人気ブログランキング |

バレンタイン

 専業主婦になったらバレンタインなんて全く関係ないわ~、と
思いながら、ふと思い出したら、会社の時もそんなに配ってなか
ったじゃん!と思い出したりする。マメな女子たちは、皆で集ま
って集金して買い出しに行っていたのだが、私はそれに参加表明
していなかった。それなのにホワイトデイにはちゃっかりデスク
の上にお返しがあったりして困ったものだ。
 それはともかく今日はバレンタイン。毎年パパにはあげていた
けれど、息子も含めて今年はどうするかね、と考えていたところ、
たまたま子供のプールが某百貨店とつながっていることもあり、
先日、帰りに催事場で高級でおいしそうな店がたくさん出ていた
ので、自分も食べたさについ買ってしまった。太るわけだ。
 ところで、この高級なチョコレート、一緒にプールに通ってい
る友達のお姉ちゃん(二年生)が、弟のプールを見学しながら、
「さっきのところで14日にあげるチョコレートを買う!」
と言いだした。そのママが何回も、
「チョコレートなんて学校に持っていっちゃいけないんじゃない
の?」
と問いただすのだが、お姉ちゃんは、
学校ではランドセルから出さないから!
下校の時にあげるから!
と、色々言い返して、とてもママはかなわない。
 私は隣でニヤニヤ聞いていた。いよいよ、弟のプールももうす
ぐ終わる時間になって、
「ママ、プール終わる前に帰ってこなくちゃだから、もう買いに
行こう。」
とお姉ちゃんが立ちあがった。
「ねえねえ、あんなに高級なのじゃなくていいじゃん!家の近く
のS友に売ってるやつにしなよ。」
とママが説得しようとするが、
「ダメ。あそこで売ってるのじゃなきゃダメなの。」
と、頑としてきかない。はたして、10分後、ママは赤いピカピ
カした紙袋に入ったチョコレートを持って、
「・・・買ってきました・・・」
と疲れた顔で帰ってきた。おー、これ、小学生の男の子が食べるの
か、もらった親が驚いちゃうな、と可笑しく思って笑ってしまう。
でもきっと、もらった本人は、きれいな包みにも何の感動も覚えず、
うまい、うまい、と、あっという間に全部食べちゃうんだろうな。
by akira_dai | 2011-02-14 23:46

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。