案外、世間は優しい

 昨日は、もろ更年期のあおりを受けて、泣いたり
笑ったり、と忙しかったakiraです。大した事件があ
ったわけでもないのですが、それで、気持ちがぐら
ぐらするのが思春期&更年期です!
 実は、今日、久々に、会社で一緒だった同期の女
子と3人で集まる予定だったんですよ。そう、貴重
な女友達です。そんなわけで、昨日、待ち合わせの
最終確認をメッセージでやりとりしてたのね。メッ
セージを入れてくれたのは、3人の中で最もおっと
りしている天然系の癒しキャラのKちゃんです。
で、最初は、私もはりきって、
「具合が悪くなっても向かうよ!」
と言っていたのですが、話しているうちに、だんだ
ん、いつものように不安になってきて、口数が少な
なってきて、結局、最終的に、
「・・・ごめん、やっぱり、明日、やめる」
と言ってしまいました。理由の1つは、単なるラン
チだと思っていたのが、実は某マヨネーズ工場の見
学イベントも含まれていて、たくさんの人と一緒に
一方通行の見学路を歩く自信がなかったんですね。
注意深く、最初のお誘いを見れば、しっかり、工場
見学のことも書いてあったのに、そこを私は見落と
していて、メッセージの中で、そのイベントのこと
がわかって急に自信がなくなったというわけです。
昔は、こういうイベント、大好きで、率先して自ら
企画したものなんだけど、ダメだなー。さらに、優
しい癒しキャラのKちゃんが、自信を失った私に対
してものすごく気を遣ってくれて、色々励ましてく
れて、ありがたいやら、それ以上に、申し訳ないや
らで、まさに泣きたい気持ちでメッセージを終えた
んです。
 しかし!そのとき、私は、彼女以外に、2人と、
同時にメッセージをやりとりしていました。泣いて
る場合じゃないんです。まあ、でもね、これは救わ
れましたよ。メッセージを切った後というのは、電
話と似ていて、しーん、、と寂しい気持ちになるけ
れど、誰かが残っていると、しーん、、はありませ
ん。前にもちょっと書いたけれど、こういうとき、
あちらはわかっていなくても、励まされてありがた
い気持ちになります。
 で、そのうちの1人は、昔、会社で顔見知りだっ
た先輩で、学校の先輩でもあるおじさんでした。
数年前に私が送ったメッセージに、
「今、気付いたんです。ごめんなさい」
とコンタクトしてきて、15年ぶりの再会(?)で
した。このおじさんがまた超個性的で面白い人なん
です。ええ、超個性的なので、もちろん、独身です。
が、彼の話は、別の機会にしましょう。
 で、久しぶりなので、ちょっと長く話しました。
私が落ち込んでるなんてことはあちらはわかってい
ませんから、懐かしい話とか、うちの子どもの話と
か、他愛ない話ですよ。でも、こういう「関わり合
い」がささやかながら大事なんだな、と、つくづく
思いました。
 さらに、FBでは、ちょっと前に、さだまさしネタ
で大いに笑わせてくれた先輩が、再び、くだらない
投稿をしていて、これには爆笑しました。コメントの
返信も何だか天然だし・・・その緩さに、一瞬、病の
ことも忘れたね。良いキャラすぎる。
 あれ?今、気付いたけれど、私は、昨日、たまたま、
年も関わり方も違うけれど、同じ大学の先輩に救われ
たのか?へーえ・・・、面白い。2人とも超個性的で、
うちのパパも、
「いいね!D大!友達にはなりたくないかもしれない
けど!」
と爆笑していました。失礼ね。
 さらに、夜は、今日、3人で集まるはずだった中の
残りの1人から「また今度!」というようなさっぱり
したメッセージが入って、これも嬉しかったね。本当
にいつもいつも思うけれど、私の友達は、皆、良い人
で優しいですよ。私は励まされてばかりです。
 そんな風に、明らかに励ましてくれる人がいれば
もちろん心強いけれど、普通は、大人になると、凹ん
でいてもそれをいちいち見せないし、見せたとしても、
わざわざ、
「大丈夫?」
と声をかけてくれる人は希です。そもそも凹んでると
甘えてると思われることもあるし、誰だって、元気な
人と一緒にいたいしね。
 そんなわけで、特に外で働いていて疲れてくると、
「誰も優しくしてくれない、攻撃ばかりされる」
と思ってしまうことは珍しくありません。そんな時に
元気で面白い人というのはそれだけで優しい存在です。
昨日みたいに、何でもない会話をしたり、ばかばかし
い投稿を見たりして救われると、彼らのことも優しく
て良い人だな、と凹んでいる私は感じます。正確には、
人間1人1人というよりは、世間が優しい、という感
じなのかな。厳しい社会の中に、優しい世界もあるよ、
という感じです。そう考えると、(皆が優しいなあ)
と嬉しい気持ちになってきてね。
 残念ながら、私は、今、なかなか遠出ができなくて、
昔みたいに、いつもいつも元気いっぱいというわけに
はいかないし、飲み会を企画して、凹んでいる人の背
中をばんばん叩くわけにもいかないのですが、せいぜ
い、家の中とネットの中では、元気でいたいものだ、
と思っています。それでも凹んでいるのが見え見えの
ときもありますが・・・そういうときは、ごめんなさ
い。うむー、今日もパッとしないね~。ちょっと休む
わ。しばし、待て。

[PR]
by akira_dai | 2016-11-30 08:43

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。