<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 別にダブルブッキングしたわけではない。
年頃のお嬢さんじゃないんだから、彼氏と
友達のどちらを優先するか、と悩んでいる
わけでもない。
 実は、7月は、いつもと、ちょっと違う
特別な約束が2つある。かなり前から決ま
っていたイベントだ。1つは大学時代の友
達と2人で会う約束。これは昼になるか夜
になるか定かではないが、とにかく2人で
ある。面白くするために「デート」と呼ん
でいる。もう1つは、例の、小学校で一緒
だった、いつもの(?)メンバーでの集ま
り。両方とも、会う相手が20数年ぶりな
ので、少々緊張ぎみの私。
 で、悩んでいるのは、一応、女子なので、
美容院に行くタイミング。だって、もー、
婆さん直前だから、頭がボーボーなわけよ。
白いものもチラホラ見えるしさ。そして、
できればイベントの直前に行きたいわけ。
でも2週連続で約束が入っている場合、ど
ちらのイベントの直前に、出来るだけ綺麗
にしておくか、という問題が・・・。若い
子ならばデート優先なのか?でも、正直な
ところ、お互いにデートという相手でもな
いわけで・・・だからといって、20数年
ぶりに会って、
「akira!ババーになったな!」
と思われるのも言われるのも嫌だしなあ、
と、わずかに残っている乙女心が揺れるわ
け。え?あっちもジジーだから気にするこ
とない?なるほど、そういう考え方もある。
しかも相手は1人だから、しょせん1人に
「ババー」と思われても大勢に影響はなさ
そうだ。
 じゃ、同窓会ライクな、小学校関係の集
まりの直前に美容院に行くか?何しろ、こ
っちは多少、人数がいるから、内輪で、陰
口でも言われたらたまらない。いや、陰口
は言わないだろう。子供の頃から口の悪い、
遠慮のない連中だから、会った途端にグサ
リと酷いことを言われる可能性はある。そ
れって、へこむ。でも、奴らのために美容
院で金をかけるのも癪だなあ。だって、子
供の時から知ってる連中で、当日もくだら
ない内容で馬鹿騒ぎするだけだろうし、下
手したら、綺麗にしていっても、頭の中、
ぐしゃぐしゃ、、とか、いじられて、結局、
ボサボサになりそうだし。大学の友達はそ
ういうことは絶対にしない。
 さらに、イベントの順番も問題だ。日程
はデートの方が先。プチ同窓会が後。つま
り、デートの前に美容院に行けば、その名
残でプチ同窓会も乗り切れる可能性がある。
が、プチ同窓会直前に美容院に行くのなら、
デートの方は今のまま、ボサボサ山姥状態
で参上しなければならない。そう、今は梅
雨。私が最もボサボサ頭になる季節。20
数年ぶりの再会だというのに、紅一点とし
て、ボサボサ頭はいかがなものか?でも1
人のために美容院に行くのも・・・と、悩
みはふり出しに戻る。これが、プチ同窓会
の日程の方が前ならば、人数が多いという
理由で、絶対に同窓会の前に美容院に行く
のだがなあ・・・。
 この決断は、来週中にしなければならな
い。結局、面倒くさくなって、デートもプ
チ同窓会もボーボーのまま、という線もあ
りうる。世の中の一般的な女子は、デート
と同窓会のどちらに気合を入れますか?と、
ここで問うても無駄だなあ(苦笑)。男子
の方はどうなんですか?何も気にしないん
でしょうか?羨ましいなあ。いっそのこと
坊主にしたいよ(と、若い頃から、梅雨時
になると毎年、言っています)。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-30 10:34 | Comments(4)

