中坊とのエロ話

 昔、金八先生のドラマで、杉田かおるさんが
演じる15歳が妊娠してしまうという衝撃的な
話があった。そのとき、ドラマの後半で、先生
方が性について中学生に真面目に講義するとい
うくだりがあったのだが、そのときに、武田鉄
矢さん演じる金八先生がおっしゃったものだ。
「この年頃はね、Yという文字を見るだけでも
女体を想像してね・・・」
 女子の私たちからは想像もできないことだ。
は?Yは「ワイ」だろ。Yシャツの「ワイ」。
KYの「ワイ」。まさか「猥談」の「ワイ」じゃ
ねーし。 ところが、息子の話を聞いていると、
今も昔も中坊の考えることは変わらないらしい。
 学校で、中1男子たちはHな妄想ばかりしてい
ると言う。例えば、「マン」のつく言葉すべてに
大袈裟に反応する。特に、「マンホール」などは、
「マン」に「ホール(穴)」がプラスされている
ので、その興奮は限りなく、何が楽しいのか大騒
ぎすると言う。さらに、教室の壁に展示されてい
る立体地図の火山の頂上を触っては喜び、アルフ
ァベットの「G」の発音に異様に興奮する。その
くせ、数学の時間に、
「これは何と読むのですか?」
と先生に円周率「π」について問われて、「パ
イ」の一言が言えずにもじもじすると言う。「パ
イ」と言えないなら3.14159とでも言っとけ。
 こういうのは女子にはまったくわからない。き
っと教室の女子たちはシラーーッとしていること
だろう。ばかばかしい。
 うちの息子はバカ真面目で子供だから、そうい
う話に興味はあるものの、
「授業中にそういう話題をふるのはやめてほし
い!いちいち、火山の頂上に反応するな!」
と怒り半分でゲラゲラ笑っている。けれど興味津
々だから母である私に相変わらずスケベ話を振る。
半分、試しているのだ。そういう話題で恥ずかし
がる母じゃないから!と、私もはりあって、どこ
まで息子がついてこれるのかを探りながら、少し
ずつ話題をエスカレートさせていくのである(そ
んなに過激ではありませんよ)。当然、途中で息
子がギブアップして、
「母ちゃん、エロい!」
と言って逃げ出す、あるいは、私を殴って会話は
終了。
 しかし、最近、何もしていないのに、エロいと
言われることが多くなった。やつは私を女として
見るようになってきたのか?それは困る。
 さらに、
「母ちゃんはさ、怖い顔しているけれど、そこそ
こ魅力的なところもあると思うよ。」
なんて言ったりする。それで男友達とメールした
り会ったりしていると、
「母ちゃん、気をつけろよ。40%くらいは、下
心があるかもしれないんだから。」
とアドバイスをしてくれたりする。何だ、その40
%という微妙な数字は?しかし、ちょっと高すぎる
だろう、その確率は。私が、
「高く見積もってもせいぜい5%だ。それに、もう
アラフィフだからありえない。」
と言うと、
「年上だったら、ありうる。60歳くらいとか。
60歳が相手なら母ちゃん、いけるよ。」と。あの
なー、60歳って、家のパパか!そりゃ、60歳相
手ならいけるかもしれませんよ。でも、こっちだっ
て、ねーよ!と思う。
 そんな息子のアドバイスのお礼というわけではな
いが、小学生のときから私はちょくちょくアドバイ
スをしている。
「女にはくれぐれも気をつけろ」と。女は嘘が上手
くて計算高い。H最優先の男なんてものはひとたま
りもないのだ。
 特に、息子が性的なことに興味を持ち始めた最近
は、少し踏み込んで話すこともある。
「好きでもない女と2人きりになったら、本当に気
をつけろ。その女にベタベタされたら好きな子のこ
となんか吹っ飛んじゃって、その子のことが好きか
も、と思っちゃったりするんだから。最悪の場合、
それが金目当ての罠だったりするからな。」
と機会があるごとに注意している。彼は、もちろん、
それがどういうことかわかっている。
「俺は、好きでもない子とそういう風にはならない
ようにするから平気だよ。」
「ふん。じゃ、こんな風にされたら、どうする」
と、腕をとって密着すると、息子は、きもい!と逃
げ腰になってから、ちょっと考えて、
「こうなったらどうすれば良いんだ?」
と。うーん、それは、、、女たる私にはわからない。
据え膳食わぬは、、になってしまうのだろうか。現
実はともかく、しかし、敢えて女の立場で答えよう。
「難しい数学の公式を思い浮かべればいい」
「それは例えば何だ」
「三角関数の余弦定理とか加法定理とか・・・うー
ん、中学生だったら、三角形の面積とか三平方の定
理でもいい。理系の公式がいいぞ。」
「それは、わからない。」
・・そりゃ、そうだろう。まだ習っていないこと
もあるが、うちの息子はとんでもないバカなのだ。
しょーがない。本当に好きな子のことでも考えろ、
と方針を変えるか。いや、それは、おそらく、若い
男には役に立たない。ここが母ちゃんの限界だ。
 こんな話をできるのも、まだ半分子供の今のうち。
来年の今頃は、口もきいてくれなくなるのだろう。
だから、今のうちに、せいぜい、息子の言うレベル
のエロい話でもして、注意を喚起しておこうと思う。
え?こんな話、親子でしない?だって、振ってくる
んだもん。一人っ子だし困ったものだなあ・・・。
女親は軽く流した方が良いんですかね。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-28 12:20 | Comments(0)

