人気ブログランキング |

どうなるかわからない

 今日は中国で仕事をしている同僚が確定申告のために帰国
しているというので会ってきた。中国で雇用されるとなると
厚生年金も源泉徴収もないから、税金も年金もすべて自分で
管理。まったく大変なことだ。健康保険はその国に合った形
で会社から支給されるらしいが、あとは自分の医療保険でま
かなったり、面倒くさいことが多い。これから働き方がグロ
ーバルになっていくと、年金や保険も個人になっていくのか
ね~・・・。
 なんて話しももちろんしたけれど、携帯業界はなかなか厳
しく未来が明るいとは言えないとか、医療業界の話しとか、
私は専業主婦の驚く実態とか、色々な話しで盛り上がり、水
曜ということで2時間ちょっとであがったのに大変充実した
飲み会だった。
 中国に行ってまだ半年だというのに、彼は中国で撮影して
きた写真にある看板やら張り紙やら案内やらの中国語をすら
すら日本語訳してくれて、その流暢さに驚いた・・。いくら
漢字で何となく意味がわかる、とはいっても、彼の場合はそ
の範疇ではなく、非常に細かな部分まできっちり説明できて
いる。すごい、すごい、と、他のメンバーとしきりに感心。
中国のお正月の写真以上にそちらに驚いてしまう。
 他人事のせいか、なかなか楽しそうじゃないか、と、思う
のだが、やはり、ずっとずっと中国で仕事をしたいわけでも
ないらしく、かといって、帰ってきて仕事があるだろうか、
という悩みもあり、確かに難しい問題だと思う。転職はきっ
と出来ると思うが、キャリアを見て、中国に再度赴任になる
可能性は高いと私も思う。これからは海外に長期間出るのが
当たり前の世の中になっていくのかな・・・我が子のことを
思うと心配だ。
 と、心配が多くなりがちな話題の中で、
「ま、先のことはどうなるかわかりませんよね。」
と全員で頷く。確かに20年前のバブル時代に今の状況は想
像できなかった。それは不況や中国の台頭という日本にとっ
て明るくない状況だけでなく、携帯電話の普及、電子書籍の
出現など、SFみたいなこの状況。人類、どこまで、どっちの
方向へいくのかね、という、妙なビジネスの方向性。
 ここ数年の変化が速いと思うのは、年をとったからなのか、
本当に速いのか。それだけに、技術者にとっては、今携わっ
ている技術がいつまでもつのか非常に危ういところがあり、
常に新しい技術、新しい利用法、新しいマーケットに目を向
けていかなければいかないところ。しかし、これが技術者に
とっては難しかったりする。今、没頭している研究が明日は
不要になってしまうことが多々あるのに、なかなか自分が長
きに渡って開発してきたものを捨てきれない人が多いのだ。
 そんなことを考えさせられ、子供の将来を考えつつ、帰路
について、昔ながらの価値観をもつ専業主婦仲間に危機感を
覚えつつ、でもきっと何とかなるんだろう、とも思いつつ、
家に着いて、我が子の寝顔を見て、自分も眠りについたのだ
った。
 各国、民主化運動が盛んな折、次回に彼が帰国するまで、
北京が平穏無事でありますように!
by akira_dai | 2011-03-02 23:48

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。