思い出したくない男

 ここ数か月、昔からの友達と会っていると
現在の話のみならず、思い出話も色々あって
本当に面白い。しかし、中には思い出したく
ない話もあったりする。で、気付いたのだけ
れど、人間って、本当に思い出したくない記
憶は失ってしまうものらしい。例えば、学生
時代に良い思い出がない、ある友達は、
「その1年間については、まったく何も覚え
ていない。」
と頭をひねっていた。便利なものだ。
 先日、女友達と会ったときに、学生時代の
色々な話をしていたら、唐突に、
「akiraってモテるよね」
と言われた。モテるというのはまったくの根
拠レスだが、彼女が言うには、
「昔、A君がakiraのことを好きだった時があ
ったよね」
と言う。思い出したくないことなのか、私自
身はよく覚えておらず、言われてみればそん
なことがあったような気もしなくもないけれ
ど、今日までの数十年間の経験の中では、そ
んな時期は3日程度にしか相当しない瞬間的
なもので、あったとしたらA君の気のせいだ
ろう。とにかく私は覚えていないので、A自
身も、周りには相談して私には言わなかった
のかもしれない。そういうことは早く言って
くれよ、と思うけれど、告白なんかされたら、
まさに「思い出したくない」思い出になった
と思う。恥ずかしすぎる。
 で、「思い出したくない」話に戻ろう。今
でも本当に腹が立つ、思い出したくない元男
友達がいる。しかし、忘れられない。どうも
私は、自分が恥ずかしいことは忘れてしまう
けれど、嫌なことは覚えているらしい。
 彼は、「モテる」と自認しながら、どこか
自信がなく、やたら自慢の多い人だった。理
想ばかり高く、
「女は頭が良くて、そこそこキレイで、育
ちが良くないといけない。遊ぶ女と結婚す
る女は別だ」
と公言しては、仲間の彼女を「評価」して
いい気になっていた。仲間内では、
「あいつの嫁になる女は、さぞ完璧な女な
んだろう。楽しみだ。」
と失笑を買っていた。私はといえば、それ
こそ非常に短期間、付き合ったような気が
するけれど、喧嘩が絶えず、結局、友達と
して距離をとっての付き合いの方が長くな
った。何しろ、「こーしろ、あーしろ」と
いう注文が多いのだ。まあ、それはいい。
そこまではいい。
 ものすごく嫌だったのは、結婚直前の電
話だ。ある夜、私が個人でもっていた固定
電話が鳴って、とってみたら彼だった。
「結婚が決まった」
と言う。おめでとう、と、言うと、その相
手が、私も知っている「元カノ」だった。
卒業と同時に別れて田舎に帰った「元カノ」
が、彼のことを忘れられず東京に戻ってき
て、本人が言うには「押されて押されて」
付き合いが復活、結婚まで決まってしまっ
た、ということだった。私からしてみれば、
(ああ、そうですか)という感じの話なの
だが、めでたい話のはずが、彼の愚痴が終
わらない。
「挨拶に行ったら、彼女の実家が超田舎で
バスを降りてからも距離があってまいった」
「お父さんがまた田舎者で、外資系の企業
の名前も知らず、やたらと身元にうるさい」
「実家があんなだと知っていたら、結婚し
なかった」
などエトセトラだ。小一時間、聞かされた
と思う。うんざりした。しかも私の方は、
いよいよ一生、結婚しないかもしれない、
と思い始めていたので、「で?」という気
持ちだった。彼の性格を知っていた私は、
(この愚痴は惚気なのだろうな。せいぜ
いマリッジブルーというところだな)と思
って、イラッとしたので、
「でも、あなたたちお似合いじゃない?頭
が良くて容姿端麗な人がいいと言い続けて
た、あなたのことだから、理想の彼女じゃ
ないの?頭といい容姿といい同等で、お似
合いだよ。ぴったりよ!安心して結婚しな
よ。」
と半分嫌味ったらしく言ってやったのだっ
た。はたして彼は、黙った。黙った後で、
「そういうお前は、一生、結婚できねーだ
ろうな!」
と捨て台詞を吐いて電話を切った。それが
最後だ。本当に頭にきた。電話してくるの
は良いが、自分で決めたことをいちいち異
性に愚痴るな、と思った。その後も毎年、
年賀状が来ていたけれど、写真の笑顔が押
しつけがましく見えて本当に嫌だった。
 その話を女友達にしたら、
「あった、あった!」
と大爆笑。そう、その電話だって、もう、
何十年の前の話だよ。彼にとって、ものす
ごく恥ずかしい話だから、あちらさんは忘
れているのかもしれないけれど、仲間内の
女子は全員、覚えていますよ。そして、当
の電話で話を聞いた私は、本当に会いたく
ないし思い出したくもない。でも、あの腹
立ちは忘れられないんです。記憶力が良い
のも考えものですな。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-29 10:02 | Comments(0)