相変わらず、きつい

 今日は予定どおり、高校のときの友達のKちゃん
に会ってきました。待ち合わせは、私たちが卒業し
た高校がある荻窪です。
 Kちゃんは相変わらず小奇麗で、
「変わってないね」と言うと、
「そんなわけないじゃん」とクールに切り返して、
それからは、11月の同窓会の話やら、近況報告や
らで、盛り上がり、でも、4時間あまりで解散しま
した。こちらは子どもの話があるけれど、Kちゃん
は独身で実家住まいで、外で働いているわけでもな
し、それほど新しい話題があるわけでもなく、4時
間が良いところだったのです。
 それにしても、彼女の「きつさ」は健在です。同
じグループのYちゃんが「土日に会おう」と言って
いるのに、
「正直言って、土日って嫌よね。人がいっぱいで出
たくないし。」
と・・・ええ、まったく、そのとおりです。私もそ
う思います。しかし、それをはっきりとは言えませ
ん。彼女は、Yちゃんがいても、そう言いかねない
性格です。
さらに、私がママ友の実態を話したら、
「そういうの、私、絶対、無理だわ。グループで皆
で一緒に行動ってありえないでしょ。お稽古も一緒、
お茶も一緒、ランチも一緒、砂場も一緒、無理、無
理!」
と一刀両断。ええ、私もそうです。だからママ友が
いないの。良かったよ、同じ気持ちの人がいて。で
も、多少は心細い時があるので、私が、
「保護者会では私の周りだけドーナッツで空いてい
て誰もいないの。ちょっと、やばい感じ。」
と言ったら、
「でも寄ってこられても困るでしょ?あはははは」
と爽快な笑い。そりゃ、そうだ。寄ってこられたら
逃げるかも。そう言われて安心したよ。
 その後も、私が実は機械が苦手で車の運転も苦手
だ、と言ったら、
「理系なのに信じられない!車は田舎では必須じゃ
ないの!・・・あ、田舎とか言ってごめん!」
 さらに、私が実は大学受験は国立以外はすべて
落ちたので国立がダメだったら、予備校に無料で
行く特典をもっていた、と言ったら、
「それって大学推薦ならぬ、予備校推薦ね。きゃ
はははは!」
と爆笑。この裏表のなさ。さすがKちゃんです。
 そして、最後、別れる間際は、ムッとした表情で
「そういえば、I子がさ、連絡しても返信こないん
だよ。無視されるのよ。ショートメッセージだから、
既読だか未読だかもわかりゃしない。akiraちゃんな
らきっと返信がくると思うから、ここにメールして
みてよ。」
と、I子のメアドを一方的に私に転送。
「それ、私がメールしても同じだと思うんだけど
・・・」
「いや、akiraちゃんが相手なら絶対、返信する。
I子はそういう子。私にはわかるの。とにかく、
私には返信したくないみたいだから、お願いね。」
と・・・はいはい、わかりました。じゃあ、私が
メールを送ってみましょう。と、もう、こういう
関係&役割は、すっかり高校のときのままですね。
 さて、同じグループの友達全員に連絡をして3
月のどこかの土日に集まるはずだったけれど、ち
ょっと難しいかな、と、実は思っています。子ど
もの春休みを忘れていたのよ・・・。どうしよう
かなあ。携帯のアドレスを睨みながら検討してい
る、いつのまにか幹事の私です。体調が悪くなる
暇がない・・・。


[PR]
by akira_dai | 2017-02-27 20:09 | Comments(0)

小5のときの写真

 小学生のとき、担任の先生がとてもまめで良い
先生だったので、毎学期、成績表とは別に、1人
1人に、イベントの写真に一言を添えたカードを
配布してくれました。写真も言葉も1人、1人、
違うんですよ。すごい先生でした。で、その写真
の中の1枚が、数日前に出てきたのです。カード
の日付は7月20日なので、1学期の終わりに配布
されたものでしょう。写真は、小5のときに、社
会科見学で鎌倉に行ったときのもので、背景に大
仏様が写っています。私は友達に囲まれてニコニ
コしています。中学では一度も見られなかった笑
顔です。そのカードに書いてあった先生の言葉は
次のようなものでした。

 学習に読書にとてもよくがんばりました。発表
 がスムーズにできるようになったことは、とて
 もうれしいことです。また、生活ノートのタネ
 がとてもいいですね。いつも学級(の人)や自
 分をよくみつめています。走り高とびもがんば
 りました。でも、もう少し運動に対してがむし
 ゃらなところがほしいですね。

