人気ブログランキング |

前払いのむずかしさ

 元同僚から依頼された翻訳が無事終了して、4月末にその
料金が振り込まれたのだが、それとは別に、昔の知り合いが
翻訳の仕事をくれて、まだ全部、終わっていないのに、会社
の都合で前払いをしたい、と、昨日、連絡がきた。
 (小さい会社だから大変なんだろうな)と思いながら、請
求書を作成しつつ、前払いというのは、しかし、結構、こち
らのモチベーションをキープするのが大変だなあ、と思った。
 支払いはまだされていないが、たとえば、仕事の20%を
納入したところで全額が振り込まれたとする。確かに代金は
全部もらっているのだが、何となく、残りの80%分につい
て、だらだらしてしまいそうな雰囲気。これは、私が怠惰だ
からなのか、お金というものが入ってすぐに出ていくもの
(?)だからなのか、お金は入ってしまうと何かの代価だと
いうことを忘れてしまうものなのか、理由はよくわからない
のだが、何となく後払いの方がすっきりするのだ、私は。
 そういえば、会社にいた頃は、システムの納入が完全に終
了していなくてもお客様からサインをもらって売り上げをた
てて、その後も結構作業を続けている時があった。あれは前
払いだよなあ。でも、自分はサラリーマンで毎月給料をもら
っているから、それを意識したことはなかったわけだ。
 今回は自分で請求書を書いて、納入が完了していようがし
ていまいが、請求書を出した後に銀行にお金が振込まれるか
ら、前払いと後払いの違いがとてもリアルである。信用して
もらえるのは嬉しいのだが、いいのかなあ、こんなに、納入
前にもらってしまって・・・
 さらに、追加依頼がきて、これもまた前払いなんてなると
わけがわからない。もちろん、ちゃんと表にまとめて管理は
しているけれど、仕事の入出力と入出金のリンクをとるのが
結構面倒くさい。
 世の中の経理の人たちは、システムがない場合には、こう
いう面倒くさい作業をいっぱいしてるのね・・・えらい。
そんなことを言っている間に、残りの作業もちょっとしてお
こうかな!
by akira_dai | 2011-05-03 17:05

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。