<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良い先生のクラス

 今日は授業参観だった。友達と一緒に下校している息子
を自転車で追い越すと、ユータ、ユータ!と、あちらこち
らから息子を呼ぶ声が聞こえてきて、何だか嬉しくなった。
思えば、息子のクラスは皆、仲良しでまとまっている。だ
から多人数で遊ぶことも多い。先生のおかげだな、と思う。
良い先生はクラスをまとめる。
 いつも、5、6年の先生の話しに偏ってしまうが、3年
の時、トラブルがあって、途中、長いこと教頭先生に受け
持ってもらったことがあった。その時、子供ながらに、
(さすが!教頭先生!)と思ったものだ。クラスはよく
まとまり、毎日楽しく、もしかして、あれが私の初恋だっ
たのでは?と思うくらい、私は教頭先生が大好きだった。
 3年になってクラス替えがあってすぐに担任になった先
生は女の先生で、声の小さい痩せた先生だった。腰まで伸
びた真っ黒な髪を後ろでいつも結んでいて、何を言ってい
るのかよくわからないことも多かった。
 私は春休みの終わりに風疹に罹ったので、新学期早々に
お休みし、そのせいで新しいクラスは不安とともにスター
トし、新しい教科書もなかなか来なくて、長いこと隣の友
達に教科書を見せてもらっていたが、それに何の不思議も
感じていなかった。
 当時の友達によると、先生は、何回も何回も、教科書の
同じ部分を繰り返し子供たちに読ませていたという。しか
し、それよりも有名だったのは、帰りの会で、必ず、当時
流行中だった「およげ、たいやきくん」を全員に歌わせる
のだった。しかも、カーテンを全部閉めて教室を真っ暗に
して。しかし、子供だった私は、それをおかしいとも思っ
ていなかったし、クラスの同級生たちも、皆で喜んで歌っ
ていたのだ。
 しばらくして、先生は学校に来なくなる。代わりに教頭
先生が授業をするようになった。今でも覚えているが、教
頭先生が一番最初にやってきた日、先生は、
「掃除をしよう。皆で教室をピカピカにしよう!」
と言って、掃除当番だけでなく、クラス全員で掃除をし、
普段はかけないワックスまでかけ、その後、机を後ろに下
げたまま、クラス全員で教頭先生を囲んで床に直接、座り、
「床がこんなにキレイになった!」
と喜び合った。先生は冗談で、
「なめてもいいくらい、キレイだぞ!」
と私たちを褒めてくれた。クラス替え早々、病気の先生
に受け持たれて暗い雰囲気だった子供たちを励まそうと
一生懸命だったのかもしれない。
 後で、学校に来なくなった先生が精神的な病気だった
こと、沖縄の実家で入院したこと、などを、何と新聞で
知った。新聞には、「およげ、たいやきくん」のことが
ひどく大きな問題のように書かれていて、私たちは楽し
く歌っているところもあったので、ちょっと不思議な気
がしたものだ。
 教頭先生が来てから、クラスは活気を取り戻し、みる
みる団結し、放課後は男子も女子も一緒に遊ぶようにな
った。近所の公園で毎日、ドッヂボール。ただし、5時
まで。というのは、当時、誰もが好きだったアニメ、
「エースをねらえ!」の再放送が5時半からで、男子ま
でもが、
「エースをねらえ!の時間だから帰る!」
と帰ってしまうのだった。毎日、毎日、私たちは公園で
ドッヂボールをしていた。
 そして、あれは、三学期だったのだろうか。新任の女
の先生がやってきた。私にとっては可も無く不可も無い
普通の先生だったが、(どうせなら最後まで教頭先生
にもってほしかった。)と思ったものだ。ついこの前ま
では自分の教室の前で授業をして、体育で一緒に走り回
って、一緒に笑ってくれる、私たちのクラスの先生だっ
たのに、今は朝礼台の横で真面目な顔をして立っている、
皆の教頭先生になたてしまった。それが私は寂しかった。
 さて、後日談だが、その新任の女の先生は、私の妹が
6年の時に担任になった。担任になった途端、前任者で
ある、5年の時の先生の悪口を言って、生徒たちから、
総すかんとなり、学級崩壊。妹たちは授業を妨害し、
「出て行きなさい」
と言われれば、全員で校庭に出て行って遊び、中には、
授業中だというのに喫茶店でお茶をしていた女子もいた
という・・・当時は学級崩壊なんて言葉はなかったけれ
ど、妹のクラスはその走りだったのね。
 だから、というわけではないが、彼女の印象は私には
薄い。子供にとって印象の薄い先生とは、もしかしたら
あまり良い先生とは言えないのかもしれない。良い先生
は印象的で、思い出が多く、クラスはまとまる。
 息子の担任の先生が良い先生で本当に良かったな、と
感謝している。
[PR]
by akira_dai | 2012-01-19 16:17 | Comments(0)