「生活ノート」というのは、前にも書いたかもしれ
ませんが、先生に週に一回提出する日記みたいな
もので、先生との交換ノートの役割も果たしてい
ました。男子よりも女子の方がまめに提出してい
て、私は週1どころか、ほとんど毎日提出してい
ました。主に、友達や家族との交流や、クラスで
起きた事件、それに対する自分の考えやもやもや
を書いていたと思います。毎回、先生が、
「そういうときは、こうしたら、どうかな?」
「どうして、学級会のあのときに、それを発言
しなかったのかな?先生は、これでいいのかな、
と心配していましたよ。」
というようなコメントをくれるのです。
 今は、「生活ノート」に変わって、毎日ブログ
を書いています。そう考えると、私って何も変わ
ってないなー。結局、この年になるまで運動にが
むしゃらになったことは一度もないし、相変わら
ず、周りの人と自分を客観的に観察していて、理
解しようとして失敗したり、逆に、理解してもら
えなくていじけたりしています。アラフィフにも
なって基本的に何も変わっていません。読書は当
時から趣味です。発表はね、小5のときにもがん
ばったのかもしれませんが、入社したときも、や
はり人前で話すのが苦手でした。しかし、プレゼ
ンも仕事の一部だったので、カメラテストも含む
大変な訓練を受けて、千人のおじさんの前でもえ
らそーに話せるようになったのですよ。たぶん、
今も平気です。
 写真の私は我ながらとてもかわいかったので、パ
パと息子に、「この写真、見てよ。」と見てもらい
ました。息子は、
「母ちゃん、これだ!すぐにわかったよ!顔つきが
変わってないよ!」
と爆笑しました。パパは、
「へーえ、かわいいじゃん」と言った後で、写真の
手前に写っている男子を指さして、
「このイケメンは誰だ?」
と、そちらに興味をもったようでした。私は気付い
ていなかったのですが、よく見ると、男子は4人写っ
ていました。そして、そのイケメンは・・・・・何と、
30代になる直前まで会っていたGではないか!
「あー、これが、Gだよ!実家によく来てて、よく一
緒にご飯食べたり飲んでたりしたの!高井戸の駅前で
飲んでるときも、突然、呼び出すんだよ。ほんと、よ
く一緒にいたよ~。」
パパはちょっと驚いて、
「え!これがGなの?・・・へーえ・・・」
と意味深に黙りました。あれ?気にしてるのかな。そ
んなにイケメンだろうか。私には、まじ、全然、わか
らない。わからないけれど、そういえば、当時、ちょ
っとモテてたかもなあ・・・。
 当時、誰が誰を好きとか嫌いとか騒いでいる同級生
をちょっと羨ましいとは思っても、話を聞いて外から
見ているだけで、自分自身は、その輪の中に入りませ
んでした。好きな人はいなかったし、興味もなかった
し、そういうことでキャーキャー言ってる皆の様子を
見ている方が面白かったかも。
 そんなところも結局、変わらず、会社に入ったとき、
誰が誰を好きとか、あの2人は付き合っているなんて
いう噂があるのを、
「へーえ、ふーん」
と他人事で聞いていたら、一般職の女の子たちから、
「ちょっと!akiraちゃんも参加しなさいよ!誰か、
いないの?!」
と叱られたものです。いやー、気になる人はいたけれ
ど、忙しくてそれこどころじゃなかったんですよ。ほ
とんど東京にいなかったし、気になる人とはなかなか
喋れなくて喋る機会もなかったしね。
 そんな風に、どうも人というのは、小学生の頃から、
基本はあまり変わらないのかもしれませんね。皆さん
はどうでしょうか?時には写真を取り出して、昔の自
分と向き合ってみるのも良いものです。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-26 15:44 | Comments(0)

FB停止レポート

 FBを止めて、明日でちょうど1週間です。少し
ずつ変化しています。まず、投稿に関しては見え
ないのですから何ら気になりません。見たいとも
思いません(イベントの招待はメールに転送され
るように設定しているのでライブなどの情報はき
ます)。
 昨日はいつものようにウォーキングに出かけた
ら、河原に重機がそろっていてカッコよくて、そ
れをアップして共有できなかったのがちょっぴり
残念でした。スマホにRuntasticのアプリを入れた
けれど、それを公開するところもありません。で
も何てことはありません。まだ、スマホに慣れて
いないし(汗)。
 メッセージの方は、習慣でちょっと気になって
しまいますが、寂しいという感じが少々薄らいで
きました。問題だったのは、メッセージが多かっ
たことではなく、習慣化していた交流が途切れた
ときに寂しくなってしまったことなので、だいぶ、
良い感じだと思います。冷静になってきたと思い
ます。
 とにかく、昨年後半から、久々の友達からの連
絡が多すぎた・・・。多いときは1日4人くらいあ
りました。もちろん、男友達ばかりではなく女友達
も含めてですが、ほとんどは大学&会社関係なので
男の方が多いんです。しかも、その4人のうちの数
人が入れ替わりながら、数日は懐かしさで会話が続
く。それがある日、突然、ゼロになって。でも、彼
らの1人、1人から見たら、たかだか週に何回かのや
りとりがちょっとの間、続いただけです。そこを忘
れていたかもしれません。とにかく、その状況が不
自然でした。本当に、私、自分が死ぬ前兆じゃない
かと思ったくらいです(汗)。
 メッセンジャーやメールでのやりとりは、懐かし
さ、とか、近況報告とか、ちょっとした時間つぶし
のやりとりと、最後は具体的な約束をして大体、収
束します。それが途切れた後、彼ら&彼女らにはそ
れぞれ仕事も生活もあるし、私が手持無沙汰だから
といって連絡するのは申し訳ないし距離感が難しく
なる。「便りが無いのは良い便り」。そもそも、こ
こ数年、そうだったのです。昨年後半からがちょっ
と連絡が集中しすぎておかしかった。ということで、
また、会いたいときやお知らせがある時には連絡が
あるでしょう。
 もう、これは一匹狼&紅一点の宿命なので仕方が
ありません。グループがない、ということは、さま
ざまなグループの人と交流がある裏返しでもあるか
ら、たまたま複数のメンバーから連絡が入ることも
ある。でも自分は男女問わず誰かに相談したり愚痴
を言うタイプじゃないし、私の理想は、冷静&孤高!
これ、時々きついけれど一生の目標!寂しいのは皆、
同じ!目標まで遠いけれど引き続き努力しよう。継
続は力なり。感情は頭でコントロールするのですよ、
病気にならない程度に。
 いつでもオープンに立ち寄れる場、ちょっと誰か
と話したいときに気楽に話せる対象が私であれば、
それはありがたいので、FB復帰の際にはその立場を
「謙虚に」受け止めてニュートラルな気持ちで臨み
ましょう。ただし、私はSiriではないので、「連絡
事項」や「メール」と異なる会話になる場合は、長
ーーーいログじゃなくて、多少は会話になるよう、
お気遣いをよろしくお願いいたします。
そして、やはり、会える機会があれば実際にお会い
しましょう。まじ、私、死ぬと困るから(爆)。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-25 23:31 | Comments(0)