 FBに同期のD大女子が2人います。前にも
書いたかもしれませんが、私のリアルな友達
はネットにほとんどアクセスしません。特に
女子はフルタイムで働いている子が多く、そ
の上、家のことも一通りこなしているので、
そんな時間がないのです。最も仲良しの3人
はFBに登録すらしていません。
 ところが、昨日、珍しく、FBに2人いる
D大女子のうちの1人が投稿していました。
彼女は早々に結婚して、子供が3人おり、D
大としては退職も早かったので、子供を近く
で見守れるパートを3つ、かけもちしていま
した。具体的には保育園や学童の支援です。
彼女の投稿はとても久しぶりなので覗いてみ
たら、
「このたび、20年ぶりに正社員として働く
ことになりました。」
ということでした。詳細な仕事内容はよくわ
からないけれど、今まで、2つ、3つとパー
トをかけもちしていてバタバタしていたら、
そのうちの1社から、
「うちで正社員として、どうか」
という話があって、「久々の社会復帰だけに
悩んだけれど決断した」ということでした。20
年ぶりなので気力、体力が心配だ、とあった
ので、「絶対に、大丈夫だよ」とだけコメン
トしました。
 仕事の内容が、理系キャリアを活かせるも
のかどうかはわからないけれど、今迄パート
してきた会社から声がかかったわけだから、
主婦になってからのキャリアが活かせる仕事
なのでしょう。良かったなあ、と思います。
 一方で、今朝のあさイチで、40代の女性
の就活の問題が取り上げられていました。仕
事の内容、条件、時間を考えると、自分に適
した仕事がない、という内容です。よくある、
よく聞く問題です。ママ友からもよく聞くし、
私自身も、自分がごくごく普通の事務職だっ
たら、同じことで悩んだかもしれないな、と
思います。もっとも、「普通」だと、男女関
わらず、条件の合う仕事を見つけるのは難し
いという厳しい現実も知っています。
 この年になると、何より年齢が問題になっ
てくる。40代女性の仕事の問題を論じる時
に焦点を当てがちなのは、育児や家事の分担
の問題、企業側の意識の問題です。しかし、
当人の意識の問題も多少はあると思うんだな
あ。今は自分も半分主婦みたいなものだから
女性たちの言い分もとてもよくわかるけれど、
20年程、一線で働いてきた、企業側の人間
から言わせてもらうと、やはり、ブランクが
ある人よりは、まっさらな新人か、ブランク
のないベテランの方が安心です。さらに若い
方が良い。それは差別ではなく、会社として
は出来るだけ長く我が社で働いてほしいんで
すよ。そして、会社がどんどん変化していく
中で、一緒に変化、成長していける人材が好
ましいんです。そのためには、やはり、柔軟
性の高い若者の方が良いし、あと10数年し
か働けない人よりは30数年働ける人の方が
良い。ただし、よほどキャリアがあって、逆
に会社を改善してくれるような人材であれば、
その人が40代だろうが50代だろうが欲しい
んです。若者とは逆に、会社に対して良い影
響を与えてくれる人ですね。
 つまり、企業は、キャリアがなくても若い
というだけで「可能性」や「潜在的能力」が
あると考えるわけで、そこと勝負しなければ
ならない私たち初老世代に必要なのは、実績
とそれに基づく提案です。これは、ブランク
のある主婦には難しい。そもそも、現役時代
に普通の事務の経験しかなかったら、提案自
体、したことがないのではないでしょうか。
だとしたら転職はなかなか困難です。私も偉
そうなことを言っていますが、今は提案まで
出来ないんじゃないかな。以上は、企業にい
る頃の、自分の考えを述べたまでです。
 で、話を元に戻すと、8月、ちょうど50歳を
迎える月に、正社員として働き始めるD大の
女友達は、若い時は関西の大手メーカーでエ
ンジニアとしてキャリアを積んだ子です。し
かし、そのキャリアとはまったく違う仕事に
就きました。パートでの実績を買われたから
ですね。さらに、そこでの人との関係が良好
だったのでしょう。
「3つもパートをかけもちしているなら、我
が社で、3社のパート分の給料を払うから、
フルでうちで働いてよ」
ということだよね。だから、
「時間や条件が合わない」
と嘆いている主婦の皆さんも、まずは、働け
る時間で、色々なパートにトライしてみると
良いと思うんです。パートはいつでも辞めら
れるし変えられるし、その中で合う仕事があ
ったら少しずつ時間を延ばしていけば良い。
そういう中で、きっと、新しい仕事にチャレ
ンジできる機会も見つかるし、新しい人脈も
広がると思うんだな。今はその仕事が本意で
なくても、機会が広がると思う。こだわりを
捨てて、仕事内容は選ばずに、できることか
らしようよ。まずは外へ!・・・と、50を迎
えようとする元キャリアは、アラフォー女子
にエールを送ります。再就職ね、、、私はど
うしようかなあ(と言っているうちに、もう
50歳)。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-28 10:08 | Comments(0)