義援金はどこへ?

 マスコミは一時期だけ騒いで、あとは、まるで問題が
なくなったかのように沈黙するが、ちょっと前、
「地震の義援金の配布が出来ていない」
という問題があった。何でも、手続きを行う役所自体が
被災しているとか、そのため、被災者の人数が把握でき
ない、とか、公平に配る算段が出来ない、とか、何とか
様々な理由が挙げられていた気がするが、あれはどうな
ったんだろう。
 なんて言いながら、私もすっかりそのことは忘れてい
た。被災者以外の人々にとって、震災が過去のものにな
りつつある。原発の状況が時々アップデートされるが、
何だかもう慣れてしまって、また、東電の発表も信用で
きないこともあって、危険な状況の割りには新鮮味が無
い。ちなみに、原発、「冷温停止」の意味がわからない。
メルトダウンして「冷温停止」って何だ?定義をしっか
り教えてください、という感じだ。停止なら地震当日に
したではないか。
 話しがそれたが、ちょっと前、NHKで、被災地の港
で船を手に入れるのに奮闘しているわかめ養殖者たちの
ことを報道していた。復興にはとにかく仕事だ。全てを
失ったが船さえあれば、わかめを育てられる。仕事が出
来る。仕事が出来れば収入が得られるし、復興の足がか
りが出来るというものだ。
 ところが、船が無い。船を買うお金も無い。ネットで
中古の船を探すが、そういうニーズを知っているのか、
ほとんどの船がバイヤーにおさえられており、購入が難
しい。
「船さえあれば。一艘でいい。ボロでもいい。」
との一念で、やっと一艘見つけたが、300万円もして
手が出ない。
 ここで、私は、義援金のことを思い出したのである。
こういうのこそ義援金から出すべきではないか?集まっ
た義援金の金額から見れば300万は小さい金だ。あの
お金は個人にばらまかれてしまったのかしら?あるいは、
国の予算からでもいい。中国のODAなんかに出すより
は、船を買え、船を!
 で、結局、彼らは海外のNPO法人に泣きついてお金
を借りた。船が手に入れられて、仕事を始められて、良
かった!という結末にはホッとしたけれど、国内でお金
を何とか出来なかったことが情けない。
 義援金と、ちょっとした国の予算を使えば、個人に数
万円配ったとしても、各港に、船を一艘や二艘買うのは
そんなに難しいことではないのではないか?
 津波に合った村のほとんどは漁港だ。1人1人に公平
に分配とか言わず、その村に一艘でも船を買ってやって
共有して仕事が出来る足掛かりにすればいいのでは、と
感じる。村によってはトラックの方が良いのかもしれな
いが、仕事の種になるようなものを贈ってあげることが
長い目で見たときに一番の支援になると思うのだ。
 数万円のお金はすぐに消える。稼げる仕事で使える機
材は数年間は使えるし、仕事でお金が入れば、機材を増
やせる。何より、働くことで、人は活気づき、元気が出
る。
 あの義援金はどうなったんだろう・・・消費税が上が
ったら、各漁港は船を買ってもらえるのだろうか。可能
性は限りなく0に近い気がして悲しい・・・
[PR]
by akira_dai | 2012-01-18 23:55 | Comments(0)

