<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 こんにちは。仕事と同窓会準備で、一日中、
パソコンとお話ししているakiraです。正確に
はパソコンの向こう側にいる誰かと話してい
るのか・・・。
 同窓会、女子はあっという間に10人と連
絡がとれました。クラスの人数が33人で、
女子がその半分の16人だとしたら、現時点
で10人はかなり優秀な数字でしょう。しか
し、問題は男子です。現在、6人というとこ
ろです。うーむ、男女合わせてクラスの半分
か。
 そして、これからSNSを離れて電話での
ローラー作戦に入るわけですが、電話番号、
住所すら、わからない人もそりゃいるよね。
で、女子の場合も男子の場合も、ちょっと浮
いていた子がやはり行方不明の傾向がありま
す。本当はこういう人たちにこそ参加してほ
しいんだけど、どこまでも追いかけても、彼
ら彼女らは参加したくないかもしれないよね、
と、寂しく思ったりして・・・。
 そして、今、私がどうしても探し当てたい
と思っているのがI君です。彼は12年前、
自ら学年同窓会の発起人となり、打ち合わせ
のたびに私に電話で報告をしてくれながら、
結局、当日は参加しなかったという、どうも
気になる存在です。高卒いや、もしかしたら
中卒で、転校した四国から東京に1人で舞い
戻ってきて、某芸能事務所に入所して深夜の
テレビにちょくちょく出ていたものの、売れ
るはずもなく、今は何をやっているのやら。
 不器用で喧嘩っぱやくて、当時は1人ぼっ
ちで生きていて、でも、彼の幼馴染が私と同
じ中学で同じクラスだったから、その幼馴染
の家に立ち寄った時に、中学の卒業アルバム
で私を見つけて、わざわざ実家に電話をくれ
て、それから携帯でつながって、短い間だっ
たけれど、毎週のように電話をくれたんです。
どうして携帯電話番号を削除してしまったん
だ!いつも、容赦なく、付き合いのなくなっ
た人を削除している私ですが、初めて後悔し
ています。
 当時、私は、フルタイムで働いていて、子
供はまだ1歳で手がかかり、ほとんど眠らず
に、仕事、保育園の送迎、洗濯、炊事をすべ
てこなしていました。病が悪くなりかかって
いた頃です。慣れない育児や家事に不安を感
じてへとへとだった私に、実家経由で彼は私
を探しあててくれて、週末の夜に、楽しい、
同窓会の打ち合わせの話をしてくれました。
それは私にとって、日常から離れられる楽し
いひとときだったし、懐かしい皆の様子がわ
かるのも嬉しかったし、何より、やんちゃな
彼がおとなしかった私のことを覚えていてく
れて、そんな風に電話をくれるのも嬉しかっ
たんです。
 電話をくれるたびに、彼は、
「今度の打ち合わせには来れないかな?」
と誘ってくれましたが、病がそろそろ悪化し
ていたこともあり、
「育児で忙しいから無理だよ」
と言い訳して断わり続けていました。
 そして最後の電話で、彼は、
「別のクラスの幹事のTと取っ組み合いの喧
嘩になっちゃったんだ。参ったよ。あいつ、
本気で殴りかかってくるんだぜ。オレも酔っ
てたから、しつこくて悪かったんだけど。」
としょんぼりしていました。そして
「同窓会当日には何とか来れない?」
と、また誘ってくれたのに、私はやはり、
「子供が小さいから難しい」
と断ったのでした。本当はパパに子供を預け
れば行けたのに、会場になっていた吉祥寺ま
で出て行く自信がなかったんですね。
 そして、結局、彼はあんなにはりきってい
たのに、同窓会当日にはいなかったという・
・・親友によれば、
「TじゃなくてKと喧嘩したんだよ」
と言うし、事情はよくわからないけれど、と
にかく不器用な奴だなあ、と思います。感情
的というか乱暴というかね。そういえば、当
時、まだ30代だったのに、
「結婚しそうな時もあったけれど、しなかっ
たんだ」
と、まるで一生結婚しないようなことを言っ
ていました。親の離婚、それによる不本意な
転校のことを、電話のたびに悲しんでいたの
で、その影響もあるのかなあ。今はどうして
いるだろうか、と、最後の電話の元気がなか
っただけに心配です。そして、私は、当時、
弱っていた自分に電話で元気を与えてくれた
彼に、勝手に恩義を感じているんです。
 メールも変わってしまっていたので、あと
は住所だけが手がかりです。ハガキを出すつ
もりだけれど難しいかなあ・・・。1人でも
多くの行方不明者が見つかると良いんだけど
なあ、、、と、
「行方不明者は追わない!」
と宣言したくせに、結局、追っている今日こ
の頃です。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-31 17:54 | Comments(0)

