地井さん、さようなら

 「ちぃ散歩」が人気だった地井さんが亡くなってしまった。
番組への復帰を信じていただけに残念だし悲しい。
 高校の時、私は地井さんを間近に目にしたことがある。友
達の葬儀でのことだった。
 高校時代、毎年のように、小学校時代の同級生の葬式があ
り、その友達が亡くなったという訃報を受け取った時には、
(え?また?!)という感じで、正直、うんざり気分だった。
 その前の年に、同じクラスで私立の名門中に進学した男子
が変死していて葬儀に参列していたし、さらに、その前の年
には、隣のクラス、1組の男子が骨肉腫で亡くなっていた。
そして3年目、今度は3組の男子の葬式である。ある意味、
そういった葬式が続いたおかげで、毎年同窓会のようになり、
クラスの団結がより深まったのかもしれないが、こんなに、
10代で同級生が亡くなる年代があるものだろうか。
 葬式に参列した小学校時代の恩師は、
「嫌な年です、本当に」
と悲しんでいたし、4組の連中は、
「次は俺たちのクラスで誰か死ぬな」
と、大真面目に怖がっていたものだ。
 そんな騒ぎの中、私は家がすぐ近所だったし、今まで亡
くなった男子の中でも、最も近い存在だった彼の葬儀に、
すぐに駆けつけた。既に亡くなった2人の男子とはほとん
ど口もきいたことがないが、彼は、同じクラスになったこ
とも無いのに、中学時代に、よくまあ、私をからかいに
教室に現れ、階段で、理科室で、音楽室で、時には下校の
帰り道、ちょこちょこと隠れながら、友達と一緒にくだら
ないことを言ってからかいながら、やたら関わってきた子
なのである。今思えば、「AKIRAをからかう会」があった
のでは?と思うような一団のうちの一人で、彼は最も、新
入りだった。
 自宅での葬儀だったので、玄関を入ってすぐの小さな祭
壇に手を合わせて、やりきれない気持ちで外で友達と話し
ていると、そこに、地井さんが出てきた。
 当時、地井さんは「太陽にほえろ!」に刑事役で出演し
ており、まさに、ドラマのオープニングで決めポーズを
決めた時のような精悍さで、きりりと登場した。風が吹い
てきたような、一瞬、時間が止まったような、ある種のオ
ーラがあった。
 3年連続の友達の葬式で落胆と恐怖を感じていた私は、
一瞬、そういった感情が全部吹き飛んで、「無」になっ
てしまった。(テレビに出ている人?なんで?)という、
まったく違う次元に思いが飛んでしまったというか。
 地井さんは、しかめ面で、やりきれないような表情で、
外の空気をちょっと吸っただけで、私が驚いた顔で見て
いるのに気づいた、、ような気がした。それで、出てき
てすぐに、また、玄関の向こうに引っこんでしまった。
(自分より若い、10代の親戚が亡くなってしまって
私以上に、嫌になっちゃう、という気分なんだろうな)
と感じたけれど、祭壇のわきで、小さく背中を丸めて
泣いていたお母さんの姿を思い出して、(あんなに
頼もしい地井さんがついていてくれるなら、大丈夫
かな。)と、少しホッとしたものだ。
 あれから25年以上経って、昔、俳優に専念していた
時以上に人気が高くなった地井さん。「ちぃ散歩」で、
あの時の、しかめ面とは違う楽しそうな地井さんを見る
のが嬉しかった。楽しかった。
 同級生の死から28年、とうとう、地井さんも逝って
しまった。とても寂しい。どんなに元気で頼りがいがあ
った人も、年老いて逝ってしまう。当時、感じた恐怖よ
りも寂しさが先に立つ。
 天国で、先に旅立った同級生に迎えられて、楽しく、
お散歩を続けられるといいな、と、同級生と一緒に過ご
した子供の時のような気持ちで思う。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-30 23:57 | Comments(0)

