人気ブログランキング |

嬉しい参観日

 今日は学校の作品展示会をかねた授業参観日だった。子供
の出来不出来は関係なく、ちょっと場所が変わると緊張しすぎ
て倒れそうになる私としては、登校日のたびに憂鬱である。し
かも今朝はやたら寒かった。
 が、ここ1カ月続いている毎日のウォーキングの効果があっ
たのか、多少息切れや動悸はあっても、いつもほど不安なく、
久しぶりに気持ち良く最後まで参観することができた。
 今日は息子は大活躍だった。国語では、先生の質問に、誰
もが同じ答えをしていたところ、なかなか他の答えが出ない
ので、先生が何人も指名した後、最後に息子を指名して、し
っかり他とは違う答えを答えられてほめられたし、算数では、
絵を見て問題を作る課題で、多くの同級生が、
「いちごが1つのおさらに4個のっています。おさらは3枚あ
ります。いちごは全部でいくつありますか」
というような掛け算の問題を作る中、一人、もうひとひねりし
た複雑で個性的な問題を作って、
「よく、こんな問題を思いついたね」
とほめられ、
「これと同じ問題を作った人はいますか。これは難しい問題
に見えるけれど、今まで習ったことを全部使えば解ける問
題なんですよ。」
と、先生がノリノリで黒板に息子の問題をはって、私はそれ
こそドキドキしたけれど、嬉しいドキドキだった。
 家では宿題になかなかとりかからないし、せっかくとって
いる通信教育も嫌々やっていて、ちっとも出来なくて、私は
毎日苛々しているのだけれど、少しはほめてあげなくちゃい
けないかな、と反省した。
 が、苦手な体育は、のぼり棒は上まで上れないし、縄跳び
のあや跳びは一回も跳べないし、と、鈍さ満開。まあ、それも、
かわいいか。昨年と比べれば、大分進歩しているようだし、長
い目で見てあげるとしよう。
 楽しくて、ちょっと誇らしげな参観日だった。
by akira_dai | 2011-11-26 23:05

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。