休みたい

 こんばんは。今日も終わろうとしています。
「休みたい」なんて書くと、きっと、うちの
家族は、(いつも休んでいるだろ!)と思う
だろうな。だって、最近、家事、ぜーんぜん
やってないもん。しかし、ここでいう「休み
たい」は、まさに仕事です。翻訳も数学の指
導も、もちろん家事も、何もやらない日が欲
しい、ということです。
 気付けば、ここ数カ月、平日はもちろん、
土日のどちらかも仕事をしています。土日の
どちらかに仕事をしてしまうのは多少良しと
しても、平日のどこか一日、なーーーんにも
しない日をもうけて、映画に挑戦したいんだ
よ。例の「美女と野獣」ですよ。舞台は既に
何回も観ています。映画も日本語と英語の両
方を観たいくらいです。
 実は、映画ももう何年も行っていません。
あの暗くて閉鎖的な空間は、私の病にとって
最も大きな脅威です。一時期、多摩近辺の映
画館で1000円で古い映画を何週間も上映
している時に、「練習」と称して数回、挑戦
し、そこそこ落ち着いて観ることができたの
ですが、やはり閉鎖的な空間は苦手なので、
よほど興味のある映画でないと行く気がしま
せん。最後に観たのはキムタクの「宇宙戦艦
ヤマト」かな?あれも、途中で気分が悪くな
って一旦、外に出たりしたから、冒頭部分は
観ていないんです・・・。でも、「美女と野
獣」なら、画面が明るいから最初から見られ
る気がする!何しろ宇宙の映画は暗闇だから
苦手ですね(汗)。本来は宇宙映画好きなん
だけどなー。
 そうえいば、数年前の「アナと雪の女王」。
あれも見たいな、と思っているうちに終わっ
てしまいました。今度もそうなりそう。しか
し映画のために休みたいと思うなんて、「オ
ペラ座の怪人」以来です。休みたいなあ。
会社にいる頃の方が、有休を使ってしっかり
休んでいた気がします。自営業は辛いよ。な
んて言ってるけれど、これは苦手な映画館に
行かないための言い訳かもしれないなあ。逃
げてる逃げてる。ええ、休めるように、映画
館に行けるようになるようにがんばります。
行きたい所に行けない不自由さから脱却した
いよー。旅行も行きたいんだよー。電車は大
分、乗れるようになったんだから、きっと、
改善できると思うんだよなあ。



[PR]
by akira_dai | 2017-06-27 23:45 | Comments(0)

超方向音痴です

 今日は方向音痴でお騒がせしました。
いつものウォーキングで、少々早めに
家を出たので、欲張って1つ向こうの
橋までと足を伸ばしたら、川沿いの道
に出られる道が何もなく、うろうろし
ているうちに自分の位置を見失って、
迷子になってしまったのでした。
 今はスマホがあるから便利です。し
かし、私は地図があっても、地図と今
現在の自分の位置の対応がまったくわ
かりません。方向がどっちなのか、自
分がどっちを向いているのか、さっぱ
りわからない。そして、今日、迷子に
なった道は、昔、会社から車で帰って
くるときに車でも少々迷った道です。
というわけで、車の時に通ったことの
ある川崎街道を目指して黙々と歩きま
した。
 昔から方向音痴で、デパートでも、
入ってきた入口に戻ってくることがで
きません。よくもまあ、海外から日本
全国まで、あらゆる未知の所を出張し
ていたものだと思いますが、案外、出
張先では注意深く案内板を確認すれば、
矢印通りに進めるものです。駅の中や
大通りは、人が作った標識があるので、
自分の位置や方向がわからなくても何
とかなるもので、乗換さえ間違えなけ
れば大丈夫です。しかし、今日みたい
に迷ってしまうと、その大通りに出る
までが・・・大変です。また同じ場所
に戻ってしまったりね。
 USでは、日曜日に同僚の家に招待
され、自分が泊まっているホテルから
同僚の家までの道はわかっていたので
すが、ダウンタウンでお土産を買って
から向かっていたら自分の位置を見失
い、それこそ、広いUSで独りぼっち
で運転していましたから心細さMAX
でパニクり、仕方なく、見つけたコン
ビニに飛び込んで、レジを打っていた
黒い人に向かって、
「道をLOSTした!XXアベニューに
行くには、どうしたらいい?」
と大げさに騒いだものです。怖かった
わ・・・XXアベニューは目と鼻の先
だったのですが、私はその手前で、ぐ
るぐる同じ所を回っていたのでした。
 数人の大学仲間と千葉の別荘に遊び
に行ったとき、その頃はまだナビシス
テムがなかったので私が地図を片手に
ナビをしていたのですが、成田方面に
行くはずが、なぜか茨城の鹿島神宮に
到着してしまい、
「akira、、、お前、地図を逆さまに見
ているぞ」
と呆れられる有様でした。そう、私は本
当に地図の方向と、リアルな方向がわか
らない。それなのに、私の印象しか知ら
ない人は私にナビを任せるんですよ。お
勉強がそこそこできて、普段、テキパキ
行動している「ように見える」からです。
本当は何もできないんだけどなあ。皆さ
んはご存知ですよね。
 しかし、ここで許せないのが、次の先
入観です。
「あのな、ふつーの女が地図を読めない
のはわかる。しかし、お前は理系だろ。
理系女子は、男と同様に、方向がわか
るものだ。駐車も簡単にすいすいでき
るものだ!立体的な情報の把握が得意な
はずだ!」
・・・そこまで私に求めるのか!私はご
くごく普通の女子なんだよ。そこをわか
れよ。それに、理系女子だってな、方向
音痴もいれば、運転ができない子だって
いっぱいいるよ。逆に、理系じゃなくて
も何でもできる女子がいっぱいいるでし
ょう?まったく、ひどい偏見だよ!
 確かに男子の方が方向に強い傾向があ
る。駐車もうまい「傾向」がある。だか
らといって、そういう発言が出るという
ことは、ふだん、私のことを相当に男扱
いしているからだよね。ひどいわよね、
、、(と、1月に会ったD大女子と、し
みじみ呟いたっけ)。
 話がそれましたが、方向音痴は治りま
せん。今日は本当に心細かった。泣きそ
うだった。でも川崎街道の道路案内があ
って良かった。今度は石田大橋から浅川
経由で多摩川に戻る道をリサーチしてか
ら歩こうっと。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-26 21:38 | Comments(0)