今も昔もありがとう

 このブログを読んでいる大半の方はご存知のように、私は
学生時代、学科で紅一点で、そのおかげで、良いことも、悪
いこともあったけれど、概ね、良いことの方が多く、特に、
同じ学科の友達にはとっても感謝している。
 サークルや別の集まりとは違って、学科というグループは
抜けたり、さぼったりするわけにはいかないし、参加必須、
一日中、一緒に過ごす時間が最も長い。そこの居心地が悪か
ったり、そこで何らかのトラブル(恋愛含む)があれば、
学校に通えなくなるほどの打撃があったはずなのだが、幸い、
同じ学科の男友達は、皆、適度な距離感、適度な優しさ、適
度な連帯感で、とても自然に接してくれた。
 80人程のクラスの中に、いくつかのグループがあり、そ
のグループ同士も、試験前や大きなイベント(って合コンと
か?)の前には、協力しあったり、緩く団結したり、不思議
な情報交換もあったりして、(男子のグループのバランスと
いうのは面白いものだなあ)と感じたものだ。
 入学した時も、卒業した時も、何人かの教授から、
「女性一人でどうですか?困ったことはないですか?」
「良いことと悪いことと、どちらが多かったですか?」
と気にかけていただいて、これもまたありがたかったが、
「大丈夫です。」と答えると、一人の教授は、
「女の子が一人だと、みんな、大事にしてくれるんだよ。」
と、笑いもせず、真剣に頷いていた。
 当時は、特に大事にしてくれている、とも思わなかった
けれど、どのグループのメンバーも、近すぎず遠すぎず、
いつも入りやすい雰囲気で、自然に接してくれたことは
本当にありがたい。学科での旅行も、グループの集まりも、
私だけを外して、ということはしないで、必ず声をかけて
くれた。(もちろん、合コンは除く)誕生日に有志でプレ
ゼントをくれたこともあって、そのカードには、ほとんど
の同級生の名前があって、嬉しいよりもい申し訳ない気持
ちがしたものだ。
 前置きはともかく、そんな友達が、Facebookに勢ぞろ
いしていて、私が育児のことでブツブツ愚痴を書いていた
ら、とあるグループのメンバーが、
「大丈夫?俺達、年に何回か飲んでるから、今度、誘うよ。
気晴らしにおいでよ。次回から声をかけるね。」
と言ってくれた。久々に思い出す、この距離感。普段は、
全然一緒にいない、挨拶を交わすくらいの関わりなのだが、
試験で落第しそうになった時、体調が悪くて元気が無い時、
逆に調子に乗って遊びまわっている時、などには、
「AKIRA~、大丈夫かよ?!」
と、一人一人が声をかけてくれるような、そんな関係だ。
このグループに関わらず、本当に、学科のほとんどのメン
バーが、そんな風に接してくれたのだ。
 「そうだね、ぜひぜひ」と連絡をとりあっていたところ
に例の地震があり、あっという間に、そのまま一年、経っ
てしまった。昨年は集まれなかったのかもしれない。
それが、ここにきて、具体的に話しが進み、ついに、Face
bookではなく、メールで幹事が連絡を入れてくれた。前に
Facebookのメッセージで連絡をくれた友達とは、また別
の友達だ。
 不安障害は別として、学生気分で、ふんふん、いついつね、
と、チェックをしていて、最後の最後、出欠席をついに決断
するところで気がつく。パパの会社の帰りを待って、子供を
あずけて、それから出かけるとしたら・・・遅くなっちゃう
じゃん!しかも、水曜日だし、新橋だし・・・とても無理。
 そうか、私は女だもんな、子供がいるんだもんな、会社か
ら、そのまま、フラッと飲みに・・・というわけにはいかな
いんだな、と、学生時代の時とは違う、男との差を実感・・。
 というわけで、「新橋、水曜日、無理だー」というような
返事を軽くしたら、幹事が気にかけてくれて、場所はどこが
良かったんだろう、どこに住んでいるんだろう、と、気にか
けてくれた。これがまた嬉しくて、何回か、子供のことや、
体調がちょっと悪いことや、連絡を交わしたのだが、
「これから毎回、誘うよ!」
と嬉しいお言葉。
 みんな、とっても活躍している。頼もしいパパになってい
る。それも嬉しい。そして、卒業の時も思ったけれど、今に
なって改めて、本当に皆ありがとう!!と、長らく会ってい
ない、同じ学科の友達の顔を、出来るだけ、たくさん、思い
出して感謝するのだった。活躍を祈ってるぞ~。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-25 23:01 | Comments(2)