節目の年

 今年はがんばって外出するぞ!と誓って、
もう半分以上が過ぎて8月になろうとして
います。会った人たちは、離婚したり、離
婚を考えていたり、子供が独立したり、別
居していたり、と、色々あって、私から見
ると、その波乱万丈さが羨ましいような、
心配なような。病気をした人もいますよ。
病気は嫌だな、さすがに。
 確かに、50歳って、再スタートするに
は最後のチャンスかもしれないな、と思っ
たりします。まだ新しいことを始める体力
も精神力もあるし、見た目も老人というほ
どではない。そして退職前だから、まだ仕
事をしている人が多いでしょう。友達も元
気な人の方が多いから、まだまだ寂しいと
いう年齢でもない。ここで、えいや、と、
何かを決断するのも良いでしょう。離婚な
んかは60才、70才になったら、体力な
くて面倒くさくなるかもしれないもんね。
というか、すごいなー。恋愛だって別れる
ときは心身ともにすごく消耗するのに、離
婚なんて、すげー、面倒くさそう。せいぜ
い、私だったら別居だな、と思う。
 そう、別居といえば別居中のA君。私は
彼の先行きが心配です。心配しても、しょ
ーがないんだけど、つい、この前、友達に、
「細々と連絡をとりながら、面倒を見るよ」
なんて、上から発言をしてしまいました。
面倒を見るような立場じゃないっつーの。
でも、心配なのは本当です。女より男の方
が弱い、っつーか、生活力ないからなー。
しかも、私との漫才の合間にすげーしょげ
てたし。いつもハグしてあげるわけにいか
ないしなー。
 で、この「細々と連絡をとりながら」と
いうことが、これから非常に大事になる気
がするんです。ラインで連絡のとれた小学
校の同級生全員にも言ったんだけど、
「とにかく、こうして、つながって、この中
の少人数でも大人数でも、気軽に会える状態
にしておこうよ」
と。それが何かの時に役立つ気がするんです。
年をとればキツイ時期もあるし、孤独を感じ
る時もあるでしょう。そういう時に気軽に会
って何でも話せる友達がいる、と思えるだけ
でも心強いと思うんだな。決して独りぼっち
になってはいけません。家族とは別に、話せ
る友達が必要だと思うんだな。
 そんなことを考えながら、節目の年に小学
校の同窓会の準備は順調に進んでおります。
そして、大学の同窓会ね、、、そちらは、来
週、つくばで2人の同級生が会うそうだから、
何かそういう流れになるのかなあ。
「私が体調が悪いから、夜の町中は無理だよ」
と言ったら、大学のある駅まで来てくれるそ
うで、しかも、
「昼に飲もう!その方が健康的!」
なんて言ってくれています。昼から飲むメン
バーがそんなに集まるのかしら。こちらは幹
事はやるまい。決してやるまい。同級生の情
報をたくさん持っているのが私一人だとして
も・・・(悩)。
 節目の年。てんびん座、星占いによれば、
12年に1回のモテ期。10月または11月
の小学校の同窓会と、その後にあるにちがい
ない幹事の打ち上げ会で、締めということに
なりそうです。ああ、小学校の同窓会で私の
節目もモテ期?も終わるのね。あと5か月、
忙しく元気に外出できるように頑張りましょ
う。節目&モテ期が終わっても、皆と楽しい
付き合いが続くように。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-30 23:59 | Comments(0)

私は寂しい女なのか?

 今日はいよいよ同窓会の日程を決めなければ、
と私が1人で突っ走り、皆に都合の「悪い日」
を聞いて、候補日をしぼりに入ったんです。
そしたら、残った候補日に私の誕生日が入りま
した。もう1つは11月の頭の3連休のうちの
1日です。
 ところが、幹事の男子のうち2人が、
「オレたちは職人だから、そうそう都合の良い
週末はない。土日が休みってわけじゃないんだ。
できれば11月の他の週末にしてほしい。」
と言い出した。皆に対して、
「基本的に個人の都合による日程調整はしませ
ん。」
と公言してしまった私はちょっと慌てたけれど、
彼らは幹事だからという名目で、彼らの希望日
も候補日に追加することにして、合計3日の候
補日が決まりました。この中から、先生に都合
の良い日を選んでいただく予定です。
 そんな中で、私の誕生日について、こんな会
話があったんです。私は問いました。
「同窓会が私の誕生日になるのは、ちょっと恥
ずかしいけれど、その日に決めてもいいよ。そ
の日なら職人メンバーは大丈夫なのか?」
と。
「誕生日はやばいだろ?」
「なんで?」
「家族で盛大に祝うんじゃねーの?」
「そんな風に祝ってもらったこと、ねーわ」
「年寄夫婦か」
「新婚当初からそんなもんだ」
「じゃあ、同窓会で皆で盛大に祝ってやるぜ」
「あら、ありがとう。じゃ、私の誕生日は、職人
メンバーも大丈夫なのね?」
「もちろんだ!」
と。それで、私の誕生日も候補に入れたわけで
すが、、、盛大に祝う、か。そんなこと1回も
ないよ。
 もちろん、パパはケーキを買ってきてくれる
ことはある。でも盛大に祝うなら、私が自ら色
々準備をしなければいけない。昔、会社で一緒
だった元同僚がよく自慢しているような、洒落
たレストランで外食とか、お花を買ってきてく
れた、とか、そんなことは一度もありません。
そしてそれを不満に思ったこともない。何しろ
私は仕事で忙しくて、不満だとか、そんなこと
を思う暇はないわけで。自分の誕生日なんか、
FBでメッセージが届かなかったら忘れていま
す。独身時代もずっとそうです。
 前に書いたけれど、D大女子はそんなイベン
トはなくて当たり前、と思っているから、今年
初めに会ったD大の友達は、
「誕生日祝い?そんなのなくて当たり前よ!
花なんか結婚してから一度もないわよ!自分
だって忘れてるわよ!」
と苦笑していました。そうよね。それで良いん
だよね、と、思いながらも、今日、当然のよう
に、「家族で盛大に祝うんだろ?」と言われて、
一抹の寂しさが。ずっとそういうことは期待し
ないことを潔しとしてきたのに、ここにきて、
年とってきたら、急に、(私の人生って、本当
に女ならではの楽しいことが何もなかったな)
と思ってきたりして。就職してからは、まった
く男と同じ人生です。いや、男以上に働いてい
たと思う。しかも出産してから、キャリアはリ
セットされて、中途半端に女社会で母のフリを
しているのも辛い・・・。子供の成長が楽しみ
だなんて全然思わない。
 でも今年は、同窓会が誕生日に決まったら、
皆が盛大に祝ってくれるのか、、、悪くないな。
だけど、主役はあくまでも先生なので、何とか
誕生日以外の日に設定できればいいな、と思っ
ています。私が目立つのは本当に困る。
 誕生日、子供の誕生日は祝うけどさ、親の誕
生日って祝うものなの?うちは、パパも私も何
もしません。気付かない日もあります。そうい
う細かいことの積み重ねが悪い方に行くのかな。
確かに何歳になってもお祝いするって悪くない
よね。羨ましいよね、と、当然のように、
「誕生日は家族で祝うんだろ?」
と言われて、「初めて」思った今日の会話でし
た。まあ、いいや。他人は他人。私は私のやり
方で生きようぞ。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-29 23:40 | Comments(2)

