人気ブログランキング |

男なら良かったが

 今日は久しぶりに美容院。そういえば、結婚、出産と、状況
が変わるにつれ、何だか美容院に行きにくい。エステも買い
物も然り。
何となく、家族を残して出かけるのに躊躇してしまうのである。
それでも美容院だけはどうしても行かねばならない段階があ
る。特に私の髪は頑固でクセっ毛だから、この時期は大変な
ことに!!
 しかし、今までは必ずかけていた縮毛矯正も時間がかかり
すぎるのでやはり躊躇する。家族が家で待っているというプ
レッシャーもあるが、縮毛矯正は4時間あまりかかるため、
体力がいるのである。体調が万全のときでないと、4時間も
座りっぱなしでじーーーっとしているなんてできず、気分が
悪くなってもたない。最近、疲れ気味の私としては、到底、
4時間も座ってられないわ、という気分なのである。
 「早く帰りたいので適当にカットだけで!」
と、ぼさぼさ頭ですっぴんのまま、必死の形相でオーダー
すると、美容師さんが気の毒そうに、
「お子さんがいらっしゃるんですものね。でもやはり、矯正は
した方が楽ですよ。ご主人はクセっ毛の人の気持ち、わから
ないのかしら?」
と、相棒を責めるようなことを言うのだが、うちの相棒は、家
事と育児に関して、何らママと遜色のないレベルでこなせる
のであり、理解もあるのだし、特に彼に問題はない。私の心
の問題なのだ。(というと鬱病みたいだけど!)
「いえいえ、うちの旦那は超クセっ毛で、すぐに頭、ボウボウ
ですよ。」
「まあ!じゃー、本当に、雨の季節のうっとうしさはおわかり
でしょうね!わははは!」
「だからね、うちの息子は、将来薄くなる心配はまったく無い
んです。クセッ毛で、今でもカールしてますけど。」
「あはははは!薄くなる心配が無いっていうのは良いですね
ーー!なるほどねーえ。」
 そういえば、はるか昔、うちの母が冗談ではあるが言ってい
た。
「いいかい、お前は髪の毛という意味ではサラブレッドなんだ
から、決してハゲた人とは結婚しちゃいけないよ。そこで、髪
の毛の多い家系が途絶えることになるんだからね。」
その話を相棒の両親に話して、
「というわけで、私の結婚相手選びは成功!しました!」
と胸を張ったら、「そりゃいいわー」と大笑いされたものだ。
 しかし、正直、女性としての私は、髪が多くて良かった、と
思ったことは一度もない。もっと薄くて腰のない素直な髪だ
ったらどんなに良かったか・・・と、いつも思っている。まさに
自他ともに認める「髪の薄い一族」である友達によると、彼の
一族の男は全員ピカピカ頭だが、
「妹だけは、おいしー髪質なんだよ。シャンプーのCMに使え
るくらい」
だというから、うらやましい。でも、やっぱり、男性は、自分の
父親や祖父をはじめとする親戚のオジサンの頭を見ながら、
怯えたりドキドキしたりするものなのだろうか。そういう意味
ではちっともドキドキしないで良いんだな、うちの息子は。親
戚で髪の無いオジサンやオジーサン、一人もいないもんな。
 と、子供のことは良いのだが、この季節に縮毛矯正をかけ
ないといられない私の髪質については、経済的にも格好的
にも本当に困ったな、という感じである。来月はかけようかな
ーーーー。
by akira_dai | 2005-07-17 10:38

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。