人気ブログランキング |

親子ともに成長中

 今日は朝のあいさつ運動担当の日。この運動は、全員
参加で、1年~6年までの保護者全員に日程が割り当て
られ、毎日3人ずつ、校門の前に立って子供たちに挨拶
する、というものである。
 そうでなくても、この寒さで、例の不安病が盛り上が
ってきていて、ピリピリドキドキの毎日。ものすごく憂鬱。
さぼる人もいるけれど、行かねばならぬ、と、ビクビク
気分にムチ打って、子供たちと一緒に学校まで登校。
 ところで、息子と一緒に登校しているリョウ君は、一昨
日、仲良しのツヨシ君に下校中に乱暴され、そのことを
ひどく怒っている。下校の時に一緒にいた息子も、多少、
被害を受けたらしく、これまた、共感して、猛烈に怒って
いる。
 よって、今日の登校中は、そのツヨシ君の悪口オンパレ
ード。
「ツヨシのやつ、うざいよ。」
「うざい、うざい。しかも、こっちが嫌がっているのを
わかっていて、蹴ったりするなんて、バカだよ。」
「あんなにしつこくするなんて、バカだ、バカだ。バカに
違いない。」
「そういえば、この前も、こんなこと、あんなこと言って
バカうざい」
「きっと、何もわからないんだよ。ノーミソ、腐ってるん
だよ。」
と、何とも少ない語彙で、「バカ」「うざい」を繰り返し
ている。
 その様子がおかしくておかしくて、私は自転車を引きな
がら、時には立ち止まって
「あまり言いすぎないよ」
と注意しながらも笑ってしまった。
 ところで、一年の時にこんな事件があったら、ツヨシ君
に注意した方が良いだろうか、こんなにツヨシ君の悪口を
言う子供たちにも注意した方が良いだろうか、と、悶々と
深刻に悩んでしまっただろうが、今はこれくらいでは動じ
ない。
 友達の悪口を言うにも、「バカ」と「うざい」しか言え
ない我が子の、真のバカさ加減が心配ではあるるけれど、
かわいいものだ。
 息子たちも、そのうちにツヨシ君とも仲直りして一緒
に遊ぶこともあるのだろうし、友達に共感したり、喧嘩
して仲直りしたりして、関係を築いていくのだろう。
目下成長中であります。
by akira_dai | 2012-12-11 23:29

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。