仕事、1つ、休みます

 こんにちは。昨日に引き続きヘロヘロ
のakiraです。ヘロヘロなら、こんなん書
いてる暇ないだろ!と思われるでしょう。
気晴らしなんです。許してください。
 もうね、翻訳の仕事がすごいんです。
半端なく隙間なく入ってくるんです。今
までは、担当企業1社で、よって、翻訳
会社の担当者もAさん1人だったわけ。
それが、ここにきて、納品するとすぐに
「私が先よ!」
という感じで、BさんやCさんから、別
の会社や別のタイプの翻訳依頼がくるの。
さらに、一番偉い部長のWさんから、割
り込みで電話がきて、
「ああ、今、Bから依頼されてる案件は
後回しにして良いから、私がこれからお
願する案件を先にやってください。明日
までにお願い!お願いします!」
ってな調子で突然、ふってくるわけ。も
うね、これ、主婦の仕事じゃないでしょ
う・・・まさに「ふってくる」んです。
 で、実は、別の某通信教育会社から、
数学のマル付けやら質問回答やらの仕事
も受けていたんだけど、いよいよ、そち
らに手が回らなくなってきたの。こちら
の仕事は量が安定してるし、リストラ直
後、まったく収入がなかった私のお小遣
いになってくれた恩もあるから、続けた
かったんだけれど、質問回答は時間がか
かる割には収入が少ないし、元来、数学
が好きじゃないし、、、というわけで、
『長期休職』することに決めました。マ
ル付けの方は続けるつもり。子供のお小
遣い程度にしかならないけれど、続けて
おかないと高校の数学を忘れてしまうか
らね。いつか翻訳の仕事がなくなった時
に、質問回答の仕事に戻れるように、マ
ル付けは続けます。
 ああ、1つ仕事を手放すって、結構、
英断なんです。質問回答は割に合わな
い仕事とはいえ、結構な収入になった
からなあ。しかし、翻訳の方がもちろ
ん収入も高いし、パフォーマンスも高
いし、何より面白い。だから、高校数
学はこの際、休んで、翻訳の仕事に賭
けることにしたんです。ますます、翻
訳の仕事が増えれば、それはそれで良
いでしょう。しかし、楽な仕事はない。
英語だけでなく、新しいツール―もど
んどん覚えなくちゃ。そして、パソコ
ンも買い換えなくちゃ。
 もう、最近は、翻訳会社の担当者が
増えすぎて、名前がいっぱい出てきて
Aさんと部長以外はわけがわからない。
一回、会社に挨拶に行こうかな。でも、
そこで、また正社員に引っ張られても
気まずいし・・・ええ、もっともっと
元気になったら、はりきって正社員に
なりますよ。でも今はヘロヘロなの。
同窓会もあるし、夏だしね。アラフィ
フとは思えない働きよう。既に、労働
時間も収入も正社員並です・・・。
 さあ、夏を乗り越えるべく、がんば
ろう!