「ケンちゃん」

 FBを停止して、まだ1週間も経たない
のに何だろうね、この寂しさと置き去りに
された感は。それと、詳しくは言えないけ
れど、ちょっと私は頭がおかしくなってる
かもしれないと思う。まだ、もやもやして
います。昨年末、もやもやしてたもんなあ。
でも、さまざまな手段で連絡をくれた皆さ
ん、ありがとうございます。心配かけてご
めんね。これじゃー、かえって、かまって
ちゃんだなあ。きっと、かまってちゃんな
んだけどね。本当にありがとうございます。
泣いてます(嘘です)。
 さて、今日は「ケンちゃん」についてだ。
それは非常に標準的な日本男児の愛称。ケン
イチ、ケンジ、ケンゴ、ケンタなどなど。さ
らに、これらに「ロウ」などをプラスするア
レンジもさまざま。
 私たちの世代は「おもちゃ屋ケンちゃん」
のようなケンちゃんシリーズを見ていたの
で余計に、その名前に愛着があるのかもし
れない。犬でいえば「ポチ」くらいに標準
的な愛称だ(全国のケンちゃん、すみませ
ん)。
 昨日、パソコンのメールを見ていたら、あ
る「ケンちゃん」からメールが入っていた。
最近はほとんどの友達がメッセンジャーだが、
古い友達は携帯やパソコンに直メールをくれ
る。特にその「ケンちゃん」はソーシャルは
一切やらないのでパソコンまたは携帯の直メ
ールしか連絡手段がないのだ。
 ところで、パソコンのメールは最近ゴミだ
らけなので、友達からのメールを発見すると、
ゴミに埋もれていた宝物を見つけたような気
持ちになって嬉しくて、思わず、私は名前を
叫んでしまうのだ。
「あ!山田さん!」
「田中君!久しぶり」
「お!木下だ!」
という具合だ。
 で、そのときも、
「あ!ケンちゃんだ!!」
と叫んだ。それを聞いた息子がすかさず、
「誰?社長?」
と尋ねる。「社長」とはFBでつながっている、
同じ学科の友達の「ケンちゃん」。とある企
業の部長を経て、現在、自分で会社を興して
活躍中である。
「違う、それは大学の友達。こっちのケンち
ゃんは仕事関係の人。」
「わからねーよ。ケンちゃん、多すぎだよ。」
と息子が呆れる。
 実はそんなに多くはない。片手で足りる。し
かし、「ケン」が名前の頭につくと、みんな、
「ケンちゃん」になってしまうので、誰でも、
2人や3人は「ケンちゃん」と呼ぶ友達や親戚
がいるのではないだろうか。呼びやすい良い名
前だ。そういえば、昔、付き合っていた人に
「ケンちゃん」という人がいたが本名を覚えて
いない。本名なんか飛んでしまうくらい、「ケ
ンちゃん」という愛称は強烈で呼びやすい。
 うちの子は「ケンちゃん」ではないが、子供
に名前を付けるとき、友達にどんな風に呼んで
もらえるか、ということも考えた。「ケンちゃ
ん」は全然、思い浮かばなかったけれど、呼び
捨てで呼んだときに、呼んだ人が(こんな風に
あいつを呼ぶ俺がカッコイー)とか、(下の名
前をそのまま呼びたい)と思ってくれるような
名前を考えた。それで、うちの子はユータとい
うのだ。これまた標準的な名前だけれど、目論
見どおり、お友達のほとんどが「ユータ!」と
呼んでくれる。ありがたいことだ。
 キラキラネームがどんなに増えても、こうい
う平凡な名前はいつまでも残るだろうな、と思
う。もはや日本の伝統に近い名前ですな。全国
のケンちゃん、平凡な名前だと思っているかも
しれませんが、呼びやすい良い名前ですぞ!海
外にも浸透しています。世界中のケンちゃんの
グローバルなご活躍をお祈りしています。
 皆さんのお友達のケンちゃんは、どんな人で
すか?私が知っているケンちゃんは、皆、優し
くて、紳士で、ちょっとカッコよくて、良い男
ですよ。うーむ、うちの子も「ケンちゃん」に
すれば良かったかなあ・・・。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-24 20:42 | Comments(0)

