要領悪いのは親ゆずり

 夏休みに入ってから毎日、学校のプールに通うえらい
息子。といっても、自分が好きだから通っているだけ
なのだが、最近の小学校は、既に泳げる子が多いせいか、
夏休みに学校のプールに来る子はほとんどいない。
クラスで男子が5人もいれば多い方だ。学童の子供は必
ず来るから、それも含むと、家から学校のプールに通っ
てくる子はかなり少ない。
 で、プールの帰りは、その数少ない参加者の誰かと、
必ず遊ぶ約束をしてくる息子、昨日は、他のクラスの
エイジ君と約束をして、何と、この炎天下で夕方まで
屋外でずっとDSをする、という、何のためにもなら
ない遊びをし、太陽にあたったのか、夜から発熱して
しまった。
 そして今日はプールの検定日。学校で試験を受けて、
泳法のチェックを受けて昇級出来る日だ。それなのに、
息子は今日に限って、微熱があって、まあ、微熱くらい
なら参加させるが、本人も、
「頭が痛い、だるい」
と言う。
 こんなに毎日がんばって検定日だけ欠席かい!!と、
母はがっかり。何しろ、他の子は、全然来ないものの、
検定日だけは、しっかり出席して昇級する子が多いのだ。
 何という要領の悪さ、タイミングの悪さ!と、悲しい
やら悔しいやらで落ち込んでいたら、我が身のことを思
い出した。そう、あれは都立校の受験の日の前日、私は
突然40℃近くの高熱を発し、受験の日当日は、かかり
つけのお医者さんが特別に早朝から病院を開けてくれて、
注射をしてくれたものの、熱は38℃から下がらず、そ
のまま受験をして、いつもの7割くらいしか得点出来ず、
もちろん、落ちたのであった・・・
 そういえば、相棒も、同じように、高校受験の日に、
高熱が出て、やはり第一希望の高校を落ちている・・・
 ・・・要領の悪さは親に似たのか。プールの検定くら
いなら良いけれど、将来、高校受験や大学受験で倒れな
いでね、と祈るばかりである。
[PR]
by akira_dai | 2012-07-31 23:43

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。