人気ブログランキング |

中学生の友達関係

 息子は鈍い。すべてに関して鈍い。それは私に似た
のだと思う。パパは小器用だが子供時代は努力が苦手
だったそうだ。そんな私とパパの欠点だけ受け継いだ
息子は不器用な上に努力もしないから、勉強もスポー
ツもできない、小さくて太ってて泣き虫のダメダメ男
子だ。
 小学生のときから、そんな彼はいじめられるのでは
ないかという心配だけをして、しかし、その心配を出
さないようにして今日まで何とかやってきた。中学に
入ってからは、周りも大人になるから、難しいいじめ
に合わないだろうか、と、ドキドキヒヤヒヤしている。
 案の定、バレーボールやリレーなど、グループ競技
になると、リーダーから
「お前、足手まといなんだよ!」
と攻撃を受けるようになった。それで、怒りながら帰
ってきたので、励ましつつも、
「何もできない男はいじめられるよ。悔しかったら、
少しは努力しなさいよ」
と言ったら、余計に切れていじけてしまった。はーあ。
 さらに、そのリーダーから、掃除中も、
「お前、もたもたしてるんじゃねーよ。おせーよ!」
と叱られるという。このリーダー、生活委員という、
代表委員の次に「えらい」委員で、同級生の生活を
チェックし、先生に報告する、という役割なのである。
ますます、私はドキドキヒヤヒヤなのだが、息子によ
ると、リーダーの方が皆から嫌われている、と言うの
だ。
 彼は、小学生の頃から、「ナルシスト」と呼ばれて
いた。本来の「ナルシスト」とはちょっと違うだろ?
と思うのだが、とにかく、女子にモテたくて、筋肉
トレーニングばかりしていて、さらに、先生や保護者
に対して良い子としてふるまうので、男子からは、
「気持ち悪い、いい子ぶってる」
と言われていた。が、本人も、そんなことを言う男子
は相手にせず、優秀な子とだけ付き合っていたので、
何らそんな陰口は気にしていなかった。
 しかし、何よりも、彼の弱点は、当時から、スポー
ツで負けると人のせいにする、という悪癖だ。
「オレはがんばってるのに、お前らが、てきぱき動か
ないからだぞ!」
と半泣きで怒る。当然、うちの息子もターゲットにな
る。大人は彼の気持ちもわかる。彼は何事も一生懸命
で努力しているし、負けず嫌いだから、普段からダラ
ダラしていて結果を出せない人間を許せないのだと思
う。
 そして、今もそんな彼の態度は変わらない。変わっ
たのは、生活委員という役柄か、やたら、同級生の行
動をチェックしては、
「居眠りをしていました」
「忘れ物をしました」
「ロッカーの中にこんなものがありました」
と、先生にレポートを提出するようになったことく
らい。真面目なのだ。
 しかし、年頃の男子たちには、それが「うざい」。
さらに、その彼が、試合で負けるたびに、
「お前がモタモタしてるからだよっ!そこまで動け
ないなんて身体障害者じゃねーの?あー、やだやだ
障害者と組まされてるオレ!」
といようなことを誰かをターゲットにして攻撃する
ので、スポーツができる子供たちまでが、
「そこまで言うのは・・・」
と引いてしまうのである。
 最近、男子たちは、同じクラスでも別のクラスでも、
顔を合わせると、
「お前、うざいやつって誰?」
とお互いにきくのだと言う。そこで出てくる名前が
必ず彼の名前。
「そーそー、オレも、そいつ嫌い!」
と言って結束力が強まる・・・まあ、一番彼を嫌っ
ているのが息子で、その息子が言うことだから、あて
にならないな、と思うのだけれど、具体的に、彼のこ
とを悪く言っているメンバーの名前を聞くと、うーん、
本当かもなあ、と思う。特に、彼と同じ陸上部のメン
バーがえらく嫌っているという。
 先日、持久走大会のときに、息子が湿布をしていた
ら、「あいつ、超遅いくせに湿布なんかしてるぜ。」
と彼に笑われたそうで、しかし、それを言われた別の
友達は嫌な顔をして、後で息子のところに来て、彼に
向かって中指を立てて、「死ねばいいのに」と言った
そうだ。それも、また言い過ぎなのだけれど、中学生
はそういうところがある。何事も、強く感じて、強く
発信して、過激になる。
 いじめられる心配だけでなく、いじめる心配もしな
ければならない。息子は
「オレは同じクラスにも別のクラスにも味方が多いか
ら大丈夫だ。」
と言うけれど、いじめる方に入ってしまうのも困る。
だから、
「嫌なやつでも困っていたら助けてあげなさい」
とか
「率先して悪口を言わない、のらないよ」
とか諭すのだけれど、わかっているのだろうか。
昨日の米国の選挙じゃないけれど、大勢になると責任感
が薄まるから、エスカレートするのが最も心配だ。
しかし、それも中学生としての勉強だ。心身共に大けが
をしない程度に苦労してほしいとも思う。


by akira_dai | 2016-11-10 08:38

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。