[PR]
by akira_dai | 2017-07-28 15:20 | Comments(0)

仕事と同窓会でへろへろ

はっ!もう、こんな時間なの?日付が
変わっています。しかももう週末なの?
何か、月曜日みたいな感覚なんだけど。
土曜日の飲み会以来、本当にあっとい
う間でした。まだ同窓会については、
具体的にどうの、というわけではない
のに、大丈夫なのかなあ、こんな疲れ
てて。
 実は、昨日、翻訳会社の部長から直
々に電話があって、急ぎの仕事を今日
していたんです。しかし、その間にも
ラインがばんばん入って、どんどん、
同窓会グループに女子メンバーが加わ
っていくわけ。女子ってすごいよね。
1人を加えると、そこから2人、3人
、、、と、次々とねずみ講のように広
がっていくんですよ。それなのに男子
の方は、、、1人1人、バラバラです。
あまりにも女子が盛り上がりすぎて、
土曜日に飲んでいた男子メンバーは、
たじたじでした。幹事は幹事グループ
を別に作った方が良いかもね。
 そんなわけで、今日は、仕事して、
ライン確認して、誰が登録されて、誰
が行方不明なのかリストアップして、
FBはFBで同窓会グループに見つかった
メンバーを登録して、久々の同級生と
メッセージして、、なんてしながら、
仕事してたら、「あっ!」という間に
こんな時間です。
 そうだ、今日は中学で息子の面接も
あったんだった。散々でした。勧めら
れた高校のレベルの低さに目が点・・
・・偏差値40でしょうか。はーあ。
なんていう重要なことの印象が薄れる
くらい、強烈なラインの攻防にぐった
りです・・・もつのかな、私。同窓会
に行けるのだろうか。
 しかも、なぜか、今日に限って、ま
たもや久々に大学の友達からメールが
入って、
「現役で入学したメンバーが50歳に
なるんだよな!節目だから同窓会も良
いよな。」
なんて言われちゃって・・・今日の私
に言わないで。その友達は、例の、ちょ
っと前に私がデートした同級生と来週、
会うようです。そこで同窓会の話にな
っちゃうのかなー。勘弁してくれーー。
・・・とりとめもない内容ですみませ
ん。とってもとっても疲れてます。
 今日は無理しちゃったなあ・・・。
小学校のメンバーは、皆、テンション
が上がりまくって非常に元気です。同
窓会は100%実現できるでしょう。
私が参加できるかわからないけど(笑)。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-28 00:31 | Comments(0)

物事が順調に進むとき

 こんにちは、今日は雨。何だか、今こそ
梅雨じゃないの?というお天気ですね。
ところで、また同窓会の話で申し訳ないけ
れどね、皆さん、覚えているでしょうか。
覚えていないよね。今年の3月、私が感じ
た、「川の流れのように?」 のお話。そう、
物事が順調に進む時というのは、深いこと
を考えなくても、スイスイとすべてが自然
に進んで、いとも簡単に実現するのです。
 仕事、恋愛、結婚、そして、同窓会もそ
うなんです。構えすぎるとうまくいかない
し、メンバーがある程度そろわないといけ
ないし、お互いの気持ちや距離感が大幅に
違っても良くないし、状況や環境に問題が
あっても良くない。例えば、誰かが後ろ向
きだったり、具合が悪かったり、家族に問
題があったり、あるいは、構えすぎて難し
く考えすぎたりすると、まったくうまくい
かないものです。
 昨年、高校の同窓会があってユキちゃん
が亡くなったことを知ってから、私は色々
考えるところがあって、今よりも体調が悪
かったから考えているだけだったけれど、
その後、昔からの仲間がFBで見つかり、さ
らに小学校の仲間に関わらず色々な人と会
ううちに少しずつ体調も改善され、親友と
も13年ぶりに再会でき、その後、すぐに
仲間内での飲み会が実現し、あれよあれよ
と思う間に、
「同窓会をやろう」
という流れでここまできたわけです。しか
も、「同窓会をやろう」という気持ちは、
5人全員一致です。
 そして、何と、昨日、親友が先生に連絡
をとったところ、先生はお元気で、今も、
土曜日だけ、学校で特別授業のサポートを
されているということでした!吉報です!
つまり、先生は十分にお元気で自由に動け
る状態ということですよ!しかし、先生が
住み慣れた街を離れて、その学校がある地
域に引っ越してきたということは、やはり
通勤が辛いのだろうな、と推察しています。
やはり、これは同窓会を今すぐ実現するべ
きだ、と思いました。
 先生と連絡がとれて予定まで確認してい
るのだから、もう進むしかありません。こ
こまで順調すぎる、怖いくらい。何が良い
って、誰も気負っていないことです。
「最悪、俺たち5人と先生で集まるだけで
もいいんじゃね?」
といういい加減さ。少なくとも、土曜日に
集まったメンバーでは実現できるわけだ。
あとは連絡をとれる人に電話をかければ、
参加人数は増える一方です。場所も荻窪に
決定です。何一つ障害はありません。そう、
私は経験で知っている。これは、それほど
頑張らなくても物事がスイスイうまく行く
ときの感触です。昔馴染みのGをFBで発見
した時からそんな予感がありました。
 あとは気軽に流れに乗って、同窓会実現
に向かって進むぞ、流されるぞ!追い風に
乗るぞ!皆さんも、仕事でも恋愛でも結婚
でも離婚でもイベントでも、風を感じたら
流れに乗って、楽に楽に実現してください。
逆らってはいけません。逆らっても無駄だ
し、無理にがんばらなくても、そうなるべ
くしてそうなってしまう時があるんだな。
今年は小学校の同窓会で燃え尽きよう。燃
え尽きた後はきっと寂しくなるだろうな。
体調を崩すかもしれないな。でも、今は、
そんな先のことは考えまい。自分が参加で
きようとできまいと、このイベントは実現
させますよ!