 今日は土曜日の授業参観。父親ターゲットといってもいい。
子供たちは、そのために、いつもは休みなのに、土曜日に登
校する。もちろん代休なんてものは無い。
 1時間目はコース別の算数授業で、聞いていたはいたが、
やはりメンバーは教育ママグループの子供たち。これは場違
いな・・・と思いながら、息子を見ると、真ん中あたりで、
ボーーーッ・・・(ちゃんとノートとってるんかい!)と、
帰ってきて確認したら、汚い字ながら、しっかり、とってい
た。不思議だなあ。
 そして2時間目以降は各クラスに戻って、道徳と書道の授
業。現在、席は、くじで早い番号を引いた順に好きな席に座
って良いそうだ。一番後ろは、同じ保育園出身の息子とコウ
タ、そして、別の保育園出身のマサル。まったく、こいつら、
やる気ないな、と一目でわかる。コウタは書道の時間に、無
心に、半紙の上に線を引いていたら、真っ黒になってしまい、
同級生たちから、
「コウタの半紙、塗りつぶされている!!」
と注目を浴びていた。それでも、まだ無心に真っ黒に塗り続
けるコウタ。芸術か?
 そんな中、ひときわ輝いて見えたのは、やはり、同じ保育
園出身のアカネちゃん。同じ小学校に進んだ唯一の女の子な
ので、普段、あまり話題にのぼらないが、今、同じクラスな
のだ。ちなみに、アカネちゃんは、息子が生まれて初めて、
「ユータ君と結婚したい」
と言ってくれた女の子。しっかり者だから、本当に結婚して
面倒を見てほしいよ・・と思っていることは秘密。
 そのアカネちゃんが、道徳の時間に発言するする。
「この時、『僕』はどう思ったのかな?」
と先生が問うと、
「はい、はい!」
と手を挙げて、ビシッと答え、
「他に無いかな?」
と先生が問うと、また「はいはい!」と手を挙げ、そんな調
子で40分の道徳の授業の間に、5、6回は連続発言をして
いた。先生が苦笑しながら、
「何だか、今日は、アカネさんばっかり手を挙げて、発言し
ていますけど~・・・では、また、アカネさん、どうぞ。」
なんて言っていた。
 アカネちゃんは保育園時代から、女の子の中でもかなりしっ
かりしており、自転車の補助輪がとれたのも一番、逆上がり
が出来るようになったのも一番、給食のおかわりも一番(?)、
何かトラブルがあれば先生にしっかり報告し、(すごいな、
将来、委員長だな)と思っていた。
 ところが、小学校に入って初めての授業参観の時、ママが、
「何か、うちの子、想像と全然違った。授業中、机にうっつ
ぷして、ダラーンとしてるのよ!」
と心配しており、私もそれは意外で、当時、
「アカネちゃんって、はいはい!って挙手とかすごくしそう
なのにね。」
と驚いたものだ。それがついにアカネちゃん復活。今日は、
はいはいはい!と大変元気。
 「さすが、アカネちゃんだな!」
と幼い時から知っているパパも感心。私が、
「本領発揮だね。1年の時は机にふせちゃって、全然、発言
とかしなかったんだってよ。学校に慣れたのかな?」
と言うと、横から息子が、
「アカネ、いつもは、そうなんだよ。」
とにやにや。
「は?いつもは今日と違うの?」
「そうだよ。いつもはほとんど手なんか挙げないし、発言も
しないし、机にべたーってなってる時もあるんだよ。今日は
授業参観だからはりきったんだよ。ふふふ。」
 それを聞いて、パパも私も大爆笑。アカネちゃん、その、
わかりやすさ、いいね!そう思って、思い出すと、確かに、
不自然なくらい、挙手の回数や発言が多く、(それは、やり
すぎでは・・・)とも思えてくる。何だかカワイイ。
赤ちゃんの時から知っているお友達、皆、もっともっと頑張
ってね!
[PR]
by akira_dai | 2012-06-23 23:35 | Comments(0)

