人気ブログランキング |

結局バカバカしくて面白い

 息子が3年になってから、2年の時に同じクラス
だったヒロキ君と「親友ごっこ」状態になっている。
習字を同じところで習っているので、その帰りは、
当然のように一緒に遊ぶようになり、しかし、時に、
別の友達との関係で一緒に遊べないことがあるもの
だから、ヒロキ君が、
「木曜日はオレと遊ぶ日、にして!」
と言い出し、それが、無事、数か月、続いて、2人
きりで毎週遊んでいたのである。
 ところが、二学期も始まって一カ月経ち、クラス
の違うヒロキ君と、木曜日だけとはいえ、いつも2
人きり、というのが、厳しい状況になってきた。
「習字が終わった後で遊ぼう」
という話しがあれば、息子も強く断れない。殊に、
今日は、別の習字仲間に、「遊ぼう」と言われて、
息子も最近その子と仲良しなので断れず、ついに、
ヒロキ君を裏切るはめになってしまった。
 息子はヒロキ君も一緒に入れたかったのだが、
もう一人のタッ君が「ヒロキ君はダメ」と言う。
タッ君が「ダメ」とヒロキ君に対して断ったのに、
なぜかヒロキ君は、息子に対して、
「お前となんか二度と遊ばねーよ、べろべろべー」
と叫んで逃げてしまったそうだ。
 さらに複雑なことには、それとは別に、タッ君
を誘ってきた、別の友達、ユウスケ君は、
「ユータは入れない」
と、うちの息子をはずそうとする。最近は、男子
のグループも、かつての女子みたいに面倒くさく
なっているのだ。
 で、習字のお稽古中、タッ君、ヒロキ君と、うちの
息子で、複雑な今日の放課後の遊び仲間の関係について、
大いに盛り上がったらしい。今日は仲間に入れてもらえ
ないヒロキ君も、既に別の子と約束をとりつけて、すっ
かり機嫌がなおっており、
「ユウスケがユータを入れない、と言うなら、オレが
ユウスケの家の前に行って、”入・れ・ろ!入・れ・ろ!
とデモをする!対日デモだ!」
と盛り上がり始めたそうだ。
「それって、デモじゃないし、対日でもないから!」
と我が家ではおおうけ。
 人間関係が面倒くさくなっているとはいえ、子供の
ばかばかしさ、それゆえのかわいらしさ。本当に面白い。
by akira_dai | 2012-10-11 23:06

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。