人気ブログランキング |

母心

 昨日のケイタ君の問題、今日も息子は他の子と約束をして、
公園に出かけてしまった。出かける前に、
「もしかしたら、タツヤの家に行くかも。今日はあいつの家に、
2人、集まってるんだ。」
と言い残していった。タツヤ君はクレーマー仲間のママの息
子。何かあったらやばい!と思って、
「息子が友達を引き連れてそちらに遊びに行くかもしれない
けれど、迷惑だったら追っ払ってね。あるいは連絡してね。」
とメールした。
 そしたら、
「うちは大丈夫だよ。結局、1人しか来てないの。」
と返事が来た。お礼のメールをしたら、
「友達が多くていいよね。うちは周りに声がかけられなくて、
全然友達が広がらないから、ぜひ、もっともっとうちの子と
も遊んでね。」
と切実な感じの返事がきた。
 タツヤ君は、相変わらず、クレーマー仲間の息子たちと
遊んでいることが多く、同じクラスの新たな友達が少ない。
でも、いつも親子でつるんでいるから、それで良いんだろ
うな、と思っていた。でも、いつまでも幼稚園仲間とベッタリ
というのも不安なのが正直なところなのかな、とも思う。母
親の気持ちがひしひしと伝わってくるなあ。
 一方で、ケイタ君のママからも、
「今日も遊ばなかったね。うちは一年生と遊んでいるよ。様
子を見よう」
とメールがきた。こちらも心配なんだろうなあ。わかるなあ。
 それにしても母親とはありがたいものだ。今日連絡をとっ
たお母さんたちにしても、クレーマーにしても、自分の子供
の良いところも悪いところも熟知していて、心配していて、
本人の前ではその心配を出さなくても、いつもいつも気に
かけているのだ。親ってすごい。
 で、私はといえば、そりゃ心配しているけれど、あまり気
にしていると疲れてしまうので、出来るだけ放任している。
幸い、友達がたくさんいるから本人は楽しそうだが、でき
れば、クラスのちょっと浮きぎみな子のことも気にかけて
あげられるといいなあ、とも思う。まあ、そんな器は無い
のだが。いじめないだけ良しとしよう。
 さて、今日は私の誕生日。息子がくれた誕生日カード
には、
「木よう目、プールに行くからきたいしててね。」
と書いてあった。「木よう日」を「木よう目」と書くとはやっぱ
りバカだ。嬉しいよりも情けなくて涙ぐんだ私です。
by akira_dai | 2011-10-14 23:02

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。