保育園友達、個性的

 保育園出身の子供の中には問題児、いや、個性的で学年
中に名の知れている子が多い。うちの子の噂については直
接のクレーム以外に耳に入らないから知らないが、同じ保
育園からきたコウタ君は、入学当初から授業妨害ですっか
り有名になり、今は同じクラスで、相変わらずはじけてい
る。他の保育園の出身だが、昨年同じクラスで最も悪ガキ
だったマサル君も落ち着いてきたとはいえ相変わらず活発。
「ユータはコウタ君やマサル君とも何とかうまくやるから、
どちらかと同じクラスになるね。絶対に。」
とパパと話していたら、2人とも同じクラスである。ちょ
っとトラブルがあるたびに怒って帰ってくる息子だが、す
ぐに仲直りして、相変わらず、うまくやっている。
 ところで、算数のコース別学習の1回目、「掛け算の
筆算」が無事に終わった。コウタ君はいつも息子にテスト
の結果を見せてくれるのだが、いつも満点で、筆算では、
一番上のクラス「ぐんぐんコース」にいたのだが、今後、
「割り算」では、一番下のクラス「じっくりコース」を
選択したのだという。ちなみに、算数のコースは、単元
ごとに本人の選択で変えられるのだ。
 コウタ君が「ぐんぐん」だと思って、「ぐんぐんコー
ス」を選択した息子はガッカリしたかもしれないが、
家に帰って来てから笑いながら言った。
「コウタのやつ、突然、”ぐんぐん”から”じっくり”
にいっちゃうものだから、先生が、『コウタさん、ぐん
ぐんからじっくりに行っちゃうなんて・・』って驚いて
たよ。」
 先生が絶句していた様子が目に浮かぶ。いつも満点を
とるくせに、そんな選択をする子は一人もいないだろう。
コウタ君は、
「だって、ぐんぐん、大変すぎなんだもーーん」
とコメントしたそうだ。さぼりたいのかな、と、可笑し
く思う。そして、ぐんぐんコースのメンバーを思えば、
親が教育熱心なクレーマー仲間たち、その他は、ノーベ
ル賞をとるのが夢の算数博士ヒロト君、などなどだ。
 ヒロト君の他のメンバーは、いかにも親が
「ぐんぐんにしなさい」
と言いそうな感じ。コウタ君は、そのメンバーと合わな
かったのかもしれないな、と思いつつ、しかし、コウタ
君のママも、「好きにしなさい」という感じで、呆れた
だろうな、と思うと面白い。
 幼稚園出身の子はお行儀が良くて聞きわけも良く、そ
の点は羨ましいが、(この子、面白いな)と思うのは保
育園出身の子が多い。まさしく、他人事だから笑ってい
られるのだが、いいね!保育園出身者!という感じなの
である。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-18 23:13 | Comments(0)