まさに縁とは異なもの

 男女の縁とは異なものと申しますが、人
と人の縁とは、まさに必要なときに必要な
人が現れるもので、そういう出会いによっ
て、行き詰まっていた人生や生活に明かり
が射して、自分の内面や日常が変化するこ
とがあります。あるいは、そういう人から
言われた何かによって、背中を押されたり、
思ってもいなかったことに気付くことがあ
ります。
 昨日、会った友達に聞いた話ですが、彼
女はちょっと前に新たに、とある楽器のお
稽古を始めたんです。昨日の「妻の不満」
の話にもあるように、家族との関係に行き
詰っていた彼女は、その楽器を始めてから、
気晴らしができるようになり、かつ、体調
も気分も良くなり、同じ趣味をもつ友達も
増えました。そして、これまたちょっと気
が向いて、久しぶりに大学の先輩のライブ
に出かけたら、そこで、ドラムを叩いてい
た人と親しくなり、そこからさらに音楽関
係の人脈が広がったのです。さらに、その
ドラマーさんと気軽にメッセージのやりと
りもできるようになり、彼の勧めで、何と
数十年ぶりに、自分がバンドの一員として
ライブに出演することになったというので
す。これぞ、まさに縁のなせる技です。少
し前まで仕事と家事を中心に一日を過ごし、
家族との関係で頭がいっぱいになって煮詰
まっていたのに、スムーズに、何のひっか
かりも迷いもなくライブまで実現できたと
は、よくよく考えるとまったく不思議なこ
とです。今年、ライブに出演するなんてこ
とを、数年前の彼女は想像しなかったでし
ょう。そして、この流れは、これからも続
くと思われます。
 タイミングと人とのつながりが、ぴたり
と合わないと実現できないことは結婚ばか
りではありません。今回のライブもそうで
すが、お互いの気持ちと、ノリと、お天気
も含めた色々な条件が合わないと、なかな
か楽しい結果に結びつかないものです。知
り合いになるまでは簡単だけれど、メッセ
ージのやりとりをするとか、ライブを一緒
にするとか、共通の友達を紹介し合うとか、
そういうのは、男女関わらず、お互いにバ
ランスの良い両想いでないと実現できない
ことです。どちらか一方が気乗りしなかっ
たり、警戒しすぎていたり、忙しすぎたり、
具合が悪かったりしたら成り立ちません。
 きっとこの流れは、家族との関係で悩ん
でいる彼女に良い影響をもたらすことでし
ょう。外の人間と交流するというのは大切
なことです。何も、ライブのような具体的
なイベントにつながらなくても良い。ちょ
っとした一言で、自分が影響されて、気分
も生活も変わったりしますからね。彼女の
ライブに関しては、まさらに、とんとん拍
子といったところでしょう。
「そのうち、Youtubeを介してデビューし
ちゃったりしてね」
と私は半分マジで言ってしまいました。
「人生は素晴らしい」
と彼女は冗談まじりに言いました。
 本当だ。素晴らしいし面白い。一人ぼっ
ちじゃない。外へ外へと目を向けることも
大切です。私は、昨年の自称モテ期に連絡
をくれた皆さんのおかげで、こうして外に
出かけられるチャンスが増えたんだな、と、
必要なときに必要な人たちが助けてくれた
んだな、と、本当にありがたく思っていま
す。来月再会する友達からも、また、違う
出会いや再会が広がると面白いな。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-25 17:30 | Comments(0)