[PR]
by akira_dai | 2017-07-26 16:31 | Comments(0)

髪を切りすぎた!

 こんばんは。土曜日以来、同窓会の企画
でテンション上がりっぱなしのakiraです。
しかし、同窓会の話題だけではつまらない
ので、今日は一息入れて、もっとつまらな
い私のヘアスタイルについて。
 皆さん、覚えていますか。今から約3週
間前、美容院に行くタイミングに悩んでい
た私を。美容院に行くのは、20数年ぶり
の大学同級生とのデートの前にするべきか、
あるいは、プチ同窓会の前にするべきか、
と。結局、プチ同窓会の直前に行ったので
すよ。何しろ、ボーボーだし、白いものも
皆無ってわけじゃないし、ちょっとでも綺
麗にしてもらおうと思って。
 で、私が通っている美容院、もう13年
通っていますが、美容師さんの回転が速く、
現在の担当美容師さんは7人目です。そし
て今までの美容師さんは、私が、
「できるだけ短くして!」
と言っても、誰も短くしてくれなかったん
です。
「爆発するから」
とか
「ストレートかけた直後でないと無理」
とか、何だかんだ言って、ものすごく恐々、
カットしていたわけ。
 しかし、今現在、担当してくれている美
容師さんは女性ですが、その美容院で一番
のベテランで度胸もあり、
「切ってください」
と言うと、
「本当に良いんですか?」
とバッサリいきます。
 で、今は特に夏だし暑いし、短い方が楽
だし、と思って、
「ぜひ、短く!」
とお願いしたんです。そしたら、ここにき
て初めて、後ろで縛れないくらい短くなっ
てスッキリしたんです。いや~、もう、ド
ライヤーの時間も短くて済むし嬉しいなー、
夏だから涼しくて良いな~、と思っていた
んだけれど、1つ難点が。
 それは何といっても夏の日差しです。髪
が短いと、後ろのうなじに直射日光がびし
ばし当たるでしょう。もう暑くてしょうが
ない。しかも私は皮膚が弱いから、ものす
ごく赤くなってひりひりしちゃう。火傷み
たいになってしまいます。ああ、そうか、
ショートには、こういう欠点があったのか
と久々に知る有様。
 ちなみに、私が最も髪を短くしたのは、
高2の修学旅行の時で、あの時は今よりも
っと短くて男の子みたいで、女子しかいな
かったものだから、クラスで人気が急上昇
しました。寝ている時に隠し撮りされたり
してね。でも、それは、あこがれの男子と
いうことでなく、かわいくて放っておけな
い、母性本能くすぐる男子としての扱いだ
ったけどね。
「akiraちゃんの寝顔、かわいー!」
とか言って、幼い男の子として、超人気者
になりました。その人気も一瞬だったなあ。
流行は短い。
 この髪も、10月の同窓会までに、また
伸びてしまうでしょう。また同窓会直前に
は美容院に行かないといけないなあ・・・。
きっとあっという間に10月はやってくる。
その頃には涼しくなっているといいなあ。
 そして、それまでにも、色々な友達とた
くさん会って、たくさん喋りたいですね。
そんなに会ったら、また美容院に行くタイ
ミングに悩んでしまうかもしれませんね。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-25 22:49 | Comments(4)

