人気ブログランキング |

プチ運動会

 うちの保育園は乳幼児専用保育園で0歳から2歳までしかいない
ので、運動会というのはない。運動はまだ出来ない年齢だからだ。
それで、運動会のかわりにプチ運動会っぽいものがある。それが
今日だった。
 私は子供の頃から、お日さまが大嫌いで、当然、運動会なんか一
番嫌いな行事だったから、まさか、この年になって、そんなものに
参加することになるとは夢にも思っていなかった。(できることなら
パパに参加してもらおう)と思っていたのに、運悪く、今日からパパ
はパリ出張だし、(以上、昨日のブログ参照。)仕方なく、一人で水
筒にお茶を入れて、子供を車にのせて保育園へ出かけた。
 乳幼児専用だから大した出し物はない。あんぱんまん体操で始
まって、あとは、各クラスの出し物、それから、ちょっとした手遊び、
最後は「よーいドン!」体操で終了。各クラスの出し物は、パパが
子供を背中にしょって走ったり、0歳児の場合は、バスタオルに子
供を寝かせて、その両端を父母が持ってゆらゆらしたり、そんな
ところだ。
 うちのクラスの出し物は、「卵の赤ちゃん」という絵本そのままで、
卵の描かれたトンネルを、動物のお面をかぶった父兄が子供と一
緒にくぐって、皆さんに、「こんにちは」と言うものだった。動物は全
部絵本に出てくる動物で、何と私はヘビだったのだが、子供はすご
く面白がって、そのヘビのお面を欲しがった。
 トンネルをくぐるときには、あまりの緊張に、我が子はものすごい
怖い顔をして入り口で立ち止まり、「ユーちゃん、緊張してるね!」
と先生方に笑われたが、何とか思い切ったようにトンネルをくぐっ
てくれてホッとした。中には怖がってトンネルをくぐらない子もいた
から、まあ、臆病な私の子供としては、よくがんばった、と思う。
 最後の退場でも、抱っこの子供が多いのに、「歩く!」ときかず、
私たちは歩いて退場。おかげで、どんどん遅れて、前の親子との
距離があき、退場が遅くなってしまったが、子供はニコニコ満足そ
うだった。
 いやー、それにしても疲れた。けれど、子供は楽しそうで良かっ
た。というわけで、やはり、ママは、子供のためには、嫌なこと、辛
いことも、耐えるわけです。しくしく。
by akira_dai | 2005-10-01 00:12

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。