85%の妻に不満あり

 今日は、おととい、急遽、会おうと決めた
友達に会ってきました。今まで会った女友達
と同様に、夫への不満爆発です。
 今年に入って私が会った女友達は、合計6
人(大勢で会った高校の友達は除く)です。
そのうち5人が夫に不満をもっています。
特にDVや浮気などの決定的な原因がある
わけではなく、日々の生活の中の不満がた
まりにたまって、
「2人きりになったら、どうしよう」
「夫が気持ち悪い」
「土日は(夫がいるから)家にいたくない」
「洗濯物を一緒に洗えない」
といった結果に至ります。5人のうちの1人
はとうとう我慢ならなくなり、めでたく離婚
することができました。残りの4人は、
「あとXX年後」
とカウントダウンしています。といっても本
当に離婚できるとは思えないんだけど・・・
しかし、問題は、ほとんどの夫がそういう妻
の気持ちに気付いていません。(まさか、そ
こまで俺のことが嫌だったの?俺、がんばっ
てきたんだけど。)という気持ちでしょう。
きっとそうです。しかし、妻の方は、
「あんた、何をがんばってきたの?」
という気持ちなわけです。お互いの大変さが
見えないんですね。そして、女性の方が不公
平さを感じているんですよ。私もそれはわか
ります。非常に感情的な問題だと思います。
 ところで、先々週、見た、NHKのドキュ
メンタリー番組「夫婦の危機」によると、日
本の場合、夫に不満がある妻は85%もいる
そうです。私が会った女友だちは6人。その
85%を計算すると5.1人。おお!統計と合
っているではないか!
 大体、子供が大学に入ったところ、あるい
は結婚20年目くらいで節目がくるようです。
うちは結婚15年目なので、私としては、
(同じことを感じることもあるけれど、そこ
まで言わなくても、、。)くらいの感じです。
それで、先日、会った別の友達には、
「ご主人のことを一瞬でも、うざいと思うな
んて、可哀相だと思わない?私も鬱陶しいな
と思う瞬間はあるけれど、そのたびに、申し
訳ない、可哀相な気持ちになるのよ」
とフォローのつもりで言ってみたんです。そ
したら、
「5年前は私も可哀相と思う気持ちはあった
のよ。同じよ!akiraちゃんも5年後は危ない
わよ!」
と言われて愕然としました。そんなわけで、
最近は、夫を疎んじる女友達に会うたびに、
「そうならないためには、どうしたらいいの?」
「どうして、そうなっちゃうの?」
と聞くようにしています。皆さん、先輩夫婦
ですし、6人中5人もの妻が「夫が嫌だ」と言
っているのですから、何か共通の原因があるは
ずです。それを私は克服しなければなりません。
 それぞれ具体的な細かい内容は違いますが、
共通していることは、
「夫は理解してくれない(あるいは、とんちん
かん)」
「協力的でない(特に子供のこと)」
といったものです。さらに、
「私は夫のお母さんではない」
が続きます。なるほどね。うちの場合は、パパ
がお母さんみたいなものだから、最後の部分は
大丈夫だな、と安心。しかし、理解してくれな
い、協力的でない、、、これはね、お互いの基
準の違いでどうにでも評価できるところなので、
何とも言えないなあ。基準を低くすれば、
(協力的!)と喜べるし、基準を高くすれば、
(非協力的!)となりますよね。理解の方もそ
うです。期待しなければいいんだよ・・・あ、
うちのパパはよくやってくれてると思います。
理解はあと一歩の時もあるけど、それはもう、
他人どうしだからしょうがないな。
 で、今日は友達に言いました。
「今年に入って会ってきた女友達の、ほぼ全員
が『夫がうざい』と言ってるからさ、これはも
う、生物として当然のことなんじゃないの?」
と。何か、そう考えると、ちょっと安心します
よね。皆、同じなんだ、と。それから、私が思
うのは、なるべく夫のことを「うざい」とか
「気持ち悪い」なんてことは外で他の人に言わ
ない方が良いのかな、ということです。これは、
女友達の話を聞いたから思うのではなく、私自
身がパパに対してネガティブな感情をもったと
きに、(これを友達に言っちゃったらお終いか
も)と思う時があるんです。だから、
「男の人ってこういう嫌なところはあるよね」
と言うことはあっても、
「うちのパパはあーで、こーで、、、」
と、あまり具体的なことを言いすぎないように
しようと心がけているつもり・・・さらに、た
まに息苦しいことはあるけれど、それは私の問
題なので、
「パパがうざい」
とも言いません。そう、私が勝手に息苦しいだ
けなんです。
 「うざい」とか「気持ち悪い」って言いすぎ
ると、どんどん、悪循環になって、それが本当
になってしまう気がしますよね。試しに、毎日、
特定の人のことを、
「あの人、気持ち悪いよね」
と誰かに毎日、話していたら、きっと、本当に
気持ち悪くなるんじゃないかな。
 しかし、もしかして、あと5年もすると、ちょ
うど子供も大学生になるし(入れれば)、心から、
「気持ち悪い」と思う日がきて、誰かにそれを言
わないと気が済まなくなる日がくるのかな?いや
いや、そんな日が来ないように、私は、
「どうして、そうなるの?」
と妻たちにきいているんですよ。そして妻たちの
気持ちも多少はわかるし、元サラリーマンとして
男とまったく同様に働いてきた同志として、夫た
ちの気持ちもわかります。しょせん、他人どうし
ということをお互いに忘れちゃいけないのかもね。
 ちょっと前に会った友達がさんざん夫の悪口を
言った後で、しんみりと言ったものです。
「でもね、あんなに好きだった人のことを、ここ
まで嫌いになるというのは悲しいよ。ものすごく
悲しい。」
と。好きな気持ちは3年しかもちません。その後
をどう乗り越えていくのかが課題なんだろうなあ。
嫌われる夫も不幸ですが、嫌う妻も不幸です。そ
こをわかってあげてよ、お互いに(と5年後の自
分に向かって言っておく)。





