他の子と
比べて、そこまで大変だとまでは思っていなかった。ち
なみに、もう一人、よく来る子がいるのだが、その子も
「すぐに泣くから、家には入れないの」
ということだった。確かによく泣くけれど、私は特にフ
ォローするわけでもないのいで、家に入れないと決意す
るほど面倒と思ったことがない。
 子供が嫌いな私がどうして他のママと見解が違うのだ
ろうと思っていたのだが、どうも、子供が嫌いだからこ
そ、手のかかる子もかからない子も皆、同じで、つまり、
同じように好きじゃないから、区別しないで済むのかな、
という気がしてきた。あらゆる子供というものに全く期
待していない私。おかげで、我が子にもそんなに期待し
ていないのか、他のママに比べてのんびりしている。
「うちの子は、あれも出来ない、これも出来ない」
とママたちが愚痴愚痴言っているところで、
「うちも出来ないよー」
と言いながら、まあ、そんなものだろう、と、どこかで
あきらめているところがある。
 子供が嫌いな他に、実は自分自身がかなりの遅咲きで、
決して優秀な子供ではなく、あれも出来ない、これも出
来ない子供だった。だから我が子もそんなものだろう、
とどこかであきらめているのかな。
 まあ、子供嫌いなおかげで、子供たちを差別しないで
済むという意外なメリットを見つけた私です。
[PR]
by akira_dai | 2010-12-03 23:28 | Comments(0)

もう師走?!

 年をとればとるほど時間が経つのが速いのは嫌なくらい
わかっているのだが、今日から師走だよ・・・早くも退職
してから一年経とうとしている!何だろ、この速さ。
「少年老い易く学成り難し」というが、本当に、若いうち
に勉強(色々な意味で)しておかないと、どんどん年とっ
て爺ちゃん、婆ちゃんになっちゃうよな~。
 ・・・なんて思いながら、退職した途端、燃え尽きたよ
うに、英語の勉強も、新しい技術の勉強も、何もする気が
起きず、結局、私って、本当は勉強嫌いなんだよね、と思
ったり。それとも、年をとると根気がなくなるのか?
 まあ、それでも、忙しい毎日の中、ちょっと立ち止まっ
て、これじゃ、いかん!と思った時に、ほんの少しでも目
標ができれば結構なことだ。もうすぐ今年は終わってしま
うけれど、今年中に終わらせたいことと、来年の大きな目
標をたてて、がんばりたいものだね~。
 で、今年中の目標は、やっぱり片づけかな。退職してか
ら、色々大物を廃棄したものの、まだまだ片付かない我が
家。片づけて、年末の掃除に備えたい、と思っています。
 
[PR]
by akira_dai | 2010-12-01 23:52 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。