人気ブログランキング |

がんばってくれ

 今日は保育園の面談があり、午後半休をとって保育園へ。ちょうど
昼に会社を出たら、日差しが強くてまさにジリジリの暑さ。面談が1時
の約束だったので、駅に着いてからは全速力で自転車を走らせて、
駅から保育園まで3分で着いてしまった。
 面談って一体何を話すのかなー、保育園での子供の様子を聞かさ
れるのか、あるいは、家での様子を聞かれるのか、と、ドキドキしなが
ら席に座ったのだが、今日はともかく、我が子は保育園で昼寝の時
間になかなか寝付かない、という話に終始し、その理由は何か、家で
どのように接しているのか、など、きかれて終わってしまった。1時間
ずっとその話ばかりだったので、少々物足りないというか不毛だった
が、長く一緒にいる先生の話なのだから一応真面目に聞いてきた。
 しかし、先生と面談ってドキドキするよなー。何しろ、離れている間、
自分の子供がどんな風にすごしているのか、友達との関係はどうな
のか、先生に対してはどんな態度なのか、などなど、気になることが
いっぱいだ。1歳でもこんなに気になるのだから、これが小学校に上
がって悪さをいっぱいするようになったら・・・もっと大きくなって中学
校に上がって犯罪に近い悪事をするようになったら・・・と、心配は絶
えない。自分の親もこんな気持ちで、先生と面接したり、家庭訪問を
こなしたりしていたのかなーあ、と今更思う。
 保育園の先生によると、少々うちの子は繊細らしい。初めてのこと
には何事にも慎重でよく観察し、眠るときも何かを警戒してなかなか
眠らない。それは自宅でもそうだ。そのくせ、ちょっと、(これは大丈
夫。)と思うと、ものすごく大胆な行動をして危険なことになる。そうい
うヤツなのだ。
 帰宅してから相棒に、「うちの子はすごく繊細らしいよ。」と話したら、
「俺の子とは思えないな」と言う。自分で言うのも何だが、やはりそれ
は私の血だろーなー。今でこそこんな(どんな?)だけど、子供のと
きはそりゃ内気で怖がりで、周りの人や物事の動きにものすごく敏
感で、結構辛かったよなーあ。しかし私の子供は男の子だ。男の子
が繊細で臆病なのはちょっと困る。男だ、女だ、とあまり言いたくない
が、とかく繊細すぎると苦労しがちだ。子供にあまり苦労をさせたく
ないゆえ、少しおおらかになってほしいんだけどなーあ。
 そういえば先生が言っていた。「そういうところを補うには経験しか
ないのだ。」と。「これもあれも、何をしても大丈夫だよ、ということを
パパとママが一緒に遊んで教えてあげると良い。」と。そうそう、私
もそうやって大人になった。初めてブランコに乗ったり、自転車に乗
ったり、クラス替えで知らない同級生と友達になったり、卒業するた
び知らない世界に入り、一人でお客と打ち合わせしたり、一人で海
外出張したり、どれもこれも最初は怖かったことばかりだけれど、
何とかなってきた。そういうものだ。いっぱい経験して乗り越えて、
強くたましく育ってくれよ!
by akira_dai | 2005-07-29 00:40

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。