 FBとメッセンジャーを止めて、寂しくて
寂しくてたまらないものの、まさに今日、
人と会う約束があったのです。今日は高校
の友達とランチの予定でした。が、天気予
報で荒天という予報だったので来週に延期
したのです。やはり天気も人の縁を左右す
るなあ・・・と思っていたら晴れてるじゃ
ん!しかも、むしろ、来週が雨の予報だし!
彼女とは縁がないのかしら。まあ、来週は
雨でも出かけましょう。
 彼女はちょっと前に「私の好きな彼女」
に書いた友達です。綺麗で高校時代はアイ
ドル的な存在でしたが、はっきりした物言
いとキツイ表情のために、仲間内で何かと
もめごとの中心になってしまう。その彼女
が数年前に癌を患って、今のところ再発は
していないけれど経過観察中だというので、
私の体調が悪かろうがドキドキしようが死
にそうな気持ちになろうが、とにかく絶対
に会わなければならないと決めていたので
す。
 さて、荒天で延期するといっても、次の
具体的な日程を決めないと、またずるずる
と会えなくなってしまいます。だから、昨
日は携帯の直メールに日程を入れて、
「明日、天気が悪いみたいだから、ちょっ
と延期して来週のX日にしよう。」
と提案しました。少し経ってから返信があっ
て、
「ダメ元でYちゃんを誘ったら、Yちゃん
もakiraちゃんに会いたいって!でも仕事が
あるから土日がいいって言ってるの。」
と言う。確かにYちゃんは、彼女と会う予定
の駅の近くに住んでいる。しかし、実はYち
ゃんこそが最も彼女のことを嫌っていたと思
うのだけど・・・そうか、だから「ダメ元で
誘った」のか。でも、そういう、さっぱりし
たところが彼女の良いところなんです。そう
いえば、Yちゃんも、なかなか小奇麗なんで
すよ。容姿的にライバルだから時々対立する
のかな。でも、もうアラフィフだから大丈夫
かな?
 私は一刻も早く彼女に会いたかったし、な
るべく頻繁に外出して今の良い体調をキープ
したかったので、
「じゃ、来週、2人で会って、3月に高校
の友達、皆で会う計画をしよう。」
と返事をしました。結局、私が日程、場所、
メンバーを決めることになりそうです。し
かし、これ、メンバーを1人も漏らさず連
絡して、必ず実現しないと、
「akiraちゃんと○○ちゃんだけ会ったなん
てずるいわよ!」
となるんだなあ・・・プレッシャーだ。こ
れが女子の面倒くさいところ。高校のとき
も、トイレ問題がありました。
「トイレに○○ちゃんと2人きりで一緒に
行くなんて!次は私と一緒に行くのよ!」
と叱られたり、休み時間になった途端、腕
を掴まれて無理矢理トイレに引っ張って行
かれたり、そんなこんなで、もめたことが
ありました。これは女子高ならではでしょ
う。
 結婚する前は、色々なグループの友達と
会うときには、私が中心になって年に数回、
皆に声をかけて集まっていたのでした。小
学校、中学校、高校、大学のすべてのグル
ープでそういう役割でした。
「まめ」なんですね。とても活動的だった
のです。出産後は忙しくて疎遠になり、数
年前に病になってからはさらに疎遠になっ
てしまった・・・それが、ちょっと友達と
会うことを心がけたら、次から次へとこん
な風に予定が広がっていきます。来月は中
学の友達と、また、会うことになるでしょ
う。毎月、会ってるじゃん、私たち(笑)。
 FBを停止した直後は(私がFBをやめた
ところで何が変わるわけでもなし、皆は楽
しく交流して、私がいなくても誰も困らな
いし何てことはないのよね。)という、例
の「空の巣症候群」的な気持ちになったの
ですが、もう15年も会っていない友達か
ら、「会いたい」と言ってもらえるのだか
ら、会っていない期間とか交流していない
期間は関係ないんですね。
 彼女がYちゃんに連絡してくれたおかげ
で、寂しがり屋の私はそんな事実に気付い
て、ちょっと幸せな気持ちになったのでし
た。自信と力が戻ってきた感覚です。FBを
停止していたからこその気付きです。今だ
からこそ、わかったことです。これも神が
かりだなあ。色々な偶然に感謝、感謝!
 体調が急激に悪化しない限り、来月はY
ちゃんも含めた高校時代の仲間と会えるこ
とでしょう。
 10月からの自称モテ期のように、久々
の知人から次々と連絡が入るのは「運命が
変わる前兆」なんていうアホらしい記事が
ありましたが、もしかしたら病が回復する
のかな、と、小さな期待をしています。調
子に乗らずに良い子にしていましょう。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-23 20:49 | Comments(0)

