人気ブログランキング |

ママ同窓会?

 先日、長らく会っていない、子供の保育園時代に一緒だった
ママから「飲もうよ!」とメールがきて、どうして私が誘われ
たのかわからないようなメンバーで少人数ではあったが、普段
滅多に会えない人たちと会って話すのも良いかな、と思って出
かけることにした。
 いつもそうなのだが、病が完治しない私としては出かける前
に少々緊張する。今日も直前まで、行くのやめようかなーとい
う気分もあったのだが、行ってみれば楽しいさ、と思って隣の
駅の待ち合わせ場所まで出かけて行った。
 本当は6人で集まるはずが、1人は子供のインフルエンザで
来ることができず、5人で、もうすぐ2年生になろうとする我
が子の近況や、仕事のこと、幼稚園出身のママたちのこと、各
々の学校のこと、色々話した。同じ市内でも学校によって色々
違うのねーと驚くことあり、同じ保育園出身の子が小学校で問
題児になってしまったという衝撃の話題あり、で、刺激的だっ
た。結構、皆、よその噂を知ってるのね・・・。
 私は専業主婦になってしまったので子供は日々たくさんの友
達と外で遊んだり、友達の家に遊びに行ったりして、大分、友
達が増えてきている。今日も土曜日だというのに、「学童の子
と遊ぶ!」と言って一日公園で遊んでいた。それに対して、学
童に行っている子供のママたちの悩みは、
「たまに平日休みでもお友達と遊ばない」
「学校の仲良しの名前を聞いても誰のことだかわからない」
ということだった。それはそうだ。私だって働いていればそう
だっただろうし、うちの子のような弱虫の場合、学童で友達が
できたかどうかさえ疑問である。
 さらに、一人が失業しそうだ、ということで転職活動をして
おり、その話題でも盛り上がった。私は自分が外資だから失業
したと思っていたが、最近は日本の会社でもそういうことがあ
るんだな、と、驚いたのだけれど、彼女は働きたいわけだから、
心から応援しようと思っている。しかし、子持ちで若くないと
厳しいんだよね~と共感してしまった。まったく、日本の社会
はいつまで、こうなんだろう。
 専業主婦のママたちと話すときは子供の話しとテレビの話し
ばかりだが、働いているママたちとはもう少し自分の話しを出
来るのが楽だし楽しい。自分の話とは、たとえば、仕事に関す
ることだったり、子供ができた時に手放しで喜べたか、という
疑問だったり、仕事と育児と家事をどんなスケジュールで工夫
してこなしているか、という話しだったり・・・もちろん、人
それぞれ、考え方もやり方も違うのだが、皆、仕事をしている
せいか、
「自分は違うけれど、それもありだよね。」
と頷きあえる。これが専業主婦ばかりだと、仕事をしているこ
とは論外なので、互いの仕事やスケジュールの話しになんか興
味をもたない。
 また、あまりべたべたしすぎない付き合いも楽ちんだ。幼稚
園組のママたちはいつも一緒にいる仲良しグループもいて、そ
れはそれで楽しいだろうしお互いに助け合うこともあるのだろ
うが、保育園組のママたちは声をそろえて、
「・・・面倒くさいよね。」
と言う。さらに、何でも子供に手をかけたがるママたちについ
ても、
「尊敬はするけど・・・面倒くさいよね。」
と、これは私の価値観にピッタリである。子供にとっては、あ
まり良い母親ではないかもしれないが、私は、やはり、仕事を
持っているママたちの方が話していて楽ちんだ。お弁当や行事
で手抜きをしたところで攻撃されることもない。
 ところで、この保育園で一緒だったママたちは、働きながら
子供を2人どころか、3人、4人と産んでいる人が少なくない
のはどういうわけだろう。年齢のせいばかりでなく、1人でい
っぱいいっぱいの私としては本当に尊敬してしまう。そう言っ
たら、
「でもね、AKIRAさん。男の子と女の子は違うよ。女の子が3
人なら、もう1人平気、と思うよ。手のかかり方が全然違う。」
と励まして(?)くれた。そういえば4人いるのは、上の3人
が女の子のママが多かった。けれど、男3人というのもいるか
ら、すごいよなー。
 途中で息子から泣きの電話が入って私は先に帰ったけれど、
やっぱり出かけて行って良かったと思う。こういう保育園関係
の集まりは年に何回かあるので、また次にある時にもがんばっ
て参加しよう!同じ時期に保育園で一緒だった人が楽しい人
ばかりで良かった、良かった!
by akira_dai | 2011-02-26 23:58

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。