人気ブログランキング |

Facebookで困ること

 昨日はFacebookの楽しいところを挙げてみた
けれど、嫌な、というよりは、困ったこともある。
 たとえば、ある日、懐かしい、小中学生時代の
友達を見つける。「ともだち」になる。懐かしい話
に花が咲く。
 ・・・まあ、ここまでは良い。盛り上がる。大いに
盛り上がる。自分は実はものすごく記憶力が良
い、あるいは、良かったのではないか、と思うく
らい、すっかり忘れ去っていた記憶が、走馬灯
のごとく蘇る。先日、小学校で同じクラスだった
男の子と盛り上がっているうちに、まさに想い出
が蘇って、そのときの光景がありありと見えて、
(死ぬ前に見える走馬灯って、これなのか?)
と思ったほどだ。
 楽しいからアドレナリンがどくどく出ているので
あろう。感情が昂ぶっている。興奮状態である。
楽しい気持ちで油断しているところに、ヒョイと、
その「ともだち」から同窓会の写真が送られて
きたりする。便利な世の中だ。
 開く。瞬時に、同級生たちの笑顔が画面いっ
ぱいに広がる。ここだ。困るのはここなのだ。
不覚にも涙ぐんでしまった。
 そう、涙ぐんだのは、つい一昨日のことなのだ。
あまりにも良い笑顔だった。
皆、年はとっているけれど、すぐに誰だかわかっ
た。変わっていなかった。参加しているメンバー
は心底、幸せそうに笑っていた。先生も嬉しそう
だった。
 私は当日、おたふくかぜで参加できなかったし、
その後、色々あって今に至るまで外出が困難に
なってしまったけれど、皆、元気そうで、幸せそ
うで、何より穏やかだった。
 別に、自分を不幸だ、とか、皆が羨ましいとか、
そんな比較をしたわけではない。一番近い気持
ちは、嬉しさ、子どもが巣立っていくときはこんな
感じなのかな、という嬉しさ、あるいは、子どもの
ときに迷子になって張りつめた気分で長い時間
歩いているときに、ふと知っている人に会えた
ときの安堵感。そう、安堵が一番近い。
 でも、やっぱり、涙は嫌だ。扱いに困る。いい
年をして、と思うけれど、楽しくてアドレナリンが
どくどく出た後だから涙も止まらない。
 それが困ること。でも、これは良いことなのかな。
友達に電話してみようかな、と、思ったりする。
でも、そんなことしたら、もっと泣いちゃうかな。
アドレナリンがおさまってから出直すことにし
よう。
by akira_dai | 2016-09-29 08:41

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。