悔し泣き

 息子の親友の双子のF君とH君が不登校に
なって半年以上が過ぎた。不登校の同級生に
関する噂が良いものであるわけがない。
 昨日、息子が、試験前だというのに、リビ
ングで寝てしまって、起きたら夜の9時だっ
た。息子は時計を見て、
「あ!Fに電話しないと!明日の時間割を伝
えるんだ。でも、もう遅いか・・・」
と、うなだれている。
「明日も来ないだろうし、無理して、こんな
時間に電話をしなくても良いんじゃないの?」
と慰めたら、
「あいつが学校に来たら楽しいはずなんだ。
それに、皆があることないこと酷いことを
言うんだ。特に隣の小学校出身のやつ!オレ
は我慢できない。」
と言う。聞いてみたら、例えば、誰かの制
服が汚れると、
「どーせ、Fは来ねーんだから、Fの制服、
もらってこいよ!」
とか
「Fはもう一生来ないよ。ずっと、中学生
のままなんじゃねーの?」
とか
「学校に来てないから、きっと、今頃、
こーなって、あーなってるんじゃねーの?」
とか、あることないことを言って、数人の
男子が笑っているというのだ。
 かつて、小学生のときは、双子は2人と
も運動神経が良く、いつもリレーの選手で、
騎馬戦でも大将で、書初めも最も上手で器
用で、F君の方は穏やかな性格だったから
女子からも一番モテてていた。両方ともリ
ーダーシップがあって、特にH君の方はや
んちゃで口も腕力も誰にも負けなかったの
で、息子はいつも2人を頼りにしていた。
やんちゃで元気で、時には意地悪もするけ
れど、根が優しくて強かった。そんな2人
が、別の小学校から来た連中からバカにさ
れて笑われるのが息子は悔しくてたまらな
いのだ。
 そして私も悔しくて、心ない言葉をたく
さん聞いているうちになぜか泣いてしまっ
た。いつものことだが、一度、泣くと止ま
らない。驚いたのは息子である。
「母ちゃん、泣いてるのかよ!」
「だって、あまりにも悔しいじゃないの」
 F君とH君は万能だったのだ。やんちゃ
だったのだ。誰よりも強くて、男の子らし
い悪ふざけもあったけれど、根が優しくて
いつも息子の味方だったのだ
「登校できない弱っている子を笑うなんて
最低だし、そもそも、その子たちはFのこ
ともHのことも何もわかってないんだから、
放っておきなさい。同じ小学校の子たちは、
例えばS君はどうしてるの?一緒に、言っ
てないよね?」
ときくと、
「Sのやつも憮然として黙ってるよ。」
と。それを聞いて、少しホッとした。彼ら
は元来人気者なのだから味方もいっぱいい
るはずだ。同じ小学校出身の男子たちは、
皆、息子と同様に悔しい気持ちでいるに違
いない。
 つい感情的になってしまった私は、誰か
にその気持ちを言いたかった。
「ひどいよね」
と共感してほしかった。けれど、残念なが
ら、私にはそういうママ友がいない。連絡
できるママ友はいても、どのママも、
「可哀相にね、心配ね。」
と眉をひそめるタイプで、怒るタイプでは
ないのだ。私は一緒に怒ってほしいのだ。
 もうすぐ3学期も終わってしまう。2年
になったら絶対に来てほしい。私は彼らが
大好きだし、尊敬してるし、将来に期待し
ている。彼らがバカにされるのが本当に悔
しくてたまらない。悔し涙を流すなんて、
中学のときの合唱祭で2位になったとき以
来だ。ここ数年の涙は、悲しいとき、嬉し
いとき、笑いすぎたときだけだったのに。
 双子たちよ!お願いだから早く登校でき
るようになって、おばちゃんを安心させて!
でないと、おばちゃんはまた泣いてしまい
ます。何かできることはないものだろうか。
こういう時は何もできない自分に本当にイ
ライラする。小学生のときのように、決ま
った曜日に家に遊びに来てもらおうか。必
要とあらば勉強も教えますよ。しかし、あ
まりおせっかいもできない非常に繊細な問
題なのであった・・・。もう神頼みしかな
い。多くの友達を幸せにしてくれた神社に
祈願だな・・・。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-22 23:32 | Comments(0)

