人気ブログランキング |

初恋の人とは

 また恥ずかしい内容だから、ちょっと躊躇って
いるのですが、初恋の人というのは、何歳になっ
ても自分を励ましてくれるものなんですかね?特
にこの年になると、毎日、忙しくてマンネリで、
変化や刺激もほとんどないわけで、気付くと生活
に追われていて、自分が疲れていることにも気付
かないことがあります。そんなときに、ひょんな
ことで初恋の人を思い出すと、切なくなる反面、
元気が出るものなのでしょうか。
 女子は、中学以前の仲間で集まれば、100%、
初恋の話になります。それで、当時のドキドキし
た気持ちを思い出して、きゃーきゃー言って、若
返った気がして(?)、ちょっと元気が出るんだ
ね。さらに、そういうドキドキキラキラエピソー
ドの前後にあった、全然、関係ない思い出まで思
い出したりして、それも、面白いんだわ。
 私は、中学のときに好きだった人の話をするの
は、嫌じゃないんだけれど、ちょっと複雑です。
厳密には初恋ではないし、おそらく、ちょっと、
関わりすぎたのだと思います。あまりに関わりす
ぎて、本人の性格をリアルに知っていると、もは
や、相手は王子様ではなく普通の人になってしま
うのかもしれません。そうか!初恋の人って王子
様なんだ(笑)!!
 小4のとき、ちょっといいな、と思う男の子が
いました。隣の席でした。ものすごくナンセンス
なギャグを言う、テンションの高い子でした。時
には私のことまでネタにします。ネタにされると、
正直、何を指摘されているのか、何が面白いのか
わからなかったけれども、一旦、私の隙を見つけ
ると思いがけない視点でからかってきて、でも、
ちょっと優しくてスポーツ万能で人気者で、私は
彼と話すのが楽しみでした。
 放課後には毎日、近場の公園にクラスの大勢で
集まって私のボールを使ってドッジボールをして
いたのですが、彼に会いたいがために、スポーツ
が苦手なのに、毎日、ボールを持って公園に通っ
たものです。ドッジボールでも、スポーツ万能な
彼はいつも最後まで残っていました。
 クラス替えで同じクラスにはなれなくてガッカ
リしましたが、何しろ子どもの(ちょっと、いい
な)なので早々に忘れてしまいました。その後は
卒業まで好きな人ができることもなく中学生にな
って、人並みに好きな人もちらほらできるわけだ
けれど、彼らとは接する機会が多く、存分にお喋
りしたせいか、人となりを知りすぎてしまいまし
た。あの時、遠くから見ていただけの方が、リア
リティのない理想的な「彼」を王子様として思い
出せたのではないかなあ、と、今、ちょっと残念
に思ったりするのです。
 関わったといっても、何しろ子どもですから、
他の同級生よりも頻繁に話した、少し長期間、
一緒にいた、という、それだけのことなのですが、
初恋なんてものは、話したことがない、もしくは、
ドキドキしながら勇気を出して、ほんの数回、話
すことができた、あるいは、偶然、放課後にすれ
違ったけれどどうにも挨拶できなかった、、、と
か、その程度の距離が、ドキドキする思い出にす
るにはちょうど良いのではないでしょうか。
 さらに、そういう希にしかない貴重な瞬間は、
思い出として凝縮されるんだろうね。きっと、今
になっても現実以上に美しくて、思い出すたびに
楽しくてドキドキするような気持ちになるんじゃ
ないの?あくまでも想像なのですが。王子様には
欠点が何もなくてまさに理想です。しかも、何か
突出した才能がある、とか、経済力がある、とか、
友達が多い、とか、そういうことは何ら関係なく、
ただただ純粋に好きで、自分勝手に理想の男性を
彼にあてはめて、(きっと、こんな人に違いない)
と思うのが初恋です。
 そんな初恋をするには、小4という年齢は早す
ぎたし、中学のときにはちょっと関わりすぎて、
「理想」が「現実」になってしまったし、一番、
おいしいところを私は逃してしまったなあ、と、
この年になってちょっと後悔しています。そう
いえば、前にちょっと書いた天国までもってい
きたい思い出、って、実は、噂になったような
相手との思い出じゃなかったりするのよね・・
リアリティがない方が良いんだなあ、そして、
きれいな思い出は「瞬間」を切り取ったような
ものが良いんだなあ。
 松任谷由美さんの「卒業写真」に、「あなた
はときどき遠くでしかって」というフレーズが
あるでしょう(あれ?最近、ユーミンの歌の引
用が多い?)。きっと、女子にとって、初恋の
人の存在とは、そういうものなんだよね。そし
て、思いだされている当人は、自分がどこかで
そんな風に思われてるなんてことは、現在、知
る由もない。
 もしも、今、自分がふと初恋を思い出して、
その彼や彼女を思い出して元気付けられたとき
に、別の知らない誰かが自分のことをそんな風
に思い出してくれているとしたら、どうでしょ
う。ちょっと気持ち悪い?でも、きっと、そう
いうことって本当に実際にあると思うんですよ。
恥ずかしいけどね、そういう事実と瞬間はある
と思います。
 私はそういうのって面白いな、と思うし、世
界中で瞬間的に、そういう気持ちが飛び交って
いるのって、ちょっと良いんじゃないかな、と
思う。たとえ、そういう気持ちを互いに知らな
くても気付かなくても元気になりそうじゃない
ですか。
 あー、しみじみ私は、中学時代は相手とベ
ラベラ喋りすぎて失敗したなあ!まったく、
口は災いの元!ですよ。それは今も変わらない。
全然、成長していない・・・。切ないわ。

by akira_dai | 2016-11-27 10:39

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。