小学生時代の協力

 毎日、「昼休みに誰と遊んだの?」と息子にきいている。
今日は
「新聞を作らないといけないから遊ばなかった」
と言う息子。彼は新聞係なのだ。何でも、昼休み中の時間
をかけて、彼いわく、「やばい話し」を書いたそうだ。ハ
ナクソとか爆弾とか、汚いものや危ないものがたくさん出
てくるお話だそうで、今週、授業参観をひかえた母は頭が
痛い。
 息子は続ける。
「明日も新聞作るんだ。ヒロヤの分が書けてないから手伝
わなくちゃ。」
ヒロヤ君はひどいアレルギーで体が弱く、夏も長袖、給食
はお弁当。それが原因なのかどうかわからないが、友達付
き合いも上手ではない。うちの子は学童も含めて、クラス
のほぼ全男子と放課後や土日に遊んだことがあるが、ヒロ
ヤ君は、一度も遊んだことがない唯一のクラスメートであ
る。
 よく一緒の班になるのだが、給食の時など、何もしてい
ないのに、
「オレは仲間はずれだから」
と言って、自分から机を離してしまうのだと言う。そんな彼
を女子は、「気持ち悪い」「うざい」と嫌がっており、隣に
なると、露骨に嫌な顔をする女子も少なくない。
「あまり無理矢理、自分の意見を押し付けないで、ヒロヤ君
の希望をききながら手伝いなさいよ。」と言うと、
「もちろんだよ。」と言って、息子は出て行った。
 ヒロヤ君みたいな、と言っては悪いが、昔は、クラスに一
人、必ず、「困った君」がいたものだ。5年の時、我がクラス
にも、村田君という、学年でも有名な「困った君」がいた。当
時はお風呂のついていない公団やアパートが多く、彼の家も風
呂がないのか、いつもひどい悪臭を放っていた。ハミガキもし
ていないから歯が抜けてしまって、残っている歯も黄色くて、
髪もぼさぼさで爪も伸びっぱなし。ぎょうちゅう検査も毎回、
ひっかかる。そんなだから、忘れものも多くて勉強も遅れてい
て、しょっちゅう、他の男子にちょっかいを出されて泣いてい
た。また、そういうのに限って運動神経も鈍かったりする。彼
の母親は保険外交員で、昼間はいないし、毎日、深夜のタクシ
ー帰りだったから、ご飯も十分でなかったのかもしれない。
 で、ある時、そんな彼と私は一緒の班になった。もちろん、
嫌だった。当時は何かと班で何かを作ったり、漢字テストの
得点を班どうしで競ったり、しかし、彼一人が出来ないせいで
いつも、うちの班はビリだったのだ。おかげで、いつのまにか
「ボロ班」と他の班から呼ばれるようになり、さんざんバカに
され、憂鬱な毎日だった。先生に何とかしてほしかったが、今
思えば、先生はわざと、私たちのために、彼に班やクラスの一
員として頑張ってもらうために、放っておいたのだと思う。
 班の女子メンバーは割としっかり者が多く、特に、班長の早
紀ちゃんは、常に学級委員長をつとめるくらいのリーダーだっ
たので、早速、「土日に班で勉強しよう」と提案してくれた。
 毎週行われる漢字テストの猛勉強が始まった。土日になると、
誰かの家に集まり、村田君を囲み、漢字の特訓。途中、お昼を
食べて、また特訓。(村田君以外の男子はふざけて遊んでいた
気がするけれど)正直、私も退屈で辛かったけれど、とにかく
ボロ班返上のために皆で頑張った。
 そして、見事、次の週の漢字テストで村田君も満点をとり、
私たちはボロ班を返上、先生に大いに評価されたのだった。
一生、忘れられない思い出。あの村田君がちゃんと頑張って、
ちゃんと満点をとってくれた。当時の私にとっては、ありえ
ない、信じられない奇跡が起きたのである。
 こういう体験は何事にも変えられない。また、小学校でしか
体験出来ないことだ。息子も、誰かを手伝ったり、誰かに手伝
ってもらったりしながら、時にはトラブルもあるだろうが、今
しか体験できない協力関係を築いてほしいと思う。
[PR]
by akira_dai | 2012-01-17 23:52 | Comments(2)

適応力?