真の友達付き合い

 すったもんだあったけれど、無事に
ラインが開通しました。しかし、これ
でまたラインに依存したら元の木阿弥
だなあ。私は、メッセージを受けて返
信するのは全然苦じゃないし迷惑じゃ
ないのだけれど、こちらから発信する
のは申し訳ないと思っています。最近、
発信したくなるのでソーシャルを絶っ
ているんです。それについて、昨日、
ちょっと考えさせる一言がありました。
 朝、ラインを登録してすぐに直メー
ルで「ID検索してみて!」と連絡し
たのは古くからの女友達と、D大の男
友達です。女友達の方は業務連絡で終
わりましたが、男友達の方は、
「乗っ取られたの?」
とD大らしい心配をしてくれたので、
「疲れちゃったんだ」と返信したら、
「ソーシャルもほどほどにしないとね。
最近流行りの嫌われる勇気じゃないけ
どさ」という、的を得ているような的
外れのような返信をくれました。
 「嫌われる勇気」か。私は好かれよ
うと思ってマメにコメントしたり、メ
ッセージに答えたりしているわけでは
ありません。特にメッセージに関して
は、その内容が深刻であろうと他愛な
いことであろうと、何かを発信したい
相手の気持ちを共有したいし、何より
私がそういう会話がとても楽しいのだ
からお互いさまなのです。1つのログ
が長いのは物理的に困るけれど内容が
深刻でも実は楽しんでいるところがあ
ります。
 でも「なるべく自分からはメッセー
ジを送らない」という我慢の方は、嫌
われないためなのかもしれないなあ。
 何しろ文字だけのコミュニケーショ
ンはいい加減で勘違いも多くて、会話
もとんちんかんになりがち。その言葉
を、相手が冗談で言っているのか真面
目に言っているのか深刻度もわからな
い。限界があるだけに後で、(しまっ
た!)と思ってもフォローするのも変
だし、まことに中途半端な人付き合い
です。くだらない話&連絡事項オンリ
ーならそれで十分だけれど、誠実に人
と向き合いたい私は、ちょっと話が深
くなってくると(しまった!よく理解
しないまま、反射で返事をしてしまっ
た!)と後で思うことがよくあります。
 私は「ほどほどにしないとね」と書
いてあった彼のメールに対して、FB&
メッセージに依存ぎみの状態に関して
ちょっとだけ弱音を吐いて、
「D大女子ともあろうものが油断した
よ(大爆)」
と自分を皮肉りました。
 メールを閉じた後、開きっぱなしの
携帯アドレス帳には、FBにドローンの
動画をあげてくれる友達を中心とした
学科仲間やサークル仲間など、大学グ
ループに登録済の名前がたくさん並ん
でいました。小学校、中学校、高校の
グループもあります。会社グループも
ママ友グループもあります。私は携帯
を変えるたびに、付き合いが浅い友達
は敢えてどんどん削除してきました。
それでも付き合いが続く友達はちゃん
と復活して親しくなっていくのです。
だからアドレス帳は非常に洗練されて
います。携帯には私の歴史が詰まって
います。
 FBのともだちリストは、はたして私
の歴史になっているだろうか。皆、会
ったことがある人だけれど、本当に人
柄を知っていて信頼できる人はどれく
らいいるのかな。特に会社関係は、む
しろ、これから親交を深めていかない
と実はわからない人が多い。会社での
付き合いというのは非常に表面的です。
仕事が絡みますからね。退職後の今こ
そ、彼ら彼女らと、何のしがらみもな
い付き合いができるはずです。
 そういう意味ではFBには未来もつま
っています。先日、改札デートした彼
のような思いがけない縁が。それを考
えるとFBのともだちを整理するのも難
しいかもしれないなあ。
 付き合っていく中で信頼を深めていく
のは時間がかかる。殊に、男友達という
のは実に難しい。携帯アドレスの彼らは
今まで削除されずに残ってきた、色々な
ことを共有している貴重な人たち。大切
にするためにも、特に男友達には依存し
ないように、でも、いざというときには
見返りなしで、いつでも手を差し伸べら
れるようにスタンバイしておきたい。
 もっともっと病を改善して、彼らとも
会いたいのですが、女子と違って集まる
のが平日の夜になってしまうのが、ラッ
シュ電車に乗れない私にとっては辛いと
ころ。
 でも、葬式やお見舞いばかりで集まるの
は嫌だから、もう電車はだいぶ乗れるのだ
から、がんばりましょう!リアルに動ける
ようになれば、FBやメッセージに依存する
ことも少なくなるでしょう。1年に1回、
誰かと会うだけで、寂しさなんて吹っ飛ぶ
のですから。明後日も出かけますよ!

[PR]
by akira_dai | 2017-02-21 22:25 | Comments(0)

ライン!