[PR]
by akira_dai | 2017-06-25 00:00 | Comments(0)

はいさい!

 今日は海老蔵さんの悲しい記者会見が
ありましたね。一番静かにしていたい時
なのに芸能人は大変です。普通の人とし
て生きられる幸せをしみじみ思う・・・。
 さて、そんな悲しいニュースで世の中
が騒々しい中、私は、記者会見の30分
を除いてずっと、ただ黙々と黙々と英語
に向き合っていたのであります。いや、
正直に言うと「黙々と」ではありません。
昨晩と同様に、メッセンジャーやライン
で数人とやりとりしていました。今日は
用件があったんですよ。でも、用件のた
めの連絡だから、それほど長くはなりま
せんでした。
 で、そのうちの一人が中学の時の同級
生で、今は沖縄に住んでいるA君だった
んです。彼は、時々、最初に、
「はいさい!」
と書いてくれます。「はいさい!」って
響きが良いな、と思って、調べたら、英
語の、How are you?みたいな意味なん
ですね。ちょっと響きも似てない?面白
いです。ちなみに、女性は「はいたい!」
と言うそうです。
 私は東京で生まれ育ったので方言をま
ったく知りません。それでも、大学以降
は周りに地方出身者が大勢いましたから、
近くにいる友達の影響を受けて、へんて
こりんな大阪イントネーションになった
り、東北だか茨城だかわからないような
語尾になったり、と、まったく一貫性の
ない喋り方になってしまいました。最近
は、よく話していたママ友が鹿児島出身
で、「さー」を語尾に付けるので、私も
「○○さー」と言うことが増えてきた気
がします。鹿児島で「○○さー」が使わ
れているのかどうかは知りませんがね。
 方言は私のあこがれです。大学の時に
熊本出身の友達が、故郷の家族や友達と
電話をしている時、まったく彼の言葉が
わからなくて感心したことがあります。
まさに、バイリンガルのようなカッコよ
さです。東京では標準語を難なく喋って
いるのに、故郷の人と話す時には、東京
者がわからない言葉を流暢に話せるなん
て(すげーー!)という感じです。青森
出身の友達もそんな感じでしたし、最も
仲良しだった長野の友達も、長野という
近場でありながら、やはり、故郷の人と
話す時は使う言葉やイントネーションが
違いました。
 そして、今日、メッセンジャーで話し
たA君は沖縄です。沖縄の言葉は、何と
字幕を見てもわかりません。もはや日本
語とはまったく違う・・・そして
「はいさい!」
です。いいなあ、普通に、最初に、
「はいさい!」
ってカッコイーなあ。響きが爽やかだし。
 なかなか、彼とメッセージで話す機会
はありませんが、もしも今度、機会があ
って、
「はいさい!」
と言ってもらえたら、
「はいたい!」
と返したいですね。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-23 23:04 | Comments(0)