 クレーマーが騒いでから早くも9カ月経ち、新学期の
最初は、正規の登校班で全員一緒に登校しないといけな
いので、元の班で大人数で登校している。もちろん、ク
レーマーの息子も一緒である。それはいいのだが、うち
の子は、
「人数が多すぎて、友達と喋れない雰囲気が嫌だ。遊べ
ないのも嫌だ。前の班のがいい。」
とブツブツ言っている。
 息子と友達と2人で、クレーマーの子に何回か蹴りを
入れたことがあり(息子には息子なりの理由があったの
だが)、「班を分けてほしい」という、あちらの希望で
2つの班に分かれて、その時は、息子が状況を把握した
途端、オイオイ泣いて、
「オレは謝ったし、あいつは許してくれたのに、どうし
て班を分けるんだよ!大人が決めるなんておかしい!」
と抗議していたのだが、今は、
「少人数で、友達と一年生とお兄ちゃんたちと行くのが
いい。今の班だと、妙に、しーん、としていて話せる雰
囲気じゃない。」
と言って元の班に戻るのを嫌がっている。同じこととい
えば、
「大人が勝手に決めるのが嫌なんだよ!」
という抗議。なるほど。それはそうかもしれない。でも
登校班は学校の決まりだ。が、クレーマーの希望で、班
があれこれ変更になるのはおかしい、と思う。しかし、
それも、一応、こっちが悪いのだから、おかしい、とは
言えないのだ。
 それにしても、子供というのは、忘れやすいというか、
適応力がある、というか、単純というか、最初は、嫌だ
といっていても、慣れると大丈夫になるものだな、と思
う。たぶん、元の班でも登校を続ければ慣れていくだろ
う、とは思うのだが、幸か不幸か、班長さんによると、
「来週からは、また、班を2つに分けます」
ということだ。ちょっとホッとした。
 そういえば、クレーマーから電話があった時、
「うちは登校の時に、遊ぶのは嫌だ、って言ってます。」
と言っていた。遊びに無理矢理誘われたり、遊びでトラ
ブルがあると喧嘩になったりするのが耐えられない、と
言う。(そんなことは子供どうし、登校班でなくても、
あるでしょう)と思いながら私が黙っていると、息子は、
「嫌なら、嫌だ、って本人が言えば?」
と冷めたコメント。私が言ってはいけないが面白い。
 今の班は、真面目な子が多いから誰もしゃべらないの
かな?遊ばないのかな?それは正しく良いことだ。息子
はそれが息苦しい。来週からは、また、リラックスして、
仲良しメンバーで和気あいあい、時には喧嘩もしながら、
仲良く登校出来るといいな、と思っている。
[PR]
by akira_dai | 2012-01-12 08:31 | Comments(0)

頼りの友達?

 新学期が始まったら、受験に備えて本格的な塾に通う
子が増えた。おとなしい、付き合いやすい子供たちにそ
ういう傾向があり、やんちゃな仲間と遊んで泣かされて、
疲れると、そちらの、「おとなしいメンバー」と遊んで
いた息子は逃げ場がなくなった。
 昨日、クラスのリーダー、ケイタに、
「お前は遊びに来るな」
と拒否され、同じクラスの別の友達を誘ったら、
「今日は塾」
と断られ、落ち込んで帰ってきた息子が、突然、
「イクヤと遊びたい」
と言いだした。保育園時代の友達で、今は隣のクラス
である。イクヤは普段は学童だが、今年度はママが育
児休暇なので放課後遊ぶことが出来るのだ。
 早速、イクヤ君のママにメールすると、
「同じクラスの子と約束しているけれど、良かったら
一緒にどうぞ、と言ってるよ。」
と言ってくれた。
 最初は、「家でゲームしないと嫌だ」とごねていた
息子だが、私が背中をちょっと押してやると、しぶし
ぶ、イクヤ君のところへ出かけて行った。
 結局、隣のクラスの友達4人と、公園でドッヂボー
ルをして遊んだそうだ。行く時は不機嫌だったのに、
帰ってきたら笑顔になっていた。4人の中の誰かが
4月から同じクラスになるかもしれないし、良かっ
たね、と思っていたら、
「イクヤが明日は2人で家で遊びたい、って!」
と言う。
 保育園時代からの仲良しだし、お互い、何も気遣
わず、ゆるりと出来るのかな、と、面白く感じたの
だった。
[PR]
by akira_dai | 2012-01-11 23:03 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。