お金の教育か~

 先日、息子が、
「マリオパーティーのゲームソフトが欲しい!」
と、コロコロの裏表紙にある宣伝を見ながら騒ぎだした。
小学校に入るまでは、親の気分で、息子の欲しがる物を
買ったり買わなかったりしていたが、最近は、私が仕事
をしていないこともあり(?)、いや、教育のため!に、
クリスマスや誕生日以外は、概ね、「ダメ」ということ
にしている。(ただし本は別)
 そんな折、たまたま、毎月とっている通信教育の保護
者向けの雑誌のテーマーが、「子供のお金の教育」とい
うことで、じっくり読んでみた。小3ともなれば、そろ
そろお小遣い制にして、子供自身にお金の管理をさせ、
本当に欲しい物を選別させる力をつけさせるべき、とい
うことだ。
 ふむふむ、なるほど。素直な私は頷きながら、次の主
張で悩んだ。
「お小遣いでは買えない高額な物をどうしても買いたい
という時には、お金を稼ぐのがどんなに大変かわからせ
るべき。そのためには、お手伝い、あるいはテストで
100点、など、何かしらの目標を与えるべし。」
というのだ。
 それは一理ある。一理あるが・・・お手伝いと勉強は、
お小遣いを与えなくてもやってほしい。やるのが当たり
前となってほしい。まあ、負担の大きいお手伝いなら、
お小遣いをあげても良いけれど。
 で、じゃあ、お小遣いをあげても良いような、負担の
大きいお手伝いって何?!と私は考える。
風呂をわかす?
それは簡単すぎだ。スイッチを押せば終り。
ご飯を炊く?
それも簡単すぎ。だって、スイッチを押せば終り。
食器の下洗い?
これはなかなかの負担だ。10分くらいかかるし、多少
はあげても良い。
風呂の掃除?
これも30分以上かかるだろうし、力もいるし、腰も痛
くなるから、支払うに値する。
お買いもの?
息子には無理だろうが、もしも一人で食材の買い物に行
ってくれるのであれば、これは、お駄賃をはずんであげ
ても良いと思う。往復するのも荷物を持つのも、なかな
か大変だ。
・・・と、まあ、こんな風に一人で色々考えたのである。
ちなみに、この日記を書き始めるまでは、お手伝いする
たびにお駄賃ね~・・と、悩んでいたのだが、こうして
文字にしてリストアップしてみると、ちょっと、明確
になってくるものだ。
 スイッチで終わるようなものはお駄賃なし。時間のか
かるもの、力がいるもの、面倒くさいもの、は、お駄賃
あり。というような感じ?
 で、タイミング良く、というか、悪くというか、今日
の「ちびまるこちゃん」が、まるこが親友のたまちゃん
に誕生日プレゼントを買うために、せっせとお手伝いを
してお小遣いを貯めるというお話だった。
 息子はこれを見て、すっかりやる気。
「オレも、まるこがたまちゃんにプレゼントを買ったみ
たいに、毎日、お手伝いをしてお金を貯めて、マリオを
買うんだ!」
・・・まるこの買い物は友達のため。息子の買い物は己
のため・・・レベルが低すぎる。それでも、モチベーシ
ョンが上がることは悪いことではない。ちょっと大変な
お手伝いをしてくれた時にはお小遣いをあげるとします
か。でも、マリオパーティーを買うほど貯めるのは、ち
ょっと大変だと思うぞ。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-17 23:57 | Comments(0)