 ここ数日、ネット接続を減らそうとして、
端末のWiFi接続をオフにしたりして工夫を
していたんです。で、ソーシャルへの投稿
も減らして、自分では(なかなか適切なペ
ースになってきたのではないか)と思えて
きたのが今朝。
 それで油断したのか、今日の夕食時に、
大学時代の友人と、ついついメッセンジャ
ーで世間話をしてしまったの。そしたら、
さらに古い友人がメッセンジャーで割り込
んできたわけ。ああ、昨年秋のモテ期のと
きと同じね。同時に2人とやりとりすると
いう・・・。それでも、大学時代の友人は
先に落ちました。ところが、もう1人との
会話が長い長い・・・。気付いたら、こん
な時間ですよ。まあ、楽しくないわけじゃ
ないから良いんだけどね(・・って、何だ
?!この回りくどい言い方は?!)
 昨日までは、20時間くらいオフライン
でいられたのに、今日は、いつ見てもリア
ルタイムにオンライン、あるいは、オフラ
イン後1時間といったところで、オンライ
ンのほとんどが、メッセンジャーでした。
この年になると積もる話もあるから長くな
ってしまうのですよ。
 でもね、大学時代の友人とは、急遽、
明後日、会えたら会おうということになっ
たんです。とはいえ、私の翻訳の仕事が山
積みで、この納期が月曜日の朝なので、明
日に仕事の進捗具合を見て、終わりそうだ
ったら明日の夜、私から連絡をすることに
なりました。色々な話があるんですよ。だ
って何年も会ってないんだもの。結局、こ
んな風にメッセンジャーでのやりとりが長
くなると、
「もう、直接、会おうよ!」
となるのが昭和の私たち。その友人もフッ
トワーク軽く、予定を先延ばしにしないで
「明後日」と言ってくれて良かったです。
調子が良いと決断も速い。
 で、もう一人のさらに古い友人の方は、
、、7月もしくは8月に会うことになるで
しょうね。しかし、既に、7月の土曜日は
3つも予定が入っているので、平日もしく
はやはり8月の土日かな。本当に本当に、
正月に立てた目標とは恐ろしいもので、6
月は暇かと思っていたら、結局、先週、今
週と土曜日に予定が入ったし、7月も、結
構、スケジュールがつまってきました。偶
然なのか私の気合いなのかわからないけれ
ど、昨年までとはまったく違うペースで人
と会っています。決意とは凄いものですな。
8月以降の5か月はどうなるでしょうか。
季節としても、会える人やイベントの選択も
厳しくなってくるので、このペースを崩さな
いで頑張りたいところです。

[PR]
by akira_dai | 2017-06-22 23:51 | Comments(0)

 こんばんは。本当は今日は特にネタも
ないし、たまにはネットから離れてみる
のも良いかと思って、ここはお休みにし
ようと思っていたんです。
 しかし、しかし、たった今、驚くべき
ものを発見しました。ことの始めは、息
子の中学で配布されたお手紙の整理でし
た。もう学期末なので、保護者会や3者
面談など、返事をしなければならない提
出物が結構あります。それを整理整頓し
ていたら、床に1枚、同じような色のプ
リントが落ちていたのです。私は不要な
プリントはどんどん捨ててしまうので、
(不要なプリントが何かのはずみで落ち
てしまったのかな?)と思って拾いあげ
ました。
 上から、
3年A組 XXX
3年C組 XXX
3年C組 XXX



というように、5人ほどの名前が記載さ
れていました。最初は、
(おや?スポーツか何かで優秀な子の名
前が発表されているのかな?)と思った
んです。しかし、全部3年か・・・と不
思議に思いながら、よくよく確認したら
名前の後ろに住所が書いてある。さらに
もう一度フルネームを確認すると、何と、
すべて私が中学で一緒だった同級生たち
ではないですか。そう、それは、卒業直
前に転校していった同級生たちの名簿で
した。彼らの引っ越し先がしっかり書い
てありました。そのうちの1人は、先日、
沖縄から出てきて、ちょっとメッセージ
で話したA君です。A君は、私の記憶と
違ってC組でした。
 えーー、どうして、このタイミングで?
と本当に驚きました。中学の友達と頻繁
に会い始めたのは、ここ1年です。そし
てA君と連絡をとったのは先々週くらい
です。そのA君が何組だったのかと、確
認する術がないと思っていたら、こんな
プリントが出てきて、はっきりと、彼が
C組だったことがわかったんです。ちな
みに、私は、中学を卒業して初めて、こ
のプリントの存在を知りました。アルバ
ムのどこかに挟んであったんですね。そ
れに全然気づかず、35年もの月日が流
れて、今日になって、なぜか床に落ちて
いたわけです。
 よくよく考えれば、これも偶然ではな
く必然ですね。ここのところ、中学の同
級生と連絡を取り合う機会が増えたので
新しい名前が出るたびに、アルバムを開
いて確認していたんですよ。その時に、
このプリントが落ちたのでしょう。でも
A君の名前をそこに見つけた時には本当
に驚きました。
 で、早速、そのプリントの写真を撮っ
た私です。今日はもう遅いから、明日の
朝になったら、A君にこの写真を送って
みようと思います。彼が同じ中学にいた
証を私が持っているというのは、なかな
か嬉しいことではないでしょうか?
 卒業までいられたなかった思春期の少
年たち(全員男子でした)。彼らのうち
半分はアルバムの写真に写っていません。
けれども、このプリントは、彼らが確か
に私たちと一緒にいたという証です。嬉
しいじゃないですか。小学校でも一緒だ
ったナイーブな同級生の名前もあったの
で、今度、同窓会のことで連絡をする機
会があったら、彼にも送ってあげたいで
す。私の曖昧な記憶ではなく、はっきり
とした証ですよ。


[PR]
by akira_dai | 2017-06-22 00:17 | Comments(2)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。