同窓会についての議論

 土曜日、仲間内での飲み会は盛り上がり
と沈黙を繰り返しながらダラダラと続き、
2次会のカラオケも歌ったり歌わなかった
りで、ダメ男Aはずっと寝てるしで、肝心
の同窓会の話はできやしない・・・なんて
いう心配を、実は私もしておらず、単純に
その場を楽しんでいた。まずは、このメン
バーで集まれればOKだし、同窓会なんて
ものは、名簿順に連絡をして、人数が決ま
ったら店をとるだけで何とかなるものだと
思っている。だって、20数年前まで私が
そうやって定期的に開いてきたんだもの。
想像ほど難しくはない。ここで打ち合わせ
なくてもOKでしょ。
 ところが、2時になって、私がいよいよ
「帰るわ」
と腰を上げようとしたら、一番しっかり者
のGが、
「akira、同窓会の話はどうするんだ。」
と言う。
「ああ、それね。私はやった方が良いと思
うのよ。」
「しかし、こういう話は、俺たちだけでな
く、他の皆が集まりたいかどうかという、
クラスの皆の気持ちがないと。」
「別にそこまで大げさに考えなくても、参
加したい人、できる人だけでいい。」
「それなら、先生にこだわる必要はなく、
先生を呼ぶ必要はないんじゃないか?」
「でも、先生はもう年だよ。今の状況も
わからないけれど、変な話、あと何年、
自由に動けるかわからないのよ。」
 そこから私たちは、先生が何歳だろう
か、という話に移った。若く見えたけれ
ど老眼鏡をかけていることがあったから・
・・80くらいかなあ・・・と。
「80はきつい。親のことを考えたら、
動くのもかなりきついはずだ。」
「でしょ?それに、先生もそうだけれ
ど私たちだって、そろそろ辛いじゃない。
ユキちゃんが亡くなって、病気をもって
いる人も1人や2人じゃないよね。大勢
で集まれるのはそろそろ最後かもしれな
い。」
「最後ってのはないだろ」
 ここで、それまで黙っていたO君が初
めて口を開いて、
「いや、akiraの言うとおりだ。現実、
最後と思った方がいい。」
と言ってくれた。ちょっと、しーんとし
た。O君は引き続き、
「学年じゃなくてクラスでいいんだな。」
と言った。私は頷いた。
「そう、クラスでいいし、もう私も体力
がないから昔みたいに行方不明者をどこ
までも追いかけるとか、大人数が参加で
きる日を調整するとかするつもりはない。
とにかく、特定の日程を先に決めて、そ
の日に集まれる人だけ集まる。」
親友が
「女子はどうにかうなると思う。」
と言った。私はGに向かって尋ねた。
「どうなの?男子は、少しはクラスの男
子に連絡してくれるつもりはあるの?」
GもOもしっかり頷いた。Aは寝てたけど。
「最近、固定電話だと怪しまれて、つな
がらなかったりするんだよな」
「だからこそ、名簿も、携帯電話、メア
ド、FB、ラインとか、色々、形態を変え
なくちゃ。」
「今やらないと、本当に連絡がとれなく
なるかもしれないな。」
このあたりまで議論が進むと、男子も
乗り気になってきた。
「場所は、先生の家の最寄駅にしよう。」
と私。続けて親友が、
「荻窪近辺の店、わからないなあ。」
と言うと、Gが自信満々に、
「店なんて、どーにでもなる。」と。
「先生が参加できない場合は、その場所
にこだわらなくてもいいしね。」
 最後に私はちょっとしんみりしてきた。
深夜だったこともあるだろう。それで、
こんなことを言った。
「ここで同窓会を開いて、それが最後に
なるかどうかはわからないけれど、名簿
を最新にして何とか行方不明者をこれ以
上、増やさないようにしたい。他の仲良
しグループも私たちみたいに気軽に集ま
ってくれればいいな、と思ってる。何か、
大人になると、時々、しんどくなる時あ
るじゃん。そういう時にちょっとこうや
って集まるとホッとするし・・・。皆に
もそうなってほしい。私たちは既にいつ
でも会えるからいいんだけどさ。」
と。O君がうんうん、と頷いてくれた。
何か、しんどいことがあるのかしら?
 ここからは、いつにするか、という話
になる。
「10月もしくは11月の1週目あたり
でどう?全然、関係ねーけど、10月は
私の誕生日ね!」
と私。
「全然、関係ねーけど、11月は俺の誕
生日!」
とG。
「今日のところは、ここにいるメンバーは
全員49歳で良かったね~!」
と皆で爆笑する。
「いいじゃん、50歳になる節目っての
も、同窓会を開くのに自然な感じだ。」
と、皆が口々に言う。Aは寝てたけど。
 これで決まった。まずは親友がもって
いる先生の携帯電話番号に連絡をする。
連絡がとれなければ私が先生の「新しい」
住所から先生にアクセスする。先生の都合
によって日程を決めて名簿に従って、男子
と協力して全員に連絡をとる。行方不明者
は無理して探さないが、連絡をとれた同級
生それぞれが連絡できる人に連絡をとって
最終人数を決める。
「で、場所は、先生が参加できない場合は
、、、改めて考えよう!」
「新宿は嫌だなー」
「渋谷もちょっとなー」
「じゃ、また下北とか?」
「吉祥寺かねー」
なんて具合に話は進んだ。
 形が見えてきたじゃん。問題は10月ま
でに人数が決まるかどうかだ。10月とい
う目標はちょっと心配だけれど、同窓会自
体は絶対にできる気がしてきた。私は同窓
会の企画のことを話しているうちに、自分
の病のことを忘れていたので、先生がいな
い場合の開催場所について、あまり不安を
感じないで話していた。病は棚上げして、
実現に向けて進むべし。きっとできる。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-24 12:06 | Comments(2)

