人気ブログランキング |

情報抽出の難しさ

 被害状況が続々と伝えられる中、最新の情報が何なのか、
さっぱりわからない。最初はテレビをつけっぱなしにして
無意識に見ていたが、肝心の被災者は停電で何の情報も得
られていない。それにしても、被災者、帰宅難民、いずれ
を見ても、日本人は災害の大きさの割に冷静で、集団とし
ての混乱のなさに心底、感心した。
 最初はそんな風に思うことが新鮮で、また、同じ日本人
として頑張らないと、とか、何か出来ることはないか、と
考えることもあったのだけれど、被害を見たところで私が
今できることは思いつかないし、私がこれを見ている意味
は何なんだ?と、すべて不毛に思えてきて、テレビを消し
た。
 そして冷静になって考えると、テレビで伝えている内容
の80%は昨日起こったことの中で一番衝撃的な画像の繰
り返しなんだな、と感じる。それを見ても不安が募るばか
りで良いことは何もない。
 今日の新しい情報といえば福島の原発の1機が冷却不能
の状態に陥っていることだけだ。そういった情報のアップ
デート分だけがわかった方がスッキリするのに、と感じる。
NHKの教育チャンネルのように個人の安否情報を淡々と流
したり、被災地の病院や役所の情報を伝えることは、被災
者やその親戚に対して有効だからとても良いと思う。さら
にNHKは今日の原発の事故に関連して、放射性物質が漏れ
た場合にどんな注意が必要か、と、避難時の注意や、その
注意が必要な理由についてもネットで説明していた。こう
いう情報が重要だ。それに対して、民放の騒々しい報道に
はうんざりしてしまう。 それでも福島の原発の最新情報
は知っておいた方が良いからと思って、また、テレビをつ
けてみたら、大学の専門家が出てきて勝手な推測をしてい
る。(状況から見て、そうじゃないんじゃないの?)と思
ったり、(言いにくいことは言えないんだなあ。)と思っ
ているうちに、評論家のコメントにも嫌悪を感じてテレビ
を消してしまった。何しろ彼らは原子力の権威だから、そ
う簡単に原子力のリスクばかりを語れないのだ。こちらは
推測よりも事実が知りたいわけで、原子力の安全性を今さ
ら論じられてもねえ。
 そして夜になってみれば、評論家の原発に関する推測や
コメントはやはり無意味で、やっぱりね、という結果。そ
れからラジオに切り替えてみたら、新しい情報が入らない
限りは静かな音楽を流していて、精神衛生上、こちらの方
がよほどよろしい。こういう時に自分の考えを見失わない
ためには、やはりNHKかラジオなのかな?
by akira_dai | 2011-03-12 23:38

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。