 遊びから帰ってきた息子が、
「も~、ナオキなんか嫌い!」
と言いながら怒って帰ってきた。ナオキ君は、朝の登校で
お世話になっている5年生だ。優しくて穏やかで、よく遊
んでくれるご近所さん。
 今日は、息子は放課後同級生と遊んでいたが、そこに、
ナオキ君が友達1人を連れてやってきた。何となく、一緒
に遊んでいる雰囲気になっていたところ、息子の友達の、
ケンジが、
「お前は入れてないぞ」
とナオキ君に向かって言ったのだという。それからナオキ
君はムッとした顔で無口になり、息子が仲間と一緒に他の
公園に移動したところ、ついてきて、唐突に泥団子を投げ
つけてきて、それが友達のリョウスケのおでこにぶつかり、
何と団子には石が入っていたのだと言う。
 大体、子供は自分に都合の悪いことは言わないものだか
ら、団子をぶつけてきたナオキ君にもそれなりの事情があ
ったのだろう、と聞いていたが、息子はとにかく、自分の
友達が泣かされたことが気に入らない。それで、
「その公園にいた3年生全員で、泥団子をナオキに投げつ
けてやったんだ!」
と誇らしげ。3年生全員とは7人だそうだ。それって、い
くら5年が相手でもひどいのでは?
「でも、あっちは5年で年上のくせに、いきなり石いりの
団子、投げてきたんだぜ。しかも一番小さいリョウスケを
ねらったに決まってるんだ。」
と、かなり、ご立腹の息子。
「ナオキ君も悪いけれど、1人に対して7人で攻撃するの
はやりすぎ。卑怯。」
と話すと、しぶしぶ、息子は、ナオキ君の家へ謝りに出か
けた。
 それにしても・・・7人のうち4人はクレーマー仲間だ。
その4人の中の誰かに石が当たっていたら・・・と思うと
ぞっとする。また電話で大騒ぎ、学校にも訴えて大変なこ
とになった。当たったのがリョウスケ君で良かった、と、
リョウスケ君には悪いけと思ったりして。
 結局、その次の日から子供たちはケロリと仲直り。そう
いう喧嘩があってからの方が、かえって仲良くなったりす
ることもあるものだ。よほどの大けがではない限り、継続
したいじめではない限り、親は騒がない方が良いな、と、
改めて思うのだった。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-13 23:44 | Comments(0)

算数の勉強

 最近、算数は少人数制の授業が流行なようで、息子の学校
でも3年生からはコース別に分かれる。他の学校も分かれて
いるようだから、市がそういう方針なのかもしれない。私た
ちの頃はそんなの無かったなあ。ぼんやりしていた私は小4
まで算数はボーッとしっぱなしで、何を習っているんだから、
さっぱりわかっていなかった。それでも理系に進めるのだし
何とかなるんじゃないの?それよりも、文字の読み書きが出
来ない息子のために、国語をコース別にしておくれ、と思う
母の気持ちはどこにも伝わらず、コースを選択して学校に申
請することに。
 苦手な子の「じっくりコース」。普通に教科書の問題を解
いて進める「しっかりコース」。応用発展問題にも挑戦する
「ぐんぐんコース」の3つに分かれるということで、プレテ
ストが行われ、これが、誰もが満点では?と思うような、本
当にくだらないテストで、もちろん息子も満点で、本人は、
「ぐんぐんコースがいい!」と言ったが、
「お前は字が汚いし、たるんでるから、しっかりコースにし
なさい。」
と、無理矢理、しっかりコースにさせてしまった。
 そして、いざ、授業が始まってみたら、「しっかりコース」
はAとBに分かれて、うちの息子はA。Bより人数が少ない
そうだ。息子によると、しっかりAの子たちの中にもなかな
か出来る子がいるらしく、
「ぐんぐんのメンバーを抜いちゃうかも。」
なんて言っている。こんな風にクラスを分けるなら、もう少
し、差がつくテスト内容にすれば良いのに、と思ったりする
けれど、先生の本音は、「じっくりコース」になるべき苦手
な子を区別するためのテストかもしれないし、担当の先生が
しっかり指導してくれれば、どのクラスでも良いよ、という
感じでもある。
 日本の子供は算数が弱い、理系が弱い、と、世の中が騒い
でいるけれど、こういう指導をして本当に強くなるんかい!
と思うことがある。日本の子供が弱いのは、実は算数では
なく、コミュニケーションや論理力、つまり、国語が弱い
のではないか?算数のクラスを分けて、ちまちま計算の練
習をするよりも、ディベートの授業とか、本を読んであら
すじをまとめる授業とか、やった方が良いんじゃないの?
と思ったりする。
 とにかく息子の国語力が心配だ。母は読解力だけで何と
かなったけれど、算数の計算力だけじゃ、これから数学
も物理も辛いぞ、思うのである。
[PR]
by akira_dai | 2012-06-01 23:30 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。