初恋の話

 同窓会の話はひとまずおいておいて、昨日
は、もちろん、初恋の話になったわけ。そん
な話のきっかけになったのも、私とAの次の
ようなやりとりに、周りがにやにやしながら
も白けてきた気がしてきたからです。
「akiraはいつも上からだけど、俺が死んだら
号泣するんだよな~」
「号泣するのは、そっちだ」
「しねーわ」
「でも、私がいなくなったら寂しいでしょ」
「うふ、寂しい、akira、akira!ハグして!」
なんてやってるものだから、周りは呆れるし、
下手すると、2人と3人の会話が別々になっ
てしまってつまらないでしょう。だから、私
は暴露してやったんです。
「ちょっと聞いてよ。Aは今、こんな風に私
に良いこと言うけどね、実は、小6の時はY
ちゃんと付き合ってたのよ!一緒に井の頭公
園でデートしたのよ。N君を出汁にしてね。」
と。それでメンバー全員が、
「えーー?」
となって大爆笑になり、Aはあたふた。
「何だよ、akira。お前は俺よりNの話を信じ
るのかよ。N派かよ!」
と。そこで、
「私に限らず、誰だって、始終、職質受ける
ようなチンピラAよりは、真面目なNを信じる
わよ。」
と言ったら、メンバー全員、大きく頷きまし
た。そう、人は見た目も大事。
 で、そこから皆がお互いに、
「あの頃、誰が好きだった?」
という話になったの。
 実は小6の時、昨日の飲み会にいた親友に、
「私の好きな人は○○なの。akiraちゃんの
好きな人は誰なの?」
ときかれて、当時、私は好きな人がいなかっ
たので、しかし彼女の好きな人を聞いてしま
った手前、本当に困って、一番手近でいつも
喋っていたAの名前を挙げたことがあったん
です。もちろん嘘でした。しかし、いまだに
親友は私の初恋がAだと思っている感じだっ
たんです。それで、私は、
「実は・・・」
と、その話を初めて打ち明けました。大騒ぎ
したのは親友じゃなくてAです。
「ちょっと待てよ。じゃあ、何なの?お前は、
そこで嘘をつく時に、よりによって、俺を
使ったわけ?ひでーーな!どうして、俺な
のよ。他にもいっぱいいるじゃない。」
と、もう爆笑です。
「だって、例えば、私がそこでモテモテの○
○とかXXの名前を出したって説得力がないじ
ゃん。その点、Aなら、いつも喋ってるし、仲
良さげに見えるし、もしかして実は好きなよ
うに見えるかなーって思ったわけよ」
「ひでーな。お前、本当にひでーな!」
「逆だよ。私とAの信頼関係がここにあるから
そういうことが出来るんじゃないの。」
「信頼関係なんて、ねーわ。」
「逆に、信頼関係以外の何が私たちの間にある
ってのよ。それ以外、何一つない。」
「またまた、そんなこと言っていても、結局、
それって本当は俺のことが好きなんだよな~」
「それって洗脳?」
「あ~、乱してみたい、akiraちゃん。」
と、また、そこに話が戻ってしまいました。
 それで話が終わってしまうとつまらないの
で、私は初めて初恋の話をみんなに打ち明け
たんですよ。当時、自分のクラスには好きな
人はいなかったけれど、小4の時に好きな男
の子がいて、彼とは別のクラスでした。
「小5になって、彼とクラスが別になってか
らは好きな人ができなかったんだよ」
という話も初めてしたんです。
 それからは、皆で、
「俺は実はXXちゃんが好きだった」
「えー、俺、XXって嫌い。男全員に色目使
う感じ!」
「でも、すげー好きだったの。あーあ、早く
結婚しちゃったよなあ」
「俺はねー、○○」
「○○ちゃんは男子全員が好きだっただろ!
その名前を挙げるのはずるい」
「ずるくたって、○○が好きだったんだから
それ以外、言いようがない」
「あたしはXX君」
と、初恋の人カミングアウト大会になり、大
いに盛り上がりました。面白いよね、初恋の
話は。特に小学生なんて、何かあろうにも、
あるわけがないしね。せいぜい、井の頭公園
でデートが関の山だもの(爆)。
 いいなあ、皆は同じクラスに好きな人がい
たなんて。私は別のクラスだったから、フォ
ークダンスの時だって順番が回ってこなかっ
たし、そのうち彼は転校してしまって、まさ
に二度と会えない人になってしまったんです
よ。つまらないなあ。
 それにしても、今、気付いたけれど、この
メンバーの中で、お互いに好きだった人って
いないのね。ま、そんなものだよ。長続きす
る付き合いってのは。どんな下ネタをふられ
ようと、口説かれようと、互いにまっぴらだ
と悪態つこうと、気楽なんだよ。 まあね、
確かにAに何かあったら号泣するかもしれな
いよ。でも、それは恋じゃないの。愛でもな
いの・・・ん?ある意味、愛なのかな?いつ
までも、気楽な仲良しグループが続くと良い
な、と思っています。



[PR]
by akira_dai | 2017-07-23 22:42 | Comments(0)