 早くもFB&Messenger依存症の禁断症状に
苦しんでいるakiraです。寂しくて寂しくてた
まりません(涙)。しかし、何としてでも自
分をコントロールするのだ。そうです、寂し
いという感情に対して頭を使うんです!誰に
も何にも依存しない女になるんだ。薬だって
抜けるのに4日から1週間かかるそうだから。
ああ・・・明日から2日くらいが山だね。せ
っかくPDの調子が良いから、映画館とか閉鎖
的な空間に訓練に行こうかしら(自衛隊か?!)
・・・友達大勢に見捨てられたような被害妄想
的(?)な鬱々はだいぶ晴れてきました。少な
くとも嫌な感じの投稿やコメントを見ないで済
むのは気楽です。早く戻りたいな・・・なんて
言ってるうちは依存症ですね(涙)。
 ところで今日のテーマはラインです。実は、
私は色々計算して、楽天モバイルという格安
SIMをiPhoneで使う選択をしたのです。本当
に格安だし、私のカードから落とせるので精
算も簡単だし、ついでに子供の携帯も私の名
前で契約してしまいました。大手携帯会社と
比べると格段の安さです。しかも楽天も大手
だからなのか通信速度も遜色なく、オプショ
ンを追加すれば外でWiFiも使えます。WiFiス
ポットがたくさんあるので、外でWiFiにつな
げばプランの4G容量は使わないで済みます。
といっても使うのはこれからなので、速度が
急に落ちることもあるのかな、と覚悟はして
いますが、外で動画は見ないしね。それこそ
せいぜい、FBの写真アップとかチャットくら
いでしょ。
 それはともかく落とし穴がラインでした。
今回、スマホを導入したのは、会った方々
から「ラインの方が嬉しいなー」「ライン
の方が便利だなー」と言われたことも大き
かったのですよ。何がメッセンジャーと違
うのかわからないけれど。
 しかし、格安SIMの場合は、「年齢制限認
証」ができないので、ラインのアカウントを
登録してもIDや電話番号による検索ができな
いのです。最初はそれを知らずに、登録して
すぐに友達の携帯に直メールを送って、
「IDXXXだから検索してみて!」
と伝えたのですが、すぐに「検索を拒否され
た!」というメールが2通ほど返ってきてし
まった。蛇足ですが、そのうちの1人はイン
フルエンザで寝込んでいました。チーン・・
・・ああ、ID検索は年齢制限認証を通過しな
いとできないんだね、とわかった次第です。
検索ができないとなると、手段は、直接、相
手と会って、QRコード、または、「ふりふ
り」で登録ということになります。一瞬、ラ
イン登録のための全国行脚をして、今年中に、
FBの友達全員と会う目標を立てようかと思っ
たくらいです。病を治すための神の導きか!
と思ったくらいです。
 しかし、そんなことはやってられないので、
デジタルに弱い(アナログにも弱いけど)私
の悪戦苦闘が始まりました・・・でも、そん
なに暇じゃないのよ。昨日、今日と調布まで
楽天モバイルの契約に行って、翻訳の仕事も
残ってるし、数学の質問もいっぱいきてるし、
読みかけの本もあったしね。
 で、仕事を終えて、家事も終えて、たった
今です。色々、調べて、かなりマイナーな裏
ワザを使ってラインの年齢制限認証を無事に
終えて、ID検索&登録ができることを確認し
ました。今日、直メールを送った方々に、明
日、再度、試していただきましょう。
 しかし、ラインの良さはわからないなあ。
私はFBのメッセンジャーの方がシンプルで良
い気がするのですが。20代のツールじゃない
かなあ。慣れの問題でしょうか。しかし、謹
慎中の身では、当面、慣れそうにありません。
デビューのあかつきには、よろしゅう。まず
は3月に女子会を開いてグループ作成しまし
ょうか。



[PR]
by akira_dai | 2017-02-20 22:42 | Comments(0)

お知らせ

現在、FBをちょっとの間、止めています。
特定の方をブロックしているわけではあり
ません。理由は、ちょっとFBに依存しすぎ
かもしれない、と、反省したのと、何だか、
とても寂しくなってしまったからです。
 昨年から、自称モテ期が続いて、このた
び、無事にすべてのアポイントがとれて、
具体的な話をする約束をしていた人につい
てはすべて約束を果たしました(1件残っ
ていますがアポイント済みです)。よって、
今後は、まったく連絡をとっていない古い
友達にアクセスして、今年の目標を達成す
べく行動範囲を広げていく予定です。が、
さすがに大阪や仙台までは行けないので、
会える友達もあと数人です。そう考えたら
モテてただけにちょっと寂しくなりました(笑)。
でもね、おかげさまで、本当に電車移動は
楽になって、ランチだけでなくお買い物も
楽しくなりました。今日も薬なしで1人で
まったく普通に出かけられたのですよ。あ
りがとうございます。
 もう1つ。昨年は、色々な方から相談し
ていただいたり、貴重なお話を聞かせてい
ただいて、こんな私でも多少は力になれた
のかな、と、悩んでいる方には申し訳ない
のですがちょっと嬉しかったし、お喋りは
楽しかったし面白かったのです(本当に申
し訳ない!)。しかし、皆さん、だいぶ元
気になってきて、私の必要性もなくなって
きたようです。それで子供が親離れした親
のような、やはり寂しい気持ちになってい
るというわけ。空の巣症候群みたいな感じ?
ちょっと親身になりすぎたかな。学生時代
に慣れてることなんだけどなあ・・・でも、
これはめでたいことです。心から良かった
なと思っています。
 さらに、FBには、前にも書いたように、
さほど仲良くない人もいるし、時に面倒く
さい問題が起こるし、普段はそういうこと
は気にしないのですが、今はそれをはね返
すパワーがないんです。この機会に、「と
もだち」も整理しようかな、と思っていま
す。
 というわけで、ほんの少しの間、FBはお
休み設定にしました。「デフォルト設定」は
1週間だから長期間ではありません。スマホ
もゲットしたので、元気になったらすぐに戻
ります。何とiPhone7ですよ~♪もちろん、
まだ何も解決せずに悩んでいる方(特に夫婦
の問題がある、あなた方ですよ!しかも1人
ではありませんよ!)のことも決して忘れて
いません。これを読んでいる人のほとんどは、
直メールに限らず、何らかの連絡手段がある
はずです。連絡をいただいたら100%、必
ず返事をします。皆さんからご要望いただい
たラインも準備しておきましょう。ただし、
機械に弱い私は設定も使用方法もさっぱりわ
かりません。ご指導、よろしくお願いいたし
ます。
 FBもメッセージも元気をもらうところでは
なく、元気をあげるところにしたいんです。
私が元気がないときにもメッセージに付き合
ってくれて本当にありがとう。一緒に同じ時
間を過ごしたリアルな友達は宝物です。FB
に戻ったあかつきには、車で移動するときに
元気をくださいね。大袈裟に書きましたが、
短期間です!
では、おやすみなさい。

[PR]
by akira_dai | 2017-02-19 23:49 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。