人気ブログランキング |

算数の勉強

 最近、算数は少人数制の授業が流行なようで、息子の学校
でも3年生からはコース別に分かれる。他の学校も分かれて
いるようだから、市がそういう方針なのかもしれない。私た
ちの頃はそんなの無かったなあ。ぼんやりしていた私は小4
まで算数はボーッとしっぱなしで、何を習っているんだから、
さっぱりわかっていなかった。それでも理系に進めるのだし
何とかなるんじゃないの?それよりも、文字の読み書きが出
来ない息子のために、国語をコース別にしておくれ、と思う
母の気持ちはどこにも伝わらず、コースを選択して学校に申
請することに。
 苦手な子の「じっくりコース」。普通に教科書の問題を解
いて進める「しっかりコース」。応用発展問題にも挑戦する
「ぐんぐんコース」の3つに分かれるということで、プレテ
ストが行われ、これが、誰もが満点では?と思うような、本
当にくだらないテストで、もちろん息子も満点で、本人は、
「ぐんぐんコースがいい!」と言ったが、
「お前は字が汚いし、たるんでるから、しっかりコースにし
なさい。」
と、無理矢理、しっかりコースにさせてしまった。
 そして、いざ、授業が始まってみたら、「しっかりコース」
はAとBに分かれて、うちの息子はA。Bより人数が少ない
そうだ。息子によると、しっかりAの子たちの中にもなかな
か出来る子がいるらしく、
「ぐんぐんのメンバーを抜いちゃうかも。」
なんて言っている。こんな風にクラスを分けるなら、もう少
し、差がつくテスト内容にすれば良いのに、と思ったりする
けれど、先生の本音は、「じっくりコース」になるべき苦手
な子を区別するためのテストかもしれないし、担当の先生が
しっかり指導してくれれば、どのクラスでも良いよ、という
感じでもある。
 日本の子供は算数が弱い、理系が弱い、と、世の中が騒い
でいるけれど、こういう指導をして本当に強くなるんかい!
と思うことがある。日本の子供が弱いのは、実は算数では
なく、コミュニケーションや論理力、つまり、国語が弱い
のではないか?算数のクラスを分けて、ちまちま計算の練
習をするよりも、ディベートの授業とか、本を読んであら
すじをまとめる授業とか、やった方が良いんじゃないの?
と思ったりする。
 とにかく息子の国語力が心配だ。母は読解力だけで何と
かなったけれど、算数の計算力だけじゃ、これから数学
も物理も辛いぞ、思うのである。
by akira_dai | 2012-06-01 23:30

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。