 今日って、もう、次の日の朝ですけどね、
この私が下北沢まで出て行って、20年ぶ
りに、小学生の時に、いや、小学生の時か
らずっとつるんでいた友達と会ったんです
よ。土曜日の夕方の下北沢は想像以上に混
雑していて、待ち合わせの改札を出た途端、
クラクラドキドキしました。それで携帯の
ラインを見たら、皆、既に着いているはず
なのにいない・・・さらに、ドキドキしま
した。そうそう、例の、いつもベタベタと
肩を抱いてくるA君ね、別の男子から、
「Aはドタキャン。」
というラインが入っていたので、私は心底、
嬉しかったわけ。ところが、その混雑した
改札で、一番最初に(おや?)と目が合っ
たのが、そのAでした。
「あ!!ちょっと、なんで、来てるの?」
と私が指差すと、何だか照れたような顔で
「オレがいて、嬉しいだろ」
とか何とか言って笑って。相変わらず、ジ
ャラジャラぶらさげていて柄が悪い・・・。
 それで嫌な予感に震えながらお店に向か
ったら、もう、最初から、
「お前らは隣!」
と、彼と2人で隣に座らされました。もう、
あきらめていました。で、お向かいに女子
1人と男子2人が座ってね・・・そう、合
計5人です。男子は、10代の終わりに、
よく私の実家に集まっていた連中です。
 それからはAと私の漫才です。
 Aはタバコを吸うから、
「ちょっと、あっち向いて吸ってよね」
と言えば、
「お前、ほんっとーにうるせー女な」
と知らぬふり。
 私はお酒が飲めないから、
「ウーロン茶」
と注文すれば、
「お前、酒も飲めねーの?虚弱なんだよ。
その上、ビョーキ?」
とくる。
 さらにベタベタ触られるのが嫌だから、
「ちょっと馴れ馴れしいんだよ」
と言えば、
「お前は昔から守りに入りすぎなんだよ。
一度くらい攻めにいけよ。感情のままに
生きてみろ」
とお説教。
「私はAよりずーーっと感情的で繊細だ
から取り返しがつかなくなる前に、常に
頭を使って行動してるんだよ」
「それがダメなんだよ。頭じゃなくて
本能で生きるんだよ!ハートだろ!
感じるままに行動しろ!」
「わかってるけど、そうやって自由だ
から、面倒くさいことになるの!」
「は?俺、マジメに、やりたいこと我慢
して生きるくらいなら死ぬわ」
「何よ、じゃ、私に死んだ方が良いって
言うのね!」
「オレだったら死ぬ、って言ってるの。
人生一度きりだぞ。何なら、オレが気持
ちいいことを教えてやる。」
「いい。別の人に教えてもらうから」
「あー、酔ってきた。akira!介護して!」
「してもいい。が、金をもらう」
「お前のそういう、すべてを合理的に処
理しようとするところがダメなんだ!
愛はないのか!」
「ない!」
と、長々とそんな具合です。この会話を
きいて、残りの3人は笑ってるわけ。
でも、最後に何だか疲れちゃって、
「私たち、生き方が半々だったらちょう
ど良かったかもね」
と私は半分マジに呟きましたよ。でも、
それ以降も、結局、下ネタにつながって、
「じゃ、俺たち半々してみる?」
「仮に、Aと結合しても、半々にできね
ーわ」
「結合?あれって結合っていうの?」
「とにかく、何をしようと、Aと私の生
き方を半々に混ぜるのは無理、ってこと!」
と、まあ、そんな具合で・・・最後は、
「・・・入れ替わって生きてみたい」
なんて言ってみたりしたけれど、Aは、
私と入れ替わったら死んじゃうそうで
す。ふん、どーせ、つまらねーよ。
 そしてお酒が進むでしょう。もー、
より過激になって、男と女のあっちの
話ばっかりで、1対1なら私もうまく
かわせますが、男3対女2で、残りの
女子がおとなしめなので、そりゃ、押
されます。色々きかれます。口説かれ
ます。
「解き放て!」
とか、わけわからんことを言われます
(彼なりのサービスです)。で、また
20年前と同様に、下品すぎない下ネ
タで打ち返すわけ。頭使ったなあ・・
・。
 それにしても、ほんっとーーーーに、
ベタベタされても全然ドキドキしない
自分に我ながら驚きです(本人にそう
言ったら、まじ、落ち込んでたけど)。
50歳になるって、こういうことなん
だなあ。バカみたいな口説きも、際ど
すぎる冗談も、逆に、(女扱いしてく
れてどうもありがとう、そこの小学生)
くらいの気持ちです。ばかばかしいな
あ。まったく変わらない。
 そんなHな話はともかく、最初の店にい
た5時間中の20分くらい、私はA君と隣
どうしだったので、ヒソヒソ、2人でマジ
な話もしたのですよ。そう、彼は今、別居
中。詳しい話はできませんが、彼の言い分
を聞いている限りはとても気の毒な話です。
でも、私は幼馴染で、彼に対しては小3の
時から常に、「上から」ものを言う立場な
ので、
「そんな風になったのは、Aが放っておき
すぎたのよ!ダメね!」
と笑いながら、よしよし、と背中を叩いて
慰めてあげました。その後、全員で順番に
彼をハグしてあげてね。そこには、全然、
色気もいやらしさもなくて、まさに小学生
どうしみたいなハグね。幼馴染は良いもの
です。そしたら調子に乗って、Aの奴は、
何かと、
「akira!ハグして!ハグして!」
と酔っ払って繰り返すので、、、しません
でした。何回もハグしたら価値がなくなる
でしょう。1回だから価値があるんだよ。
次は彼が死ぬ前にハグする約束をしました。
 最初はAは来なくていいよ、と思ったけ
れど、最後の方は、お互いに、
「今日、会えて良かったよ」
と肩を叩き合いました。同志みたいですね。
母同士も仲良しでしたから。そして亡くな
った同級生であるユキちゃんも共通の友達
だったもんね。よく一緒にAのアパートで
3人で語り合ったよね。そう、ユキちゃん
の笑える話(これもHな話題)も出て、そ
れが良い供養になったと思います。そして、
隙さえありゃ、「やりたい」、「触りたい」、
「ハグでもチューでもいい」とスケベなば
かりなようでも、どこかシャイで優しい彼
らでした。私ともう1人の女子は大いに笑
い、大いにかばい合い(?)、大いにAを
慰めましたよ(やらしー意味じゃなく)。
 で、肝心の同窓会の話は、、、この後、
別の投稿に書きましょうね。

[PR]
by akira_dai | 2017-07-23 05:45 | Comments(0)

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。